じゃらん ネット 北海道。 じゃらんで旅する♪北海道

じゃらんで旅する♪北海道

じゃらん ネット 北海道

地域の魅力を発見・創造し、 発信することで カスタマーの行動を喚起する 人口減少時代に突入した日本。 特に地方の人口減少が顕著になると言われています。 そのような中で、地方においては、観光という産業の重要性が更に増していきます。 具体的には、「定住人口」ではなく「交流人口」をいかに増やすかが課題となります。 この課題を解決する為には、地域やそこで活動する事業者の方々の魅力を発見あるいは創造し、発信することでカスタマー(読者・じゃらんnetユーザー)の行動を喚起することが求められています。 「じゃらんブランド」を主軸に 北海道の基幹産業である 「観光」を活性化する 私たちは、旅行情報誌「北海道じゃらん」や宿泊予約サービス「じゃらんnet」などの「じゃらんブランド」を主軸に 北海道の基幹産業である「観光」の活性化に取り組んでいます。 じゃらん媒体を通じて、北海道の魅力や新しいお出かけスタイルを提案することで、カスタマー(読者・じゃらんnetユーザー)には思い出に残る旅行や体験を、 クライアント(宿泊施設や飲食店)には、媒体に情報を掲載することで、お出かけしたいと思っているカスタマーと接点を作り、集客アップを実現しています。 リクルート北海道じゃらんの 特徴と強み 観光業に携わる事業者には、発地(出発地、すなわちカスタマーの居住地)で事業を行う事業者と、着地(到着地、すなわちカスタマーが観光する場所)で事業を行う事業者が存在します。 リクルート北海道じゃらんは、このどちらにも関わる事業を展開しています。 例えば「発地」では、カスタマー(じゃらん読者やじゃらんnetユーザー)にとって魅力的な情報を創りあげ、 じゃらん媒体を通じて発信をしたり、じゃらんnetで宿泊施設が予約できる状態にするなど、カスタマーのお出かけを喚起させる取り組みを行っています。 また、「着地」では、クライアント(宿泊施設・飲食店・行政機関・アクティビティ事業者)と共に地域の魅力を発見・創造する取り組みを行っています。 発地・着地の両方に関わって事業を営む企業は稀有な存在であると考えております。 ゆえに、私たちの強みは、官民問わず地域の方々と直接接点を持ち、共に魅力を発見・創造して、発信まで携わることができること。 また、北海道に居を構えているからこそ、各地の旬な情報をタイムリーに取得でき、カスタマーに魅力的な情報を発信することができるということです。 今後も、この強みを生かし、私たちが掲げるビジョンを実現していきたいと考えています。 次の10年に向けた成長戦略 現在は、これまで培った土台の上に、更なる新しい価値や事業を乗せ、次の10年に向けた成長戦略を描いています。 2015年より、地域全体での交流人口と旅行消費を最大化することを目的に、同グループのリクルートライフスタイルと共同で、 「遊び・体験予約サービス」をリリース。 宿泊予約のみならず、現地での体験(例えばラフティングや陶芸など)まで予約できるようになりました。 