七尾 ノーサイド ゲーム。 【ノーサイド・ゲーム】物語のキーマン・七尾圭太役は期待の若手俳優・眞栄田郷敦(まえだごうどん)!

【ノーサイド・ゲーム】物語のキーマン・七尾圭太役は期待の若手俳優・眞栄田郷敦(まえだごうどん)!

七尾 ノーサイド ゲーム

俳優の大泉洋さん主演のTBS系ドラマ「ノーサイド・ゲーム」(2019年7月期放送)の特別編・第4夜が5月17日午後9時から同局系で放送された。 同回のラストで、ラグビーチーム「アストロズ」のエース・浜畑譲(廣瀬俊朗さん)と新加入した七尾圭太(眞栄田郷敦さん)との激しいレギュラー争いが描かれた後、2人がハグするシーンが描かれると、SNSでは「何度見ても号泣」「今回も大泣き」「このハグシーン以外、どこで泣くというのか……」「このハグは熱い」「浜畑がかっこよすぎる!」といった声が多数上がった。 ドラマは池井戸潤さんの同名小説(ダイヤモンド社)が原作。 「トキワ自動車」本社で働いていたが工場に左遷され、古豪ながら低迷中のアストロズのゼネラルマネジャーを兼務することになった君嶋隼人(大泉さん)が、自身とチームの再起に挑む姿が描かれた。 松たか子さん、上川隆也さん、西郷輝彦さん、中村芝翫(しかん)さんら豪華キャストが出演した。 第4夜は、アストロズにスピードとテクニックを誇る七尾が加入。 しかし浜畑とポジションがかぶってしまう。 その後、アストロズでは、リーグの開幕戦に向けて激しいレギュラー争いが繰り広げられる。 七尾はスタミナ不足を露呈し、スタンドオフのポジション争いは浜畑がリード。 そして、開幕戦の出場メンバーを決めるテストマッチが行われた。 テストマッチ前に浜畑が七尾の足の状態がよくないのを見抜き、はり治療を勧めるなど、正々堂々とレギュラー争いをするよう忠告。 テストマッチでは、七尾が奮闘を見せる中、浜畑もタックルで七尾を何度も抑え込む。 開幕戦のスタンドオフに選ばれたのは……という内容だった。 開幕戦のスタンドオフに七尾が選ばれると、浜畑は七尾にハグをし「頼んだぞ」と声をかける……というシーンが登場。 視聴者から「あんなに熱い『頼んだぞ』は、ない!」「頑張れよじゃなくて『頼んだぞ』っていうのがしびれる!」「まさしくノーサイド!」といった声も上がっていた。 本記事は「」から提供を受けております。 著作権は提供各社に帰属します。 予めご了承ください。

