インドネシア 住み ます 芸人。 【祝・結婚!】アキラ・コンチネンタル・フィーバーがもう1つのゴールデンブザー! 結婚を報告

2019年に資産が激増した“とんでもない芸人” (2019年12月31日)

インドネシア 住み ます 芸人

住みますアジア芸人とは 2015年にスタートしたアジアで芸人が現地のスター目指すプロジェクト! 台湾、タイ、インドネシア、マレーシア、ベトナム、フィリピン、ミャンマーで 14組21人のよしもと芸人がアジアと日本の架け橋になるべく活動中。 スタート当初はほとんどの芸人が現地語も話せない、海外生活も初体験、知り合いもいない・・ というような厳しい状況でしたが、 今ではインドネシアで動画再生数1800万回を超えのYouTuber芸人や、 アジアで大ヒットしたタイ映画に出演する芸人、 台湾に漫才を広めるために中国語で漫才ライブを日々行う芸人など、 幅広い分野で芸人がアジアで活躍し始めています。 公式HP: しかし、日本と同じようにアジア各都市もも外出自粛やロックダウンでほとんどのイベントや収録はキャンセルされ、 芸人たちも現地の自宅から出れず思うように活動できておりません。 そんな時できることはないかと考え、 アジアの魅力を住みます芸人が日本の皆様へ伝える YouTubeチャンネルを立ち上げました。 そしてこの度、その第2弾としてこちらの企画を立ち上げさせて頂きました!! 題して、 「アジアの魅力を日本に伝えたい!住みますアジア教室」 今はアジアへ自由に行き来できない状況ですが、心の距離だけでも近づけたい。 アジア現地に根付いて生活する住みます芸人だから知っているアジアの魅力を日本の皆さんにお伝えする授業を行います! ベトナムで結婚し現地で子育てする芸人、 ミャンマーで事業をしながら二束のわらじで活動する芸人、 インドネシアの元人気アイドルと国際結婚した芸人、 現地のことをより理解するためにフィリピンのスラム街にホームステイしている芸人など 様々な体験をしてきた住みます芸人。 彼らが実体験をもとに、海外生活の魅力、苦労、楽しみ方をお伝えします。 ローカルでは人気が出始めているが日本のガイドブックにはまだ載っていないお店やリゾート、 語学や文化や考え方の違う人たちとのコミュニケーション術など、 旅行はもちろん、留学、移住、起業など考えている方向けて生きた情報をお届けします! みなさまから今回ご支援頂いた資金は、「タレントへのギャラ」「システム運営費用」「住みますアジア芸人の海外活動費用」に充てさせて頂きます。 様々な国で活躍している住みます芸人ですが、現地の人々の温かいサポートなしでは今の活躍はありませんでした。 一緒にインドネシアあるあるを考えてくれたインドネシア人スタッフ、 語学交換で中国語を教えてくれた台湾の学生、 知らない日本人を無償でホームステイさせてくれたフィリピン人のお母さん、 挫けてしまいそうなときに涙を流しながら叱咤激励してくれたインドネシア人の妻、 そしてイベント、YouTube、番組などを見てくれる現地のファンの方々、 そまざまな人との出会いが彼らの今を形作りました。 そんなアジアの人々の魅力を日本の皆さんにもお届けしたいです。 住みますアジア芸人は今後も日本とアジアの架け橋となるべく現地で頑張っていきたいと思っております。 何卒、お力添え宜しくお願い致します。 台湾に漫才文化を伝える活動にも力を入れている。 台湾で単独での漫才ライブを精力的に行っており、 今年は台湾全土で漫才ツアーを行っている。 独特の風貌が受け、役者業でも活躍。 タイで放映されたCMにも出演。 出演したタイ映画「Brother of the Year」はアジア各国でも興行収入を1位を獲得する空前の大ヒット。 観客の投票で勝ち残る仕組みで、6回勝ち抜きを果たした。 ほりっこし個人としてもフィリピン人コメディアンとともにスタンダップ・コメディのライブへ 毎日のように出演しタガログ語のネタを磨いている。 また、スラム街にホームステイし生活するなど現地に密着した日々を送っている。 現地のタレントやYouTuberとコラボするなどクリエイターとの交流も積極的に行っている。 『ベトナムフェスタin神奈川』には3年連続出演し、ベトナム神奈川親善大使に任命された。 日本各都市で開催されたベトナム観光セミナーに出演するなど、 ベトナムの魅力を日本に伝える活動にも力を入れている。 マレーシア人とコンビとしても活動している。 