意味 が わかる と こわい はなし。 今日9800円で買ったイヤホンが壊れた。とは(意味・元ネタ・使い方解説)意味がわかると怖い話、コピペ

小学生にうける、小学生むけの意味が分かると怖い話、意味が分か...

意味 が わかる と こわい はなし

葬式に行けない 急用で親友の葬式に出席できなかった女が親友に言った 「次は絶対に行くから」 「解説」 葬式に次はないです。 笑 大袈裟 家の前で遊んでいた5歳のジョニーが、家に駆け込んできて言った。 「ママ!今、うちの前を身長が3メートルもある男の人が歩いていったよ!!」 母親が言った。 「ジョニー。 3メートルの身長の人なんていません。 物事を大げさに言っちゃいけないと、ママは100万回も注意してるでしょ!」 「解説」 お母さんに似たんですね。 笑 雨乞い ひでりが続いたとき、農村地区の神父が雨乞いの祈祷集会を開いた。 快晴のその朝、教会はあふれんばかりの人でいっぱいになった。 神父は説教壇に上がると、会衆に向かって、こう尋ねた。 「皆さんは、どうして今日、ここに集まっているのかご存知でしょう。 それで、お尋ねしたいのですが、傘をお持ちの方が一人もいらっしゃらないというのは、どういうことでしょうか?」 「解説」 誰一人として、雨が降ることを信じていなかったようです。 余命3ヵ月 ある男が占い師に言った。 「恐ろしく頭が痛く、息が詰まりそうで、気分が悪いのです」 占い師は言った。 「お気の毒ですが、あなたはあと3ヶ月しか生きられません」 がっかりした男は、どうせならあと3ヶ月思いっきり豪遊してやれと思い、会社を辞め、貯金を全部引き出して、新車と、ヨットと、新しい背広を10着と、新しい靴を20足買った。 次にオーダーメイドのシャツを作る為に、仕立て屋に行った。 仕立て屋は男の首周りを測り、サイズ16とメモした。 男は言った。 「ちょっとまってくれ、僕はいつも14のサイズのを着てるんだ」 仕立て屋は言った。 「そんなサイズのシャツを着ていたら、恐ろしい頭痛がして、息が詰まりそうになって、気分が悪くなりますよ」 「解説」 男はサイズの合ってない服を着ていたため、体がつらかったようです。 笑 変なこと 女「なんか変なこと考えてないでしょうね?」 男「変なことって、何を?」 女「あんたが今考えてるようなことよ。 」 男「ああ、そのこと。 」 女「やっぱり考えてるんじゃない!」 「解説」 男は何も考えてはダメなようです。

