現在地 から 自宅 に 帰る。 iPhone / iPadの便利なショートカットまとめ

Googleマップ : e基礎 : 入門!デジタル部 : ライフ : ニュース : 読売新聞オンライン

現在地 から 自宅 に 帰る

まず、グーグルのアカウントを使ってログインする。 iPhone(アイフォーン)ユーザーなどで、グーグルアカウントを持っていない人は、別途、アカウントを作ろう。 さて、ログイン後は、上の図に従って、自宅と職場の住所を登録する。 位置情報をオンにしておくと、現在地から自宅や会社までの経路を簡単に検索できる。 なじみのない場所から帰宅する際などに便利だ。 自分の現在地知らせる スマートフォンのアンドロイド端末で「Googleマップ」を使い、友人らと待ち合わせをする際、自分の現在地を相手のスマホに表示させる方法を紹介しよう。 遅れる場合も、相手に何度も電話やメールをしなくて済む。 グーグルのアカウントでログインし、位置情報やロケーション履歴をオンにすることが必要。 〈1〉アプリを起動する〈2〉画面上の3本線の「メニュー」を押す〈3〉「設定」を押す〈4〉「Googleの位置情報設定」を押す〈5〉位置情報をオンにした上で、「Googleロケーション履歴」を押す〈6〉「ロケーション履歴を使用」をオンにする。 準備が整えば、図に従って操作すると、自分の現在地が即時に相手に分かる。 グーグル広報部の坂井真理さんは「設定した時間がたてば、自動で解除されます」と話す。 行動履歴を自動で記録 「Googleマップ」は、位置情報を基に、日々の訪問先や滞在時間など、大まかな行動履歴を自動的に記録してくれる。 備忘録代わりになって便利だ。 アンドロイド端末での使い方を紹介する。 グーグルのアカウントでログインし、位置情報やロケーション履歴などをオンにしておくと、その期間は記録される。 手順は以下。 アプリを起動し、画面上の3本線の「メニュー」「設定」「Googleの位置情報設定」の順に押す。 位置情報をオンにした上で、「Googleロケーション履歴」を押し、「ロケーション履歴を使用」と「この端末」をオンにする。 その上で、図のように操作すると、確認したい日の履歴が表示される。 消去する場合は、その日の画面を表示した上で、点が縦に三つ並んだ「メニュー」「1日分をすべて削除」「削除」の順に押す。 音声に従い徒歩で移動 「Googleマップ」のナビゲーション機能を使い、目的地まで徒歩で行く場合、目的地の入力は音声入力が便利だ。 アンドロイド端末での使い方を紹介する。 位置情報をオンにしておく。 目的地の音声入力は、「神田駅」など場所の名前でも、住所でもできる。 目的地が表示されると、画面の下の方に、周辺の景色を写真で確認できる「ストリートビュー」も表示される。 押すと写真が拡大され、初めての場所では参考になる。 さらに「経路」を押すと、目的地までのルートが示され、「開始」を押すと、後はカーナビと同じように音声付きでナビゲーションしてくれる。 ただし、「歩きスマホ」にならないように、操作や画面の確認は人の通行の妨げにならない場所に立ち止まって行おう。

次の

Googleマップに自宅を登録すると自宅から行き先を調べるのに便利!

