フール プルーフ と は。 安全設計の基本

フールプルーフで品質トラブル、労災を未然に防ぐ

フール プルーフ と は

フェイルセーフとフールプルーフの違い みなさんは「フェイルセーフ」と「フールプルーフ」といった言葉を耳にしたことがあるでしょうか。 「フェイルセーフ」「フールプルーフ」とも安全確保に関する用語ですが、語感も似ていることから混同しているビジネスマンも見受けられます。 フェイルセーフとフールプルーフの違いについて、具体例と共にまとめてみました。 フェイルセーフとは? まず、フェイルセーフとは、機械装置やシステムに故障やエラーが発生した場合に、被害の拡大を防ぎ、安全が維持できるように工夫することです。 産業分野においては、日々あらゆる機械装置やシステムが取り扱われています。 しかしながら、それらも何らかの誤操作・誤作動・故障などで思わぬ事故を引き起こす可能性があります。 フェイルセーフはそのような「機械装置やシステムは必ず故障する」という考えを前提といた設計手法なのです。 例えば、異常を検知した電車の自動緊急停止システムや、天災などで急な停電になった際に電気の供給が止まらないように手術室で自家発電を行うことなどが挙げられます。 フールプルーフとは? 一方、フールプルーフとは、ヒューマンエラーを想定して人為的な事故を未然に防げるように工夫することです。 フールとは英語で「愚か者」という意味を指し、日本語で「ポカヨケ」や「バカヨケ」と呼ばれることもあります。 仮に機械装置やシステムの操作に精通していない老人や子供が誤った行動をとってしまった場合もそれを阻止するなど、誰が使っても安全に動作する仕組みを指します。 空焚き防止のため水が入っていない状態では作動しない電気ケトルや、蓋が閉まっていない状態では作動しない洗濯機などが例として挙げられます。 フェイルセーフとフールプルーフの違いのまとめ 要するに「フェイルセーフ」は機械システムに着目した安全機構、「フールプルーフ」は人間に着目した安全機構という違いがあります。 フェイルセーフとフールプルーフは、どちらも事故を防止し、安全を確保するために重要な概念です。 どんなに高性能な機械も故障する可能性があり、それを操作する人も誰しもが間違えてしまう可能性を持っています。 個々の努力だけでは確実に事故を防ぐことができるかというと、決してそうとは言い切れません。 そのため、現場で起こりうる誤動作やミス、故障から生まれる危険を予め想定し、環境整備や設計の段階において、事故を防止するための対策を組み込むことが必要なのです。 日本のモノづくりの技術が世界中で信頼されているのも、この「フェイルセーフ」と「フールプルーフ」といった安全確保における考え方を追求し、具現化されているからこそでしょう。

次の

自動車のフェイルセーフ・フールプルーフは何かが違う?

フール プルーフ と は

フェイルセーフとは? 工場で使用している機械やシステムに 故障やエラーが発生しても危険な方向にいかないよう、安全を確保する工夫をすることです。 例えば、列車やバスでドアが閉まる時、付近に人がいると、挟まれないようにドアの動きが停止しますよね。 このような工夫をフェイルセーフといいます。 工場では機械を誤って操作した時に自動的に動きを停止するようになっていたり、停電しても自家発電で電気が止まらないようにするものがあります。 フールプルーフとは? 人が ミスをしようとしてもできないようにする工夫の事です。 フェイルセーフが、ミスをしても安全な方向へ動作するのに対し、フールプルーフは誰が扱っても安全で、そもそもミスができないようにする仕組みのことを言います。 例えば、自動車はブレーキを踏んだ状態でないとエンジンがかけられないなどの仕組みがこれに当たります。 工場では、プレス機を動かすボタンが両手押しになっており、そもそも手が挟まれないようになっているものなどがあるようです。 まとめ フェイルセーフとフールプルーフは似た思想ですが、考え方は全く異なるものです。 「ミスや故障は必ず起こるもの」という考えがフェイルセーフ、「そもそもそのようなミスや故障が起こらないようにしよう」という考えがフールプルーフです。 このようなシステムが構築されていれば安心ですが、機械を操作する従業員たちへの注意喚起を怠ってはいけません。 そのようなシステムがあっても誤作動がおこるかもしれないということを念頭に置いて、実際に事故が起こってしまったらどのように対処するかを事前に共有し、そのような事態になった時に対応が遅れないようにすることで、より安心して労働災害を防ぐことができるでしょう。 フェールセーフとフールプルーフの違いについて~設計思想と事例~|衛生管理者BLOG フェイルセーフとフールプルーフ~意味の違いと事例|レジリエントメディカル カテゴリー• 238• 113• 148• 16 アーカイブ•

