フジ ロック 中止。 フジロック2020中止か延期可能性判断はいつ?転売チケット払い戻しは?

フジロック中止!2020年の出演予定アーティストやグッズはどうなる!?

フジ ロック 中止

新型コロナで音楽フェスが苦境に 新型コロナウイルスの影響で、音楽業界が苦境に立たされている。 各地の音楽イベントは次々と中止・延期になり、閉店や事業縮小に追い込まれるライブハウスも見られるようになった。 こうした流れは、夏の音楽フェスティバルにまで及んでいる。 「フジロック・フェスティバル」「ライジングサン・ロック・フェスティバル」「ロック・イン・ジャパン・フェスティバル」「サマーソニック」。 日本では例年、これら4つの大型音楽フェスティバルが夏に開かれ、風物詩となってきた。 世間では「夏の4大フェス」とも呼ばれているが、その一角である「フジロック・フェスティバル」が6月5日、今年の開催を2021年8月に延期すると発表した。 当初は8月21~23日に新潟県で開催する予定だったことから、今年は事実上の中止とも言える。 理由はやはり新型コロナウイルスの影響で、事務局はこのように説明している。 「緊急事態宣言が解除されてもなお世界的に収束の目処は立っておらず、現時点において日本への入国拒否対象地域の拡大など、厳しい制限措置は未だに解除されていません。 ファンは演奏を近くで聞こうと密集する可能性があり、歌詞を口ずさめば飛沫感染の恐れもある。 そして、夏の炎天下だと、感染予防としてのマスク着用が熱中症を招きかねないという懸念も考えられる。 観客の密集を避けるのは難しいと思われる(画像はイメージ) 苦渋の決断で開催を断念したと思われるが、それでは、フジロック以外の夏の4大フェスの動向はどうなっているのだろうか。 それぞれの事務局に聞いた。 ライジングサンは2021年開催を目指す 北海道で8月14、15日に開催予定だった「ライジングサン・ロック・フェスティバル」は既に開催中止を決定している。 2021年の開催を目標としていて、2020年のチケットについては払い戻しのほか、2021年分のチケットへの振り替えにも応じている。 政府機関および北海道の発表を踏まえ、開催に向けてスタッフで検討しましたが、ウイルスの性質を踏まえ、何よりもご来場されるお客様や出演アーティストの皆さま、そしてこのフェスに関わるすべての人々の健康と安全を考慮し、開催を断念しました。 現状、 2020年内は通常通りのコンサートの再開は厳しいかと思っております。 全国での影響を考えると、アーティスト・各主催者が来場者の健康を考え、やむなく公演開催を自粛したことは断腸の思いだったと思います。 政府や各自治体が避けるべき「3密」の場所を例示するとき、特にライブハウスが一番感染する場所であるかのようなイメージが、メディアを通じて一般の方に伝わってしまったのではないでしょうか? それにより、感染防止対策に万全を期したとしても、お客さんの足がコンサート会場から遠のくことを危惧しています。 また、自治体それぞれが県間移動の自粛要請を行うことにより、公演ツアーを行う公演関係者の移動に何かしらの制限が加わることも懸念されます。 ライジングサンが以前と同じ形での開催が出来るかどうかを見通すことは困難ですが、人の心を豊かにし、生きる喜びを与えてきたこと、そして北海道の音楽ライブ文化を絶やすわけにはいかないと強く思っています。 政府および道や各市からの要請や指導をもとに、前を向いた協議をさせていただき、専門家の意見を取り入れた対策を講じて、まずはお客様が少しでも安心して足を運んでいただき、心から楽しんでもらえるコンサートの開催を積み上げていくことを目指します。 ロッキンも2020年の開催は断念 茨城県で8月8~10日に開催予定だった「ロック・イン・ジャパン・フェスティバル」も同じく、2020年の開催を断念。 こちらも感染拡大が収束する見通しが立たないことが理由という。 今年限りの「スパソニ」は開催の方針 「サマーソニック」に関しては、2020年は東京五輪の影響でもともと8月の開催予定はなかった。 代わりに今年限りのフェスとして、千葉県(9月19~21日)と大阪府(9月19、20日)で「スーパーソニック」を開催予定だったところに、新型コロナウイルスの問題が出てきた。 ただ、 新型コロナの問題があるので、人数の制限などで全体のキャパシティを減らすことも考えなければならないかもしれません。 すぐに発表できることはありませんが、シミュレーションなどを通じて検討していきます。 ただ、海外と国内では人の行き来ができない状況もあるので、入国制限などの情報を注視していきたいと思います。 今後の開催情報については、公式サイトで発信していきます。 音楽はストリーミングサービスなど自宅でも楽しめるが、やはりライブでしか味わえない興奮もある。 2020年内は厳しいかもしれないが、来年こそはアーティストとオーディエンスが一緒に盛り上がれる夏が来ることを願いたい。

次の

フジロック2020はやるの?日経が言うように中止や延期なら返金払い戻しはどうなる?

