蒔か ぬ 種 は 生え ぬ。 種まきの用土|種植えの方法!すじまき・点まき・ばらまきとは?

「蒔生」に関連した英語例文の一覧と使い方

蒔か ぬ 種 は 生え ぬ

「蒔かぬ種は生えぬ」の意味 「蒔かぬ種は生えぬ」とは、 原因がないのに結果が生じることはないという意味です。 そこには、何も努力していないのに、良い結果を求めるのは無駄だという教訓が込められています。 逆に、そのような種を蒔いておけば、後になって、それが大きく実る可能性が出て来ます。 そういった意味で、「蒔かぬ種は生えぬ」は、座右の銘としても使えることわざだと言えるでしょう。 「蒔かぬ種は生えぬ」の由来 元々は、種を蒔かなければ、花も実も実らないというたとえから来たことわざですが、由来は明確ではありません。 ただ、このことわざは、 上方(京都)のいろはかるたの一つなので、昔から馴染みのある表現ではあります。 確かにそうだよね。 ただ、 蒔かぬ種は生えぬとも言うから、陰では、ものすごい努力をしていたんだと思うよ。 という感じで「蒔かぬ種は生えぬ」は使われたりしますが、他にもこういった使い方があります。 「蒔かぬ種は生えぬ」の例文1 「普段から遊んでばかりなのに、テストで良い点数を取れる訳がない。 蒔かぬ種は生えぬだよ。 」 学校の勉強は、ある意味、単純なところがあります。 もちろん、元々、頭が良いもいますが、それよりもっと大切なことは、普段からどれだけコツコツとがんばって勉強できるかという点です。 普段から怠けていれば、決して勉強が出来るようにはなりませんし、逆に、誰でも、毎日がんばり続ければ必ず良い結果はついてくるものです。 「蒔かぬ種は生えぬ」の例文2 「素敵な女性と結婚したければ、 蒔かぬ種は生えぬというから、まずは積極的に出会いの場を探すことが大切だ。 」 ビジネスや恋愛・婚活で新しい展開を期待している人にとって、このことわざは使うことが出来ます。 何事も、やはりやってみないと、分からないことや実現できないことがたくさんあるからです。 とにかく最初に一歩を踏み出して、種を蒔くことが大切ですよね。 「蒔かぬ種は生えぬ」の例文3 「彼がこうやって成功しているのは、 蒔かぬ種は生えぬで若い頃からコツコツと努力してきたからだ。 」 成功している人を見ると、それに対して、羨ましいと思ったり、中には嫉妬したりする人もいたりします。 ただ、成功している人は、陰で、人並み以上に努力をしているものです。 必ず原因があって結果があるものなので、そういった側面に注目するべきだと思います。 「蒔かぬ種は生えぬ」の類語 「蒔かぬ種は生えぬ」の類語には以下のような表現があります。 Nothing comes of nothing. 直訳したら、「無からは何も生じない」ですが、そこから、「蒔かぬ種は生えぬ」と訳すことが可能です。 まとめ 「蒔かぬ種は生えぬ」は、何事も努力をしなければ結果が出ることはないという教訓的な意味で使われることも多いことわざです。 ただ、その一方で、「棚から牡丹餅」と反対の意味を持つことわざもあるので、一体、どちらが正しいのかと少し混乱する人もいます。 もちろん、何も努力しなくても結果が出てしまうということは時々起こります。 しかし、だからといって 何もしないと、さらに次の結果が生まれることはないでしょう。 ですから、より確実に、そして長く結果を出し続けたい場合は「蒔かぬ種は生えぬ」の方がより真実に近いことわざだと思います。

次の

ことわざ「蒔かぬ種は生えぬ」の意味と使い方:例文付き

蒔か ぬ 種 は 生え ぬ

【注釈】 種を蒔かなければ花も実もなるはずなどなく、収穫があるはずもない。 原因がなければ結果は生じない。 また働かなければ利益も得られるはずがないということ。 『上方(京都)いろはかるた』の一つ。 【出典】 - 【注意】 【類義】 打たぬ鐘は鳴らぬ/打たねば鳴らぬ/春植えざれば秋実らず/物が無ければ影ささず 【対義】 開いた口へ団子//// 【英語】 Harvest follows seedtime. (収穫は種蒔きの後に来る) Pluck not where you never planted. (植えなかった場所で摘むな) Noting comes of nothing. (何もないところからは、何も出てこない) You cannot make an omelet without breaking eggs. (卵を割らずにオムレツは作れない) 【例文】 「何もせず棚から牡丹餅を待っていても、そんなに都合よく人生が進むわけはないだろう。 何かを得たいなら何かを始めなさい。 蒔かぬ種は生えぬというではないか」.

次の

「蒔生」に関連した英語例文の一覧と使い方

蒔か ぬ 種 は 生え ぬ

春蒔・秋蒔兼用の早生種。 根揃い抜群で味も最高 【特性】 早春から晩秋までいつでも種をまくことが出来ます。 根身15cm位、橙赤色で先端まで肉付良く、揃いも良好です。 家庭菜園に最適で、食味良く栄養価も豊富です。 【利用法】 甘味に富み煮物、炒め物、サラダ等に好適です。 間引いた時の人参の葉はおひたし、汁の具等に利用できます。 【土づくり】 ・種まき前に石炭を散布し、よく耕して土を中和させておきます。 ・肥料は堆肥、油かす等を元肥に施しますが、肥料の塊があると分岐根になりやすく注意。 【たねまき】 ・40cm幅のうねにスジまきします。 ・タネがかくれる程度、土をかけます。 ・発芽まで土が乾燥しないように水を与え、適度な湿度を保ちます。 【栽培のポイント】 ・発芽後は順次間引きし、株間を10cm位にします。 根部が肥大すると土寄せします。 ・肥料は間引き後と生育に伴い化学肥料等を時々与えます。

次の