今では、総合レジャー・アクティビティー予約サイトの中で利用率NO. 1(2019年3月時点・調査委託先マクロミル)になるなど、着実に成長を遂げています。 また、じゃらんnetにおいて、宿泊情報の多言語対応を行う他、海外の旅行会社と提携することで、インバウンド旅行客の獲得を強化する取り組みを行っています。 さらには、従来の広告商品による販売促進領域に加え、宿泊施設の業務支援領域に関するサービスも展開しています。 具体的には、カスタマーからのチャットでの問い合わせをAI(人口知能)が自動で応答するサービスや、宿泊施設の魅力を簡単にアピールできる自社ホームページ作成ツール及び予約システム、 マーケット需要を予測するツール等を提供し、宿泊施設の売上最大化に寄与していきたいと考えています。 今ではAIを活用した問い合わせ対応の自動化サービスが、 利用数NO. 1(2018年4月~2019年3月の宿泊施設者向け問い合わせチャットボット利用数・調査委託先東京商工リサーチ)となるなど、多くの宿泊施設からご支持を頂いています。 同時に、地産地消のご当地グルメの開発や観光プロモーションの企画・立案など、地域の魅力を創出する、つまり観光によって地域の活性化に繋げるなど、 出版業にとどまらず、立体的な仕掛けで北海道を盛り上げています。 リクルートグループとは 1960年に創業したリクルートグループは、大学生向け求人広告から事業を開始しました。 「人材領域」に続いて、1980年代には、進学・住宅・自動車・結婚といった「ライフイベント領域」で事業を展開。 その後、2000年代に入って旅行・飲食・美容といった「日常消費領域」に事業を拡大してきました。 現在も、各領域において、クライアントの業務支援サービスを展開するなど、提供サービスを拡大し続けています。 2019年3月期では、売上収益は2兆3,107億円、総従業員数は約4万人を超える規模に拡大しており、多くの事業分野で業界トップクラスのポジションを築いています。 リクルートグループに 属するからこそ 実現できること 当社は、旅行・飲食・美容といった「日常消費領域」に関するサービスを展開する株式会社リクルートライフスタイル(以下リクルートライフスタイル)の関連会社です。 旅行情報誌「北海道じゃらん」の編集・発行や「北海道じゃらんサイト」の運営を行っている他、リクルートライフスタイルが運営する旅行サイト「じゃらんnet」の北海道地区のパートナーとして、 クライアントに対して、広告商品の営業や「じゃらんnet」を活用した集客方法の提案を行っています。 また、リクルートグループでは、集客支援にとどまらず、業務支援・経営支援等、多岐にわたってソリューションを提供しています。 その中で我々は、クライアントの集客支援や業務支援の展開を中心に携わっています。 リクルートグループやリクルートライフスタイルの持つテクノロジーを駆使した商品を扱うことで、 私たちが対峙する北海道エリアのクライアントに、幅広いソリューションを提供しています。

