アップル ミュージック 解約 au。 Apple Musicを解約

あ、課金されちゃった……「Apple Music」を解約する方法

アップル ミュージック 解約 au

auのApple Music無料キャンペーンの概要 さて、一応、Apple Musicが無料になった経緯と概要だけは説明しておきます。 auone. 10月1日以降は 新規契約や機種変更の条件が撤廃され、4G LTEスマートフォン契約者なら誰でも特典を適用できるようになる。 itmedia. html 最近、CMでも話題になっているらしいのですが、au利用者なら、ほぼ全ての人がAppleMusicが無料になります。 au経由のApple Musicを解約する方法 ちなみに、au経由でキャンペーンで登録したApple Musicを契約した場合の解約方法も説明しておきます。 解約までの段取り• 「My au」アプリを起動する• エンタメ項目を選択する• Apple Musicの項目を選択する• 退会の申し込みを選択する してて「My auって何だ?」という方もいるかもしれませんが、インターネットでHPにアクセスしてもOKです。 解約した場合どうなるか 無料期間中に退会申し込みをした場合は、無料期間終了後に自動的に退会となり、ご利用料金は発生致しません。 特に、どうもなりません。 無料期間が短くなることもありませんし、ただ自動更新がされなくなるだけです。 無料期間が終わった後はどうするべきか もし、無料期間終了後にも、やっぱりAppleMusicを利用したいなと思ったら、無料契約が切れる6ヶ月後に新規でAppleと契約し直せばいいだけです。 iPhoneの場合は、AppleCare+に入らなくても1年間は保証期間があるから、ほとんどの場合は、大丈夫なんだけどね。 高額の修理費用はかなりの負担 とは言え、スマホに関しては常に故障のリスクが付きまといます。 私はうっかりスマホを洗濯してしまったことが何度かあります。 例え有料保証に加入していても、 過失による修理は一回で3万円くらいかかります。 保証が使えなければ、端末料金くらいの修理代がかかってしまうこともあります。 毎月少しのお金でスマホに保険をかけよう というわけで、シンプルにスマホにはスマホにふさわしい保険をかけることにしました。 「 モバイル保険」は月々700円で、年間最大10万円の保険金を受け取ることができます。

