ヘンダーソン。 実習記録の書き方をヘンダーソンの理論で解説|マイナビ看護学生

ヘンダーソンってどんな選手?プレースタイルを徹底解説

ヘンダーソン

でもそれだけでは、栄養状態をしっかりアセスメントすることはできません。 では、どんな情報を収集すれば良いかというと・・・ BMI まず患者さんがどのような体格であるかアセスメントします。 それを簡単にわかる方法が BMIです。 5未満 低体重(やせ型) 18. 5)=22. 22222...... 小数点を切り捨てて、 BMI22の普通体重と判定できます。 また、低体重の判定であれば、同時に エネルギー摂取の不足の恐れが推測できます。 同様に、肥満の判定であれば、 エネルギー摂取の過剰の恐れが考えられます。 基礎代謝量・必要エネルギー量 次に、体格にあった 必要摂取カロリーを摂取できているかどうかをアセスメントします。 0 22. 1 30〜49歳 22. 3 21. 7 50〜69歳 21. 5 20. 7 70歳以上 21. 5 20. 身体活動レベルは、下記表の『低い』『ふつう』『高い』の3つのうちから、最も近い状態の数値を選んで計算します。 身体活動レベル 計算式に当てはめる数値 日常生活の内容 低い 1. 50 生活の大部分が座った状態で過ごし、静的な活動が中心の場合 ふつう 1. 75 主に座って行う仕事だが、職場内での移動や立って行う作業・接客等、通勤・買い物・家事、軽いスポーツ等のいずれかを含む場合 高い 2. 0 移動や立って行う仕事が多い従事者。 5=1627. 5 小数点以下を切り捨てして、 1627kcalとなります。 体重減少率 現在BMIが普通体重の判定であっても、体重が6ヶ月で2、3kg減少した、または1〜6ヶ月間の体重減少率が3%以上であると 低栄養のリスクがあります。 そのため、必要な栄養が取れている状態では、体重減少率が3%未満である必要があります。 これをふまえて架空人物でアセスメントを書いてみます。 『必要な栄養が取れている』状態のアセスメント例文 対象者様の体重は、半年前と変わらず 体重減少率3%未満であり、 BMI22と正常であること、病院食を 全量摂取できていることから、必要な栄養が取れていると考えられる。 また、 血液検査データの総蛋白、アルブミン、ヘモグロビン、血中総コレステロールは正常範囲内であるため、このことからも栄養状態は良好と考えられる。 中枢性・内臓性食欲不振症などの原因疾患• 食欲不振を起こす疾患(胃炎、うつ病、腫瘍など)• 摂取行動に必要な動作の障害• 放射線療法などによる副作用• ストレスなどによる精神的苦痛• 嗜好品の過剰摂取• 活動量の低下 など では、これをふまえて架空人物でアセスメントを書いてみると・・・ 『楽しく食べられ満足感がない』状態のアセスメント例文 脳腫瘍末期の対象者様は、癌性疼痛に対してモルヒネを内服しているため、モルヒネの 副作用によって吐き気、食欲不振になっていると考えられる。 また、慣れない入院生活や疾患に対する ストレス、活動量が低下したことからも食欲が減退したと考えられる。 肝癌末期の対象者様は、癌の浸潤に伴い肝臓内外の血液・リンパ系の流れに異常が起きていることや低蛋白血症により血漿膠質浸透圧の低下が起きているため、腹水貯留してきていると考えられる。 この腹水貯留によって胃を圧迫していることが食欲不振につながていると考えられる。 また、腹水は同時に肺や横隔膜へも圧迫しているため、これが肺換気量を低下させ、食事中に呼吸苦が出現していると考えられる。 これらのことから、対象者様は食欲不振が生じ、 満足感のある食事摂取ができていないと考えられる。 どうしても書き方がわからない場合 例文をいくつか紹介しましたが、担当患者さんによってアセスメント内容は違ってきます。 担当患者さんのアセスメントの書き方でわからないことがある場合は、まず先生に相談しましょう。 もし先生にも相談しにくい場合は、ネットで実際に経験をつんだ看護師に相談できる『 ココナラ』というサイトがあります。 実習のアセスメントや授業の質問などを受け付けている方がたくさんいるので、一度みてみてはどうでしょうか。 ココナラとは、知識・経験・スキルを売り買いできるフリーマーケットです。 次は、3、『』についてアセスメント例文を書いていきます。