現在地 から 自宅 に 帰る

スマホ決済の〇〇Payが増えてアプリを探すのも一苦労。 フォルダに入れずにホーム画面に置けば使いやすいだろうけど、ペイペイペイ…. だらけになってしまう。 なので僕は決済アプリを起動するショートカットを使っています。 — バルキー ENHANCE blky3 ポイントカードでパンパンになっていたカードケースや財布でしたが、スマホが普及しポイントカードもアプリベースになり身軽になりました。 けど今度はスマホ内がアプリでパンパンに。 同時にキャッシュレス化の波によりスマホ決済が増え、今では〇〇ペイの戦国時代ですね。 統一しようにもお店によって対応していないケースもありますし、個々のキャンペーンでお得に買い物できることもあるので、フレキシブルに使いたいところです。 そんな時にショートカット。 ショートカットでまとめておけば、すぐに呼び出せます。 対応しているのはヤマト、佐川、日本郵便、西濃です。 — バルキー ENHANCE blky3 ポチり時代の現代では荷物問い合わせをよくされるかと思います。 発送メールに直接荷物問い合わせのリンクを貼られているのであれば問題ないのですが、追跡番号だけだとコピーして検索をかけなければなりません。 荷物の問い合わせもショートカットでやってしまおうということで作ってみました。 使い方は追跡番号を選択し共有メニューからショートカットを起動する、あるいは追跡番号をコピーしてウィジェット等から起動の2パターンから。 対応している運送会社は以下の通り。 ヤマト運輸• 佐川急便• 日本郵便• 共有メニューからでも、ウィジェットからでも使えるハイブリット?なショートカットです! — バルキー ENHANCE blky3 Lightroomに写真を読み込んでカメラロールから自動で削除するショートカットで、Twitterでツイートしたところ結構反響がありました。 「」のでこいさん( )のツイートを元に作ってみました。 共有メニューからやウィジェットからでも起動できるようにハイブリットな感じに仕上げました。 iPadで写真編集をする方にはオススメです。 追加時でも連番リネームしたいと問い合わせが来たので、追加対応のものを作ってみました! ブログにて詳しい内容を公開予定です。 — バルキー ENHANCE blky3 このブログでも何度か取り上げている、画像をリサイズ・連番リネームするショートカット。 主にブログに使う画像用に。 Webでは大きすぎる画像を縮小して、記事ごとに連番をつけてリネームします。 iOSの仕様上カメラロールに保存すると強制的にリネームされてしまうので、iCloudかDropboxへ保存、あるいは共有でDocumentsなどのファイラーアプリで使います。 僕の中では必須のショートカットです。 以前はBearやUlyssesといったエディタに直接画像を貼り付けて、エディタからWordPressへ画像も合わせて記事をアップロードしていました。 最近は気分によってはブラウザでWordPress開いて、ブラウザ上のGutenbergで記事を書くことがあります。 ブラウザ上から画像をアップロードするには1枚1枚する必要があるので、ショートカットを使って一括でアップロードしています。 iPadやiPhoneではなくPCでブログを書く人は、前述のリサイズ・リネームと組み合わせても良いと思います。 ショートカットを作るのが好きなので、今後も良さそうなのができたら紹介したいと思います。 ブログで紹介したショートカット一覧•

次の

Googleマップ : e基礎 : 入門!デジタル部 : ライフ : ニュース : 読売新聞オンライン

現在地 から 自宅 に 帰る

なかでも、現在地から目的地まで、ドア to ドアのルート検索を完全にお任せできることがNAVITIME最大の強みだといえる。 一般的な乗換案内アプリでは、駅から駅までの移動ルートは調べられるが、例えば最寄りの駅が分からなければ、それを調べるところから始めなくてはいけない。 電車の乗り換えは、慣れれば案内なしでもなんとかなる場合もあるが、駅から目的地までの道案内となると、スマートフォンアプリ以外では人に聞くくらいしか方法がなくなる。 その点、NAVITIMEの「トータルナビ」なら、この現在地から駅、もしくは駅から目的地までの徒歩ルートの検索が快適で、移動も心強い。 今回はこの歩行者ナビ機能をより詳しく見てみよう。 実際の風景上にルートを表示する「ARナビゲーション」が便利 電車を乗り継ぎ、目的地周辺の駅に到着したとしよう。 経路検索アプリの中には改札口や出口をアナウンスしてくれるものがあるが、ようやく無事に出口にたどりついたものの、地下から地上に出たときなどは、自分がどちらに向いていて、階段を上がった後、どこへ向かって歩き出せばいいのか、自信がなくなることもあるだろう。 NAVITIMEなら、前回も紹介したとおり出口案内の下に「4番口直進」などと案内を表示してくれるが、Android版ではさらに「ARナビゲーション」という機能が用意されている。 ARナビゲーションを使えば、スマホのカメラで撮影した実際の風景上に、緑色の線や矢印で進行方向を表示してくれる。 見ず知らずの土地の場合、地図を見ても自分がどちらに向いているかピンと来ない場合があるかもしれないが、この機能があれば方向感覚がなくてもリアルに向かうべき方向が把握できる。

次の