次の

ノーサイドゲームの七尾圭太は眞栄田郷敦!英語と体重15kg増の役

七尾 ノーサイド ゲーム

Sponsored Link 眞栄田郷敦(読み方は「まえだ・ごうどん」)プロフィール 本名 前田郷敦(まえだ・ごうどん) 生年月日 2000年(平成12年)1月9日 年齢 19歳 出身地 アメリカ ロサンゼルス 身長182cm 眞栄田は本名の当て字でしょうね。 なお千葉真一の本名は、 前田 禎穂(まえだ さだほ)となっていました。 ごうどんもちょっと読めません。 敦は「とん」としか読めませんし、調べてみたところその読み方しかありませんでした。 名前に関してはゴードンの表記も見かけました。 出身がアメリカなので、郷敦というのは当て字かもしれません。 中学入学時に日本へ移ってきています。 芸能界デビューは2018年10月、「TGC 北九州 2018」へのモデルとしての参加でした。 映画「午前0時、キスしに来てよ」(12月公開)への出演も予定されています。 身長は182cm。 極真空手全米体重別空手選手権準優勝の実績があります。 ラガーマンを演じるにあたって、まったく申し分ないでしょう。 3回のオーディションを経て、役を射止めました。 役が決まってからは筋トレやラグビーの練習に参加するなどして、体作りに勤しんでいるとのことです。 眞栄田郷敦(まえだごうどん)の家族関係について 兄 俳優・新田真剣佑(22) これも読めませんね。 「 あらた まっけんゆう」と読みます。 彼も本名は前田です。 それまでの芸名は『 真剣佑』でした。 本名でもあり、命名は父・千葉真一です。 意味は『真実の剣を持って人の右に出る』とのこと。 アメリカ的な響きなので当て字かと思っていたのですが、漢字が本名だったのですね。 ゴードンもそうなのかもしれません。 カタカナ表記を見かけるのは、漢字では読めないからということも考えられます。 異母姉 真瀬樹里(44) 前妻である故・ 野際陽子さんとの娘です。 ゴードンとマッケンユーは千葉真一の後妻、玉美さんの息子です。 玉美さんは京都で有名な舞妓さんで、千葉真一との年の差は、実に28歳です。 なお3年くらい前に玉美さんとも離婚しています。 そして当時54歳年下の女子大生と交際しているとも言われていました。 父 千葉真一(80) 知らぬ者のいない大御所俳優ですが、これを機に少し振り返りたくなりました。 もう80にもなったのですね。 もう少し(どころではないかもしれませんが)若ければ、『ノーサイドゲーム』に出演してほしかったです。 主人公の勤めるトキワ自動車の社長として 西郷輝彦がキャスティングされていますが、イメージとしては千葉真一のほうがしっくりきます。 ラグビーをゴリ押しする役回りなのですが、社長ではなく会長に変更すれば、年齢の問題は解消されたかもしれません。 もう何年も見ていないので、今の風貌を調べてみました。 76歳時のものですが、かなり若く見えます。 若い女を追いかけていてもおかしくはないですね? 時代劇 『影の軍団』シリーズが大好きでした。 完結編では、当時ですら殺陣の後で息を切らすような年齢でした。 35年くらい前の番組ですから、当時は40半ばということです。 『 新・影の軍団』もかなり作られました。 レンタルビデオ屋で見かけたことはありますが、見そびれてしまっています。 その後NHK大河ドラマ、『風林火山』だったと思いますが、派手な討ち死にを演じるのを見ました。 あれが俳優人生の花道になると思いました。 それ以来見る機会はありませんでしたが、しばらくして芸名変更のニュースを聞きました。 妙なミドルネームを入れたような感じと記憶していますが、調べてみたところ「 JJ・サニー・千葉」でした。 セミリタイア状態なのに、なぜいまさらと当時思いました。 しかしアメリカでは別名義でまだ活動していて、それに合わせたということのようでした。 今は日本での名義は元に戻しています。 眞栄田郷敦演じる『ノーサイド・ゲーム』 七尾圭太については、こちらで紹介してます。

次の

眞栄田郷敦(まえだごうどん)がドラマ・ノーサイドゲームで演じる七尾圭太はどんな役柄?

