スープマグ。 ムーミンファン悲鳴!ケンタッキー「スヌーピースープマグ」コンプリートパックを予約した。|家計とお買いモノと。

レンジOKの超軽量スープマグが手作りスープ弁当にぴったり(ライフハッカー[日本版])

スープマグ

調理に使うお湯は必ず沸とうした熱湯をお使いください。 スープジャーの容量に対して、内容物が少ないと調理が出来なくなる場合があります。 スープジャーはあらかじめ熱湯で予熱してください。 予熱の際はフタを外してください。 根菜や肉類など熱の通りにくい食材は、ピーラーなどで薄くカットしたものを千切りにしたり、別の鍋であらかじめ加熱したりすると熱が通りやすくなります。 具材だけを増やすと調理ができなくなる場合があります。 スープジャーを火にかけたり、ストーブやコンロなどの火気に近づけたりしないでください。 やけどや変形・変色の原因になります。 保温調理中に湯切りをする際、お湯の飛び散りに注意してください。 やけどの原因になります。

次の

レンジOKの超軽量スープマグが手作りスープ弁当にぴったり(ライフハッカー[日本版])

スープマグ

取っ手部分に幅があるので、 指を通してカップを両手で持って飲むことも可能です。 日本製で、日本人の飲みやすい大きさに合わせて作られた「ちょうどいい」サイズを実現。 天然木のスプーン付き。 スープカップと普通のマグカップの違いって? コーヒーなどを飲むときに使うマグカップ。 「スープも一緒でいいんじゃないの?何が違うの?」 1番の違いは、容量です。 マグカップは300ml前後が多いものの、 スープカップは450ml以上とたっぷり入るものが多いです。 これだけあれば、具材のたっぷり入ったミネストローネなどもしっかり入りますよね。 さらに、形の特徴として、 スープカップは飲み口が大きく広がっています。 熱々のスープを冷ましながら飲むのに最適です。 スープカップの選び方 容量はシーンに合わせて選ぼう 朝食用なら小さめサイズ、逆に ディナー用に選ぶならシチューなどの煮込み料理も入る大きめサイズがいいでしょう。 また、普段よく作るスープの種類によって選んでもいいかもしれません。 さらっとしたコンソメスープのようなものであれば、そんなに容量はいりませんが、具沢山のクラムチャウダーやポトフなどであればたっぷり入る大きめサイズがいいでしょう。 素材は口あたりのよさで選ぼう 陶磁器をはじめ、耐熱ガラス製や樹脂製など様々な素材があります。 陶器製・樹脂製は熱が伝わりにくく、 直接スープカップからスープを飲んでも唇に熱さが伝わりにくいです。 逆に磁器製や耐熱ガラスは、少々熱さは感じるものの、 口当たりがなめらかなのが特徴です。 便利な機能も要チェック スタッキングできるもので収納性アップ いくつかお揃いのものを家族分購入するという場合は、重ねて収納できるものがおすすめです。 あまり大きいサイズは重ねると倒れてしまう原因になるので、小さめサイズがスタッキング収納に向いているでしょう。 「食洗機対応」なら毎日のお手入れが楽ちん 忙しい日々に欠かせない食洗機。 欠けやすい陶器製のものは食洗機に対応していないことも多いので、使用する可能性がある場合は要チェックです。 「電子レンジ対応」なら温め直しも簡単 スープが冷めてしまった時に、温め直しができる電子レンジ対応製品はとっても便利です。 樹脂製などの商品は対応していない場合もあるので、チェックしておきましょう。 デザインはスープがおいしく飲めるお好みのものを やっぱり決め手はデザイン!という方も多いのではないでしょうか? 基本的に、 白い器はどのスープもおいしそうに引き立ててくれます。 落ち着いた風合いの陶器製はあたたかみのあるほっこりとした雰囲気を演出。 お気に入りのものを見つけて、おいしく飲めるものをゲットしてください。 どの食器ともマッチするのが良いポイント。 そして 個性的なデザインが食卓をおしゃれにします。 さらに軽量なので お子様 でも使いやすく、安心して使用できます。 付属のコースターは蓋としても使用できる 2WAYタイプ。 そして 持ちやすさと、 スープも飲めるサイズという 3つを追求したマグカップ。 色の種類も豊富。 落とした時も割れにくい 軽量強化磁器製。 普通のものよりも容量が多いのでスープにもちょうどいいサイズ。 思ったよりも多く入るのでスープなどを たっぷり飲みたい人におすすめです。 ブーケ をモチーフ とした長年愛されているデザイン。 小さめのボウルなので食器だけでなく小物を収納するのにも適したデザインです。 スタッキングも可能なため収納も楽ちん。 眠気覚ましや睡眠前のお供として、おいしいスープとお気に入りのカップはいかがですか?.

