トイレ 消 臭。 消臭力

トイレのアンモニア臭の原因と臭いを消す方法と対策を紹介します

トイレ 消 臭

トイレからアンモニア臭がする原因 しっかりと掃除したつもりでも、トイレからアンモニア臭がしてしまうということはありませんか。 ちゃんと掃除しているのになぜアンモニア臭がするのでしょうか。 実はトイレのアンモニア臭の原因は、目に見えない尿汚れが残っているからです。 この目に見えない尿汚れに雑菌が繁殖して嫌な臭いを放つのです。 特に男性の場合、立って用を足す方が多いと思うのですが、そうすると床などに目に見えない飛沫が飛び散ってしまいます。 狭いトイレの場合、床だけでなく飛沫が壁まで飛び散っていることもあります。 こうした汚れを放置していると先ほども説明したように、汚れから雑菌が繁殖し、アンモニア臭がするようになってしまうのです。 トイレからアンモニア臭を防ぐ対策 トイレからアンモニア臭がする原因は、見えない尿汚れが原因ということがおわかりいただけたかと思います。 では、どうすればこの、アンモニア臭を防ぐことができるのでしょう。 トイレのアンモニア臭を防ぐには、まず、床や壁に尿が飛び散らないようにしなければいけません。 そのため、男性の場合は立って用を足すのではなく、座って用を足すようにするといいでしょう。 また、流す際にふたを開けたままだと、見えない飛沫が飛び散ってしまいます。 流す際はふたを閉めるようにするといいでしょう。 そして、しっかりと掃除することが大切になります。 便器をブラシで掃除するのはもちろん、床や壁もしっかりとトイレ用の掃除シートで拭き掃除しましょう。 トイレのアンモニア臭にはクエン酸が効果的 しっかりと掃除しても、トイレのアンモニア臭が取れないという場合はどうしたらいいのでしょうか。 トイレのアンモニア臭を消臭するには「クエン酸」が効果的だと言われています。 クエン酸は「酸性」なので「アルカリ性」のものを分解する力があります。 ニオイの原因である尿に含まれるアンモニアは「アルカリ性」なので、クエン酸をかけた後に拭き取れば、臭いの原因を断つことができるのです。 掃除用のクエン酸は100円ショップなどでも購入できます。 クエン酸をつかった消臭の方法は簡単です。 粉末のクエン酸と水を混ぜた「クエン酸スプレー」を気になる部分に掛けるだけです。 クエン酸スプレーは水500ccに対して、クエン酸を25g混ぜ合わせたものをスプレーボトルに入れて溶かすだけです。 クエン酸スプレーは一度作ったら常温で1ヶ月ほどもちます。 クエン酸スプレーを使うときのポイント クエン酸スプレーは「腰よりも低い位置」を重点的にスプレーするようにするといいです。 アンモニア臭の原因である尿の飛沫は、床や低い位置の壁に付着しやすいためです。 トイレのマットやゴミ箱など、トイレ内に置いてあるものをすべてどかし、スプレーを吹きかけます。 その後雑巾などで拭き取れば、強い酸性の洗剤などを使用しなくてもある程度嫌な臭いを消すことができるでしょう。 トイレのアンモニア臭などの臭い消しに効果的なアイテム トイレのアンモニア臭を消臭できるのはクエン酸だけではありません。 クエン酸以外にはどんなものが効果的なのでしょう。 重曹とアロマオイル 掃除に大活躍の重曹は、トイレのアンモニア臭を消臭するのにも役に立ちます。 さらにアロマオイルは殺菌や防虫、防臭効果もあるのでこの二つを混ぜ合わせれば、かなりの消臭効果が期待できます。 重曹100gにアロマオイル20滴、そしてプラスチックやガラスでできた瓶を用意します。 瓶に重曹を入れ、アロマオイルを垂らします。 よく馴染ませたたらあとは置いておくだけです。 アロマオイルは「レモン」「ペパーミント」「ティーツリー」「ユーカリ」などを選ぶといいでしょう。 混ぜ合わせたり、好みの香りを選ぶのもいいです。 酢 酢もアンモニア臭を消臭する効果があります。 100ccの水に10ccの酢を混ぜたものを、スプレーボトルに入れ、床や壁などに吹きかけます。 その後拭き取れば尿の汚れを落とすことができます。 酢の臭いが気になる場合は、ミントオイルなどを加えるといいでしょう。 消臭剤 最も簡単なトイレの消臭といえば「消臭剤」ではないでしょうか。 消臭剤は置き型タイプと、スプレータイプのものがあります。 「ベチベルビーズ」や「ベチベルミスト」と呼ばれるものであれば、天然由来成分が臭いの元を分解してくれます。 消臭剤と似たものに「芳香剤」がありますが、こちらは嫌な臭いを、強い香りで感じさせないようにするというものになります。 まとめ トイレのアンモニア臭の原因は床や壁などに飛び散った見えない飛沫をしっかりと掃除できていないことにあります。 できるだけ飛沫が飛び散らないように工夫することと、便器だけでなく、床や壁などをしっかりと掃除することが大切です。 ハウスクリーニングを依頼できる業者や料金 依頼できる業者や料金について、詳しくは「」の「」をご覧ください。

