クルーガー 巨人。 【巨人歴代選手名鑑】リック・クルーガー ~my favorite giants~

エレン・クルーガー

クルーガー 巨人

エルディア復権派メンバーでありながらマーレ政府に潜り込み、エルディア復権派に情報や物資を流して裏で支援をしていた。 実は過去グリシャは出会っていた 実はグリシャは過去にエレン・クルーガーに出会っていました。 妹のフェイと一緒にレベリオ収容区から抜け出て飛行船を見に行った時、治安当局の人間に見つかって制裁を受けてしまいましたが、 グリシャが制裁を受けていた相手こそがエレン・クルーガーです。 の密告でエルディア復権派メンバーが楽園送りにされた際、マーレの兵士に扮したエレン・クルーガーが「俺がフクロウだ」と正体を明かし、ようやくフクロウの正体が明らかになりました。 進撃の巨人の継承者 エレン・クルーガーはの一つである進撃の巨人を継承していました。 しかし、 力を継承したのが13年前で、による寿命がすぐそこまで迫っており、体は衰弱してしまっていました。 グリシャに使命を託す 寿命がすぐそこまで迫っていたエレン・クルーガーは、「自分からを継承し『』を奪還しろ」とグリシャに命じます。 進撃の巨人の力をつかえば壁にたどり着くことができるので、壁内に向かい始祖の巨人の力を奪還する使命をグリシャに託したのです。 こうして、グリシャは進撃の巨人の力を手にし、その力で壁にたどり着き、から始祖の巨人の力を奪って最終的には息子のに力を継承させたのです。 最期に謎の発言を残す 力を継承する前、エレン・クルーガーはこんな謎の言葉を残しています。 エレン・クルーガー「妻でも子供でも街の人でもいい」「壁の中で人を愛せ」「それができなければ繰り返すだけだ同じ歴史を同じ過ちを何度も」「ミカサやアルミンみんなを救いたいなら使命を全うしろ」 やはまだ生まれておらず、エレン・クルーガーが知っているはずがありません。 にも関わらず、エレン・クルーガーの口からミカサとアルミンの名前が出ているということで、ここは今も謎となっています。 進撃の巨人は昔から「ループものなのでは??」と噂されていましたが、エレン・クルーガーのこの発言でよりループもの説が強まりましたね。 まとめ 以上、エレン・クルーガーについてまとめてみました。 エレン・クルーガーは登場機会こそ少ないものの、作中における重要人物の一人です。 エレン・クルーガーの情報はしっかり押さえておいてくださいね。 進撃の巨人の今までの話を「」にまとめているので、進撃の巨人の内容を振り返りたい方はぜひご覧ください。

次の

リック・クルーガー

クルーガー 巨人

イェレナの正体とは?ただのジークの信奉者なのか? 今までのイェレナは、ジークの考えに賛同し、目的達成のためには手段を選びません。 イェレナは、パラディ島のメンバーからの信頼を得る為に上官を射殺し、信頼を得た頃にエレンに接触、マーレ国への奇襲を成功させています。 そして、その裏では、パラディ島への上陸当初から、ジークの脊髄入りワインをパラディ島の幹部に飲ませていました。 イェレナはいつでも一手も二手も先を読み、ジークの理解者として行動していましたね。 >> イェレナは、ジークの事を「神」と呼んでいます。 そして、今までの行動からもイェレナはジークの信奉者である事は間違いないでしょう。 しかし、実はイェレナはエレンに対してもジークと同じ感覚を持っていると思います。 イェレナは、110話でのピクシスとの会話で、「ジークが希望を見せてくれたように、エレン・イェーガー自身に主体的な思想がある事を求めた。 彼は想像以上。 」だと語っています。 そして、117話でも「あなたは他の人とは違う。 あなたは特別。 」とも発言しています。 ジークを崇めているように、エレンに対してもジークと等しく、またはそれ以上に崇拝しているのかもしれません。 イェレナはエレンクルーガー(フクロウ)の子孫なのか? イェレナは、ジークとエレンの「イェーガー信奉者」であると説明しました。 では、なぜイェレナはこんなにもジークとエレンを崇拝しているのか? 「2人の兄弟によって世界は生まれ変わる。 私はそれを彼らの近くで見ていたい。 」 「歴史が変わる瞬間は間もなくです。 」 これらの言葉からは、イェレナは世界の転換点を見届けたいだけとも考えられます。 しかし、ユミルの民でもないイェレナが、ここまで興味を示すとも考えにくい気がします。 そこで、ひとつの可能性として、イェレナがエレン・クルーガー(フクロウ)の娘ではないか?と考える人も多いようです。 実は、イェレナは今まで度々、エレンの話をする時に「エレン」と「エレン・イェーガー」と呼び分ける事がありました。 これは、 イェレナの中に「エレン・イェーガー」だけではなく、「エレン・クルーガー」の存在もある為だと考えられます。 エレン・クルーガーはグリシャに巨人の力を継承するときに、家族を持つように話している事から、エレン・クルーガーにも家族がいてもおかしくはありません。 もし、イェレナがエレン・クルーガーの娘であれば、クルーガーの遺志を継いでエルディア人の歴史が変わる瞬間に立ち会いたい気持ちも納得できます。 イェレナが巨人の力を継承する可能性はある? さて、イェレナがクルーガーの娘だと考えると、今後の物語に大きな影響があります。 それは、 イェレナが「巨人の力を継承できる」という点です。 もしも、クルーガーがエルディア人以外と結婚し、イェレナを授かったとしても、 マーレとエルディアのハーフであるライナーも巨人の力を継承できています。 という事は、イェレナが「始祖の巨人」を継承できる可能性も、大いにありますね。 もしイェレナの目的が、ジークが提唱するエルディア人安楽死計画を支持することだった場合。 エレンがジークを裏切ったとなると、ジークは始祖の巨人の力を理解者に継承させて安楽死計画を実現させるしかありません。 となると、一番の理解者に挙げられるのはイェレナです。 >> そうなると、 エレンを捕食したイェレナが、今から全てをひっくり返す可能性があり、物語の終着点が全く予想できなくなります。 今のところ、イェレナはエレンを殺すような素振りはなく、今更、巨人の力に興味があるようには見えません。 ただ、やはり最後までイェレナの動向には注目する必要がありますね。 イェレナが始祖の巨人の力を継承する必要は無くなった そしてで、エレンがジークのエルディア人安楽死計画を拒否したことがわかりました! となると、ジークがイェレナに始祖の巨人の力を渡そうとするのか!?と思いましたが、衝撃の展開が! ということです。 これで、イェレナが始祖の巨人を継承する必要は無くなったと考えられます。 イェレナの正体に関してネットの反応は? 普通に考えればマーレに恨みを持つ非エルディア人なら、自分の計画をマーレに漏らす事は無いと踏んだのかもしれません。 ただ、イェレナがジークからあそこまで信頼されると言う事は、それなりの理由があるはずです。 いったい2人の間にどんなエピソードが隠されているんでしょうね。 — 巴里の恋人 アース調査兵団兵士 I26JReutgBAsTuT 117話「断罪」より エレンがイェレナの指示を無視して戦場に出ていったシーンは、エレンに個人的な意思があることを思わせるし、後々イェレナ(とジーク)との関係が崩壊する展開を予想させるなぁ、と思いました。 何かエレン達の巨人の力や、アッカーマンの強さみたいに何か特殊能力持ってそう笑 — キオ 進撃の巨人 wodFhl87x94SIIm やはり、イェレナには何かあると思っている方が多いですね。

