ロック アプリ iphone。 iPhoneの特定アプリをロックする方法は?制限する方法も解説!

iPhoneの特定アプリをロックする方法は?制限する方法も解説!

ロック アプリ iphone

Contents• もし忘れてしまって何度か試してみると、デバイスがロックされてしまいます。 そんな強力なパスコードを解除できるアプリがあります。 それが「」です。 AnyUnlockには様々な機能がありますが、一番強力で役に立つのは「画面ロックを解除」する機能でしょう。 このような場面で役に立ちます。 ロック画面のパスコードを忘れてしまった• パスコードを何度も間違えて、デバイスがロックされてしまった• Touch IDやFace IDが反応しない• 中古でiPhoneを買ったらロックされている• 画面が割れてロック解除ができない 日々使っているiPhoneならパスコードを忘れることはあまりないかもしれません。 しかし古いiPhoneを久々に使おうとしたら忘れていることはありそうです。 一番困るのはメルカリなどで中古のiPhoneを買ったとき、ロックが解除されていなかったらどうしようもなくなります。 しかしiPhoneやiPadの強固なセキュリティを解除できるのでしょうか? 実際に検証してみました。 パソコンでアプリを起動して「画面ロックを解除」を選択するとこのような案内が表示されます。 専門的な知識が必要ないところもAnyUnlockの特徴です。 案内のとおり、パソコンとiPhoneをLightningケーブルで接続して、電源ボタンと音量ボタンを同時に長押しします。 アプリがiPhoneを検出するとこのように画面が変わります。 iPhoneに対応するiOSをダウンロードするようです。 「ダウンロード」ボタンをクリックします。 (右下はiPhoneの画面です) ダウンロードするサイズはかなり大きいので時間がかかります。 iPhoneの画面には特に変化はありません。 ダウンロードが完了すると注意事項が表示されます。 ロック解除が完了すると、すべてのデータは消去されます。 デバイスのバッテリー残量が十分にあるか確認してください。 iPhoneを探すがオンの場合、ロック解除後にはiCloudアカウント(筆者注:Apple ID)を登録してデバイスを設定する必要があります。 ロック解除後、デバイスのシステムは最新バージョンにアップデートされます。 要するに、パスコードを解除することで新しいiPhoneとして設定されます。 問題なければ「今すぐ解除」をクリックして、画面ロックを解除します。 パスコードの解除を処理中という画面になります。 その間もiPhoneには特に変化はみられません。 「ロック画面が正常に解除されました」と表示されます。 この時、iPhoneは自動的に再起動されます。 この状態まで来たということは、パスコードロックが解除されているとわかります。 説明すると「全ての設定をリセット」するためにはパスコードの入力が必要です。 ここまでの作業でパスコードを入力することなく「全ての設定をリセット」できました。 説明どおりパスコードを解除できたということになります。 iPhoneの初期設定を進めていくと「アクティベーションロック」の画面になります。 ここはこのiPhoneで使っていたApple IDとパスワードが必要になります。 