次の

JR北海道>>えきねっと「トクだ値」

じゃらん ネット 北海道

北海道の格安レンタカー予約は【じゃらんレンタカー】。 トヨタレンタカー、ニッポンレンタカーなど人気レンタカー会社のレンタカー料金をカンタン比較! ご自宅周辺や旅先の店舗からすぐに予約できてポイントも貯まります。 乗り捨て可能なプランや、直前予約プラン、24時間営業店舗も! お得な割引クーポンやキャンペーンも多数掲載。 空港から探す |||||||| 主要駅から探す ||||||||| 北海道のドライブスポット情報• 大沼国定公園 広大な面積を持つ北海道の、さまざまなドライブスポットから厳選した「大沼国定公園」を紹介します。 大沼国定公園は、北海道渡島半島の中央部分に位置し、3つの湖と駒ケ岳を有する自然豊かな自然公園です。 湖は、周囲24kmと3湖の中で最も大きな大沼、大沼湖の隣にある周囲16kmの小沼、木々に囲まれてひっそりとしている蓴菜沼の3つで、大沼と小沼に浮かんでいる大小126の小島には橋がかけられ、島巡りの遊歩道となっています。 明るくひらけた短時間コース、木々が茂る短時間コース、島や橋を回るぐるっと一周コース、静かな自然を楽しめる自然境コースと様々な散策コースが用意されているので、自分の目的や時間に合わせて選ぶことができますよ。 もしかするとエゾリスや野鳥に出会えるかもしれません。 大沼国定公園の周辺には、観光案内所、駐車場、飲食店、特産品の蓴菜 じゅんさい 、わかさぎ、鯉が購入できるお店、宿泊施設、湖上周遊、レンタサイクル、釣堀などが集まっているので、ここだけで1日中楽しむことができます。 大沼国定公園は、函館市の中心部からおよそ20kmと、ドライブの目的地に適したスポットです。 みなさんもぜひ足を運んでみてはいかがですか。 藻岩山観光道路 北海道自然100選に選出された美しい山・藻岩山。 今回は、その南側を縦走する約3. 5kmのドライブコース「藻岩山観光道路」をご紹介します。 石山通りから入って、四季折々の豊かな自然を満喫しながら徐々に高度を上げていくと、幾重にもなる緑から太陽の光が射し込む木漏れ日ドライブが楽しめます。 そして、その道を抜けた先には、札幌の街並みやススキの野原が広がり、そこはまさに非日常の世界。 国の天然記念物にもなっている原始林からは、エゾリスやキタキツネがひょっこりと姿を現すこともあるので、スピードは控え目にして、安全運転を心がけて。 春には木々や野草が芽吹き、夏にはセミの声が聞こえ、紅葉で色づく秋にはムクドリが群れをなし、そして冬になるとフクロウが顔を出す。 そんな、いつ訪れても自然や動物に心癒されるプチ旅に出かけてみるのもいいですよ。 山頂には展望スポットやレストラン、プラネタリウムといったさまざまな施設が充実しているので、爽快なドライブの後の休憩場所にも困りませんね。 また、暗くなってからのロマンチックな夜景鑑賞もおすすめ。 日本新三大夜景都市にも選ばれた札幌の夜景は、家族と、恋人と、友人と、誰と見ても感動ものです。 ドライブがてら北海道の雄大な自然と都会的な雰囲気を、一度に楽しんでみては。 小樽運河 大正12年に完成し、北海道の海運業を支えてきた「小樽運河」。 今回はこのエリアのドライスポットをご紹介します。 運河沿いには昔ながらの木造石造りの建物や倉庫が数多く残されていて、ノスタルジックな雰囲気。 レトロな街並みに、時が止まったかのような錯覚に陥ります。 夕暮れ時には運河沿いのガス灯の明かりがともるので、小樽観光をしながら昼・夕方・夜とそれぞれ違った表情を楽しむのもおすすめ。 また、観光スポットといえば、小樽の街並を望む「天狗山」はスライダーなどもあるので、ドライブ途中の気分転換に訪れてみるのもいいですね。 他にも「おたる水族館」や「北一ヴェネツィア美術館」、「小樽市総合博物館」など、足を運びたくなる場所が盛りだくさん。 「新南小樽市場」で活気のある市場の雰囲気を感じながら、北海道の新鮮な海の幸や農作物など美味しい食材を手に入れるのも楽しいですよ。 また、運河沿いには昔ながらの倉庫を利用したレストランやカフェも並んでいるので、美景を眺めながら格別のひと時を味わえるのも魅力。 そして4つの橋から望むことができる小樽運河の夜景。 いろんな小樽の魅力をドライブで楽しんだら、最後にココを訪れて川の流れを眺めてゆっくりとした時間を過ごしてみるのもいいかも。 夜はライトアップされた町のあかりや星空が水面に反射して綺麗で、とてもロマンチックですよ。 レンタカーを予約するなら、じゃらんレンタカー。 トヨタレンタカー、ニッポンレンタカーなど人気レンタカー会社のレンタカー料金をカンタン比較!ご自宅周辺や旅先の店舗からすぐに予約できてポイントも貯まります。 乗り捨て可能なプランや、直前予約プラン、24時間営業店舗も!お得な割引クーポンやキャンペーンも多数掲載。

