マホイップ 技構成。 【ポケモン剣盾】マホイップの進化条件と全種類一覧【ソードシールド】

【ポケモン剣盾】マホイップ好きが考えに考え抜いた結論パ

マホイップ 技構成

の詳しい対戦考察や育成論は、以下のようなサイトでも取り扱っています。 外部サイトの安全性・正確性・合法性等あらゆる点については、何ら保証しません。 このページは、 の対戦での扱い、及び育成論を記述するところである。 マホイップの歴史 第八世代 では豊富な積み技を生かした耐久型が一定数採用される。 弱点補完としてなどと合わせて使われることが多い。 また、マホイップであえて相手のポケモンにを浴びせ、後続ののでをコピーし、そのまま全抜きを狙う「マホイップメタモン」なるトリッキーな構成が一時期話題になった。 シリーズ3シーズン4でキョダイが解禁されるとターン枯らせができる受けポケモンとして考察された。 ではデコレーションによるサポーターとして一定数使われる。 だが、すなかきドリュウズとバンギラスの並びなどのようにこだわりスカーフを持っていてもどうにもならない対面もあるので対策されやすい。 単純に王道のアタッカー達を軸としたトリオしては、物理型としてドリュウズを、特殊型としてトゲキッスを採用した「ホイドリキッス」が存在する。 シリーズ3シーズン4期に行われた海外のオフラインのダブルバトル大会ではをまともにデコレーションで強化する「マホイップラプラス」が流行し、結果を残した。 でデコレーションを阻害された時のためのも主流化した。 マホイップがラプラスの相方として優秀な理由としてはラプラスの素早さの種族値が60とマホイップより4低い点にあり、これによりマホイップで上から味方のラプラスにデコレーションを放てるのである。 同じ頃のダブルバトルでは、のとで味方をサポートし、キョダイマホイップので粘り勝つ「マホピッピ」が成立。 この頃になると、など不確定の技で制圧しに来るポケモンが環境に跋扈してきたため、スイートベールを持つことによる恩恵が増した。 のでを発動してキョダイダンエンの火力を底上げし、キョダイダンエンの回復効果でブルンゲルのをサポートする「マホブルン」も考察された。 一般的な育成論 火力、耐久共に同タイプのニンフィアに劣り、における差別化点はわずかにが上回る点しかない。 しかし、ニンフィアが習得できないやを習得可能であり、耐久型の適性が高い。 もしアタッカーにするならエナジーボールを覚えることでくさ火力において対抗馬のニンフィアに対して優位性を見出すことができる点を活かしたい。 では積み技としてとけるやめいそう、回復技としてか、他にメインウエポンとしてやほのおウエポンとしてなどを採用した構成が中心。 攻撃性能と耐久性能どちらを重視するか、仮想敵がどのポケモンなのかによってプレイヤーによって変わる。 のなどによって積みやすい環境を作るとなお強力。 また、専用技のが相手の、を2段階上げるというトリッキーな効果であり、主にダブルバトルで味方に使うと効果を発揮する。 特性はこちらの積みを意識したなどに強気に出られるがメジャーだが、対戦相手がアロマベールを警戒し、そもそもちょうはつを撃たれないという算段でを対策として採用する者もいる。 もしで採用するなら、、、、という技構成が考えられる。 ただ、素早さが微妙なのでをにして最速型に仕上げるのがベター。 こだわりスカーフ最速型の素早さ実数値は190であり、準速ドラパルトの194でも先に動いてしまうため、マホイップと組む場合はアタッカーとなる相方の素早さ実数値を189以下に調整する必要がある。

次の

【ポケモン ソード&シールド】マホイップの育成論(種族値・努力値・技構成など)│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

