リチウムイオン。 リチウムイオン電池(Li

リチウムイオン電池

リチウムイオン

リチウムイオン電池がとなっての異常、が相います。 は用やのリチウムイオン電池のがなりました。 これをには向上にを絞っていますが、にもまた以上によるのがありました。 リチウムイオン電池は、にリチウム・コバルト、に()を、その間にを通す膜(セパレーター)を、に浸したです。 中のがとなってに、層の間にられます。 をする時はからにが戻ることによってがるです。 のに、でをられる(大)ため、ができるのになっています。 ところががにると、がする、がなるとしてに至るなどの危険もしています。 これをやによってしています。 のは状の・セパレーター・の3を缶などのにた形。 はたのでして起こることが多い。 、大というにため、は状をきつく巻く、セパレーターをするというにを残さないをで行っています。 しかし、その分だけは高まります。 はにを入れてを防ぐといった、あるいはを系にするといったのなどに組んでいます。 やはにであり、はそのキーデバイスです。 が強いでも。 は安全をに、・、大のにをです。 Panasonic. 2015年11月26日閲覧。 Panasonic. 2015年11月26日閲覧。 開発段階での数値。 2009年3月26日時点の [ リンク切れ]よりアーカイブ。 2009年3月26日閲覧。 Nagaura, T. ; Tozawa, K. 1990. Whittingham, M. 1976. Science 192 4244 : 1126—1127. ; Fritz, H. 1974. Journal of Electroanalytical Chemistry and Interfacial Electrochemistry 53 2 : 329—333. 1976. Carbon 14 2 : 111—115. ; Kuhlmann, R. ; 1976. Materials Research Bulletin 11 1 : 83—90. 1976—1977. Journal of Power Sources 1 3 : 267—276. ; Eichinger, G. 1976. Journal of Electroanalytical Chemistry and Interfacial Electrochemistry 68 1 : 1—18. Eichinger, G. ; 1976. Journal of Electroanalytical Chemistry and Interfacial Electrochemistry 72 1 : 1—31. Zanini, M. ; Basu, S. ; Fischer, J. 1978. Carbon 16 3 : 211. Basu, S. ; Zeller, C. ; Flanders, P. ; Fuerst, C. ; Johnson, W. ; Fischer, J. 1979. Materials Science and Engineering 38 3 : 275. Dey, A. ; Sullivan, B. 1970. Journal of The Electrochemical Society 117 2 : 222-224. ; Jones, P. ; Wiseman, P. ; 1980. Materials Research Bulletin 15 6 : 783—789. 欧州特許 EP17400B1• 日本国特許第1769661号• 二次電池. 2015年10月29日閲覧。 二次電池. 2015年10月29日閲覧。 International Meeting on Lithium Batteries. Rome. April 27—29, 1982• Yazami, R. ; Touzain, Ph. 1983. Journal of Power Sources 9 3 : 365—371. ; K. Tanaka; K. Ohzeki; S. Yata. Solid State Communications 44 6 : 823—825. 2015年10月29日閲覧。. 特願昭56-92626(1981年)• 特願昭57-93437(1982年)• 「リチウムイオン二次電池研究開発の源流を語る〜負極材料の開発史を中心に」月刊化学2015年12月 vol. Thackeray, M. ; David, W. ; Bruce, P. ; Goodenough, J. 1983. Materials Research Bulletin 18 4 : 461-472. 2009年5月8日. 2015年12月3日閲覧。 1990. Journal of The Electrochemical Society 137 7 : 2009-2013. 旭化成. 2015年10月29日閲覧。 [ リンク切れ]• 『リチウムイオン二次電池』芳尾真幸ら、、2。 