次の

TRPGプレイヤーが異世界で最強ビルドを目指す ~ヘンダーソン氏の福音を~

ヘンダーソン

重圧と苦闘してきたキャプテンから熱き想いが溢れ出た。 現地時間6月25日、プレミアリーグの31節が開催され、2位のマンチェスター・シティが4位のチェルシーに1-2で敗戦。 1989-90シーズン以来、30年ぶりとなる待ちに待ったトップリーグ戴冠だ。 それだけに昨シーズンにビッグイヤーを獲得した時とは別の感情がキャプテンにはあるようだ。 ジョーダン・ヘンダーソンである。 11年6月にサンダーランドから加入するも、相次ぐ故障などで活躍が出来ずに、12年には当時のブレンダン・ロジャース監督から戦力外通告も言い渡されていたヘンダーソン。 それでも「ここに残って、成長して、監督を見返したい」と努力を重ね、15年には前任者のスティーブン・ジェラードの退団を受けて主将に就任するなど、気づけば、チームに欠かせない大黒柱となった。 苦難の時を乗り越えたキャプテンは、シティ戦直後に英衛星放送『Sky Sports』の番組にリモート出演し、「ちょっと信じられないね。 この瞬間まではあまりに話したくなかったけど……」と正直な胸の内を明かしている。 「みんなのために本当に幸せだよ。 今はまだパニック状態だけど、素晴らしい感覚だ。 僕らが達成したことを誇りに思う。 様々な感情が入り混じっていたし、シティ戦の最後の笛が鳴った瞬間は決して忘れない。 今は言葉がないね。 まだピンときていないんだ。 なんというか……言葉では言い表せない」 クラブにとっての悲願を達成したヘンダーソンは、15年10月の就任以来、自身をキャプテンとして信頼し続けているユルゲン・クロップ監督への感謝も口にした。 「昨シーズンのチャンピオンズ・リーグ決勝の後、僕は『この監督なしには勝てない』と言った。 それは今も変わらないよ。 前の監督に敬意を欠いているわけではないけど、彼は初日からすべてを変えてくれたと感じていた。 それに対して僕ら全員がついていったんだ。 記者会見やタッチライン際の監督を見ればわかると思う。 選手たちと個人的な関係もあるけど、バランスが素晴らしいんだ。 友人でありながら、必要な時には冷酷だ。 彼は偉大なリーダーであり、人間的にも素晴らしい。 僕ら全員が信じているし、この素晴らしいグループは、彼がいかにまとめ上げてきたかによるもの。 偶然ではないよ」 自らを信頼してくれた指揮官への想いも語ったヘンダーソン。 その目はうっすらと光って見えた。