次の

アップルミュージックは無料のみで解約も可能?退会方法を画像解説! | ドーガクン

アップル ミュージック 解約 au

Apple Musicは解約(退会)した後、いつまで使えるのか Apple Musicで解約手続きをおこなった後、音楽やミュージックビデオを楽しめる期間はユーザーの利用状況(ステータス)によって異なります。 無料トライアル期間中は解約後すぐ使用不能に 無料トライアル期間中の解約はその時点でサービス終了となる Apple Musicの3カ月間の無料トライアル期間を利用しているユーザーは、 解約手続きをおこなうとその時点でApple Musicの機能を一切利用できなくなります。 以前は、Apple Musicの解約手続きをおこなった後も、無料トライアル期間が終了するまでApple Musicのフル機能を楽しめましたが、現在はそのような仕様ではなくなっています。 3カ月間の無料トライアルを途中で解約してしまうと、同じApple IDからは無料トライアルの再開や再申し込みはできません。 無料でApple Musicをフルに楽しみたい人は、無料トライアル終了日を確認し、忘れずに直前で解約するのがよいでしょう。 有料メンバーシップ解約後はプランごとの請求締め日まで使用できる 有料メンバーシップは請求の締め日まで利用できる。 画像は個人(1カ月)の場合 すでにApple Musicのいずれかのプランで料金を支払っているユーザーは、 解約の手続きをおこなった時点での請求締め日まで使用できます。 個人の1年プランは契約日の1年後まで、それ以外のプランは次の請求の締め日までApple Musicの利用権利があります。 たとえば7月7日に契約した場合、毎月7日が請求の締め日になります。 iPhoneからApple Musicを解約する方法 iPhoneでApple Musicを解約する方法は、以下の3つの方法があります。 「ミュージック」アプリから解約する• 「App Store」から解約する• 「設定」アプリから解約する 解約の方法は、有料メンバーシップでも無料トライアル期間中でも変わりません。 それぞれの手順を解説していきます。 「ミュージック」アプリから解約する方法 iPhoneのミュージックアプリからApple Musicを解約するには、まずミュージックアプリを開き、「For You」タブを選択します。 左:「For You」タブ右上の人型マークを選択 右:「アカウント」メニューから[登録の管理]をタップ 画面右上の人型マークから「アカウント」メニューを呼び出し、[登録の管理]をタップしてください。 左:[無料トライアルをキャンセルする]をタップ。 有料メンバーシップの場合は[登録をキャンセルする] 右:[確認]を押せば解約完了 「登録の管理」では自身のApple Music登録状況が表示されるので、画面下部の[無料トライアルをキャンセルする]または[登録をキャンセルする]をタップします。 確認メッセージで[確認]を選択すれば、解約は完了です。 App Storeの「登録」メニューからは他の定額制サービスの契約内容も変更できる 自身のApple IDで契約中の定額制サービスの一覧が確認できる App Storeの[登録]では、Apple Music以外に自身のApple IDで契約している定額制サービスがある場合、登録情報の一覧を確認できます。 他のサービスもApple Musicと同様の手順で解約できるので、使っていないサービスはここで解約してしまいましょう。 ただし、Apple IDで契約している定額制サービスのみの表示となるため、Apple IDを介さずに登録した定額制サービスは、そのサービス用のアプリがiPhoneにインストールされていても一覧には表示されません。 そういったサービスの解約には、別途対応が必要となります。 「設定」アプリから解約する方法 iPhoneの「設定」アプリからもApple Musicを解約できます。 詳しい手順は下記記事を参照してください。 AndroidスマホからApple Musicを解約する方法 Androidスマホからの解約は、「Apple Music」アプリでおこないます。 「アカウント」メニュー内の[メンバーシップを管理]をタップすると、Apple Musicの登録状況が表示されます。 左:[無料トライアルをキャンセル]をタップ。 有料メンバーシップの場合は[登録をキャンセル] 右:[確認]を押せば解約完了 Apple Musicの登録状況画面の下部にある[無料トライアルをキャンセル]または[登録をキャンセル]をタップし、確認メッセージで[確認]を選択すれば解約は完了です。

次の

Apple Music解約後も聞ける?PC(iTunes)のダウンロード曲は消える!

アップル ミュージック 解約 au

Apple Musicに登録 1. ミュージックアプリを起動して、画面下部の 「For You」をタップしたら、このような画面が表示されますので、 「今すぐ開始」をタップしましょう。 プランを選択します。 「個人」で問題ないかと思います。 Apple IDとパスワードの入力画面が表示されたら、iTunes Storeで使っているものを入力しましょう。 下のどちらかであれば、簡単に手続きは完了しますが、そうでない場合は、手続きが必要になります。 クレジットカードを登録している• ストア残高が980円以上ある(個人プランの場合) クレジットカードの登録が難しい方は、iTunes Cardなどで、残高を上の金額以上にしておく必要があります。 つまり、Apple Musicは、3か月間無料で使うことはできますが、登録するには(4か月以降も使う場合のために)クレジットカードを登録しているか、1か月分の料金が残高にある、のどちらかが必要があります。 確認ダイアログが表示されたら 「購入する」をタップします。 最後に、この斬新なUIの画面から、好きなジャンルやアーティストを選択すれば、登録は完了です。 これで、Apple Musicの登録が完了です。 登録後は、3ヶ月間の無料期間ですので、一切費用はかかりません。 それでは次に、Apple Musicの解約、自動更新をオフにする方法をご紹介いたします。 Apple Musicを解約、自動更新をオフにする 1. Apple Musicの「For You」の画面上部にある 人型アイコンをタップします。 Apple Musicの「アカウント画面」から、 「Apple IDを表示」をタップします。 Apple IDのパスワードを入力し、「アカウント」画面が表示されたら、中段にある 「登録」をタップします。 「トライアルをキャンセルする(もしくは、登録をキャンセルする)」をタップします。 無料トライアル期間中など、まだ期間が残っている場合は、画面に表示されている期間までは、引き続き、Apple Musicを楽しむことができます。 まとめ Apple Musicのメンバーシップを解約して、自動更新をオフにする方法をご紹介いたしました。

次の