気分次第でぼくは。 ぼくがすべておわるまで

ブレイディみかこ 『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』

気分次第でぼくは

精神科や心療内科は治療となります。 カウンセリングは医療行為とは別となります。 どちらもお住まいのところで検索してもらったら色々出ると思いますよ。 先生に当たり外れがありますのでなかなか難しいかもしれませんが…自分を客観的に見てみたり出来る機会にはなると思います。 また、病院は予約制が大半ですので、新規はなかなか受け付けてもらえません。 1ヶ月先なんてこともザラなのでそれもみてみてください。 お薬はクセになると言われる方も居ますが、皆さんがそんな事はありません。 どんな薬を出すかもその時次第です。 なので、市販薬を無作為に飲んでしまうよりも適したものを飲む方が良いこともあります。 また、依存も病気によるものが大半です。 薬を飲まなければ眠れないなどの思い込みからとなります。 カウンセリングは病院で紹介してくれることもありますし、市町村で斡旋もあったりします。 色々なものをネットでも検索すると良いです。

次の

植村花菜 きみとぼく 歌詞

気分次第でぼくは

精神科や心療内科は治療となります。 カウンセリングは医療行為とは別となります。 どちらもお住まいのところで検索してもらったら色々出ると思いますよ。 先生に当たり外れがありますのでなかなか難しいかもしれませんが…自分を客観的に見てみたり出来る機会にはなると思います。 また、病院は予約制が大半ですので、新規はなかなか受け付けてもらえません。 1ヶ月先なんてこともザラなのでそれもみてみてください。 お薬はクセになると言われる方も居ますが、皆さんがそんな事はありません。 どんな薬を出すかもその時次第です。 なので、市販薬を無作為に飲んでしまうよりも適したものを飲む方が良いこともあります。 また、依存も病気によるものが大半です。 薬を飲まなければ眠れないなどの思い込みからとなります。 カウンセリングは病院で紹介してくれることもありますし、市町村で斡旋もあったりします。 色々なものをネットでも検索すると良いです。

次の

植村花菜 きみとぼく 歌詞

気分次第でぼくは

ぼくは自分のことを気分屋とは思っていなくて、自分の機嫌で仕事が左右されるようなことはあってはいけないと思ってきた。 虫の居所が悪いとまわりに当たり散らすような人を冷めた目で見ていた。 仕事をしていると、時々思いがけないことに遭遇する。 いろいろな人と接していると、ぶつかることもある。 そんなときも自分は比較的落ち着いて対処できるタイプだと勝手に思っていて、頭に血が上るようなことなく、またあったとしても表に出さずに対応できると信じてやってきていた。 まわりから見ると決してそんなことないよ、感情が出ていてハラハラするよ、と映っていたかもしれないけれど。 プライベートでうれしいことがあったり悲しいことがあったりして、それを引きずりながら仕事をしていても、周囲には気づかれないようにできてきたつもりだった。 あくまでもそれはぼくの「つもり」だった(と思う)。 ここのところちょっと気分がよくて、今までならクヨクヨしていたようなこともクヨクヨしなくなった。 上機嫌だと、少々のことは気にならない。 まわりから気づかれているかどうかはわからないけれど、自分としては全然違う。 気分次第だ。 気分がいいと普通の日がいい日になる。 だからいつも気分よくできたらいいなあと思う。 苦しいことや悲しいこともあるだろうけれど、それも気分次第やね。

次の