次の

会社概要

じゃらん ネット 北海道

北海道の格安レンタカー予約は【じゃらんレンタカー】。 トヨタレンタカー、ニッポンレンタカーなど人気レンタカー会社のレンタカー料金をカンタン比較! ご自宅周辺や旅先の店舗からすぐに予約できてポイントも貯まります。 乗り捨て可能なプランや、直前予約プラン、24時間営業店舗も! お得な割引クーポンやキャンペーンも多数掲載。 空港から探す |||||||| 主要駅から探す ||||||||| 北海道のドライブスポット情報• 大沼国定公園 広大な面積を持つ北海道の、さまざまなドライブスポットから厳選した「大沼国定公園」を紹介します。 大沼国定公園は、北海道渡島半島の中央部分に位置し、3つの湖と駒ケ岳を有する自然豊かな自然公園です。 湖は、周囲24kmと3湖の中で最も大きな大沼、大沼湖の隣にある周囲16kmの小沼、木々に囲まれてひっそりとしている蓴菜沼の3つで、大沼と小沼に浮かんでいる大小126の小島には橋がかけられ、島巡りの遊歩道となっています。 明るくひらけた短時間コース、木々が茂る短時間コース、島や橋を回るぐるっと一周コース、静かな自然を楽しめる自然境コースと様々な散策コースが用意されているので、自分の目的や時間に合わせて選ぶことができますよ。 もしかするとエゾリスや野鳥に出会えるかもしれません。 大沼国定公園の周辺には、観光案内所、駐車場、飲食店、特産品の蓴菜 じゅんさい 、わかさぎ、鯉が購入できるお店、宿泊施設、湖上周遊、レンタサイクル、釣堀などが集まっているので、ここだけで1日中楽しむことができます。 大沼国定公園は、函館市の中心部からおよそ20kmと、ドライブの目的地に適したスポットです。 みなさんもぜひ足を運んでみてはいかがですか。 藻岩山観光道路 北海道自然100選に選出された美しい山・藻岩山。 今回は、その南側を縦走する約3. 5kmのドライブコース「藻岩山観光道路」をご紹介します。 石山通りから入って、四季折々の豊かな自然を満喫しながら徐々に高度を上げていくと、幾重にもなる緑から太陽の光が射し込む木漏れ日ドライブが楽しめます。 そして、その道を抜けた先には、札幌の街並みやススキの野原が広がり、そこはまさに非日常の世界。 国の天然記念物にもなっている原始林からは、エゾリスやキタキツネがひょっこりと姿を現すこともあるので、スピードは控え目にして、安全運転を心がけて。 春には木々や野草が芽吹き、夏にはセミの声が聞こえ、紅葉で色づく秋にはムクドリが群れをなし、そして冬になるとフクロウが顔を出す。 そんな、いつ訪れても自然や動物に心癒されるプチ旅に出かけてみるのもいいですよ。 山頂には展望スポットやレストラン、プラネタリウムといったさまざまな施設が充実しているので、爽快なドライブの後の休憩場所にも困りませんね。 また、暗くなってからのロマンチックな夜景鑑賞もおすすめ。 日本新三大夜景都市にも選ばれた札幌の夜景は、家族と、恋人と、友人と、誰と見ても感動ものです。 ドライブがてら北海道の雄大な自然と都会的な雰囲気を、一度に楽しんでみては。 小樽運河 大正12年に完成し、北海道の海運業を支えてきた「小樽運河」。 今回はこのエリアのドライスポットをご紹介します。 運河沿いには昔ながらの木造石造りの建物や倉庫が数多く残されていて、ノスタルジックな雰囲気。 レトロな街並みに、時が止まったかのような錯覚に陥ります。 夕暮れ時には運河沿いのガス灯の明かりがともるので、小樽観光をしながら昼・夕方・夜とそれぞれ違った表情を楽しむのもおすすめ。 また、観光スポットといえば、小樽の街並を望む「天狗山」はスライダーなどもあるので、ドライブ途中の気分転換に訪れてみるのもいいですね。 他にも「おたる水族館」や「北一ヴェネツィア美術館」、「小樽市総合博物館」など、足を運びたくなる場所が盛りだくさん。 「新南小樽市場」で活気のある市場の雰囲気を感じながら、北海道の新鮮な海の幸や農作物など美味しい食材を手に入れるのも楽しいですよ。 また、運河沿いには昔ながらの倉庫を利用したレストランやカフェも並んでいるので、美景を眺めながら格別のひと時を味わえるのも魅力。 そして4つの橋から望むことができる小樽運河の夜景。 いろんな小樽の魅力をドライブで楽しんだら、最後にココを訪れて川の流れを眺めてゆっくりとした時間を過ごしてみるのもいいかも。 夜はライトアップされた町のあかりや星空が水面に反射して綺麗で、とてもロマンチックですよ。 レンタカーを予約するなら、じゃらんレンタカー。 トヨタレンタカー、ニッポンレンタカーなど人気レンタカー会社のレンタカー料金をカンタン比較!ご自宅周辺や旅先の店舗からすぐに予約できてポイントも貯まります。 乗り捨て可能なプランや、直前予約プラン、24時間営業店舗も!お得な割引クーポンやキャンペーンも多数掲載。

次の