Padhi, A. ; Nanjundaswamy, K. ; Goodenough, J. 1997. Journal of The Electrochemical Society 144 4 : 1188—1194. 2015年12月3日閲覧。. 新世代自動車の基礎となる次世代電池技術に関する研究会 2006年8月. 2015年10月29日閲覧。 日経エレクトロニクス. 2010年1月8日. 2019年10月12日. 2019年11月2日閲覧。 株式会社ジーエス・ユアサテクノロジー 2017年12月27日. 2019年11月2日閲覧。 株式会社ジーエス・ユアサテクノロジー 2019年9月10日. 2019年11月2日閲覧。 2019年2月22日. 2019年11月2日閲覧。 朝日新聞 2018年12月30日. 2019年10月28日閲覧。 化学と工業、第50巻、第3号 1997 、p. 257• NAE Website. 2019年10月11日閲覧。 NobelPrize. org. 2019年10月11日閲覧。 2015年12月10日閲覧。 PDF. Choi; et al. 2003. Phys. Chem. B 107: 5806. Amatucci; J. Tarascon; L. Kein 1996. Electrochemical Society 143: 1114. 藤井英敏 2009年8月18日 2009年8月21日, at the. 日経BP TechOn 用語 2007年1月11日. 2015年10月29日閲覧。 プレスリリース , 産総研, 2006年11月6日 発表 , 2015年10月29日閲覧。 東芝レビュー 63 2 : 54. 2008. 2015年10月29日閲覧。. Ruffo; S. Hong, C. Chan, R. Huggins, Y. Cui 2009. Phys. Chem. 113 26 , 2009 : 11390-11398. 2009年9月1日閲覧。. Chan; X. Zhang, Y. Cui 2007. Nano Lett. 8 2007 : 307-309. 但し、近年は水溶液を電解質として使用するリチウムイオン電池の開発tが進められつつある• Wenige. D-64271, Darmstadt, Germany: Merck KGaA. 2015年10月29日閲覧。 Lithium Ion Batteries: Solid Electrolyte Interphase. London: Imperial College Press. 2004• GSユアサ. 2015年11月26日閲覧。 kenkou888. com. 2018年11月17日閲覧。 リチウムを含めたアルカリ金属は空気中の酸素および水と触れることにより自然発火する特性を持つ。 kenkou888. com. 2018年12月1日閲覧。 プレスリリース , Panasonic , 2015年10月29日閲覧。 Texas Instruments - Liイオン電池の劣化の解消と急速充電を実現• バッテリー - なぜリチウムイオンなのか? - Apple(日本)• 2018年12月6日閲覧。 Yang, Chongyin, et al. "" Joule 1. 1 2017 : 122-132. Sun, Wei, et al. 2018年12月6日閲覧。 2018年12月6日閲覧。 2018年12月6日閲覧。 2015年10月29日閲覧。 Guangyuan Zheng; Yuan Yang; Judy J. Cha; Seung Sae Hong; Yi Cui 2011. Nano Lett. 11: 4462-4467. He, Guang, et al. "" Acs Nano 7. 12 2013 : 10920-10930. Zheng, Guangyuan, et al. "" Nature nanotechnology 9. 8 2014 : 618. 株式会社. 2016年5月9日閲覧。 株式会社イーグル模型. 2016年5月9日閲覧。 コスモ・エナジー株式会社. 2016年5月9日閲覧。 株式会社. 2016年5月9日閲覧。 株式会社. 2016年5月9日閲覧。 Adam Hadhazy 2009年3月11日. 2015年10月29日閲覧。 Guo, Yu-Guo; Hu, Jin-Song; Wan, Li-Jun 2008. Adv. Mater. 20: 2878-2887. 2015年10月29日閲覧。 2008年11月18日時点の [ リンク切れ]よりアーカイブ。 2015年12月3日閲覧。 [ リンク切れ]• エリーパワー株式会社. 2016年5月9日閲覧。 NNA,News NNA. 2012年6月13日. 2012年6月19日閲覧。 スティーヴ・レヴィン著、田沢恭子訳「バッテリーウォーズ 次世代電池開発競争の最前線」 日経BP社 2015年.

