宇多田 ヒカル time。 宇多田ヒカル2020年初の配信シングル!『美食探偵 明智五郎』主題歌「Time」がリリース決定

宇多田ヒカル2020年初の配信シングル!『美食探偵 明智五郎』主題歌「Time」がリリース決定

宇多田 ヒカル time

デビューから、アルバム「ULTRA BLUE」までずっと、宇多田ヒカルの曲には一貫して「飢え」があった。 「愛に対する飢え」である。 「First Love」「Distance」「DEEP RIVER」の頃は、文学で感情を学び、ある意味、知識だけ大人びた幼い子供が、愛を求めて背伸びし、寂しさを埋めるような恋愛をする異性への愛が。 特に「ULTRA BLUE」では、恋愛・結婚することで愛を得たはずなのに、まだ満たされない何かを埋めようともがいているようだった。 ところが、「HEART STATION」では諦観。 表題曲HEART STATIONなど一部を除けば、愛を求めることをやめてしまったかのように、「飢え」による感情より、技巧的なチャレンジが多いアルバムだった。 彼女のプロデューサーは「HEART STATION」をそれまでのアルバムと違い、「顔の見えない不特定多数に向いている」と評したが、要は彼女自身の感情=「飢え」を、曲に乗せられなくなってきたのである。 そうして、満たされない「飢え」の答えを求め、音楽活動を休止し、普通の人間になるべく「人間活動」を始める。 そのさなかで実母を亡くすが、その後ようやく彼女の得た愛こそが「息子」という、絶対的に、盲目的に、彼女を求める存在だ。 実母からはもう永遠に得られることがない、求めても手に入れることが叶わない「肉親の愛」を彼から受けることで、彼女はようやく自己肯定感を感じたのだろう。 どの分野にも言えることだが、「飢え」というものは、創作活動において強烈な動機になる。 その「飢え」が満たされて以降、彼女の曲は良くも悪くも「普通」になった。 彼女が長年求めていた「親子愛」という「普通の幸せ」を得たからだ(彼女は「電車にも一人で乗れるような、普通の人間」に成りたかったから、人間活動を開始した)。 それ以外の曲は、ひたむきに自分を愛してくれる息子が可愛いという顕ればかりで、宇多田ヒカルにしか表現し得なかった「飢え」がなくなった彼女の曲に、私は興味を持てなくなった。 しかし、この曲は違う。 ドラマのために書き下ろされたもので、原作と脚本を踏まえて作られている。 その中でも人一倍「飢え」ているキャラクター、マリアに感情移入して書かれた曲だ。 だから、かつての宇多田ヒカルのような強烈な「飢え」が、曲全体からひしひしと感じられるのである。 >大好きな人にフラれて泣くあなたを >慰められる only one である幸せよ もうここにマリアの存在意義の全てが込められている。 蛇足ながら解説すると、「大好きな人」は「マリアになる前の彼女」だ。 マリアがただの主婦だった自分を捨て、戻る気がないことに明智は強く心を痛めているが、その気持ちを誰よりも理解できるのは他ならぬマリアしかいないのである。 共有できるのはお互いしか居ない。 そこに淡い恋心を抱く苺の入る余地など全くなく、正に「恋愛なんかの枠に収まる二人じゃない」のだ。 そこにマリアは最上の喜びを感じている。 その感情を、飢えを、宇多田ヒカルは過不足なく見事に表現している。 第6話のラストほど、この曲に相応しい演出はないかもしれない。 そして、ソーシャル・ディスタンスに配慮した撮影は、図らずも、かえって登場人物の闇を色濃く描けたのではないだろうか。 「時を戻す呪文」は言葉とは限らない。 ドラマはまだ中盤で、先のことは分からないが、マリアが最後に見せる行動そのものが、時を戻す呪文になるのかもしれない。 ただし、おそらく明智にだけは、その呪文は通じない。 マリアと出会う前のように、彼の心が戻ることはないだろうから。 久々に「飢え」を感じさせてくれた名曲だが、この「飢え」は宇多田ヒカル自身のものではない。 この次に発表される曲、アルバムはどうなっていくだろうか。 宇多田ヒカルの今後を占う、次作が大変気になるところである。 window. head e. getElementsByTagName "head" [0] e. createElement "script" ;d. onload ;c. insertBefore d,c. ssl-images-amazon. tags. indexOf "usesAppStartTime" b. transition. type?! transition. u :l ;a. previousSibling e. nodeName;1! getAttribute return a. getAttribute k? getAttribute k :f a. left 0,y:C. top 0,w:C. width 0,h:C. width 0,h:h. getAttribute y ,w:a. w,h:a. h,d:a. d, x:a. x,y:a. y,t:b,k:"ewi",cl:a. f e. x,g. y,g. w,g. h,g. getAttribute y ,w:a. w,h:a. h,d:a. d,x:a. x,y:a. getElementsByClassName b. c :b. getElementById b. id ]:h. querySelectorAll b. s ;b. t-s[c-1]. pop ;B. ns;d. 0 ,f ; clearInterval t ;d. performance ,a. registerModule "mouse move module",a. a throw"";a. open "POST",b,! 0 ;a. sendBeacon c, d b. navigator. cordova. cordova. prototype. toISOString? toISOString :a. toFixed 3. 1 ;! length b. f[b]? event. ssw "eelsts". ssw "eeldata". event. onSushiUnload. onSushiFlush. attach "beforeunload",F ;d. attach "pagehide",F ;d. event. srcElement a. t,dt:g. dt,x:a. pageX,y:a. pageY,p:e. getXPath c ,n:c. button ;c. type ;c. extractStringValue c. href ;c. id ;c. className. className. x a. srcElement a. now - a. filter A ;a. length! a return! type? target. parentElement:a. target;if! hasAttributes! attributes return! 1;Object. keys c. attributes[a]? attributes[a]. value:""; c[a] "". a return! extractStringValue a. nodeName "". extractStringValue a. type "". extractStringValue a. href "". extractStringValue a. id "". split " " ; if -1! indexOf "http" -1! indexOf a return! count "armored-cxguardrails. unresponsive-clicks. violations",h ;ue. count "armored-cxguardrails. unresponsive-clicks. addEventListener "mousedown",w,! 0 ,b. addEventListener "beforeunload",l,! 0 ,b. addEventListener "visibilitychange",l,! 0 ,b. addEventListener "pagehide",l,! 0 ;b. 0,attributes:! 0,characterData:! 0,subtree:! errorHandlers e. errorHandlers. getElementsByTagName "html" [0]. substr 0,b. split String. max b. slice d,b. length-1 ;a. length? length? errorHandlers a. errorHandlers. com? count "WeblabTriggerThresholdReached",1 ,b. error "Number of max call reached. 2E3.

