俺ガイル 大学 ss。 #やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 #比企谷八幡 ほんの少しの、嫉妬。

由比ヶ浜「高校を卒業してから5年近く経った。」

俺ガイル 大学 ss

特におすすめの名作 これはいいいろはす。 大学でいろはに再会してからの短編3連作です。 こうした作品が読めるのはSSならではですね。 さりげない心理描写も上手で、かなりのSS巧者とお見受けしました。 主人公がヒロインに看病されるという、SSではよくあるシチュエーションですが、このいろはすはかなりポイント高いです。 WEB小説投稿サイトからは、こちらの作品をチョイス。 ストーカー被害に遭い、奉仕部へと駆け込むいろは。 解決のため八幡が偽装彼氏となるが・・・というお話。 際どい表現があるのでご留意を。 奉仕部がある以上、納得感のある形でいろはと距離を縮めるには相当な描写の積み重ねが必要で、本作はそれを高いレベルでクリアしており、 いろはモノとしては最高峰でしょう。 一色いろは・八色好きにおすすめの作品 いろはが可愛く描かれています。 ちょっと3点リーダが多いのが気になってしまいました。 かなり甘めな、いろはすSS。 いろは好きにはおすすめです。 地の文ありのいろは一人称作品。 長めですが、レベル高いです。 いろはのあざと可愛さが、嫌味なく発揮されている良作です。 地の文ありのいろは一人称作品。 いろはを一人称で魅力的に書くのは相当難しいと思うのですが、この作品は読みやすいし良作です。 八幡がいろはの催眠術にまんまとかかってしまうというお話。 こちらもお笑いコンビ「アンジャッシュ」のようなすれ違い系のコメディです。 周りの女性陣がいろはのマネをし始めて・・・というお話。 あっさりとしていますが、地味にラストシーンがお気に入りです。 いろはモノとしても非常に優秀ですが、雪乃もかなり魅力的に描かれており、雪乃好きにもおすすめしたい作品です。 いろはとのある日の放課後が丁寧に描かれます。 とってもいろはがいい子です。 割とアグレッシブよりのいろはです。 コンビニで偶然出会った八幡といろはの、ほんのり甘酸っぱいショートストーリー。 いろはの手伝いをする八幡という構図としてはよくある作品ですが本作はほぼひたすら2人の会話でテンポよく進んでいくので、いろは好きにはかなりおすすめです。 本作はある仕掛けが施されています。 気づきますか? お泊りというSSでは割と見られるネタですが、学校では奉仕部がある以上、いろはと距離を詰めるためには最も有効なのは間違いありません。 本作はほどよい甘さなのが好印象です。 大学生になった二人の甘い系の作品です。 一人暮らしの八幡に押しかけるいろはすはもはや形式美とも言えますね。 こちらも甘い感じの作品です。 長めですが、所々シリアスなシーンもあり、メリハリがついていて一気に読めます。 両親と3人で旅行にいくので、残される八幡をいろはに託す小町・・・シチュエーションだけでいろは好きは歓喜ですね。 話の流れはタイトルの通り。 後半はかなりの激甘です。 描写に好き嫌いがあるかもなので、ご留意ください。 タイトルがなかなか秀逸です。 展開的には、いろはものの王道をいく感じです。 沈黙の長さを3点リーダで表現しているのですが、あまりにも多いのがちょっと気になりましたが、作品自体のレベルは高いです。 連載作品ですが、筆致はライトで読みやすいです。 ただ所々、暴力的な表現があるので、苦手な方はご注意ください。 「俺妹」のごとく受験のために急遽一人暮らしをすることになった八幡の世話をいろはがすることにななり・・・という展開自体に目新しさはないものの、圧倒的いろはす力が味わえる良作です。 台詞回しが上手で違和感なく読み進めることができます。 続編もあり、かなりの文量なので、少しずつ読み進めることをおすすめします。 続編: 大学生になったいろはがとあるトラブルをきっかけに八幡の家に押しかけるというSSのテンプレ的展開ですが、読ませる力のある作品です。 いろはが警察官になっているというなかなか類を見ない設定です。 タイトルが秀逸。 セリフ回しも違和感なく、文章力・構成力もある作品です。 未完であることだけが非常に惜しいのですが、それでもここに紹介したいレベルの高い作品です。 SSでは八幡お兄ちゃんスキル発動しすぎなところはありますが、こちらは照れるいろはが可愛く魅力的に描かれています。 下記マンガを読んでおくとさらに楽しめます。 関連作品: 社会人になった甘々な八色。 この方の作品は、いずれも文章力・構成力がかなりレベルが高いのでとてもおすすめです。 原作既読の方向け。 そりゃまちがってるよ!って話なのですが、そこはフィクションということで。 作中のピンク色が大分濃いので、好き嫌いがありそうですが、私は大好物でした。 続編の「続」「完」は、八色というより八結に近いため注意。