マホイップ 技構成

こんにちは、ひやしうめです。 個人的に溶けるより強いと思っている甘えるマホイップについて紹介したいと思います。 なお、前にも以下の記事で甘えるマホイップについて紹介していますが、この型とは少しコンセプトが異なる型となっています。 わざわざ溶けるではなく甘えるを採用したのは、 こ の型の役割が 起点作り であるため。 基本的に物理に 甘える、特殊の マジフレを擦っていき、後続の積みエースの起点を作っていく。 なお、単に起点作りであれば置き土産等の方が向いているのでは?と思う方も多いだろう。 実際、私自身置き土産は今作の環境と噛み合いが良すぎてめちゃくちゃ強いと思っている しかし、この型の本質は、 起点作り役でありながら 非常に高い詰ませ性能を持ち、自身がそのまま勝ち筋として機能する点にある。 この型は、甘えるとマジフレにより 積み技を持っていないアタッカーを完封することができる。 相手がたまらず交代してくるのであればまた1からハメ直しつつ削りを入れていけば良い。 そうすれば自然と、相手のが後続の圏内に入っている。 なお、 結局詰ませるのであれば溶ける型の方が強いのでは?という声もありそうだが、この型の真髄は溶ける型の弱点である 急所を突かれた時にある。 溶ける型は急所に当たるとそこで終わりだが、甘えるマホイップは 急所で倒された時に起点が完成する。 すなわち、 甘えるによる詰ませを狙いながら、後続の起点作りもこなすことができるという二面性を持つ。 また、積み合いになった時に、相手の能力を下げられる甘えるの方が後続の負担が小さいのもさりげない利点である。 ここまでの話を整理すると、• 甘える型の主な役割は 起点作り• 起点作り役でありながら、高い 詰ませ性能も併せ持つ• 詰めの最中に急所に当てられた場合は 起点作りが遂行されている という特徴を持つのが、この HB甘えるマホイップなのである。 以下で詳しい説明をしていく。 考察経緯 考察の経緯は、初心者の友人T君とフレ戦している時であった。 この時、私はハンデとして マホイップ統一を使っていた。 この時使った甘えるマホイップは、他記事で紹介したクッション型マホイップ だったのだが、起点作りとして使うならBに振り分けて少なくとも1回は行動できる相手を増やす方がいいだろうと考え、穏やかHB振りとした。 調整 振り方の方向性として、HB振りにより物理相手にも一回は行動して甘えるを入れることを意識。 しかし、図太いにする必要はなさそうだったので、性格は 穏やかに。 Hは呪い意識で4nを避け、 244振り。 Bは甘えると合わせることで相手に2回動ける可能性が残る 180振りにした。 Cは4振りでも良かったが、12振りにするとへのマジフレの乱数が大幅にずれるので 12振り。 端数はSに振り、 残りをDに振った。 ちなみにDはちょうど11nとなっている。 Sにももう少し振りたかった 具体的には4振りアーマーガア抜きの36振りくらいまで が、が足りなかったので諦めた。 特性 眠らない スイートベールか、挑発無効の アロマベールの選択。 一般的な特殊受けマホイップは挑発を受ける場面が少ないのでスイートベール推奨だが、本型は物理の相手もする為アロマベールも選択肢である。 だが、 欠伸持ち カバ、、等 にも役割範囲を広げられる スイートベールの方が個人的には推している。 というか今まで挑発されたことない あと、キョックスにするか否かだが、ここは好みで構わない。 ックスする機会もそんなにない ちなみにキョックス型はを展開できないので、特性はスイートベールの方が若干優勢となる。 持ち物 鋼タイプ入りに選出しやすくなり、1回以上の行動できる相手が多くなる リリバの実 鋼半減実。 これを持つだけで出しやすさが変わってくるので、個人的には推奨。 発動機会も比較的多い。 一致最高打点。 対 龍、 悪、 闘への遂行打点として必須。 特にドラパルトなんかとはこれで殴り合う。 たまに、フェアリー技切りを使う人を見かけるが、 エルフマホイップ両採用でもは出てくるためオススメしない。 フェアリー技はちゃんと持っておこう 戒め ちなみにドレインキッスに変えるのはまあまああり。 マジカイム 対鋼、特殊アタッカーへの遂行打点。 マホイップの 有利対面マジカイムの法則のために必須。 多分この用語使っているのは私だけ 基本的に特殊アタッカーにはこの技を連打し、起点を作っていく。 起点を作りながら削りも入れられる優秀な技である。 なお、悪巧み持ちには押し負けるので注意。 甘える 今回の目玉技。 物理にこの技を振っていき、起点を作っていく。 あわよくばハメられそうなら、そのまま詰ませていく。 溶けるではなく甘えるの利点は前述の通りで、全抜きはできないものの、起点作りとしての役割を持てるところが非常に優秀な点。 この記事を読んだらきっと溶けるより甘える派になるはず! いや、溶けるは溶けるでちゃんと強みあると思うけども• 自己再生 ニンフとの差別化点。 詰ませ性能を持たせるためにも必須。 基本的にこの技で体力管理をしながら甘えるorマジフレを擦っていく。 いうまでもなく、マホイップの生命線とも言える技。 ppはちゃんと増やしておこう 運用方法 基本的には先発に出して、起点作りを行う。 物理には甘える、特殊にはマジフレを振っていく。 この時、相手が交代してくるようであれば倒されるまで起点作りを遂行し、突っ張ってくるならそのまま詰ませる。 この時注意したいのが、必ず体力管理は徹底すること。 下手に削られたタイミングで交代されてしまうと、起点を作れずに終わってしまうためである。 しっかり詰ませるぞ!という動きを見せておき、急所で突破されるのが理想。 うまくいけば、相手の裏まで見つつ削った状態で起点を残して退場ができる。 なお、悪巧み持ちにはカモにされるので注意。 選出を控えた方がいいかもしれない。 あとがき ここまでお読みいただきありがとうございました。 甘えるマホイップ、いかがだったでしょうか。 何かの参考になれば幸いです。 甘える型のマホイップはあまり考察されていませんでしたが、溶けるに負けないくらいの強みはあったので、興味を持ちましたらぜひ使ってみてください。 それでは今回はこの辺で失礼します。 最近、考察より、マホイップ考察の方が熱い あ、宣伝です。 とうとう私に次ぐ変態型考察記事が出たので、 面白いからみんな見てね 媚び売り売りコビ太郎.

次の

【ポケモン剣盾】マホイップの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

マホイップ 技構成

これらの道具使用することで、 新たなマホイップの姿へと進化できます。 マホミルのレイドバトルで入手可能 「スターアメざいく」と「リボンアメざいく」は、「マホミル」のレイドバトルから入手できます。 アイテム報酬はランダムとなるため、必ずどちらも手に入るわけではない点に注意しましょう。 ワイルドエリアニュースの受け取りが必要• [X]でメニューを開く• 「ふしぎなおくりもの」を選択• 「ワイルドエリアニュースを受け取る」を選ぶ• 受け取り完了! ワイルドエリアに新たな要素が追加れた時は必ず「ワイルドエリアニュース」を受け取りにいきましょう。 マホイップのタイプ・特性 タイプ 図鑑No. 時間に関しては昼、夜、夕方の三種類で変化があります。 わざマシン No. 覚える技 タイプ 威力 命中 PP 8 150 90 5 9 150 90 5 10 60 - 20 11 120 100 10 17 - - 30 19 - - 25 21 - - 10 24 50 100 15 25 - - 10 28 75 100 10 29 - 100 20 31 - 100 15 39 70 100 20 41 - - 20 44 - - 10 47 - 100 20 59 - 100 10 63 75 100 10 71 - - 10 72 - - 10 76 60 100 15 87 50 100 10 89 - - 10 92 75 100 10.

次の