リアルタイム レーダー 高 解像度。 日本気象協会、高解像度ナウキャスト対応のAndroidアプリ「豪雨レーダー」リリース

高解像度レーダーを確認しよう!

リアルタイム レーダー 高 解像度

既存のレーダーは敵機の方向、距離、高度を把握できるものの、いわばぼんやりとした雲の塊のような形状で捉えることが限界であり、ターゲットの形状を把握することは事実上困難だ。 そのため、目標から放出される電磁波などを頼りにターゲットを識別している。 量子レーダーが実用化されれば、機影を鮮明に捉えることが可能だ。 ポピュラー・メカニクス誌はロシアのSu-35フランカーE戦闘機を例にあげ、翼の角度やノーズの形状、エンジンの数などから機体を同定可能だと述べている。 このような特性から同誌は、量子レーダーは「戦闘のあり方を変革する可能性のある、新しい高解像度のレーダーシステム」であると述べている。 民生技術の軍事利用を専門に扱うは、戦闘機の識別だけでなく、ミサイルやその他の飛翔体のモデルの特定も可能になると見込んでいる。 高解像度のレーダー画像がもたらす恩恵は計り知れない。 少数の量子を放出するだけで機能するため、レーダー自体の存在を敵側に察知されづらくなる。 一方、高出力の電磁波を放出する既存のレーダーについてポピュラー・メカニクス誌は、「懐中電灯を持った人間を暗い部屋に大量に投入するようなもの」と例える。 灯火のおかげで敵を見つけやすくなる反面、敵から反射した光が自分自身をも照らし出し、位置を教えることになってしまう。 その点、低出力の量子レーダーであれば、自機の存在を知られることなく索敵を実行できる。 それでは、出力を低く抑えれば、現行のレーダーでも隠密性の高い運用が可能だろうか? 残念ながらそうはいかないようだ。 ターゲットからの反射波を捉えるというしくみは既存のレーダーも同じだが、低出力の運用ではターゲットの捕捉に失敗することが多い。 これは、レーダー以外にも索敵範囲内にある高温の物体がマイクロ波を自然放出しており、そのノイズにターゲットからの反射波が紛れてしまうためだ。 MTR誌は、量子レーダーがこの弱点を解消すると期待を寄せる。 量子もつれとなったペアは非常に似た振る舞いを示すため、レーダーが捉えた量子とデバイス内に保管してある量子とを比較すれば、元々デバイスから放たれた量子であるかそれ以外の環境ノイズなのかは瞬時に判別可能となるのだ。 もともとはステルス機の検出が期待されていたが、ポピュラー・メカニクス誌によると、現在では難しいと考えられているようだ。 ステルス機も微弱ながらレーダー波を反射するため、量子レーダーでそれを捉えられると考えられていたが、技術的にはそう簡単ではないという。 さらにMRT誌によると、現在では比較的短距離でのみ実験に成功しており、研究室の外での実用化には時間がかかりそうだ。 ただし、この技術自体の将来性は高い。 低出力であるという利点を生かし、電磁波の低減が求められる医療目的での応用も期待されている。 軍需・民生を問わず広く活用されることだろう。

