インスタ 質問箱 やり方。 Instagram(インスタ)で質問箱のURLを貼り付けたい!設置や回答のやり方

Peing(質問箱)で特定したい!特定する方法やされる/バレる可能性は?

インスタ 質問箱 やり方

アプリの使い方 2018. 16 スマホサポートライン編集部 質問箱Peingアカウント削除(退会)のやり方と注意事項 質問箱(Peing)の退会(アカウント削除)のやり方を紹介します。 退会はスムーズに進めば、数分あれば手続きできる簡単な内容です。 Peingアカウントを削除するにあたって 一度、Peingアカウントを削除(退会)すると、送られてきたメッセージ(質問)や回答、ユーザーページなどのアカウント情報を含め、全てが完全に削除されます。 削除後に、復旧させることはできないのでよく理解したうえで手続きを行うようにしましょう。 退会後、再び質問箱を利用したくなった場合は、アカウントを作り直して利用開始することができます。 ただし、一時的(短期)にサービスを利用しないなどの理由であれば、再利用のために削除して再登録するよりも、今後使用する可能性のある方はアカウントを削除せずに所持しておくことをおすすめします。 アカウントを所持することで料金が発生するなどということもありません。 メール通知が来るのが煩わしい場合は、Peing設定内のメール設定欄にある【質問を受け取った時メールを送信する】の設定をオフにしてメール通知を受け取らないように設定できます。 Peingアカウントの削除のやり方 質問箱(Peing)にアクセスして、サービスにログインします。 自分のアカウントの管理画面が開いたら、右下の【歯車のマーク】をタップして、設定画面下部にあるメール設定の欄にある【退会する】をタップします。 以上で、Peingアカウントの削除が完了しています。 続いて、PeingアカウントとTwitter連携を許可していた方は、アクセス権の許可の取り消しも行っておきましょう。 Twitter(ブラウザ版)にアクセスして、Peingと連携していたTwitterアカウントでログインします。 【アクセス権を取り消す】をタップして解除しておきましょう。

次の

いまさら聞けない!TwitterでPeing質問箱のやり方教えます

インスタ 質問箱 やり方

インスタグラムの「質問」スタンプとは インスタグラムのストーリーズではこれまで、回答が選択式の「アンケート」スタンプや、どれくらいそう思うかを尋ねる「絵文字スライダー」スタンプなどが提供されてきました。 「質問」スタンプはそれらと異なり、テキストを入力して自由回答できるため、よりコミュニケーション性の高いスタンプとなっています。 たとえば、憧れの芸能人やインスタグラマーが投稿した質問スタンプから個人的に訊いてみたかったことを尋ねれば、答えてくれるかもしれません。 インスタのストーリーズで質問を募集する方法 ここでは、ストーリーズで質問スタンプ付きの投稿をおこなって、フォロワーに質問を投げかける手順を紹介します。 ストーリーズの投稿画面で撮影もしくは写真・動画を選択したら、顔文字アイコンをタップまたは画面を上にスワイプし、スタンプ一覧から[質問]を選びます。 すると自分のアイコンと「質問はありますか?」というスタンプがストーリー投稿上に貼り付けられます。 「質問はありますか?」の部分をタップすれば、質問内容を自由にテキスト編集が可能になります。 スタンプ上のスペース部分をタップして、スタンプの背景色も変えられます。 編集が済んだら[完了]をタップしてください。 最後にスタンプのサイズや位置を調整します。 サイズはピンチイン・アウトで、位置はドラッグして変更できます。 画面左下の[ストーリーズ]または[親しい友だち]をタップすると、質問スタンプ付きのストーリー投稿が完了します。 ストーリーズで質問(スタンプ)から回答を送る方法と注意点 続いて閲覧側の操作として、ストーリーズに付いている質問スタンプの質問に回答を寄せる手順を解説します。 ストーリーズ投稿を閲覧中に質問スタンプが付いていれば、これの[テキストを入力…]部分をタップして回答を送信することができます。 ただし匿名で回答することはできず、投稿主(質問者)にのみ回答したユーザーが誰なのかわかる仕様です。 入力後に[送信]をタップすれば、返信完了です。 元のストーリーズ投稿にこの返信が加わって表示されることはありませんが、投稿主はこの回答を別のストーリーズ投稿に取り込んでシェアすることができます()。 質問スタンプから届いたメッセージに返信するには? フォロワーから質問(スタンプ)への回答があり、さらにその回答へ返信をおこなう際の手順も解説します。 該当するストーリーズ投稿を開き、左下の閲覧履歴をタップすると、質問内容と質問者が表示されます。 ここで[返信]をタップしてください。 すると選択中の質問に対して、直接相手にダイレクトメッセージ(DM)経由で回答するのか(左)、返答をストーリーにシェアするのか(右)が選べるようになります。 多くの芸能人やインスタグラマーたちは[返信をシェア]から、届いたメッセージへの返答をストーリーへ再投稿しています。 上の画像は、質問スタンプから送られたメッセージへ返信したストーリーを再投稿したものです。 返信内容は匿名で、プロフィールアイコンなども表示されないため、誰のメッセージなのかがバレる心配はありません。 メッセージに対する返答をストーリーに書いてシェアするのが一般的です。 一括で質問スタンプから届いたメッセージに返信する裏技 1つのメッセージに対してストーリーを再投稿していると、大量のメッセージへの返信に時間がかかる上、何枚ものストーリーを投稿することになります。 そこで、一気にメッセージへ返信できる裏技を紹介します。 方法は、まず返信一覧画面(ストーリーの左下の閲覧履歴をタップ)で[すべて見る]を選択します。 [すべて見る]は、質問スタンプからのメッセージが2件以上ある場合に表示されます。 メッセージ一覧が縦画面いっぱいに表示されるので、このスクリーンショットを撮影してください。 あとは、ストーリーズでそのスクリーンショットを選択し、メッセージ一つひとつに返信してシェアするだけです。 この方法を使えばたくさんのメッセージへ簡単に返信が可能です。 ただし、この方法を使うと相手のアカウント名とプロフィールアイコンも表示されてしまうので、スタンプなどで隠す配慮が必要でしょう。