次の

宇多田ヒカル、新曲「Time」オフィシャルオーディオを公開(MusicVoice)

宇多田 ヒカル time

長い夫婦生活の中で、夫の愛情も感じられず、淡々と過ぎ去るばかりの日々を過ごしていた主婦の孤独に触れ、心の解放を促したのが彼です。 まさに「カレシにも家族にも言えない」ことを打ち明けられる、唯一の相手だったのですね。 明智の言葉に背中を押され、夫を殺した彼女は、マグダラのマリアと名乗る連続殺人鬼と化します。 彼が開いたのは、決して開けてはならない、禁断の扉だったようです。 ---------------- 降り止まない雨に打たれて泣く私を あなた以外の誰がいったい笑わせられるの? それはマリアにとって彼が特別な存在になった瞬間でもあるでしょう。 もはや彼女の心を満たせるのは、明智五郎だけ。 だからこそ彼女は、彼に会いたくて、殺人を繰り返し、自分の存在を示そうとするのです。 それは愛の告白でありながら、彼女が殺人鬼として始動する合図でもありました。 明智に薬を飲ませて眠らせ、崖に身を投げたのち、マグダラのマリアという殺人鬼に生まれ変わった彼女。 マリアは彼を愛し、彼も地味な主婦から見事な変貌を遂げた彼女に心惹かれていきます。 2人は互いに惹かれ合いながらも、探偵と殺人鬼という、一筋縄ではいかない関係。 まさに「恋愛なんかの枠に収まる二人」ではないのです。 気持ちを伝えることができなくても、慰め役ができるのは自分だけ。 オンリーワンであることが、報われない恋心に安らぎと喜びを与えてくれるのでしょう。 恋人になれなくても、近くで慰められる存在でいられることは、幸せなことです。 主婦として明智と出会い、殺人鬼となることで、彼にとって忘れられない存在になったマリア。 しかし、この関係は明智の実質的な助手・小林苺にも当てはまります。 キッチンカーで弁当を売る苺・デリの店主である彼女は、明智の最も身近な人物です。 いつも何かにつけて仕事の手伝いをさせられている上、弁当やの常連である彼が、毎日店に顔を出しますから、一緒に過ごす時間は自ずと長くなりますよね。 そんな苺は、マリアの殺人によって無力感に苛まれ、憔悴した彼にもそっと寄り添います。 つまり、自分の罪によって明智を追い込み、彼にとって唯一無二の存在になりたいマリア。 傷ついた彼をそばで見守る苺。 この2人は、正反対の立場で彼を見守る存在なのです。 互いの存在を強く意識し合うものの、なかなか出会うことのできないマリア。 いつもそばにいるのに、心の内に触れられない苺。 どちらをとっても彼は、近くて遠い存在なのです。 そばにいるのに触れられない 『Time』で描かれている関係は、恋人ではありません。 「カレシにも家族にも言えない」ことを聞いてくれるその人への思いは、まさに「カレシにも家族にも言えない」もの。 そばにいるのに、心に秘めた思いを打ち明けることのできない人です。 思いが届かない辛さは、彼女たちにも共通しています。 明智とマリアは互いに惹かれ合いながらも、犯罪者とそれを止める探偵という相容れない存在です。 2人が愛し合うことは、まさにタブー。 一方、明智と苺は、客と店主を超え、探偵と助手、という特別な関係です。 しかし、彼女はあくまで助手であり、恋人ではありません。 それはまさに、苺が抱く明智への思いです。 ドラマ開始直後から描かれ、回を追うごとに大きくなっていく彼女の恋心そのものだといえるでしょう。 そして、抱きしめたいのに抱きしめられないのは、マリアも同じです。 自分の心を解放してくれた彼への思いは、犯罪者である以上、彼に届くことはないでしょう。 マリアに惹かれながらも、同時に強く拒絶してきた明智。 「だけど抱きしめて言いたかった、好きだと」という歌詞は、触れたいのに触れられない彼女たち、それぞれの心の叫びにも聞こえます。 「時間」を軸に描かれる恋の行方 ---------------- ずっと 聞きたくて聞けなかった、気持ちを 誰を守る嘘をついていたの? 当初、探偵と助手という関係でしかなかった明智と苺ですが、一緒の時間を過ごすことで、彼女の中で彼に対する思いは変わりつつあります。 そして、ドラマの第4話では、苺が誘拐されてしまったことで、彼の中に罪悪感と責任感が生まれます。 「無関係の助手を巻き込んだ」という罪悪感は、彼女に対する見方を変えるのには十分でしょう。 しかしそれが、単なる罪悪感で終わるのか、彼の心境に違った変化をもたらすのかは、まだ分かりません。 マリアはもう、事件が起きる前の平凡な主婦には戻れません。 そして苺も、ただの店主と常連客という関係には戻れません。 『Time』は、巻き戻すことのできない「時間」という軸の中で、3者の関係性を描き出しているのです。 3人それぞれが一歩踏み込んだ関係になっている今、複雑に絡み合う恋心がどう作用していくのか? 今後の展開から目が離せません。 そして、マリアによってもたらされる悲しみや、重い空気をそっと和らげるようにドラマに寄り添う『Time』。 イントロが流れ始めると、それまでの重い空気にどこか救いがもたらされたような感覚になります。 まるで『Time』までが「美食探偵 明智五郎」の一部であるかのような演出が見事です。 ドラマチックで切ないメロディー、聴く人の心にそっと染みわたるような宇多田ヒカルの声にじっくり耳を傾けたくなる、そんな曲です。 TEXT 岡野ケイ.