次の

超解像技術

リアルタイム レーダー 高 解像度

雨雲レーダー大阪、京都、福岡 気象レーダーのリンクを集めました。 それぞれ特色がありますので使いやすいサイトをブックマーくしておくと便利です。 (ゲリラ豪雨の時も役立ちます) 台風が接近してきた時もリアルタイムで雲や降雨の動きがわかるのでいいですよ。 気象庁:レーダー・ナウキャスト 5分毎に降水強度分布観測と降水ナウキャストによる60分先(5分毎)までの降水強度分布予測を連続的に表示。 該当する地域(大阪、京都、福岡)をクリックすると詳細地図に切り替わります。 気象庁:高解像度ナウキャスト 該当する地域(大阪、京都、福岡)をズームすると更に解像度高く表示されます。 気象レーダーの観測データから250m解像度(降水の短時間予報)を提供しています。 気象庁:静止気象衛星による雲の様子(全国) 静止気象衛星により観測した雲画像を10分毎に掲載しています。 気象庁:気象衛星(高頻度)(全国) 静止気象衛星により観測した雲の画像を2. 5分おきに更新しています。 デジタル台風:リアルタイム雨雲レーダー画像 (Google Maps版) 北本朝展様(国立情報学研究所(NII)のサイトです。 最新の気象レーダ画像をグーグルマップ上に表示。 非常に見やすいサイトです。 現在の雨雲の動きをズームしながら確認できます。 降雨や降雪に関する防災情報として活用できます。 画像の更新は、10分おきに更新しています。 国土交通省防災情報提供センター【リアルタイムレーダー】 出典:国土交通省ホームページ 該当する地域(大阪、京都、福岡)をズームすると更に解像度高く表示されます。 現在の雨雲の動きをズームしながら確認できます。 日本気象協会 全国の雨雲の動き 実況 出典:日本気象協会(tenki. jp) 該当する地域(大阪、京都、福岡)をクリックすると詳細地図に切り替わります。 地図の配色が見やすいです。 Yahoo!Japan 天気・災害(雨雲レーダー) よく使う人は、専用のアプリがあります。 出典:Yahoo!Japan 雨雲の接近がわかる天気アプリです。 NHK ニュース WEB(気象災害情報) 該当する地域(大阪、京都、福岡)をズームすると更に解像度高く表示されます。 天気予報がずれてゲリラ豪雨の発生する頻度も増えてきました。 よく使うサイトは、スマホに専用アプリを入れたり、スマホ、PCのお気に入りにブックマークしておくと便利ですよ。 天気予報のサイトも日々便利なものが増えてきました。 新しく便利なものは今後もこのサイトに取り入れていきますので宜しくお願いいたします。 最後までお読みいただきましてありがとうございました。 Sponsored Link この記事も読まれています。

次の

SCW

リアルタイム レーダー 高 解像度

ミリ波レーダーが「LiDARキラー」になりつつある。 分解能が急激に高まり、物体の認識能力を備えるようになった。 これまで認識にはLiDARとカメラが必要で、レーダーは補佐役だった。 既存のレーダーにほとんど使わなかった検知技術やアンテナ技術、アルゴリズムを総動員して、分解能はまだ上がりそうだ。 ミリ波レーダーの進化が著しい。 自動運転に必要なセンサーとして脚光を浴びるLiDAR(Light Detection and Ranging)の陰でこれまで目立たなかったが、この1年ほどの間に急激に存在感を高めている。 LiDARに迫る認識を可能とする解像度が実現可能になったことによる。 レーダーの能力向上のけん引役は大きく3つある(図1)。 (1)世界中で利用できる無線周波数帯域幅の拡大、(2)半導体の微細化、(3)アンテナ技術の進歩である。 [画像のクリックで拡大表示] (1)の無線周波数帯域は、76G~81GHzの連続する帯域幅5GHzが利用できるようになったことが大きい。 従来は連続した3GHz幅が最大だった。 2015年開催の「WRC-15 (World Radiocommunication Conference 2015)」で、従来レーダーに使えなかった77. 5G~78GHzの帯域の利用を可能にすることを決めた。 将来的には136G~148. 5GHzの連続した12. 5GHz幅がレーダーに利用できるようになる見込みだ。 帯域幅の拡大は、一般に距離方向の分解能を改善する。 (2)半導体の微細化によって、CMOS技術でより低コストにRF(無線周波)ICを実現できるようになる。 さらに電波をビーム状に送信するための処理(ビームフォーミング)や、受信電波の解析のために安価で低消費電力の演算能力が使える。 方位分解能の向上に寄与する。 (3)アンテナ技術では、ビームフォーミングで一般的なフェーズドアレー以外の手法を試みる開発が活発になっている。 ビームの先鋭化や検知範囲の長距離化に寄与する。 元来レーダーは、LiDARにない特徴を備える。 ドップラー効果を利用して速度を直接検出でき、雨・霧・雪や西日での検知能力が概して高い。 低コストにしやすいことも魅力だ。 可動部がなく、RF部を含めてCMOS技術で半導体にできることによる。 アンテナは、プリント基板をベースにするか、金型加工などで量産に適した安価な製法で実現できる。 物体認識が可能なレベルまで高分解能化が進めば、まさに「LiDARキラー」となる。 この記事は有料会員限定です。 次ページでログインまたはお申し込みください。

次の