次の

花王株式会社 トイレマジックリン 消臭・洗浄スプレー ミントの香り [本体]

トイレ 消 臭

ちゃんと掃除をしていても、トイレにはどうしても匂いが染みついてしまいがち。 消臭剤や芳香剤を置いてみても、やっぱり気になってしまいます。 そこでGetNavi webでは、以前にご紹介した消臭機能付きのLED電球を実際に使ってトイレの匂いが消えるのか試してみました。 関連記事 マイナスイオンで匂いを消臭 ドウシシャから発売されている「トイレのLED消臭電球」は、その名の通り、トイレなどの照明に使えるLED電球。 なぜトイレ向けに訴求しているのかといいますと、なんと電球自体に消臭機能が備わっているのです。 マイナスイオンの発生量は、JIS B9929に準拠した発生空気イオン密度表示の6段階評価中のクラス5と、上から2番目の評価となっています。 消臭効果も第三者機関によってテストされており、その効きめにかなりの自信がうかがえます。 このLED電球の消臭作用は、トイレの使用後すぐに匂いを消してくれるというものではなく、マイナスイオンを放出し続けることで徐々に匂いを減少させるというもの。 そのため常に通電していなければなりませんが、電気をつけっぱなしにするのはエコじゃないですよね。 そのため、灯りのスイッチはオンにしていても、人感センサーの働きによって、人がいない場合は自動でライトを消して省エネに使うことができるようになっています。 なお、ライトがついていない状態の待機消費電力は約1Wで、1日あたりの電気代は約1円(マイナスイオン発生器が24時間稼動している場合)とのこと。 点灯時の消費電力は6Wとなっています。 消臭効果はおだやか。 課題は価格 さっそく自宅のトイレの電球とつけ替えて、その消臭効果を試してみました。 ソケットに入れてスイッチをオンにすると、ウォームアップモードとなり、15秒ほどライトが強制点灯します。 その後、ライトが消え、マイナスイオンの放出を示す小さな青いLEDが点灯しました。 消灯後、しばらく待ってもライトが点灯しなかったため、説明書を確認してみると、60ルクス以上の明るい場所では人の存在を感知してもライトが点灯しないようになっているとのこと。 取り付けた自宅のトイレは換気窓がついており、明るい時間だっため外光の明るさでライトは必要ないと判断されたようです。 気を取り直して、暗くなったあとに再びトイレに入ると、ちゃんとセンサーが感知してライトが点灯しました。 残念ながら、我が家のトイレはすごくアンモニア臭がするわけではないので、明確な違いを実感するには至りませんでしたが、トイレに入ったときに一瞬感じる、あの湿っぽい匂いは軽減されている気がしました。 使っていて不便を感じたのは、人感センサーによる点灯時間が2分と少々短く感じたこと。 便座に座ってじっとしていると、すぐに消灯されてしまうため、手を振ったり身体を揺らして、「まだいるよ~」と合図を送らねばなりません。 もう少し長めに点灯してくれてもいいかなと感じました。 また、価格も1個7538円と、トイレの電球としてはかなり高め。 消臭機能や人感センサーなどを搭載しているので致し方ないとは思いますが、普通のLED電球が1000円台で買えたりすることを考えると、もう少し頑張ってほしいところです。 それでも、掃除しても消臭剤を置いても消えない慢性的なトイレの匂いに悩まされている方にとっては、試してみる価値はありそうです。 また、汗や加齢臭、タバコの匂いにも効果があるので、玄関や脱衣所などで利用するのもいいかもしれません(効果を発揮できる床面積の目安は1畳としています)。 【SPEC】 光源色:昼白色、電球色 口金:E26口金 電球設計寿命:4万時間 マイナスイオン発生器寿命:2万5000時間 【URL】 ドウシシャ 製品情報ページ.