次の

リチウムイオン電池とは何?Weblio辞書

リチウムイオン

PR by 三菱商事 2019. 01 リチウムイオン電池 エネルギー密度が高く、小型、軽量、高性能が利点の充電池。 スマートデバイスから発電システムまで用途が広い。 この秋、大きな注目を集めたリチウムイオン電池。 スマートフォンやノートパソコンなどデジタル機器のバッテリーに使われ、モバイル社会を支える時代の立役者だ。 この電池がいま、低炭素社会にも大きく貢献しようとしている。 発電量が天候などによって左右される太陽光や風力など自然エネルギーの蓄電池として活用されるほか、各国が普及を急いでいる電気自動車(EV)にもリチウムイオン電池が搭載されているのだ。 環境問題への意識が高い欧州で街を歩くと、EVの多さに驚かされる。 特にノルウェーでは今年3月、乗用車の新車販売台数でEVのシェアが5割を超えた。 環境に配慮した車に「Eナンバー」を与えることで、高速道路が無料になったり、購入時にかかる税金が軽減されるなど、手厚い制度が普及を後押ししているという。 欧州の他の国々でも、ガソリン車やディーゼル車の販売が将来、禁止される動きもある。 また、アメリカ・カリフォルニア州では、スマートグリッド(ITで電力供給を制御する次世代送電網)の普及を進めているが、ここでも蓄電池は発電量の調整役として使われており、安定供給や再生可能エネルギー導入の促進につながっている。 このように、環境にやさしい社会づくりを目指す姿は、私たちが向かう先でもある。 日本でも太陽光発電のある家庭では、夜間や非常時に電気を有効活用できる蓄電池を導入する動きが高まっている。 こうした中、EVや自然エネルギー普及のカギを握るリチウムイオン電池は、電池の長寿命化と安全性の向上など日々進化を続けている。 また、小型化により、ウェアラブル端末や小型センサーの電源などIoTの分野でも実用化の幅が広がっている。 決して目立つ存在ではないが、デジタル社会や持続可能な社会へ向け、ともに歩んでいく頼もしいパートナーといえるだろう。 PROJECT 車載用および産業用リチウムイオン電池の開発・製造・販売を目的に、(株)GSユアサ、三菱商事(株)、三菱自動車工業(株)の3社で2007年に設立した(株)リチウムエナジー ジャパン。 世界初の量産EVである三菱自動車アイミーブ向けに2009年から量産を開始、世界で最も販売実績のあるプラグイン・ハイブリッド車である三菱自動車アウトランダーPHEVの他、海外自動車メーカーなどに車載用電池を供給しています。 現在では大規模風力発電に併設する世界最大規模の蓄電設備をはじめ、産業用・家庭用蓄電システム向けにも電池を供給しており、三菱商事は同社とともに、低炭素社会の構築を目指しています。 株式会社 リチウムエナジー ジャパン 取締役副社長 武田省吾(三菱商事より出向) 一口に蓄電池といっても、携帯電話のバッテリーに使用される電池と、長期間の使用や移動を前提としたEV車に搭載される電池、再生エネルギー発電所に併設される大型の蓄電池では、求められる特性や技術が全く異なり、用途、あるいは国によっても規格や基準はさまざまです。 また、リチウムイオン電池は、エネルギー密度が高いことが、多くの用途の利用実績に結びついている反面、それを支える安全性が何よりも重要です。 出力、寿命や安全性など、それぞれの商品のニーズに合わせてバランスが調整され、日々技術革新が行われているのです。 当社は、厳しい規格でもクリアできる対応力と、高い安全性・品質管理にこだわり、リチウムイオン電池を通して、地球環境に配慮した低炭素社会に貢献していきたいと考えています。 提供:三菱商事 関連タグ•

次の

リチウムイオン電池の豆知識

リチウムイオン

一般的に、正極材にはコバルト系、ニッケル系、マンガン系材料が、負極には黒鉛(グラファイト)などが使用されます。 リチウムイオン電池の電極は、正極・負極ともに層構造になっており、その間にリチウムイオンが挟みこまれた構造をしています。 充電の際はリチウムイオンが正極から負極へ、放電の際は負極から正極に移動する、行ったり来たりする反応です。 リチウムイオン電池の主な性能は ・「エネルギー密度が高い」:他の二次電池(ニッケル水素電池、ニカド電池、鉛電池)に比べてエネルギー密度が高いため、小型で軽量のバッテリーを作ることが可能です。 ・「大きなパワーが得られる」:電池の電圧が高く、大きな出力が得られます。 ・「寿命が長い」:二次電池は充電を行うことで繰り返し使用できる。 充放電が可能な回数が多いほど、性能劣化しにくい寿命の長い電池といえます。 当社のリチウムイオン電池の強みとは 「高容量」「高安全」が特長です。 中でも「高容量」すなわちエネルギー密度の高い電池です。 高容量になればなるほど、電池の「安全性」の確保が何よりも重要になります。 そこで、電池材料やプロセス開発に取り組むと同時に、電池のモジュール化、パック化、システム化といったレイアアップをする中で、電池を安全に使用するための制御技術の開発に取り組み、高い信頼性を確保しています。 これら特性を活かし、さまざまな用途に展開しています。

次の