ダチョウ。 「ダチョウ王国」とは

ダチョウ

ダチョウ

ダチョウ目。 全長 1. 8m,頭高 2. 1~2. 8m,体重 150kgで,現生類のなかでの最大種。 地上性で,長くてじょうぶな脚をもつが,は退化して飛ぶことができない。 趾(あしゆび)は 2本。 頭とは大半のが見えるが,細かい綿羽が生えている。 腿にはがない。 は頭と頸の綿羽が灰色で,体の羽毛が黒く,と翼の先が白い。 は頭と頸が灰色,体の羽毛が暗褐色である。 のやに生息するほか,オーストラリア南部に南アフリカから化されたものが移入され,一部で野生化している。 地上に巣をつくり,3~5羽の雌が一つの巣に産し,昼間は雌が,夜間は雄が抱卵する。 日中は雌の暗褐色,夜間は雄のの羽毛で姿が目立たないと考えられている。 主として草食性で,植物質を消化するために腸がたいへん長い。 この科はダチョウ1種よりなる。 現生の鳥類の最大種。 全長約1. 8メートル、大きな雄は頭高2. 5メートル、体重150キログラムに達する。 雄は体が黒く、飾り羽状の風切 かざきり 羽と尾羽は白色で、頭頸 とうけい 部、わき、ももはほとんど裸出し、ピンク色である。 雌は雄より小さく、幼鳥と同じく体羽、風切羽、尾羽が灰褐色で、裸出部も淡褐色。 地上生で、飛ぶことはできない。 足は強大である。 足指は中指と外指の2本しかない。 サハラ砂漠以南のアフリカとアラビア半島、シリアに分布するが、絶滅した地方もある。 開けた荒れ地やサバンナにすみ、数羽ないし最大50羽前後の群れをつくって生活している。 また、シマウマやキリンの群れに混じっていることが少なくない。 頸 くび が長くて頭高が高いうえに、視力と聴力はきわめて優れているので、野生のダチョウの群れに接近することは非常にむずかしい。 歩くときは時速4キロメートルぐらいであるが、敵が近づくと、時速60キロメートル以上の速さで走る。 ダチョウの天敵は若鳥を襲うライオン、卵をねらうハイエナやジャッカル、そして人間といわれる。 通説では、ダチョウは水を飲まないといわれているが、飲み水は必要である。 事実、ダチョウは留鳥であるが、水を求めて移動する。 食物は、多汁質の植物、漿果 しょうか 、種子、若芽、若根などで、まれには小動物も食べる。 この鳥は一般に一夫多妻で、1羽の雄が3~5羽の雌といっしょになっている。 雄は砂地にくぼみをつくって巣とし、そこへその雄に属する各雌が4~8個の卵を産卵するので、1巣の卵数は雌の数によって8個から25個、ときには60個に及ぶ。 ただし、抱卵限度は20個までで、それ以上は放置される。 卵は光沢のあるクリーム色で、大きなものは長径15センチメートル、短径13センチメートル、重量1600グラムもあり、現生の鳥の卵としては最大である。 抱卵は、夜間は雄が1羽で、昼間は雌が交代でする。 抱卵期間は約45日である。 ダチョウの雄の白い飾り羽は、中世にはナイトのヘルメットの飾りとして珍重され、19世紀になると婦人帽の飾りとして高価に売買された。 このため、野生のダチョウは一時少なくなったが、一方、アフリカ南部をはじめ世界各地でダチョウの養殖が盛んとなり、最盛期にはその数が70万羽に達した。 しかし、第一次世界大戦を境に婦人帽の飾りは廃れ、ダチョウ産業も縮小した。 現在は羽毛より皮に需要があり、高級の鞄 かばん やハンドバッグ用として数万羽がアフリカ南部を中心に養殖されている。 [森岡弘之].

次の

「ダチョウ王国」とは

ダチョウ

特徴 亜種として北アフリカダチョウ、マサイダチョウ、ソマリアダチョウ、南アフリカダチョウ等がおり、鳥類で最大です。 飛ぶことは出来ず、肢が頑丈でキック力は100あたり4. 8tの圧力があると言われています。 また、時速70~80kmで走ることができ、長距離であっても時速50kmほどで走ることができます。 胴体の羽根は雄が黒色、雌が灰褐色であり、鳥類は元々ほかの動物に比べて視力が優れていますが、その中でも一番視力が良いと言われています。 腸はほかの鳥類と比較して非常に長く、長さは約23mあります。 馬やウサギと同様に草の繊維質を腸で醗酵させてエネルギー源とし、また飲み込んだ石を胃石とし、筋胃において食べた餌をすりつぶすことに利用しています。 ダチョウの卵は直径約15cm、重さ約1~1. 5kgで殻の厚さは2mmです。 80kgの衝撃にも耐える耐久性をもっており、ダチョウの卵1つでニワトリの卵20~30個分です。

次の

ダチョウから感染症予防の可能性を探る!獣医学博士・塚本康浩に密着『情熱大陸』

ダチョウ

ダチョウといったら、ダチョウ王国!日本一のダチョウ飼育数を誇るダチョウ王国では、ダチョウたちが牧場を駆け巡り、四季折々の牧場シーンを楽しめます。 季節によっては、夕方には産卵シーンも見ることができるかも。 ダチョウは好奇心旺盛で、皆様のご来園をお出迎えいたします。 エサを手から上げることもでき、わくわく・どきどきの体験のはじまりです! 癒しの空間「牧場」 牧場にいらしてください。 広いスペースを、青い空を、澄んだ空気を感じに来てください。 広い空間にはそれだけで、人を癒す力があります。 ダチョウが駆け回るだけで、非日常な空間が広がります。 とても好奇心が旺盛なダチョウたちは、皆様を、首を長くしてお待ちしております。 世界最大のトリ「ダチョウ」 ダチョウは好奇心旺盛なトリです。 皆様のすぐ近くに来て、あいさつをしていきます。 えさをあげることも、首を触ることだってできちゃいます。 よーく足を観察すると、それはもう恐竜のよう!鱗のような模様のすねと大きな指と爪。 もちろん、世界最大の鳥です。 最大身長:250cm、最大体重:150kg 世界でチータに次いで2番目に足も速く、最速70km/hで走り、40km/hで2時間走ることができる。 卵:約1. 2kg/個、約40個/年ほど産卵します。 産卵シーズンは春から秋口です。 所在地 茨城県石岡市半の木14052 電 話 TEL. 所在地 千葉県袖ケ浦市上泉1506-10 電 話 TEL. 駐車場 100台無料・大型バス可.

次の