次の

俺ガイルおすすめSSまとめ【やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。】

俺ガイル 大学 ss

ですが、私は教師、君は生徒という立場である以上、そういった関係は 許されるものではありません。 私は生徒として君を教育し、大学あるいは社会で生きていくための力を 授ける義務があります。 ですから、君が卒業するまで我慢してください。 私も我慢しますから。 卒業後、一緒に支えあって生きていきましょう。 追伸 婚活はもうやめます。 あなたも他の男を追っかける私を見るのは嫌ですよね。 戸塚氏とは……目の付け所が違う」 八幡「いやいや、誰に聞いても戸塚だろ、常識に考えて。 お前もそうだろ?」 材木座「ふむぅ、……我のリアルの知り合いだと確かに」 八幡「お前はリアル以外に知り合い居るのかよ……」 材木座「ふっふっふっ、我には電子の海に戦友がいるのだっ!」 八幡「ああ、ネットの知り合いね。 それは新たなトラウマが生まれるイベントの一つだ。 なんであいつら本人の前とか関係なしにあいつの隣とか最悪、もう嫌だ。 とか言うんだよ。 あと泣くな。 お前がなくせいで俺が悪いみたいになるんだよ。 俺は何もしてないのに。 俺の存在が悪いみたいになるだろうが。 俺は悪くない。 もういじめの領域だろ。 てか何で担任何も言わないんだよ。 恨むなら理想の席を引けなかった自分のくじ運を恨め。 悪いのはお前だ。 まあしかし、席替えでそんな悲劇が起こりやすいのは中学まで。 もしくは中学生気分が抜けない高校一年生までだろう。 ソースは俺。 高校は義務教育じゃない。 だから停学が簡単に発動する。 もし、席替えが原因でトラブルがありいじめが認められれば簡単に停学になる。 だから、いじめはわかりにくく、陰湿になるのだ。 まあ、存在が認められてない俺はいじめられることもない。 無条件で省かれてはいるが。 55 ID:vRlRO7Ho0 * 小学生の時の話だ。 当時はまだぼっちなんて言葉を知らなくて、一人ぼっちだった時の話だ。 小学生の頃の事など、もうあまり覚えちゃいないが、いくつか覚えている事がある。 ……まぁ、ほぼ嫌な思い出なんだけどな。 けどその時の事は別にトラウマでもなんでもなく、ただ、なんとなく覚えていた。 小学生の頃俺は、当時通っていた小学校まで徒歩で通学していた。 別に珍しい事でもない。 むしろ割合としては一番多い通学方法だろう。 まぁ、今はモンスターペアレントなんてのもいるらしいし、車で送る家庭も増えているのかもしれないが。 とにかく。 俺は当時徒歩通学であった。 別に特別遠いわけでも、めちゃくちゃ近かったわけでもない。 至って普通の、小学生が歩いていける距離。 そんな通学路で、ある一カ所。 横断歩道があった。 関連作品 「うでずもう」 結衣「ねぇねぇ、ヒッキーって腕相撲強いの?」 八幡「は?お前、いきなり何言ってんの?」 結衣「いやさー、今日、教室で隼人くんとかとべっちとか大和くんとかが腕相撲やっててさー」 八幡「あぁ…、そういやなんか騒がしかったな。 そんなことしてたのか。 例の4人?」 結衣「そうそう」 八幡「あれだろ。 どうせ葉山が1位で、2位が大和だろ?」 結衣「え!?なんでわかったの?ヒッキー見てたの?」 八幡「いや、見てねえよ。 ただの勘だ」 八幡「(やっぱりあいつらは単純な腕力でも葉山にかなわないんだな、哀れな…。 つーか4人なのに1人だけ名前呼ばれない大岡くんカワイソス)」 結衣「そんでさー。 それ見ててヒッキーはどのくらい強いのかなーって思ったの」 八幡「さぁなぁ、まったく想像もつかん」 結衣「え?どうして?」 八幡「いや、なんでってお前。 俺は友達いねぇから生まれてこのかた腕相撲なんかしたことねぇんだよ。 強さなんてわかるわけねえだろ」 結衣「あ、そ、そっか。 ごめん…」 八幡「いや…」 結衣「………」 八幡「………」 結衣「あ、そうだ!」 八幡「何?まだ俺を傷つけたりないの?」 結衣「違うし!ならさ、ヒッキー!あたしとしようよ!」 八幡「………あ?なにを?」 結衣「なにって腕相撲じゃん!」 八幡「はぁ?何言ってんのお前、勝負になるわけねえだろ。 俺男だぞ」 結衣「でもヒッキー、運動しないし。 引きこもりじゃん」 八幡「いや、お前。 そうはいっても俺はコミュニュケーション取れないから団体スポーツが苦手なだけで、運動自体は割と得意なんだよ。 それにほら腕相撲はまずいでしょ。 色々と」 結衣「色々って?」 八幡「いや、ほらお前。 …手とか掴むだろうが」 結衣「??そりゃ腕相撲なんだから当たり前じゃん。 ヒッキー負けんのが怖いの?」 関連作品 「SS」 結衣「ヒッキー、今日は珍しく携帯いじってるけど何してるの?」 八幡「あ?ああ、今日は本持ってくんの忘れたからな。 SS読んでんだよ」 結衣「えすえす?SSってナチスの?」 八幡「おい、今、由比ケ浜の口出たとは思えない単語がでてきたぞ」 雪乃「由比ケ浜さん、あなた世界史得意だったかしら?どの科目も満遍なく不得意な印象しかないのだけれど」 結衣「世界史?なんで世界史?」 雪乃「なぜってあなた、ナチスと言えば国家社会主義ドイツ労働者党、もしくはそれが支配していた頃のドイツをさすじゃない。 それでSSと言えば親衛隊のことを言ったのでしょう?」 結衣「え!?ナチスってドイツのことだったんだ!?小魚のことかと思った」 八幡「は?………。 あ、まさかお前、それシラスのこと言ってんの?最後のスしかあってねえし。 どんな頭してんだよ。 大体なに、Sirasu Shineitaiの略でSSとか言うつもりなの?踊り食いでもすんの?」 雪乃「比企谷くん。 それはシラウオのことでしょう。 あなたいくら由比ヶ浜さんが相手だからって、あまり適当なこというのはやめたほうがいいわよ」 結衣「な、なんか今ひどいことをサラリと言われた気がする!」 八幡「いや大丈夫、気のせいじゃねえから安心しろ。 あまり馬鹿の前で馬鹿なこと言うと、馬鹿だから信じちゃうぞって言われただけだから」 結衣「あんま馬鹿馬鹿言うなし!これでも結構傷つくんだからね!てかゆきのんひどい!」.