次の

フェイルセーフとフールプルーフは何が違う?

フール プルーフ と は

繰り返される標語や、訓練から、どんなときでも適切な行動がとれる態度が生まれます。 いろんな人がいても、防災文化が作られれば、みんなが正しい行動をとりやすくなります。 特に5年目の今年は、各地で様々な式典、行事が行われ、防災訓練も行われます。 メディアでは、多くの震災関係のニュースが流れています。 Yahoo! JAPNも、「」を公開し、防災情報を提供しています。 地震の時は、あわてて外に出ない、揺れが収まったら火を消す、ブレーカーを切ってから逃げる、自動車から離れるときはキーをつけたままにするなど、地震、津波、大風などが来たときの役立つ情報があります。 ネットもテレビも、役立つ情報満載なのですが、さてとっさの時に、実際にできるでしょうか。 覚えなくはならないことが、たくさんありあます。 フールプルーフfool-proof(愚か者でもできるように)、フェイルセーフfail-safe(失敗してもだいじょうぶなように)。 「愚か者でも」というのは、頭が悪い人という意味ではありません。 災害発生時には、ほとんどの人が「愚か」になってしまうのです。 そんな状態でもできるように、という意味です。 難しい避難機器の操作など、あわてている時にはできなくなります。 また1回の失敗で全てがだめになるようなものでも困ります。 機械の操作も、避難行動も、シンプルにしておく必要があります。 避難訓練に対して、毎年こんなことしても何の意味があるのかと考える人がいます。 しかし、違います。 地震が来たら、机の下に隠れる。 この避難行動の練習を、毎年毎年繰り返すことで、実際の地震のときにも机の下にもぐれます。 ただ地震の話を聞いて講義を受けただけではできないのです。 「地震だ、火を消せ!」の標語も、かなり国民に浸透しました。 これは、関東大震災からの教訓でしょう。 昭和時代の我が家には、町内会で配られた「地震だ、火を消せ!」と赤い字で書いてある紙が張ってありました。 耳にたこができるほど聞いて、毎日その言葉を見ていて、はじめてとっさのときに行動がとれます。 ただし、現在では多くの火を使う機器が地震発生時に自動消化するようになっています。 また、揺れているときに無理に火を消そうとしてけがをする事例もあります。 そこで今では、「揺れが収まったら火を消す」に代わりました。 「」も、昔から伝わる言葉を使った非難訓練です。 災害社会工学者の片田敏孝先生を中心に8年間にわたる教育が行われたおおかげで、岩手県釜石市内の小中学校では、全児童・生徒計約3千人うち生存率99・8%という「釜石の奇跡」が達成されました。 たとえば災害心理学の実験で、ビルの中にいる人に「地震が発生しました。 避難してください」と言うと、エレベーターに向かってしまう人が多くいます。 いつもエレベーターを使っている人は、階段ではなく、エレベーターの方向に向かってしまうのです。 ブレーカーを落とすのも、車のキーをつけたままにしておくことも、繰り返し繰り返し聞き、訓練を重ねることで、少しずつ身につくことでしょう。 また災害心理学の本を読めば、大災害発生後には、支援物資やボランティアが殺到し混乱すると以前から書いてありました。 しかし1995年の阪神淡路大震災のときには、そのとおり混乱が発生しました。 事前の対策はなされていませんでした。 この災害心理学の出版社の人から聞いたのですが、阪神淡路大震災の後、各地に自治体に本の宣伝をしたそうです。 けれども、大して売れなかったと言っていました。 震災が起きても、なかなか人も行政も変わろうとはしません。 東日本大震災のあとに、その前から出ていた本で読んだことです。 その本には、タバコのパッケージに「喫煙は、あなたにとって肺がんの原因の一つとなります」と警告表示があるように、かつて津波被害があった場所には、「ここは津波被害のあった場所です(この場所まで高い津波が押し寄せたことがあります)」と警告表示を出せというすすめが書いてありました。 