次の

宇多田ヒカル、新曲「Time」オフィシャルオーディオを公開(MusicVoice)

宇多田 ヒカル time

Skrillexとのコラボレーション作「Face My Fears」以来、およそ1年4カ月ぶりに届けられた宇多田ヒカルの新曲「Time」。 哀愁と勇ましさが交錯する、巧みな構造のミディアムナンバーだ。 僕はこの楽曲に、ただならぬ安心感を覚えた。 SNSを見ても、「Time」が醸す何とも言えない懐かしさに膝を打つファンは数多い。 僕を含め、きっと宇多田の作品に愛着があればあるほど、反射的にのめり込んでしまう1曲のように思う。 「Time」を聴いて最初に頭をよぎったのは、宇多田と小袋成彬によるコラボレーション楽曲の数々だった。 Jevon」(アルバム『初恋』収録)にも相通じる。 ちなみに、「Time」のプロデュースにも小袋は関与しており、デリケートかつメロウな楽曲ごとに彼の存在があるのは、もはや決して切り離すことのできない必然的で重要な事象と言える。 冷ややかで落ち着いたムードをたたえる一方で、「Time」はとにかく起伏が激しい。 近年の宇多田を象徴するプリミティブな音使いは健在でありながら、とりわけ「Time」は、スネアの位置を微妙にズラして動揺を表現したり、終盤にはさらに錯乱するかのようにハイハットを細かく刻み始めるなど、パーカッションの要素だけでもストーリーや心情の変化を十分に立ち上らせているのが素晴らしい。 特に後者の特徴には、一筋縄ではいかない宇多田の音楽の真髄を見たリスナーも多いのではないだろうか。 また、メロディのリズムにおいても坦々たる箇所がほとんどなく、歌い出しから怒涛のアップダウンを見せる。 時には急勾配、かと思えば急停止。 仮に他者が乗りこなすとなれば相当なスキルが要求されるであろう高度な曲なわけだが、宇多田はやはり絶妙な間合いと遊び心でもって、優雅にボーカルをくねらせていく。 「Time」のようにド派手な装飾を取り払ったトラックだからこそ味わえる妙とも言えそうだが、このあたりの骨のある技術にはあらためて惚れ惚れせざるを得ない。

次の