次の

いまさら聞けない!TwitterでPeing質問箱のやり方教えます

インスタ 質問箱 やり方

Twitterで人気爆発!質問箱 Peing とは 質問箱の代表とも言える「Peing」。 Peingとは、匿名で質問を募り、それに対しての回答をSNSなどで発信するサービスとなります。 Twitter上で質問箱のURLをシェアし、フォロワーさんからの質問を募り、それに対してTwitter上で回答をシェアしていくのが、Peingの主な流れとなります。 また、「匿名で質問が出来る」という点が人気の秘訣となっています。 Peingアプリ 質問箱 の基本的な使い方 サービス開始当初はWebサービスとして使われていた質問箱ですが、2018年2月頃に質問箱のアプリ版がAndroid/iPhone共にリリースされました。 今回は、iPhone版のPeingを使って使い方の手順を解説していきます。 【1】質問箱の始め方/アカウント登録 何はともあれ、まずは質問箱を使うためにアカウント登録から始めなければなりません。 インストールが完了しアプリを開くと、利用規約が表示されます。 利用規約をしっかりと読んだら、「 利用規約に同意する」をタップして下さい。 Peingのログイン方法は大きく分けて「SNSアカウントを使ったログイン」、「Peing専用アカウントを使ったログイン」の2種類存在します。 どちらを選んでも問題ありませんが、Twitterやインスタグラム連携をしたくない場合PeingIDでアカウント作成することをおすすめします。 SNSアカウントを使ったログイン SNSアカウントを使ったログインでは、Twitter、インスタグラム、Facebookの3種類から利用することができます。 今回は例として、Twitterを使ったログインの手順をご紹介します。 まずは、ログイン画面の「 Twitterで登録/ログイン」をタップします。 Twitter連携の画面が表示されますので、ユーザー名/メールアドレス、パスワードを入力し「 ログイン」をタップして下さい。 正常にTwitterとの連携が完了しログインできると、上記のような画面が表示されます。 Twitterとの連携ログインをすると、「あなたの質問箱をシェア」というボタンが大きく表示されます。 Twitterに特化して質問箱を使うことができるようになります。 PeingIDを使ったログイン ログイン画面の「 PeingIDで登録する」をタップします。 タップすると、「 PeingID」と「 パスワード」の設定を求められます。 メールアドレスの登録は一切必要ないので、アカウント作成が非常に楽です。 PeingIDとパスワードを入力したら「 登録する」をタップしましょう。 PeingIDが他の人と被らず正常にアカウントが作成できたら、自動的に画面が遷移します。 上記のような画面が表示されたらアカウント登録は完了です。 【2】質問箱の作り方/URLのシェアまで Peingアプリにログインできたら、早速質問箱を作成しましょう。 1.質問箱にログインし、マイページを開きます。 マイページの上部の「URLをコピーしてシェアしよう!」もしくは「質問箱をシェア ツイート 」のどちらかをタップします。 今回はTwitterで質問箱をシェアしたいので、ツイートの方を選択しました。 2.Twitterへシェアするために、ID/メールアドレスとパスワードを入力し、「 ログインしてツイート」をタップ。 既にTwitterアプリをインストール済みの場合は「 ツイート」というボタンが表示されます。 最後に質問箱が正常に作られているかを確認するために、ツイートをチェックします。 上記のようにツイートがされている場合、質問箱が作成されている証拠です。 あとはフォロワーさんなどからの質問を待って、質問が来たら回答していきましょう。 【3】質問への答え方 質問箱に溜まった質問へ答える方法について解説していきます。 