専門家達はわかっていたのです。 地震や津波がいつ来るかはわかりませんが、防災のための情報を出していたのです。 もしも東日本大震災の前に、このような津波警告表示が各地に張ってあったら、一人でも二人でも命が救われいたでしょう。 わかっていても、伝わっていなければ、知ろうとしなければ、意味がありません(伝え方が不器用な専門家側も問題もあるでしょう)。 新潟県では、2004年に中越地震が発生しました。 そのわずか3年後2007年には、中越沖地震が発生しました。 ある関係者は言っていました。 「まさか、こんなに早く次が来るとは思っていなかった」。 そしてさらに2011年3月12日東日本大震災の翌日に、新潟県と長野県の県境で「長野県北部地震」が発生しました。 地震のたびにビルや高速道路は強くなります。 阪神淡路大震災が発生せずに新潟県中越地震が発生していたら、高速道路や新幹線は、もっとひどい被害を受けていただろうと言われています。 災害によって、法律が変わったり、建物が変わったりはします。 しかし人の心と行動は、なかなか変わりません。 11から防災文化を作ろう 個人の行動が変わるために、全体が変わる必要があります。 災害の記憶、3. 11の記憶が、行事やモニュメントや震災遺構、標語や歌や訓練によって「」となり、そうして私達の思いと行動が少しずつ変わっていきます。 こうして防災文化が作り上げられ、言葉や行動が定着すれば、様々な防災情報も実際に役立てることができるのです。 テレビドラマも、小説も、人の心を描いています。 舞台は江戸時代だったり、未来の宇宙だったりしますが、そこに登場するのは、愛し憎み攻撃し助け合う人々です。 作家は芸術的センスで人間の心を描き出しますが、心理学者は科学的な方法で人間の心の不思議に迫っていきます。 人は「どうするべきか」ではなく、「どうすることが効果的か」を探ります。 心は、人間の一番身近にあって、一番わからないものです。 相手の心もわからないし、何より自分自身の心がわからなくなるときもあります。 心理学を通して、自分を知り、人を知り、をよくして、幸せになりましょう。 心理学者やカウンセラーではなくても、経験や信念があります。 心はとても身近なので、人はみんな「心理学者」なのかもしれません。 それぞれの人が、それぞれの感情と考えを持っています。 世の中にはひどい人がいます。 腹を立てて当然です。 当然です。 こんなに傷つくことがあった、みんな私をわかってくれない、泣くのは当然です。 でも、ちょっと待って。 その考え、そのときのあなたの感情は、正しいのでしょうか。 その考えで、成功するのでしょうか。 その気持ちで、その行為で、仕事が上手くいき、人間関係が改善され、あなたは幸せになれるのでしょうか。 また、一人ひとりがつい陥ってしまう「自動思考」があります。 本当はそうではないのに、すぐにいつもの考えや感情が湧き出て、誤解が誤解を生み、努力も水の泡です。 これでは、とてももったいない! 心理学の知識を使って、「ちょっと待てよ」と考えられるようになりましょう。 自分の心、人の行動。 ちょっと立ち止まって考えられると、冷静になれます。 やさしく強くなれます。 愛と勇気がよみがえります。 あなたは、もっと自由に、もっと楽しく生きられるのです。 女は話し合って問題解決しようとし、男は話題にしないことで解決しようとする。 そして互いに相手が解決を望んでいないと思い込む(男女のコミュニケーション)。 人は、問題が発覚したその瞬間に「このことは事前に予測できていたはずだ」と感じる(原因帰属)。 人間は、他者の行動を実際以上にその人の性格のせいにする。 自分自身の時には環境のせいにするのに(原因帰属の基本的錯誤)。 やる気が高すぎる人(結果を重んじすぎる人)は、子どもや部下のやる気を奪う(達成動機)。 