Apple IDをもし忘れていたとしても「Apple IDを忘れた場合」のページで調べることができるので問題はないでしょう。 AnyUnlockは「Apple IDを削除」する機能もあります。 iOS11以前は無条件で、iOS12以降は「iPhoneを探す」を無効にすることでApple ID削除が可能です。 初期設定を進めていくと「古いパスコード」の入力が求められます。 これはiCloudに保存されているWebのパスワードが暗号化されているためです。 その「古いパスコード」は忘れてしまったわけですので、ここでは青い文字の「iPhoneのパスコードをお忘れですか?」を押します。 そして次の画面で「パスコードをあとで入力」を押します。 スポンサーリンク ロックを解除したiPhoneを新しいiPhoneとして使う 初期設定が終われば、新しいパスコードでiPhoneを使えるようになります。 しかしやることがひとつ残ります。 「古いパスコードで暗号化されたデータ」を削除することです。 古いパスコードで暗号化されたデータは新しいパスコードでは読み込めません。 中古で買ったiPhoneなのに、新しいパスコードで読み込めると困るので、このような制限になっています。 この暗号化データを削除します。 iPhoneの「設定」を開くと「Apple IDの設定」を続ける必要があるので、メニューを開くと「Apple IDの提案」という画面になります。 「続ける」を押します。 iPhoneのパスコードを入力します。 これはさきほど初期設定した新しいパスコードです。 そして先ほども出てきた「古いパスコード」の入力画面になります。 これを忘れてしまっているので、「iPhoneのパスコードをお忘れですか?」を押します。 「暗号化されたデータをリセット」を押します。 再度確認されるので「暗号化されたデータをリセット」を押します。 これでパスコードを忘れてしまったiPhoneはほぼ新しいiPhoneとして使えるようになりました。 「ほぼ新しい」というのは、Apple IDは以前と一緒という意味です。 様々なロックを解除できる「AnyUnlock」 ここまで検証したように、「AnyUnlock」というアプリはロック画面の解除ができます。 ロック画面を解除することで、暗号化されたデータは消えてしまうことになります。 例えばWebサービスやアプリのパスワードは消去されるのでログインし直す必要があります。 しかし、アプリの購入履歴は残っているので、有料のアプリを使っていた場合は再度インストールして使えます。 もしiCloudに写真を保管していたのであれば、写真や動画も残っています。 Apple IDを別のものに変更すれば、完全に新しいiPhoneとして使うこともできるので、ひとに譲ったり、中古で売ったりすることも考えられます。 ロック画面の解除以外にも「AnyUnlock」はこのような機能があります。 もし、あなたが実際に使ってみてうまく解除できないようであれば、24時間365日のサポートが受けられます。 結果的に解除ができなかった場合でも60日間全額返金保証付きなので安心してください。 実際に検証してみた経験から、自信を持っておすすめできるアプリです。 ぜひ使ってみてください。 公式サイト:.