次の

実習記録の書き方をヘンダーソンの理論で解説|マイナビ看護学生

ヘンダーソン

Contents• ページ・ワン Page One ジョーヘンをどこから聴けばいいか迷うのですが、 まずはBLUE NOTEレーベルでのデビュー作〈Page One〉 1963 から〈Blue Bossa〉を聴きます。 このアルバムでジョーヘンを知ったという方も多いと思います。 (実は筆者もそうです) Kenny Dorham — trumpet Joe Henderson — tenor saxophone McCoy Tyner — piano Butch Warren — bass Pete La Roca — drums 〈Blue Bossa〉はドーハムの作曲でしたが、このアルバムではヘンダーソンのオリジナルとして有名な〈Recorda-Me〉も演奏されていました。 前者ではピアノがアンドリュー・ヒル、後者ではマッコイ・タイナーとエルヴィン・ジョーンズが参加しています。 インナー・アージ inner urge そしてBLUE NOTEでの第4作が〈Inner Urge〉でした。 これ全てがかっこいいアルバムでした。 ジャケットのアートワークから始まって、メンバーが以下のメンツでのワンホーン・アルバムです。 ジョーヘン・オリジナル曲が5曲中3曲を占めているのですが、ここでは敢えてコール・ポーターのスタンダード〈Night And Day〉を聴くことにします。 モード・フォー・ジョー mode for joe Blue Noteでの最終作〈Mode For Joe〉(1966)は Lee Morgan, Trumpet Curtis Fuller, Trombone Joe Henderson, Tenor Sax Bobby Hutcherson, Vibes Cedar Walton, Piano Ron Carter, Bass Joe Chambers, Drums というメンツでした。 〈Black〉 という面白い曲想の曲です。 色んなことを想わせるのですが、ジョーヘンはいつもカッコいいのです。 (下で紹介するThe Sidewinderの2年後の演奏です) Sponsored Link 初期 サイドマン作品 グラント・グリーンの〈Idle Moments〉 同じBLUE NOTEでのグラント・グリーン作品〈Idle Moments〉で渋い活躍をしているジョーヘンが聴けます。 タイトル曲〈Idle Moments〉です。 実はこの曲ではジョーヘンが出て来るのは半分過ぎからなのですが、かっこいいバラードプレイが聴けるのでこれにします。 Grant Green — guitar Joe Henderson — tenor saxophone Bobby Hutcherson — vibraphone Bob Cranshaw — bass Duke Pearson — piano Al Harewood — drums リー・モーガン 〈The Sidewinder〉 みなさん、リー・モーガン、サイドワインダーのサックスがジョーヘンだったことを忘れてはいませんか? ここはタイトル・ナンバーを聴くしかありません。 ジャズ・ロックの金字塔The Sidewinderと言ったら大げさですか? Lee Morgan — trumpet Joe Henderson — tenor saxophone Billy Higgins — drums Barry Harris — piano Bob Cranshaw — bass ホレス・シルバー Song For My Father みなさん、ホレス・シルバーの名アルバム、名曲〈Song For My Father〉のサックスがサックスがジョーヘンだったことを忘れてはいませんか? ここはタイトル・ナンバーを聴くしかありません。 (と同じセリフの繰り返しです) Horace Silver — piano Carmell Jones — trumpet Joe Henderson — tenor saxophone Teddy Smith — bass Roger Humphries — drums ミロスラフ・ヴィトウス Infinite Search ウエザーリポートの初代ベーシストだったヴィトウスの作品「限りなき探求」でサックスを吹いていたのがジョーヘンでした。 John McLaughlin guitar , Herbie Hancock piano , Jack DeJohnette drums Sponsored Link ザ・キッカー The Kicker ジョーヘンのリーダーアルバムに戻りましょう。 そしてここからはBlue Noteから離れてMilestone レーベルでの作品です。 実はここまで、最もジョーヘンらしいモーダルでハードボイルドな演奏を敢えて避けてきました。 というのもここMilestoneでそのようなかっこよさを十分に聴けるからなのです。 実は筆者はMilestone時代のジョーヘンが一番好きなのです。 この演奏もめちゃくちゃ好きです。 