おしゃぶり 消毒 頻度。 【徹底比較】おしゃぶりのおすすめ人気ランキング13選【天然ゴム製も】

おしゃぶりを使うメリットとデメリットは?上手な使い方とおすすめおしゃぶり3選

おしゃぶり 消毒 頻度

・気が付いた時 ・外で地面に落としてしまった時 ・見るからに汚れている時 などの場合のみで良いと思われます。 普段は、さっと洗う程度で充分というママ さんも意外と多いようです。 とはいえ、実はおしゃぶりは 雑菌だらけです。 使用済みのものであれば、バクテリアが沢山 繁殖しているという報告もあります。 そんな話を聞くと、1日に何度も頻繁に消毒 するだけでは足りず、2週間程度でおしゃぶり そのものを買い換えてしまうそうです。 確かに、激しい 食中毒を起こすような菌が 付着していれば命に関わります。 黄色ブドウ球菌やサルモネラ菌、病原性の 大腸菌などですね。 特に食中毒が流行っている時期には、自ずと 消毒は必要になってきます。 赤ちゃんの月齢や気候、食中毒の流行の有無 などをよく見極めて、 臨機応変に対応したい ですね。 赤ちゃんのおしゃぶりの消毒・頻度はどのくらい? 生後3ヶ月くらいまでは、口から離れたら さっと取り換えるというのが現実的です。 ご機嫌でチュクチュクやっているのを 奪い取ってまですることはありません。 どうしても、消毒したいタイミングがある という場合は・・・ 赤ちゃんが嫌がる隙を与えず、 消毒済みの ものと取り換える技も必要ですね。 ミルク育児の人は、 哺乳瓶と一緒に消毒する という人が多いようです。 母乳育児の人は、おっぱいを飲ませたあと、 きれいなおしゃぶりを与えると良いですね。 頻度としては、大体1日に 5~6回ということ になるでしょうか。 赤ちゃんのおしゃぶりの消毒・消毒器とレンジを使って! 一昔前は、なんでも手間をかけて 煮沸消毒 していた時代でしたね。 それを思えば、最近はとても便利になり、 簡単に行うことができます。 おしゃぶりの場合、 消毒器と 電子レンジで、 時短されているママも多いです。 そのまま持ち運べるので、とても便利です。 赤ちゃん用品を扱うメーカーから、何種類か 出ていますよね。 消毒器の中におしゃぶりと指定された量の水 を入れ、電子レンジに 60秒程かけるだけです。 終わったら、お湯を切り、蓋をして保管して おけば、またすぐに使えます。 ただ、熱くなるため注意が必要です。 消毒後、時間をおかずに赤ちゃんに与える際は、 ちゃんと冷えていること、 内部に熱いお湯が 残っていないことを充分確認して下さい。 育児中、とくに赤ちゃんが小さいうちは いろいろと気になるものです。 しかし、あまり神経質になってしまっても、 免疫力を付ける妨げにもなります。 わざわざ不衛生にする必要はありませんが、 あまりにも無菌状態で育てることの 弊害も 話題になっています。 幸い、おしゃぶりの消毒に関しては、便利な グッズが販売されています。 文明の利器に頼って気軽にやれば良いですね。