次の

ロック画面の設定

ロック アプリ iphone

iphone遠隔ロックを設定して万が一に備えよう! iPhoneを紛失してしまった時、iPhoneは遠隔でロックすることができるということをご存知でしたか? 万が一無くしてしまっても、iPhoneに含まれているデータを見られる事がない上に、ロック画面に任意のメッセージを表示させることができるので、拾った方が親切であれば手元に戻ってくる確率も高く、安心です。 今回は、iPhoneの遠隔ロックの方法と解除方法をまとめておきます。 事前に確認しておくこと。 iPhoneの遠隔ロックをする為には以下の3つの条件を満たしている必要があります。 以上の設定がされていない場合は、事前に設定されておくことをオススメします。 (iPhoneのロック画面に表示されます) 以上で紛失モードに設定されました。 次からは、反対にiPhone遠隔ロックを解除するにはどうしたら良いか、その方法をご説明していきます。 この機能はAppleが提供するサービスです。 au、softbank、docomoどのキャリアをご使用でも方法は同じになります。 もちろん無料のサービス! 普段使いでは位置情報サービスがオンになっていると不安なこともありますが、iPhoneを紛失するのが心配な方は、ぜひ参考にしてみてください。 万が一盗難に遭った場合にも役立ちます。

次の

パスコードを忘れた!?iPhone/iPadのロック解除アプリで解決!!【AnyUnlock】

ロック アプリ iphone

パスコードから指紋認証(Touch ID)、顔認証(Face ID)とiPhone本体の認証システムは進化しているが、アプリごとにロックをかけたいと思ったことはないだろうか? 本記事ではそんな場合に重宝する、アプリをロックする方法などを紹介していく。 iPhoneのアプリを個別にロックするおすすめの方法は? アプリを個別にロックするには、iPhoneの標準機能を使う方法とアプリを使う方法があるが、まずは標準機能の使い方から紹介していこう。 標準機能なら無料で安全にiPhoneのアプリがロックできる iPhoneに標準機能として搭載されているロック方法は、「ペアレンタルコントロール」と「アクセスガイド」だ。 「ペアレンタルコントロール」はiPhoneの標準アプリを選択してロックをかけ、起動できなくする機能。 「アクセスガイド」は、選択したアプリ以外を起動できなくする機能だ。 iPhoneの指紋認証や顔認証でロックを解除するアプリもあるけど!? 指紋認証(Touch ID)や顔認証(Face ID)で使えるアプリもある。 これは、元々サインインが必要なアプリがiPhoneの認証機能を利用しているだけで、ユーザーがロックをかけたいアプリの認証に、Touch IDやFace IDを使えるわけではない。 iPhoneの標準機能で特定のアプリを使えなくする方法 それでは実際に、標準機能を使ったアプリのロック方法を紹介していこう。 するとそのアプリはiPhoneの画面に表示されなくなり、使うことができない。 スクリーンタイムにはパスコードの設定もできるので、もっとセキュリティ性を高めたい人にはおすすめだ。 設定したアプリ以外のiPhoneのアプリをロックしてしまおう 「アクセスガイド」は、iPhoneを一時的に1つのApp専用にする機能だ。 「ペアレンタルコントロール」は制限できるアプリを決めていたが、「アクセスガイド」は選択したアプリ以外を使えなくする機能なので、iPhoneの標準アプリである必要はない。 あとは任意のアプリ(写真はGoogleマップ)を立ち上げている時に、右ボタンかホームボタン(iPhoneの機種によって変わる)を素早く3回押せばアクセスガイドの開始画面になる。 開始をタップすればアクセスガイドがスタート、選んだアプリ以外は使えない。 アクセスガイドでアプリをロックしたiPhoneの解除は? 解除は再度ボタンを素早く3回押し、パスコードを入力すればOKだ。 iPhoneのフォルダにもロックできるアプリはない? 端末の中には、人に見られたくないファイルもあるだろう。 そんな時はフォルダにロックをかけてしまおう。 iPhoneの標準機能としては装備されていないので、アプリを使うことになる。 ロックアプリには様々なものがあるが、中でも「iSafePlay」という無料アプリが人気のようだ。 【参考】 iPhoneのフォルダにロックをかけて写真を保管できるアプリ 「iSafePlay」を使えば、iPhoneのカメラで撮影した写真や、ダウンロードした写真をパスコード付きで保管できる。 ロックしたiPhoneのフォルダに保管できるのは画像だけ? 「iSafePlay」は写真の他にも、iPhoneで撮影したビデオ、動画を保管できる。 iPhoneのメールアプリのフォルダにもロックはかけられる? 残念ながらiPhoneのメールアプリには、フォルダをロックする機能はついていない。 iPhoneの自動ロックをアプリ毎に解除できないか? iPhoneには一定時間、画面やボタンを操作しなければ、本体にロックが自動的にかかる機能が搭載されている。 この機能を特定のアプリを使っている間だけ、操作していなくても自動ロックがかからないようにできるのだろうか? 残念ながらiPhone機能では、個別に自動ロック機能を振り分けることはできないようだ。 【参考記事】 iPhoneのロック画面を個性的にするには? 他人に一番見られるスマホの画面は、ロック画面かもしれない。 iPhoneのケースなどで個性を主張するのも一案だが、ロック画面を工夫してみるのも良いのでは? ここからはロック画面の素材を作成する方法などを紹介しよう。 iPhoneのロック画面を専用アプリで作成する 【参考】 「intoLive」を使えば、ロック画面で動く個性的な壁紙を作れる。 ほかにも壁紙を変更するアプリは出ているので、探してみよう。 【参考記事】 iPhoneのロック画面に表示される時計も変更できる? 残念ながら時計の位置や大きさは変更できない。 色も背景によって自動的に変わる。 壁紙の変更だけで我慢しておこう。 文/ねこリセット.

次の