ヤクルトやH. などの企業イベントなどにも多く出演。 ミャンマー語での1人コントなども作っている。 ヘアメイク、ものまねが特技。 ミャンマーで婚活中。 ネタなどでテレビ出演の実績もあり芸人からの人望も厚い阿部、 楽器が演奏できる遠藤、デブなミャンマーで受けるというアドバイスで加入したおきるの3人組。 2018年10月からミャンマー住みます芸人としても活動。 ハワイに住んでいたこともあり、英語が堪能。 マジックも勉強中。 濱田大輔はYouTuberとしても活動中。 27カ国で放送され、視聴者数は5億人に達するアジアの人気番組「Asia's Got Talent」というオーディション番組に出演。 5,000人が応募する中でセミファイナルに進出した。 プライベートでは元JKT48メンバーのインドネシア人タレントと結婚。 YouTubeに力を入れていて、チャンネル登録者数は40万人。 インドネシア語の上達が著しく、イベントのMCも現地語でこなしている。 現地のテレビ局でレギュラー番組もスタートするなど活躍の幅を広げている。 一度購入いただいたものは、キャンセルができませんので、日時にお間違いがないよう必ず予定が合うもののみご購入ください。 ・迷惑メールの対策などでドメイン指定を行っている場合、メールが受信できない場合がございます。 「 yoshimoto. jp」を受信設定してください。 ・参加方法は支援者の方に、リターン実施日の 前日〜当日までに案内を、 個別にご記入いただいたメールアドレスへお送りいたします。 お知らせした時間を厳守して下さい。 遅れると参加できなくなります。 直接お会いすることはできませんので、ご了承ください。 ・コミュニケーションには「Zoom」を使用させていただきます。 Zoomを使用できる環境を整えていただき、電波のいい環境でおつなぎください。 ・コンプライアンスの観点から、録画させていただいております。 他の目的での使用は一切致しません。 あらかじめご了承ください。 ・参加者の録画は禁止とさせて頂きます。 ・不適切と考えられる言動があった場合、強制的に退出をお願いする場合がございます。 以下、同様とします。 )に該当せず、また、これら反社会的勢力との間で社会的に非難されるべき関係を有していないことを保証します。 ・プロジェクト実施前及び実施中に上記に反する事態が発生した場合、いつでもプロジェクトの実行を中止することができ、プランナーは一切の責任を負担しません。 ・二次利用の目的や、有料イベントやPR目的での配信イベント・番組などは基本的に全てNGとします。 ・参加する権利の転売や譲渡は禁止とさせていただきます。 購入したご本人のみが参加できます。 アジア最後のフロンティアと言われ、まだまだ旅行した人も少ないミャンマー。 しかし、世界遺産にも選ばれたバガン、 風光明媚でボートトリップも楽しめるインレー湖、急激に発展する都市ヤンゴンなど、ミャンマーにはアジアの魅力が詰まっています! そんなミャンマーの素晴らしさをミャンマー住みます芸人がお伝えします!現地で事業も行っておりミャンマー歴7年のアーキーをはじめ、現地のグルメサイトにも記事を執筆しているミャンマー住みます芸人が、タイなどに比べ情報も少ないミャンマーに関する皆さんの質問にも何でもお答えします! *事前にzoomのダウンロードをお願いいたします。 当日は、ネット環境の良い場所にいてください。 *途中参加は出来ませんので開始時間に必ず接続をお願いします。 *プロジェクト本文の末尾に記載されている【ご支援にあたってのご注意事項】を必ずご一読ください。 *イベント詳細は前日までにメールで届きます。 台湾好きの方、台湾について語り合いましょう! 台湾に漫才を広めるべく中国語で漫才ライブを行う台湾住みます芸人「漫才ボンボン」がホストになってオンラインカフェ会を行います。 食べるの大好きで雑誌の台湾グルメ特集でも事情通として紹介された太田にあなたの台湾愛を思う存分ぶつけてください! *相方・三木の出演はございません。 *事前にzoomのダウンロードをお願いいたします。 当日は、ネット環境の良い場所にいてください。 *途中参加は出来ませんので開始時間に必ず接続をお願いします。 *プロジェクト本文の末尾に記載されている【ご支援にあたってのご注意事項】を必ずご一読ください。 *イベント詳細は前日までにメールで届きます。 台湾好きの方、台湾について語り合いましょう! 