次の

大学でも俺の青春ラブコメは間違っている。

俺ガイル 大学 ss

ですが、私は教師、君は生徒という立場である以上、そういった関係は 許されるものではありません。 私は生徒として君を教育し、大学あるいは社会で生きていくための力を 授ける義務があります。 ですから、君が卒業するまで我慢してください。 私も我慢しますから。 卒業後、一緒に支えあって生きていきましょう。 追伸 婚活はもうやめます。 あなたも他の男を追っかける私を見るのは嫌ですよね。 戸塚氏とは……目の付け所が違う」 八幡「いやいや、誰に聞いても戸塚だろ、常識に考えて。 お前もそうだろ?」 材木座「ふむぅ、……我のリアルの知り合いだと確かに」 八幡「お前はリアル以外に知り合い居るのかよ……」 材木座「ふっふっふっ、我には電子の海に戦友がいるのだっ!」 八幡「ああ、ネットの知り合いね。 それは新たなトラウマが生まれるイベントの一つだ。 なんであいつら本人の前とか関係なしにあいつの隣とか最悪、もう嫌だ。 とか言うんだよ。 あと泣くな。 お前がなくせいで俺が悪いみたいになるんだよ。 俺は何もしてないのに。 俺の存在が悪いみたいになるだろうが。 俺は悪くない。 もういじめの領域だろ。 てか何で担任何も言わないんだよ。 恨むなら理想の席を引けなかった自分のくじ運を恨め。 悪いのはお前だ。 まあしかし、席替えでそんな悲劇が起こりやすいのは中学まで。 もしくは中学生気分が抜けない高校一年生までだろう。 ソースは俺。 高校は義務教育じゃない。 だから停学が簡単に発動する。 もし、席替えが原因でトラブルがありいじめが認められれば簡単に停学になる。 だから、いじめはわかりにくく、陰湿になるのだ。 まあ、存在が認められてない俺はいじめられることもない。 無条件で省かれてはいるが。 55 ID:vRlRO7Ho0 * 小学生の時の話だ。 当時はまだぼっちなんて言葉を知らなくて、一人ぼっちだった時の話だ。 小学生の頃の事など、もうあまり覚えちゃいないが、いくつか覚えている事がある。 ……まぁ、ほぼ嫌な思い出なんだけどな。 けどその時の事は別にトラウマでもなんでもなく、ただ、なんとなく覚えていた。 小学生の頃俺は、当時通っていた小学校まで徒歩で通学していた。 別に珍しい事でもない。 むしろ割合としては一番多い通学方法だろう。 まぁ、今はモンスターペアレントなんてのもいるらしいし、車で送る家庭も増えているのかもしれないが。 とにかく。 俺は当時徒歩通学であった。 別に特別遠いわけでも、めちゃくちゃ近かったわけでもない。 至って普通の、小学生が歩いていける距離。 そんな通学路で、ある一カ所。 横断歩道があった。 関連作品 「うでずもう」 結衣「ねぇねぇ、ヒッキーって腕相撲強いの?」 八幡「は?お前、いきなり何言ってんの?」 結衣「いやさー、今日、教室で隼人くんとかとべっちとか大和くんとかが腕相撲やっててさー」 八幡「あぁ…、そういやなんか騒がしかったな。 そんなことしてたのか。 