次の

【進撃の巨人】すべての巨人を操る能力!始祖の巨人とは?

クルーガー 巨人

そしてこのシーンがループ説の根拠と考えられるのは、ミカサがエレンを「次の世界」に送り出していると想像できるからですよね。 この 「いってらっしゃい エレン」というミカサの言葉ぼ前にはどんな出来事があったのかはわかりませんが、何かしら出来事があってこのシーンに繋がるのかなと思います。 「いってらっしゃい エレン」と言っているのはおそらくこのときのミカサではないですよね。 このときのミカサというのはエレンと一緒に薪を取りに来たミカサです。 ということでミカサがもう一人いることになるのでこのエレンの夢に出てきているミカサは「前の世界」のミカサなのかなと想像できます。 そしてもう一つループ説を思わせるシーンがあります。 今回の記事ではとり挙げませんが、 「大陸に留まった王家の残党は革命軍となり父はその一員だった」という部分に気になるところがあります。 クルーガーのお父さんが王家の残党ということはお父さんは王家の血を引いていて、その子供の エレン・クルーガーも王家の血筋の人間なのかなと思いました。 ですが、大陸に残っている王家の一族の末裔はダイナ一人のみとグリシャ・ノートに書いてありますし、グリシャがクルーガーに問いかけていないので可能性は低いかもですね。 ループ説を考えるクルーガーがどのようにして進撃の巨人の力を身に宿したのかというのは知りたいところです。 きっとクルーガーの生い立ちにはすごい秘密があると思うんです。 なぜこのように妄想したのかというと、正直に言うとこれが楽だったからです(笑)。 ではクルーガーの前の巨人の力の持ち主は誰だったのか?今回はこれについても無理やり考えてみました~。 エレン・イェーガーとクルーガーの名エレンは同じですが、これはなぜでしょう。 考えられる理由としては、グリシャが進撃の巨人の力の持ち主だったクルーガーの名前を、いずれその力を引き継ぐ子供に名けづるべきだと考えたから、といったところでしょうか。 つまり「進撃の巨人=エレン・クルーガー」なので「〇〇・イェーガー」と考えたときに子供に「エレン」と名づけるのが妥当であるという見方です。 たしかに矛盾のない考え方です! しかし、もしかしたらグリシャが進撃の巨人の力を継承したことによる記憶への影響があったという可能性もありますよね。 もうすこし進みます。 同じくエレンも死んでいたとすると、そこから赤子継承が始まるのかなと思ったりしています。 そしてクルーガーに赤子として進撃の巨人の力が与えられる、と。 赤子継承についてもよくわかっていませんが、もし、死んだエレンの意志が働いてなんらかの形で革命軍の一員の子供(=クルーガー)に継承されたのだとすると エレン・イェーガーがエレン・クルーガーを選んだとい言えませんか!? さきほど「エレン」という名前について少し触れましたが、上のような形でループが起きているのだとすると、またそれをグリシャが継承者の記憶として受け継いでいるのだとするとグリシャが自分の子供にエレンという名前を付ける可能性もあるのかな、と。 それは、エレンの持っている力が赤子継承されるなら 始祖の巨人の力はどこに行くの?という疑問です。 いや~、ここが説明できないのでこの妄想はあてになりそうにありません(泣) ということで一応ループの構造について妄想してみました。 それでは今回はこの辺で終わりたいと思います。

次の