台湾に漫才を広めるべく中国語で漫才ライブを行う台湾住みます芸人「漫才ボンボン」がホストになってオンラインカフェ会を行います。 台湾を自転車で1周した経験もあり、最近は中国語のスタンダップコメディにも挑戦している漫才ボンボン三木にあなたの台湾愛を思う存分ぶつけてください! *相方・太田の出演はございません。 *事前にzoomのダウンロードをお願いいたします。 当日は、ネット環境の良い場所にいてください。 *途中参加は出来ませんので開始時間に必ず接続をお願いします。 *プロジェクト本文の末尾に記載されている【ご支援にあたってのご注意事項】を必ずご一読ください。 *イベント詳細は前日までにメールで届きます。 言葉もしゃべれない、知り合いもいない・・ゼロの状態から言葉を学び、コネクションを作り、仕事を獲得していった彼らが、アジアでサバイブする方法をお伝えします! 俳優業からプロレスイベントの主催、ビューティー誌の連載など幅広く活動するタイ住みます芸人「あっぱれコイズミ」、フィリピンのスラム街にホームステイし現地のフィリピン人コメディアンと共に毎晩コメディバーの舞台に立つフィリピン住みます芸人「ほりっこし」、結婚して現地で子育てするベトナム住みます芸人「ダブルウィッシュ・中川」、同じく結婚し現地のコメディアンとコンビも組むマレーシア住みます芸人「KLキンジョー」の4名がアジアで生活する魅力、苦労を実体験交えてお伝えします! *事前にzoomのダウンロードをお願いいたします。 当日は、ネット環境の良い場所にいてください。 *途中参加は出来ませんので開始時間に必ず接続をお願いします。 *プロジェクト本文の末尾に記載されている【ご支援にあたってのご注意事項】を必ずご一読ください。 *イベント詳細は前日までにメールで届きます。 *事前にzoomのダウンロードをお願いいたします。 当日は、ネット環境の良い場所にいてください。 *途中参加は出来ませんので開始時間に必ず接続をお願いします。 *プロジェクト本文の末尾に記載されている【ご支援にあたってのご注意事項】を必ずご一読ください。 *イベント詳細は前日までにメールで届きます。 しかし、世界遺産にも選ばれたバガン、 風光明媚でボートトリップも楽しめるインレー湖、急激に発展する都市ヤンゴンなど、ミャンマーにはアジアの魅力が詰まっています! そんなミャンマーの素晴らしさをミャンマー住みます芸人がお伝えします!現地で事業も行っておりミャンマー歴7年のアーキーをはじめ、現地のグルメサイトにも記事を執筆しているミャンマー住みます芸人が、タイなどに比べ情報も少ないミャンマーに関する皆さんの質問にも何でもお答えします! *事前にzoomのダウンロードをお願いいたします。 当日は、ネット環境の良い場所にいてください。 *途中参加は出来ませんので開始時間に必ず接続をお願いします。 *プロジェクト本文の末尾に記載されている【ご支援にあたってのご注意事項】を必ずご一読ください。 *イベント詳細は前日までにメールで届きます。 食べるの大好きで雑誌の台湾グルメ特集でも事情通として紹介された太田にあなたの台湾愛を思う存分ぶつけてください! *相方・三木の出演はございません。 *事前にzoomのダウンロードをお願いいたします。 当日は、ネット環境の良い場所にいてください。 *途中参加は出来ませんので開始時間に必ず接続をお願いします。 *プロジェクト本文の末尾に記載されている【ご支援にあたってのご注意事項】を必ずご一読ください。 *イベント詳細は前日までにメールで届きます。 台湾を自転車で1周した経験もあり、最近は中国語のスタンダップコメディにも挑戦している漫才ボンボン三木にあなたの台湾愛を思う存分ぶつけてください! *相方・太田の出演はございません。 *事前にzoomのダウンロードをお願いいたします。 当日は、ネット環境の良い場所にいてください。 *途中参加は出来ませんので開始時間に必ず接続をお願いします。 *プロジェクト本文の末尾に記載されている【ご支援にあたってのご注意事項】を必ずご一読ください。 *イベント詳細は前日までにメールで届きます。 当日は、ネット環境の良い場所にいてください。 *途中参加は出来ませんので開始時間に必ず接続をお願いします。 *プロジェクト本文の末尾に記載されている【ご支援にあたってのご注意事項】を必ずご一読ください。 *イベント詳細は前日までにメールで届きます。