うつ病は、もっとも周囲の理解が必要なのに、もっとも理解されにくい病気(精神医学・臨床心理学)。 本当はうつ病ではない自称うつ病の人が周囲を傷つけている(精神医学・臨床心理学)。 自分を信じることは大切だが、自分の意志力を過信する人は失敗する(認知行動療法)。 子どもを愛しているのに、愛が空回りしている親がたくさんいる(子育て・発達心理学)。 人は、自分の意見にあった情報を選び、自分の意見にあったように解釈する(認知的不協和)。 いったん否定的なセルフイメージを持つと、それが性格になってしまう(セルフ・スキーマ)• ネット・コミュニケーションは、愛も憎しみも燃え上がりやすい(社会心理学)。 凶悪事件の犯人は、孤独と絶望感に押しつぶされた人(犯罪心理学)。 心の隙間を埋めるような恋は、破滅へと向かう(恋愛心理学)。 問題があることが悪いことではありません。 悩みのない人はいません。 でも、問題がないふりをしたり、問題は解決不可能だと思い込んだりすることで、事態は悪化していきます。 たとえば…• 「ありがとう」が言える人は幸せになれる(ポジティブ心理学)。 希望は、心を開き、一歩を踏み出したときに生まれる(希望学)。 期待されている子は伸びる(ピグマリオン効果)• 大きな悲しみも、乗り越えられる方法がある(レジリエンス)。 心が張り裂ける出来事を通して、成長することもできる(PTG:外傷後成長)。 あなたは、なりたい自分になれる(新しいパーソナリティー理論)• 愛されるコツは愛すること(好意の返報性)。 「やればできる」の土台は「自分にもできる」(セルフ・エスティーム)。 心に痛みを感じている働くお母さんは大丈夫(社会心理学・役割間葛藤)• お金も腕力もなくても、あなたも人の助けになれる(カウンセリングマインド)• やる気のない部下も生徒も、上司や先生との人間関係でやる気を出せる(内発的動機づけ)• 親や先生に愛されると、やる気がわく(癒しの場と活躍の場・内発的動機づけ)。 人のために行動できる人は。 幸福になれる(ポジティブ心理学)。 ただの気休めや、きれい事ではありません。 近年の心理学は、人間の明るい側面にも目を向け始め、成果を上げています。 でも、あなたの心も癒されます。 過去の事実は変わらなくても、過去の出来事が今のあなたに与えている影響は変えることができます。 家庭や仕事や学校で、悩んでいる人もいるでしょう。 どうしようもないこともあるでしょう。 でも心理学の研究によると、お金や体の健康や容姿や周囲の状況など、環境が幸福に与える影響力は、10パーセントに過ぎません。 私なんか「どうせこんなもの」「しかたがない」と感じているのは、誤解です。 心理学の知識を使って、「ちょっと待てよ」「ちょっと待って」と考えられれば、あなたの感情が変わります。 心理学のテクニックを活用すれば、効果的な行動が取れます。 あなたの心は変わり、結果的に現実も変化し始めるでしょう。 ゴールを決めるのは、あなた自身です。 心理学が、そのアシストをいたします。 心理学の基本的な理論とテクニック、ぜひお伝えしたい最新心理学の情報、そして心理学者からの心のメッセージをお送りしていきます。 実は、「メッセージ」は、不特定多数の人には届けにくいものもあります。 このコンテンツを選んでくださったあなたにだからこそ、お送りできるメッセージがあります。 現代社会の「今」を取り上げ、毎日のあなたのニーズに応えます。 心理学の研究によれば、泣くこと苦しむことにも意味があります。 でも、悲しみに押しつぶされ、失敗で無気力になり、時にはやる気が空回りするのが人間です。 希望と成果につながる効果的な方法を、これからお伝えしていきます。 心の傷が癒され、能力が発揮され、もっと優しく、もっと強く、良い親、良い上司、良い友人、良いパートナーになれるように。 あなたが、あなたらしくなるために。 ~~~~~~~~~~~~~~~~•

次の