Joe Henderson — tenor saxophone Mike Lawrence — trumpet Grachan Moncur III — trombone Kenny Barron — piano Ron Carter — bass Louis Hayes — drums このアルバム聴きどころ満載で全曲かけたくなって困るのですが、例えばビリー・ストレイホーンの曲〈Chelsea Bridge〉なんかもやってくれています。 こんなカッコいいボッサも珍しいのでは? テトラゴン Tetragon ジョー・ヘンダーソン、1968年のアルバム「テトラゴン」です。 このアルバム、上記「ザ・キッカー」に続きジョーヘンの魅力を爆発させたアルバムです。 実はこのアルバムは2つのセッションから成っていてメンバーが違います。 Joe Henderson ts Don Friedman p Ron Carter b Jack de Johnette d B. メンバーでの、最もモーダル&フリーな曲〈The Bead Game〉を。 あの「サークル・ワルツ」のピアノ、ドン・フリードマンがこんな演奏ができるのですね。 この曲、その前の6曲を聴いてから聴くのと、そうでないのでは随分印象が違うのではないかと思います。 Sponsored Link 動画 Take The A Train ここで動画を一つ挟みます。 Joe Henderson tenor , Bheki Mseleku piano , George Mraz bass , Al Foster drums というメンバーでビリー・ストレイホーンの有名スタンダード〈Take The A Train〉を演っています。 ミュージング・オブ・マイルス so near,so far マイルス・デイヴィスへのデディケート〈So Near,So Far--musing of Miles〉 です。 マイルスの愛奏曲10曲がズラッと並んでいます。 メンバーもマイルスゆかりのミュージシャンを集めています。 マイルスがやったことと、マイルスの人脈がジョーヘンに与えた影響は計り知れない大きなものだったでしょうね。 Sponsored Link ダブル・レインボウ~ジョビンに捧ぐ アントニオ・カルロス・ジョビンの曲を取り上げた作品。 ハンコック、ディジョネットなどが共演する曲とイリアーヌ・イライアスなどブラジルのミュージシャンが付き合った曲があります。 まぁ、一流のプロですから当たり前と言えば当たり前なんですが。 ラッシュ・ライフ The music of Billy Strayhorn ビリー・ストレイホーン曲集です。 タイトルのLush Life はコルトレーンを始め多くのプレイヤーに演奏されているストレイホーンの名曲、スタンダードナンバーです。 ジョーヘンはストレイホーンの曲を気に入っていたようで早くから取り上げていました。 (例えばThe Kicker でのChelsea Bridgeなど) ここではたっぷりとストレイホーン・ナンバーをやってくれています。 *筆者はストレイホーンの曲も好きなのでこのアルバムは嬉しい限りです。 基本の演奏者は以下のメンバーですが曲によって編成が変わります。 ストレート・アヘッドなJazzを聴かせてくれます。 サックス、ベース、ドラムスのトリオで演奏されます。 まとめ ジョー・ヘンダーソンの主要アルバムを大体紹介したつもりですが、もちろんもっと多くの録音がありますので(筆者も全部聴いている訳ではありませんし)人によっては筆者が知らない(またはここではオミットした)アルバムで「あれが、いいのに!」ということもあるとは思います。 その点はご容赦ください。 ジョーヘンを褒めるのに、語彙がなく、褒め方を知らない筆者は「かっこいい」としか言ってないのですが、この言葉が一番似つかわしいとは思っています。 最初に書きましたように様々なプレイ・スタイルが出来る人でした。 しかし器用という感じではなく、いつもジョーヘン・スタイルだったように思います。 コルトレーン亡き後のテナーサックス界の空白を埋めたのは、この人だったと思います。 もし、この人がいなかったらその後のD. マレイ、G. アダムス、J. レッドマン、B. マルサリスそしてJ. カーターが出てくるまでの間を誰が埋めることができたでしょうか?(B. ハーパー、S. リバースなどはいましたがジョーヘンほどのヴァーサタイルな活躍はムリだったでしょう) Popular Posts (全期間の人気記事)• 68,879件のビュー• 61,941件のビュー• 60,424件のビュー• 57,494件のビュー• 54,614件のビュー• 47,349件のビュー• 40,683件のビュー• 31,553件のビュー• 27,891件のビュー• 26,230件のビュー• 24,567件のビュー• 23,849件のビュー• 23,122件のビュー• 22,463件のビュー• 22,200件のビュー• 22,131件のビュー• 22,104件のビュー• 20,226件のビュー• 19,920件のビュー• 19,212件のビュー• 19,146件のビュー• 18,820件のビュー• 18,233件のビュー• 17,703件のビュー• 17,362件のビュー• 16,584件のビュー• 16,345件のビュー• 15,732件のビュー• 15,275件のビュー• 15,135件のビュー アーカイブ• ブログをメールで購読.

次の