次の

【徹底比較】おしゃぶりのおすすめ人気ランキング13選【天然ゴム製も】

おしゃぶり 消毒 頻度

赤ちゃんの心を落ち着かせる「おしゃぶり」。 赤ちゃんが直接口にするものなので、おしゃぶりにはこまめな消毒が必要です。 この記事では、赤ちゃんのおしゃぶりの消毒が必要な理由や消毒の仕方をご紹介します。 また、編集部おすすめのおしゃぶりの消毒ケース、消毒器、消毒アイテムも合わせて見ていきましょう。 (文:HugKum編集部/記事監修:助産師 河井恵美さん) おしゃぶりの消毒方法をレクチャーします! 赤ちゃんのおしゃぶり、消毒が必要な理由は? おしゃぶりの消毒が必要なのは、生後しばらく経った赤ちゃんの免疫力の低下が、理由のひとつとされています。 生後すぐの赤ちゃんは、ママの胎盤を通じて免疫力が備えられているため、原因によっては感染しにくい病気があると言われています。 しかし、生後1ヶ月くらいになると、備えられていた免疫力がだんだん落ちてきてしまいます。 一般的には、生後6ヶ月ほど経つと自分の力で免疫を作っていくとされていますが、母体の免疫から自身の免疫にシフトしていく過程でやや低下する時期が見受けられます。 そのことから、生まれてしばらくの間は、赤ちゃんのおしゃぶりも哺乳瓶同様に消毒したほうがよいでしょう。 参照: おしゃぶりを消毒しないとこんなことが… おしゃぶりは赤ちゃんが口に直接くわえて使うため、外の空気に触れてしまうと、雑菌が付着したり、菌が繁殖したりします。 消毒していないおしゃぶりを赤ちゃんが使ってしまうと、病気になる可能性もあるのです。 おしゃぶりを消毒していないことでかかる病気には、鵞口瘡(がこうそう)や、食中毒などがあります。 鵞口瘡とは、カンジダ性口内炎とも呼ばれ、口の中にカンジダ菌が増殖する、新生児に多い病気です。 症状としては、白いミルクかすのようなものが口の中にたくさん付着し、こすっても取れなくなってしまいます。 食中毒は、大人でもかかることがあるので、ご存知の方も多いでしょう。 しかし、免疫力の弱い赤ちゃんが食中毒にかかると、大人よりも症状が重くなることがあります。 症状は、下痢、嘔吐、発熱、腹痛を伴い、命に関わることもあるので注意が必要です。 赤ちゃんが病気にならないためにも、おしゃぶりはしっかり消毒するようにしましょう。 下記の記事では、おしゃぶりの使い方や注意点を詳しく紹介しています。 参考にしてみてくださいね。 おしゃぶりは、赤ちゃんの心を落ち着かせてくれる子育てグッズです。 頑張るママの強い味方になりますが、実は注意点もあります。 正しい赤ちゃんのおし... 消毒期間はいつまで? おしゃぶりを消毒する期間は、新生児期から6ケ月頃(離乳食が始まる頃)までが目安ですが、できれば1歳頃までは清潔に保てるようにすることをおすすめします。 先に説明した病気にかからないためにも、また衛生面を考慮した上でも、生後6ヶ月頃まではこまめに消毒しましょう。 また、赤ちゃんが使うものを清潔にすることは当然なのですが、健康な赤ちゃんの場合は、神経質になり過ぎる必要はありませんので、頑張り過ぎずに適切に対応してくださいね。 消毒期間は6ケ月頃までを目安に おしゃぶりの消毒の仕方 おしゃぶりを消毒する頻度やタイミング、方法について解説していきましょう。 消毒頻度・タイミング 新生児期から3ケ月頃までの消毒の頻度は、赤ちゃんがおしゃぶりをはずしたら、その都度行います。 月齢が高くなるに従って、徐々に消毒の頻度を減らしていくとよいでしょう。 そうすることで、赤ちゃんの菌に対する免疫力をつけることができるとされています。 消毒のタイミングは、「初めて使うとき」、「赤ちゃんがお昼寝しているとき」、「外出から帰ったら」など、こまめに消毒してください。 また、哺乳瓶を使ったあとの消毒の際に、おしゃぶりも一緒に行うと、手間が省けますよ。 消毒の方法は様々 一般的な消毒方法には、煮沸消毒、電子レンジ消毒、消毒液の3つがあります。 ただし、おしゃぶりの種類によっては対応していない消毒方法もあるため、使用しているおしゃぶりが煮沸消毒可能なのか、電子レンジ消毒ができるのか、消毒液が使えるのか、しっかりと取扱説明書を読むようにしてください。 また、消毒液などの消毒アイテムを使う際にも、取扱説明書やパッケージの裏書をよく読んで、それに従うようにしましょう。 おしゃぶりの煮沸消毒 煮沸消毒は、消毒液などの消毒アイテムなしでOKなので、手軽にできる消毒法です。 手順1:お湯を用意 おしゃぶりが浸かる程度の水を鍋に用意し、強火にかけます。 手順2:煮沸する 鍋の水が沸騰したら、おしゃぶりを入れ、3~5分間煮沸させます。 手順3:乾燥させる 煮沸が終わったら、鍋からおしゃぶりを取り出し、自然乾燥させます。 水滴が気になるようなら、清潔な布やキッチンペーパで拭くとよいでしょう。 おしゃぶりの電子レンジ消毒 電子レンジなら、火を使わないので安全です。 しかも、3分程度で消毒が完了しますよ。 手順1:容器におしゃぶりと水をセット 電子レンジで使用できるおしゃぶり消毒専用の容器を用意し、おしゃぶりとお水を入れます。 手順2:電子レンジにかける おしゃぶりを入れた専用容器を電子レンジに入れます。 一般的には、500Wで約3分間程度の過熱時間とされていますが、専用容器の説明書通りに行いましょう。 おしゃぶりを取り出すときは、容器や熱湯でやけどをしないように気を付けてくださいね。 手順3:乾燥させる 容器からおしゃぶりを取り出し、自然乾燥させましょう。 消毒液・消毒アイテムでおしゃぶりを消毒 消毒液を使う場合は、浸しておくだけなので、楽に消毒できます。 手順1:水洗いする まずは、おしゃぶりを水洗いし、汚れなどを簡単に落とします。 手順2:消毒液に浸す 容器に、消毒液のパッケージに記載されている量の消毒液と水を入れます。 そこに、おしゃぶりを浸しましょう。 一般的な浸水時間は1時間程度ですが、これも、記載されている表示に従ってください。 手順3:自然乾燥させる 消毒が終わったら、水気を切って自然乾燥させます。 もし、消毒臭さが気になるようであれば、軽く水洗いするとよいでしょう。 助産師・看護師 河井恵美 看護師・助産師の免許取得後、大学病院、市民病院、個人病院等に勤務。 様々な診療科を経験し、看護師教育や思春期教育にも関わる。 青年海外協力隊として海外に赴任後、国際保健を学ぶために兵庫県立大学看護学研究科修士課程に進学・修了。 現在はシンガポールの産婦人科に勤務、日本人の妊産婦をサポートをしている。 また、助産師25年以上の経験を活かし、オンラインサービス「エミリオット助産院」を開設、様々な相談を受け付けている。 編集部厳選!おしゃぶりの消毒ケース、消毒器、消毒アイテムのおすすめ 編集部が選んだ、おしゃぶりの消毒が手軽にできるアイテムをご紹介します。 「ミルトン Milton CP チャイルドプルーフ 60錠 哺乳瓶・搾乳器用 洗浄剤 」(ミルトン) 「ミルトン Milton CP チャイルドプルーフ 60錠 哺乳瓶・搾乳器用 洗浄剤 」(ミルトン) 「Milton CP チャイルドプルーフ 60錠」は、哺乳瓶やおしゃぶりなどを除菌する洗浄剤です。 軽くてスマートな錠剤なので、持ち運びや保管にも最適。 水2リットルに対し1錠を溶かして漬けておくだけで簡単に衛生管理ができます。 溶液から取り出した後は、水ですすがなくてもすぐに使えます。