七尾 ノーサイド ゲーム

スポンサーリンク アストロズ優勝に絶対に必要な男 柴門が就任した最初のシーズンは 結果こそ3位で終わりましたが アストロズは優勝争いをするほどの 実力を付けました。 しかし、 「優勝争いするチームと 実際に優勝できるチームは違う。 」 柴門監督は以前、君嶋にそう話していました。 来季、アストロズが優勝するためには、 どうしても欲しいと願ったのが七尾でした。 柴門が欲しがるほど実力がある七尾。 ですが、なぜか国内外共に全くの無名選手でした。 七尾と柴門監督の出会いは、 七尾が大学2年生の時に遡ります。 当時、 城南大学ラグビー部の監督をしていた柴門監督が ニュージーランド遠征の際に目を留め、 声を掛けた選手だったのです。 それから柴門監督と七尾はメールのやり取りなど 親交を持つようになりました。 しかし七尾は大学2年生の時に タックルされたはずみで膝に大ケガをしました。 「膝前十字靭帯断裂」 です。 リハビリに時間を費やすこととなり、 大学3年・4年のシーズンは、 選手登録すらされず、棒を振ることになりました。 そのため注目されることもなく、 どこからも声が掛からず、 ラグビー選手としての道は開けませんでした。 現在はケガも完治し、 膝に何も問題はありませんが、 七尾は 「スポーツのリスク」 というものに気づきました。 「タックルひとつで将来の道が 断たれることもあるんだ。 」 そして、 堅実な職業に就こうと考え、 就活を始めたのです。 しかしたった一人だけ、 七尾のラグビーの才能を忘れずにいてくれる 人物がおりました。 柴門監督です。 七尾、ラグビーは趣味でいい。 七尾は柴門から勧められて、 トキワ自動車を応募しました。 ラグビー枠では無く、 一般枠で第二新卒としての応募でした。 アストロズから面接官へは 「ぜひ入社させて欲しい。 」 との要望もあり、七尾は無事採用されました。 配属先は帰国子女らしい「海外事業部」です。 しかし、七尾はアストロズへの入部を 迷ったままでいました。 もう、ラグビーで食べて行こうとは 思っていないからです。 ラグビーは趣味に留めておこうとしていました。 柴門監督は、 ラグビーを続けようかどうか迷っている 七尾の気持ちを知っているため、 入部するもしないも七尾本人にまかせ、 仮入部という形を取っていました。 スポンサーリンク 藤島レナと七尾 海外事業部に配属された七尾には、 教育担当として今年27歳になる先輩社員・ 藤島レナが付きました。 レナはアストロズの熱狂的なファンで、 特に浜畑選手を崇拝しています。 海外で育ったせいか、 飄々として掴みどころがない七尾に レナは振り回されっぱなしでした。 そんなある日、 レナはアストロズの紅白戦観戦でビックリ! 控え選手が集まった白組の中に 七尾の姿を見つけたのです。 それまでレナは、 七尾がラグビーをやっているなんて 全く知りませんでした。 まるで別人のように 華麗なプレーを繰り広げる七尾から レナは目を離すことができなくなっていました。 それ以来、レナは七尾のことが 気になって仕方ありませんでした。 不思議なことに七尾は、 毎日15時からのラグビー部の練習に 参加している気配もありませんでした。 そこで、単刀直入に七尾に 「君、ラグビー部に入ったの?」 と聞き出しました。 すると七尾から返ってきた答えは、 「仮入部で入った。 」 ということ。 練習は土日に参加しているということでした。 あんなに実力がある七尾が 仮入部ということが解せないレナは 更に掘り下げて事情を聞き出しました。 などを話しました。 ラグビー王国で育った七尾は、 自分の実力など大したことがないと思っていました。 実際、ニュージーランドの大学は、 ボジション獲得はかなり狭き門でした。 しかしラグビーオタクのレナには、 七尾に才能が無いとは、とても思えませんでした。 「ぼくに声をかけてきた 社会人チームはありませんでした。 」 「だけど柴門監督はぼくに注目してくれた。 」 「選手として、こんな嬉しいことはありません。 またラグビーができる。 」 七尾は本当はラグビーをやりたがっている。 レナはそう見抜きました。 本人は気づいていないかも知れないけれど・・・。 「逃げ回ってるより、 ぶつかっていく方がずっと簡単なんだよ。 必要なのは勇気だけ。 」 「君にとって大切なものはなに? それを考えたほうがいい。 」 レナはそう言って、七尾の背中を押しました。 レナに助言を受けてほどなくして、 七尾はアストロズへの正式入部を決めました。 アストロズの七尾 そして柴門監督就任2シーズン目の開幕戦。 「スタンドオフ 七尾圭太」 というコールに観客席はどよめきました。 看板選手の浜畑ではなく、 全くの無名選手の七尾の名前が コールされたからです。 しかし、試合が終了する頃には その無名の新人は、 アストロズのヒーローになっていました。

次の