次の

2019年に資産が激増した“とんでもない芸人” (2019年12月31日)

インドネシア 住み ます 芸人

手品を披露しながらあえて種明かしをする持ちネタが人気に アキラさんは東京都江東区出身。 10年に養成所の吉本総合芸能学院(NSC)東京校に16期生として入り、11年にデビュー。 「アジア住みます芸人」プロジェクトが始まった15年にインドネシアに渡った。 蝶ネクタイがトレードマークで、手品を披露しながらあえて種明かしをするのが持ちネタだ。 現地では「アキラ・キムラ」の名前で知られている。 インドネシアに渡って1年4か月ほど経った16年8月の毎日新聞の記事では、その暮らしぶりを 「最初は言葉も分からず、ショッピングモールでの無料ライブに出て地元の人の笑いのツボを探った。 収入は日本時代の数分の一。 安い下宿に暮らし、少し不衛生な屋台でも食事をする。 デング熱にもかかったが、『苦労は笑いのネタに変えられる』とお構いなし」 と伝えている。 転機は17年10月。 アジア各地で人気のオーディション番組「アジアズ・ゴット・タレント」で準優勝まで進出し、アジアで4人だけ選ばれる「ゴールデンブザー賞」にも選ばれた。 その後、インドネシア以外にもアジア各地のテレビ番組に出演する機会が増えた。 ディアスタさんは11年に1期生としてJKT48に入り、13年12月に卒業。 16年6月には吉本をはじめとする日本企業が出資するアイドルグループ「少女コンプレックス(Shojo Complex)」の初期メンバーとして活動を始め、リーダーを経て19年5月に卒業した。 現在はファッションモデルやイベント司会者として活動している。 挫折しそうになって「日本に帰れ!インドネシアいらないよ!今すぐ帰れ!」 2人は7月6日に西ジャワ州のバンドンで結婚式を挙げた。 アキラさんが出したコメントによると、アキラさんが挫折しそうになったとき、ディアスタさんは 「日本に帰れ!インドネシアいらないよ!今すぐ帰れ!」 と叱咤激励したという。 アキラさんは 「誰よりも厳しくしてくれる彼女が居なかったら、僕は本当につぶれていました。 今、ヨーロッパや世界各地からお仕事を頂けるようなったのは、本当に彼女のおかげです。 いっぱい悲しませた分、これから笑顔いっぱいの家庭を築いていきたいと思います」 とディアスタさんに感謝。 「今の目標は、新婚さんいらっしゃいに出演することです」 ともアピールしている。 ディアスタさんは 「見ているだけでこんなに面白い人はアキラさんが初めてです。 そして、またいつも見えない努力もしてる姿も、大好きです。 格好付けずに、プライドも捨て、小さな努力から少しづつステップアップして、今世界各地を飛び回るアキラさんは私の誇りです」 としている。 (J-CASTニュース編集部 工藤博司).

次の

2019年に資産が激増した「とんでもない芸人」ドン底から「逆玉の輿」

インドネシア 住み ます 芸人

コロナ禍で観客を入れた公演を中止していたお笑いの聖地・なんばグランド花月(NGK)。 19日、再開公演のトップをミルクボーイが任された。 ソーシャルディスタンスを取るため、客席のファンは70人。 だが「やっぱり嬉しかったです」と駒場。 舞台上の2人を仕切るアクリル板も「全然、気にならなかった」と内海。 ただ、2本設置されたマイクには「目の前にマイク1本っていうのは照れて、やりにくかったです」と駒場は苦笑い。 内海は「マイク1本で交互に喋る漫才って、ホントによくできてますよ」と感心した。 「M—1決勝に出ること」「漫才の聖地であるNGKの本公演の舞台に立つこと」を当面の目標にしてきた。 M—1で優勝し、今年1月にはNGKの舞台に立ち、一気に目標を達成した。 だが、他のM—1王者とは違って東京に進出せず「大好きな漫才を極めたい」との思いで大阪に骨を埋めることを決めた。 それ以来、天王寺区の様々なイベントに登場。 今年1月、天王寺区役所を訪れ、優勝報告した。 新婚の内海は先日、天王寺区内の3LDKマンションに引っ越し。 「家族で住みやすい。 いい雰囲気のある街です」。 駒場も「(天王寺公園の)てんしばにはよく嫁さんと行きます」。 47都道府県、大阪市24区だけでなく、タイ、インドネシアなど海外にも住み、活動している芸人がいる。 内海は「後輩に譲らなアカンのかなと思いますが」としながら「できることならずっと、天王寺の住みます芸人でいたい」という。 「(先輩の)サバンナ八木さんが狙ってたらしく『優勝したら東京へ行くって聞いてたのに。 話が違うやないか』と言ってたそうです」と駒場が爆笑エピソードを披露した。 昨年12月、王者になった翌日から7月末までスケジュールはぎっしり埋まって「1年は休みなし」と言われていたが、新型コロナ禍で「3連休もありました」と駒場。 営業にも行かず、ラジオ出演とテレビのリモート出演が多かったそうだ。 それでも、CMに3本出演するなど「芸人の皆が大変なこの時期に、仕事があるのはありがたいことです」と内海。 昨年1月にはデリバリーサービス「ウーバーイーツ」のアルバイトをしていただけに、現状に感謝していた。 M—1王者となり、「M—1グランプリ2019〜史上最高681点の衝撃〜」のDVDが発売された。 「新居のテレビの横に飾ってます」と内海はニンマリだ。 昨年は1年間で練りに練った新ネタを20本を作り、日本一へつなげた。 多忙と外出自粛のため、今年は「昨年ほどのペースで作れていない」と内海は嘆いた。 駒場は大喜利バラエティ「IPPONグランプリ」(13日、フジテレビ系)に出演。 「漫才より緊張した」と振り返ったが、千原ジュニア(46)、千鳥・大悟(40)、ロバート・秋山竜次(41)らベテランを相手に、多才ぶりを披露した。

次の