フジ ロック 中止

日経新聞が5月に中止と報道、謝罪するハプニングも フジロックの開催を巡っては、日経新聞が5月22日に「中止」と事前に報道し、謝罪するハプニングもあった。 日経新聞は同日午前0時ごろ、「フジロックも中止 フェスなき夏、音楽ビジネスの修正不可避」と題する記事を配信。 記事は数時間で削除され、午前10時半ごろに「中止は発表されていませんでした」と、。 その後、6月5日朝に朝日新聞デジタルが「」と題した記事を配信。 同日11時に、主催者側が2020年中の開催を断念し、2021年に延期とすることを発表した。 主催者側は、 「刻一刻と変わる国内外の状況を日々観察し、政府機関の発表も踏まえスタッフ一同、開催の実現に向けて何度も協議を重ねてきました」と説明。 「そのために、皆様へのご案内に時間を要する結果となりました事を心よりお詫び申し上げます」としている。 新型コロナウイルス感染のパンデミックな状況が一日も早く正常化することを期待し、今年も予定通りのフェスティバル開催を目指し、準備してきました。 しかし、緊急事態宣言が解除されてもなお世界的に収束の目処は立っておらず、現時点において日本への入国拒否対象地域の拡大など、厳しい制限措置は未だに解除されていません。 そして、何よりも人々の健康と安全、私たちの生命を脅かすこの危機的な状況を無視することは出来ません。 刻一刻と変わる国内外の状況を日々観察し、政府機関の発表も踏まえスタッフ一同、開催の実現に向けて何度も協議を重ねてきました。 そのために、皆様へのご案内に時間を要する結果となりました事を心よりお詫び申し上げます。 購入済みのチケットにつきましては、払い戻しの対応をさせていただきます。 また、来年のフジロックでも有効となりますので、保有したまま来年ご利用いただくことも可能です。 払い戻しの詳細等につきましては、近日中にご案内させていただきますので今しばらくお待ちいただけますようお願い申し上げます。 人々が互いに尊敬し合い、健康と安全を取り戻せる未来が近い事を信じ、来年の8月に苗場でお会いできる事を楽しみにしています。 最後に、新型コロナウイルス感染拡大により影響を受けられた皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。 そして一日も早いCOVID-19の収束と、皆さまの健康と心からの平穏をお祈り申し上げます。 また、医療従事者をはじめ、最前線で対策に携わっておられる方々に敬意を表します。 今まで、地球上では中世期以降あらゆる疫病や感染病が発生してきましたが、人類は乗り越えてきた歴史があります。 この経験を踏まえて、今回の難局を、必ず乗り越えられると信じています。 ここからは、今年のフジロックを楽しみにしていた皆さんへのメッセージです。 本当にゴメン、今年のフジロックは開催しないことを決めました。 出演してくれるバンドやスタッフ、関係者の皆様、なにより苗場まで来てくれるあなたたち、お客さんの健康と安全面を考えると、主催者として今年の開催を進めることはできないと決心しました。 数ヶ月の延期も考えたけど、苗場は9月になれば朝晩はストーブをつけるほどの寒さになり、11月には初雪が舞い始め、明けて4月までは雪が残っている。 スキー場だから、当たり前だ。 東京オリンピックを真似たわけじゃないけど、来年の8月に延期します。 2021年8月20,21,22日になります。 まだ14ヶ月も先の話だ。 悔しいけど、楽しく待っていてもらいたい。 早くからチケットを買ってくれた人達、本当に有難う。 君たちによってフジロックが支えられていることを本当に感謝します。 来年は今年の分も含めた2年分のエネルギーで、苗場で、楽しもう。 約束するよ。 そして、今年のチケットをキープしてくれた人達に、記念になるような面白いプレゼントも考えています。 こんな時だからこそ、フジロックでみんなと少しでも勇気と元気を分かち合えたらいいなと思っていたんだけど、本当に残念だ。 ゴメン。 皆さん、くれぐれも体に気をつけてください。

次の

フジロックも開催断念...新型コロナで「夏の4大フェス」は今年どうなる?各事務局に聞いた

フジ ロック 中止

野外音楽コンサート「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」の事務局は15日、茨城県ひたちなか市の国営ひたち海浜公園で8月8~10日に予定していた同イベントを中止すると発表した。 新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた判断で、チケットの払い戻しに応じるという。 開催中止を受けてネットでは、他のロックフェスにも影響するのではないかと不安がる声が出ている。 同イベントは国内最大規模のロックフェス。 昨年は5日間で33万人以上が来場した。 今年は8日までに、きゃりーぱみゅぱみゅ、ゴールデンボンバー、HYDE、サンボマスターなどの出演が告知されていた。 同イベントの公式アカウントはツイッターで、会場の臨時休園が続いていることや、アーティストやスタッフの感染防止対策が困難なこと、大勢の来場者が感染リスクの高いとされるバスや電車を利用することなどから中止を決めたと説明。 「この不安な非日常の先にある3日間は、私たちの日常を取り戻すためのポジティブなエネルギーに満ちた祝祭になるはずでした。 それを実現できなかったことを、とても悔しく、残念に思います」と記し、無念さをにじませた。 ツイッターユーザーの間でも大きな話題になり、同イベントの略称「ロッキン」がトレンド入り。 中止を惜しむコメントと、イベントスタッフらへの励ましの声が多く見られた。 「オンラインで開催してはどうか」などとイベントの配信を望む声も出ており、「(野外ロックフェスには)生にしかないものがある」「(会場内の複数のエリアでライブがあるので)オンラインなら移動が楽になる」などの意見が飛び交っていた。

次の