次の

おすすめトイレ消臭剤9選!目指せニオイレスなステキ空間

トイレ 消 臭

この記事の目次• トイレを消臭したい。 アンモニア臭の原因は何? どんなに部屋をキレイに整理整頓されていてもトイレがクサいとがっかりしませんか?この原因は目には見えない尿汚れが残っているからです。 この汚れに繁殖した雑菌が嫌なアンモニア臭を出します。 男の人が小をするときにちゃんとしているつもりでも、目に見えない飛沫が思いもしない方向に飛び散っています。 本当に?と思うかもしれませんが狭いトイレの場合だと便器の横の壁まで飛んでいますよ。 ちいさな子供なら、数滴便器の外にこぼれちゃったりします。 こぼれたままに放置しておくとあの臭い原因になってしまいます。 男性が小の用を足すことが主な原因になることがわかります。 我が家は母親と2人暮らしで一日中2人とも家に居るけど全然臭いません。 トイレの消臭方法!アンモニア臭がする時の対策 ・マスキング マスキングによる消臭方法はマスク!違うニオイでアンモニアのニオイをわからなくする消臭方法になります。 消臭と言えば消臭ですが実際アンモニアのにおいは消えていません。 違うニオイの芳香剤でアンモニア臭をわからなくしているので消臭方法として定着しています。 例えばトイレの芳香剤です。 かなりニオイがきついのでトイレのアンモニア臭がわからなくなってしまいます。 ・吸着方式 吸着方式によるアンモニア臭の消臭は、表面い穴が沢山ある素材でアンモニアの臭い分子を吸着される方法になりまし。 臭いが消えるをいうよりは閉じ込めるという感じになります。 例として、炭や活性炭などが消臭吸着剤として有名です。 どんなニオ分子も吸着してくれますが穴の許容範囲がっぱいになってしまうと効果がなくなります。 天日干しなどで穴に入ったニオイ分子を蒸発させてあげないといけません。 天日干しすると吸着剤をしてまた使用する事が出来ます。 ・分解消臭(イオン消臭) ニオイには分子の構造上臭う形があります。 ニオイ分子を無臭化にする方法です。 ニオイには臭う形がありますが、この形をイオン化結合によって変化させて無臭化する方法になります。 クエン酸は100円ショップでも手軽に買えます。 水で溶かしてスプレーボトルにいれて使うと便利です。 ・クエン酸スプレーの作り方 掃除用のクエン酸は100円ショップのお掃除コーナーにあります。 この粉状のクエン酸とスプレーボトルを購入して 「クエン酸スプレー」を作りましょう。 水500ccにクエン酸25gをボトルにいれて溶かします。 200g入りのクエン酸なら500ccの スプレーが8本出来ます。 常温で1ヶ月くらい持ちます。 ・腰よりも低い所を中心にスプレーする トイレにアンモニア臭がする大きな原因になるのが男性が用を足すときの跳ね返りになります。 これが床や壁などのついてしまい、嫌な臭いの原因につながります。 なのでトイレマットや便座カバー、トイレブラシなど全て片づけて腰より低い壁、床、便器全体にクエン酸スプレーを吹きかけて少しおいてから拭きます。 ・便器のふち裏もきちんとスプレーしましょう。 尿の跳ね返りが便器のふちについてしてまい 「尿石化」してしまうことがあります。 尿石化させないようにふち裏もクエン酸をスプレーしてしっかりこすりましょう。 トイレのアンモニア臭の消臭には酢酸が効果がある? トイレのアンモニア臭の原因は床や便器に残っている尿です。 床は思ったより尿で汚れています。 毎日まめに拭き掃除をしてニオイの元をなくしましょう。 それでも臭いがする時は 「酢酸」を使います。 アンモニアはアルカリ性なので、酸を吹きかけると中和され臭いがなくなります。 日本薬局方酢酸の場合は6倍に薄め、食酢ならそのままスプレーボトルに入れて置いて置きます。 スプレーしてふき取ると嫌なアンモニア臭が消えます。 スプレーしたすぐ後は酢の「ツーン」とした臭いがしますが、時間が経つとにおいが消えます。 クエン酸でも中和は出来ますが、クエン酸は揮発性がないので1回だけのふき取りだとべたつくのでクエン酸を使う時は必ず仕上げ拭きが必要になります。 住まいの消臭剤として有名なのは重曹ですが、トイレのアンモニア臭には効果がありません。 トイレに黒ずみが出来てしまった黒ずみを落とす方法はあるの? 酸性のトイレ洗剤と湿布法で落とす トイレの黒ずみの原因はカビと雑菌と言われいます。 黄ばみの原因は尿石、黒ずみの原因は雑菌です。 こびりついた尿石が黒ずんでしまうこともあるみたいです。 便器の黒ずみはカビや雑菌、水垢が便器の表面についてしまい、蓄積して出来ます。 毎回水で流しても掃除をさぼると黒ずみが出来てしまいます。 市販されている酸性のトイレ洗剤を使います。 便器にたまっている水を抜いてから、便器ボウル表面に洗剤をかけます。 便器のふち裏や平らでない所は洗剤をかけても垂れてしまいますので湿布法がいいです。 湿布法とは汚れている所にトイレットペーパーを敷いて、そこの洗剤をかける方法です。 時間を置くと汚れが落ちやすくなります。

次の