次の

レンジOKの超軽量スープマグが手作りスープ弁当にぴったり(2020年6月27日)|BIGLOBEニュース

スープマグ

ROOMIEより転載:たった113gの「スープマグ」で、お弁当を軽量化! 朝できる超簡単1分レシピも紹介するよ。 夏バテで食欲がわかないときでも食べやすく準備が簡単なスープ弁当ですが、荷物が重くなるのだけがネックでした。 もし、オフィスにレンジやポットがあるなら、オフィスで仕上げて重さを軽減するのはいかがでしょう? レンジ加熱OK! なマイクロウェーブスープマグ アスプルンド「マイクロウェーブスープマグ」825円 税込 アスプルンドの「マイクロウェーブスープマグ」は、たったの113gと超軽量。 「マイクロウェーブスープマグ」には、スープジャーと違って保温機能はありませんが、蒸気口がついているのでフタをしたままレンジ加熱することができます。 オフィスで仕上げる「簡単ポトフ風スープ」 オフィスで仕上げるスープの準備は簡単です。 自宅で野菜をレンジ加熱してから、顆粒コンソメとソーセージを入れたスープマグを持参するだけ! そして、食べる直前にオフィスでお湯を注げば、ポトフ風野菜たっぷりスープのでき上がり。 冷蔵庫保管していた状態に熱湯を注いだだけだと少しぬるいようなら、レンジ加熱でお好みの温度まで温めることも可能。 自宅から具を持参するだけなので、カバンの中でスープが漏れることもなく超軽量です。 主食のパンかおにぎりを添えれば、ランチとして十分なボリュームになりますよ。 乾燥マッシュポテトを使った「1分ポテトポタージュ」 「オフィスで仕上げるポテトポタージュ」のレシピも紹介します。 家から、乾燥マッシュポテトやミックスベジタブル、ブロッコリー、かぼちゃなどの冷凍野菜と顆粒コンソメをマグに入れて持参してください。 具材をつめるだけなので、かかる時間は1分ほど。 ランチ時、オフィスで200mlの牛乳や豆乳を注いでレンジで温めれば、具沢山なポテトポタージュの出来上がり! スープは、具材や注ぐ内容を変えれば、いろんなバリエーションが楽しめるので、毎日でも飽きることがありません。 作り置きや前日の残りを持参するのもアリ 容量が600mlと大容量なので、作り置きのお惣菜や丼ものを入れて温めて食べるという使い方もできます。 深さがあるので麺類にも使えそうです。 保存容器としても活躍するでしょう。 3つのロックでしっかり密閉 3つのロックがついているので、ちょっとやそっとじゃ漏れません。 ただし、ずっと逆さまにしているとポタっと垂れてしまったので、あまり逆さまにはしないように持ち運んでくださいね。 蒸気口をしっかり閉じるのもお忘れなく! マイボトルなども合わせると、荷物が重くなりがちなお弁当ライフですが、コンビニでは高いお野菜なども経済的に食べられるなどのメリットがあります。 「マイクロウェーブスープマグ」で、ぜひお弁当作りを時短するだけでなく、荷物も軽量化してみては? あわせて読みたい Photo : 古谷 真知子.

次の