例の4人?」 結衣「そうそう」 八幡「あれだろ。 どうせ葉山が1位で、2位が大和だろ?」 結衣「え!?なんでわかったの?ヒッキー見てたの?」 八幡「いや、見てねえよ。 ただの勘だ」 八幡「(やっぱりあいつらは単純な腕力でも葉山にかなわないんだな、哀れな…。 つーか4人なのに1人だけ名前呼ばれない大岡くんカワイソス)」 結衣「そんでさー。 それ見ててヒッキーはどのくらい強いのかなーって思ったの」 八幡「さぁなぁ、まったく想像もつかん」 結衣「え?どうして?」 八幡「いや、なんでってお前。 俺は友達いねぇから生まれてこのかた腕相撲なんかしたことねぇんだよ。 強さなんてわかるわけねえだろ」 結衣「あ、そ、そっか。 ごめん…」 八幡「いや…」 結衣「………」 八幡「………」 結衣「あ、そうだ!」 八幡「何?まだ俺を傷つけたりないの?」 結衣「違うし!ならさ、ヒッキー!あたしとしようよ!」 八幡「………あ?なにを?」 結衣「なにって腕相撲じゃん!」 八幡「はぁ?何言ってんのお前、勝負になるわけねえだろ。 俺男だぞ」 結衣「でもヒッキー、運動しないし。 引きこもりじゃん」 八幡「いや、お前。 そうはいっても俺はコミュニュケーション取れないから団体スポーツが苦手なだけで、運動自体は割と得意なんだよ。 それにほら腕相撲はまずいでしょ。 色々と」 結衣「色々って?」 八幡「いや、ほらお前。 …手とか掴むだろうが」 結衣「??そりゃ腕相撲なんだから当たり前じゃん。 ヒッキー負けんのが怖いの?」 関連作品 「SS」 結衣「ヒッキー、今日は珍しく携帯いじってるけど何してるの?」 八幡「あ?ああ、今日は本持ってくんの忘れたからな。 SS読んでんだよ」 結衣「えすえす?SSってナチスの?」 八幡「おい、今、由比ケ浜の口出たとは思えない単語がでてきたぞ」 雪乃「由比ケ浜さん、あなた世界史得意だったかしら?どの科目も満遍なく不得意な印象しかないのだけれど」 結衣「世界史?なんで世界史?」 雪乃「なぜってあなた、ナチスと言えば国家社会主義ドイツ労働者党、もしくはそれが支配していた頃のドイツをさすじゃない。 それでSSと言えば親衛隊のことを言ったのでしょう?」 結衣「え!?ナチスってドイツのことだったんだ!?小魚のことかと思った」 八幡「は?………。 あ、まさかお前、それシラスのこと言ってんの?最後のスしかあってねえし。 どんな頭してんだよ。 大体なに、Sirasu Shineitaiの略でSSとか言うつもりなの?踊り食いでもすんの?」 雪乃「比企谷くん。 それはシラウオのことでしょう。 あなたいくら由比ヶ浜さんが相手だからって、あまり適当なこというのはやめたほうがいいわよ」 結衣「な、なんか今ひどいことをサラリと言われた気がする!」 八幡「いや大丈夫、気のせいじゃねえから安心しろ。 あまり馬鹿の前で馬鹿なこと言うと、馬鹿だから信じちゃうぞって言われただけだから」 結衣「あんま馬鹿馬鹿言うなし!これでも結構傷つくんだからね!てかゆきのんひどい!」.

次の