次の

おしゃぶりを使うメリットとデメリットは?上手な使い方とおすすめおしゃぶり3選

おしゃぶり 消毒 頻度

看護師・助産師を免許を取得後、未熟児病棟、脳神経外科病棟、産科病棟で医療業務に従事。 その後、医療現場での経験を活かして、青年海外協力隊の看護職としてアフリカに2年間駐在し、現地の医療技術向上に貢献。 赤ちゃんが大泣きしているときに口に入れると、嘘のようにピタッと泣き止ませることができるおしゃぶり。 便利なのでついつい多用しがちですが、「出っ歯になる」などのデメリットを聞いたことある人も少なくないはず。 そこで今回は、赤ちゃんが使うおしゃぶりのメリットとデメリットについてご紹介します。 赤ちゃんにとっては母乳を飲むことが唯一の栄養補給法。 そのため、口を使ってものを舐めたり、しゃぶったりすることは、本能的な行動なのです。 また、指をしゃぶる癖のある赤ちゃんにおしゃぶりを与えると、指しゃぶりをやめることもあります。 赤ちゃんは免疫力が大人よりも弱いため、感染症にかかると、重症化しやすい傾向があります。 そのため、指しゃぶりをやめさせることは、手や指から感染症のウイルスや菌が入るのを防ぐという効果もあります。 これらの他にも、あくまで俗説ですが、おしゃぶりを使うことにより、鼻呼吸になるため喘息やアレルギーになりにくかったり、口の周りの筋肉を使うために顔が引き締まったりする効果があると言われています。 また、赤ちゃんがおしゃぶりなどを舐めたりしゃぶったりするのには、発達面でも大きな意味があります。 口に乳首以外のものを入れるのは、「食べる練習」という意味合いがあるからです。 赤ちゃんが泣いているときにとりあえずおしゃぶりで静かにさせてしまうことは、ママやパパが赤ちゃんの気持ちを考えたり、あやしたりする機会を奪ってしまうことにもなります。 特に、1~2歳代の言葉が出始める時期には、おしゃぶりをくわえさせていることで、ママ・パパや周囲の人とのコミュニケーションを減らすことになってしまいます。 長期間高い頻度で赤ちゃんの口をおしゃぶりでふさいでおくことは、発達上、好ましくありません。 また、おしゃぶりのデメリットとして「出っ歯になる」ということを聞いたことがある人も少なくないと思います。 また先に述べたように、「食べる練習になる」というメリットがある一方、頻繁におしゃぶりを使用していると、おしゃぶり以外をなめる機会が自然と少なくなるため、逆効果になる場合もあります。 これらのデメリットを考慮すると、おしゃぶりに頼りきりにならないほうがいいでしょう。

次の