まず、質問箱に質問が投函されたかを確認するために、アプリのフッターから「質問」というアイコンをタップします。 すると、「あなたの受け取った質問一覧」と表示されます。 質問がある場合は、その一覧に未回答のもの、未読の質問が表示されます。 あとは未回答の質問に答えていくだけです。 1.質問一覧から答えたい質問を選び「 回答する」をタップします。 2.回答画面に移動するので、240字以内で返信内容を書き、「 回答する 画像 」または「 回答する リンク 」をタップして下さい。 リンクと画像の違いは、Twitterで回答する時に質問を画像で表示してツイートするか、それとも質問はリンク URL で引用する形にするかになります。 おすすめは、画像を使っての回答です。 実際に画像を使ったツイートを確認して見ると、下記のよう見やすくなります。 やはり視覚的にどういった質問に対しての回答なのかがわかりやすいので、画像を使った回答をする人が圧倒的に多いです。 そして、回答が終わった質問は質問箱から消えます。 以上が、質問箱 Peing の基本的な使い方となります。 アカウントを作成し質問箱を作った後、質問を募り質問に回答するという利用ユーザー視点ではこのような手順となります。 質問箱に投稿する方法 次に利用者視点から、質問箱に対して投稿する方法について解説していきます。 1.ツイートされた質問箱のURLをクリックする。 2.相手の質問箱へ移動するので、質問を書いて「 質問を送る」をタップする。 3.質問が完了すると、下記のような質問が書かれた画像が表示されます。 後は相手からの回答を楽しみに待ちましょう。 質問箱の設置はプロフィール/固定ツイートがおすすめ 質問箱の設置は、プロフィールにURLを載せておくか、固定ツイートがおすすめです。 しかし、プロフィールの場合URLだけなので、視覚的にわからず質問箱と気づいてもらえない可能性もあります。 ですので個人的には、固定ツイートでプロフィールのタイムライン一番上に表示させておくことをおすすめします。 固定ツイートの方法 1.まずはプロフィールを開きます。 プロフィールを開いたら固定したいツイート右上の矢印をタップ。 メニューが表示されるので「 プロフィールに固定する」をタップする。 2.ツイートの固定をするかを問われるので「固定する」をタップ。 すると、プロフィールの一番上に先程の質問箱に関するツイートが表示されるようになります。 「 固定されたツイート」というメッセージがツイート上部に表示されていれば固定完了です。 質問箱 Peing /特定の危険性について 質問箱を使う上で、質問した人が特定される危険性があるサービスではないかと不安になる方もいらっしゃると思います。 たしかに質問箱ではIPアドレスブロックを採用しており、複数人にブロックされた場合にIPアドレスが表示されてしまうことがありますが、IPアドレスが表示されたからと言って、住んでいる場所までばれることはありません。 Peing公式ツイッターでも次のように特定の危険性について言及しています。 【お願い】DMであまりに多いのですが、質問をした方の特定は一切できません。 このような問い合わせを受けるためにDMを開放しているわけではありません。 ご遠慮いただけますと幸いです(大切なDMも埋もれてしまいます)。 質問箱 Peing のブロックについて 質問箱では、誹謗中傷、あまりにもしつこい粘着を繰り返す人に対してブロックを行うことができます。 ブロックの仕方や仕組みについて下記記事にまとめています。 関連記事: また、ブロックされたかを確認する方法や、されたらどうなるのかもまとめています。 関連記事: 質問箱 Peing の使い方/まとめ 以上が、質問箱 Peing の基本的な使い方、質問への答え方や質問のやり方についての紹介でした。 質問箱は気軽にツイートできるTwitterとの相性が抜群です。 正しい使い方をして、フォロー/フォロワーさんともっと交流を深めるためツールとして活用していきましょう。

次の