次の

#mfsr こわいおはなし【解】

意味 が わかる と こわい はなし

LINEにまつわる都市伝説 本文 LINEにまつわる都市伝説。 LINEって便利だ。 直接連絡先を交換できるのはもちろんいいが、電話番号から昔の友だちなんかが勝手にLINEに追加される。 ある日、かなり久しく会っていないやつから連絡がきた。 でもそいつのLINEがなんか不自然で、久しぶりなのにいきなり恋愛ネタなんだ・・・。 俺にもついに彼女できたよ~! 包容力のあるうお座の2個上 丁度、バイト帰りにコクられて 持って来た食材で料理中。 つまり俺にも春が来たって事! たのしい日々が始まりそうな予感 女っ気がない人生から卒業だ ニコニコした生活が待ってる 居場所もできて 座ってると料理が出てきた ラッキー れんあい経験無い俺に てんからのプレゼント? にんげん、生きてりゃ良い事ある げんに、俺がそうだ ラッキー れんあいも頑張るか なんか、ずっと見ていてくれて、 いつも気に掛けてたらしい たのしい すてきな人生 けいけんない俺で良いらしい てか、これ見て照れてるよ 超長文で恋愛の話をしてくる久しぶりな友達に最初は引いたが、しばらく文章を眺めて俺はすぐ警察へ連絡した。 ヒント 久々の友人から、突拍子もない恋愛話。 彼はなにか別のことを主人公に伝えようとしています。 その意味に気づいた主人公は、すぐに警察に連絡したそうです。 ヒントは、「縦読み」です。 解説 友人からのLINEメッセージの頭文字を縦読みしてみてください。 助けて。 」 となります。 皆さんも、謎の長文がLINEで送られてきた際は是非縦読みしてみてはいかがでしょうか。 超能力 本文 あと10分ほどで真夜中になるという時間帯に、私は特急電車に乗っていた。 やがて、途中の駅で一人の男が乗り込んできた。 その男は、電車のドアが閉まると、突然我に返ったように乗客の顔を見回し始めた。 「すみません。 あなたの年齢は28歳ですか?」 男が私に話しかけてきた。 「そうですが、どうしてわかったんですか」 私が聞き返しても、男は無視して、また別の人に話しかけた。 「あなたの年齢は45歳ですか?」 「そうですけど……」 「あなたは62歳ですね?」 「どうしてわかったんだ?」 そんなやり取りを繰り返していく。 どうやら、その男には、顔を見ただけで年齢を当てる特殊能力があるらしい。 次の停車駅までは、まだ15分以上ある。 私を含め、乗客たちは全員その男に注目し始めた。 「あなたは50歳ですね?」 「そうですが、あと5分で日付が変わったら、51歳になるんですよ」 最後に質問された女性は、笑顔でそう答えた。 年齢を当てていた男の顔が、その途端に青くなった。 「凄いですね。 百発百中じゃないですか」 私は男に話しかけた。 すると、男は青い顔を私に向け、こう言った。 「・・・私が見えているのは貴方がたの寿命です」 ヒント 超能力者の男は、次々と年齢を当てていきます。 しかし、彼が見えるのは 人の寿命なのです。 皆、 寿命と現在の年齢が一致しているということは・・・。 さらに、5分後に誕生日を迎える乗客がいるということは・・・。 解説 この特急電車は事故に遭い、 乗客の方々が亡くなることが予想されます。 さらに、最後の女性の一言で、そのときまで5分もないということがわかり、逃げられないことに気づいた超能力者の顔は真っ青になってしまったのでしょう。 ところで、そもそも何故超能力者の男はいきなり年齢確認を始めたのでしょうか。 彼が見ることができるのは年齢までのはず。 彼は自分の寿命を知っていて、彼の最後の誕生日からずっと怯えて、人に年齢をききまくったのでしょうかね。 幸せの丸い貝 本文 大学で日本の風習を研究している私は、休みを利用して、東北の海沿いの道路を歩いていた。 道路から階段が伸びていて、下には岩場がある。 ふと下りてみたそこには1人の少女がいた。 少女は岩場を、何かを探すように歩いていた。 「何か探しているのですか」私は声を掛けた。 「貝を」少女は言った。 「幸せの丸い貝を探しています」 貝とはまた奇妙だ。 それは希少で高級な貝なのかと問えば違うという。 食用かと問えば、食べる人もいるが、と言う。 となると、恐らく貝殻が必要なのだろう。 「祭で必要なのです」と少女は言う。 「幸せの丸い貝が無いと、祭が台無しになってしまう」 その話に興味を持った私は祭のことを少女に問うたが、少女はよくわからないという。 親類が詳しいというので、頼み込んで家まで案内してもらった。 少女の家はまさに祭りの前日といった様子で、着くなりたくさんのご馳走で歓迎された。 酒が入っていたからだろう。 ろくに質問もせぬうちに私は眠ってしまった。 目を覚ますと、もう祭りは始まっていた。 少女はいない。 私は一番近くにいた人に話し掛ける。 「幸せの丸い貝は見つかったのですか」 「ああ、もうここにあるよ」 やがて祭りは佳境に入り、私は幸せの丸い貝がどんなものなのか理解した。 ああ、それにしても奇妙な風習じゃないか。 ヒント この文章では、 「幸せの丸い貝」の正体が重要です。 「幸せの丸い貝」の 漢字部分に注目してみましょう。 少女が探していたものは、 生贄だったのです。 主人公は沢山のご馳走で太らされて、さらにお酒で眠らされてしまったのでしょう。 もしくは、睡眠薬でも入っていたのでしょうか。 「食べる人もいる」と少女が言っていることから、この後、食人鬼のパーティでも始まるんですかね。 主人公は新しいメールアドレスを友人に一括送信します。 車内に 2つ着信音、恐らくAとCの携帯電話のものでしょう。 ところで、 Cは何をしているんでしたっけ? 解説 自慢の新しい彼女と携帯電話で通話しているC。 と思いきや、主人公が新しいメールアドレスのお知らせを送信した後、2つの携帯電話の着信音がなりました。 Cは新しい彼女と通話などしていなかったのです。 新しい彼女は、ただの見栄のための嘘なのか、それとも・・・ 憧れの一人暮らし 本文 反対していた両親を押し切って、今日から一人暮らし。 一人で起き、朝食を食べ、ゴミを出して支度を整えた。 憧れの一人暮らしを実現できたことで私は満ち足りていた。 家に鍵をかけ、毎朝花に水をやっている近所のお婆さんに挨拶をして、私は学校に向かった ヒント 今日から一人暮らしを始めた主人公。 しかし、 近所のお婆さんが毎日花に水をやっているという事実を認識しているようです。 どういうことでしょうか。 解説 主人公は、 両親をその手であやめています。 まとめ こんな仕掛けがある文章、私もかけるようになってみたいものです。

次の

【意味怖】ものしり

意味 が わかる と こわい はなし

LINEにまつわる都市伝説 本文 LINEにまつわる都市伝説。 LINEって便利だ。 直接連絡先を交換できるのはもちろんいいが、電話番号から昔の友だちなんかが勝手にLINEに追加される。 ある日、かなり久しく会っていないやつから連絡がきた。 でもそいつのLINEがなんか不自然で、久しぶりなのにいきなり恋愛ネタなんだ・・・。 俺にもついに彼女できたよ~! 包容力のあるうお座の2個上 丁度、バイト帰りにコクられて 持って来た食材で料理中。 つまり俺にも春が来たって事! たのしい日々が始まりそうな予感 女っ気がない人生から卒業だ ニコニコした生活が待ってる 居場所もできて 座ってると料理が出てきた ラッキー れんあい経験無い俺に てんからのプレゼント? にんげん、生きてりゃ良い事ある げんに、俺がそうだ ラッキー れんあいも頑張るか なんか、ずっと見ていてくれて、 いつも気に掛けてたらしい たのしい すてきな人生 けいけんない俺で良いらしい てか、これ見て照れてるよ 超長文で恋愛の話をしてくる久しぶりな友達に最初は引いたが、しばらく文章を眺めて俺はすぐ警察へ連絡した。 ヒント 久々の友人から、突拍子もない恋愛話。 彼はなにか別のことを主人公に伝えようとしています。 その意味に気づいた主人公は、すぐに警察に連絡したそうです。 ヒントは、「縦読み」です。 解説 友人からのLINEメッセージの頭文字を縦読みしてみてください。 助けて。 」 となります。 皆さんも、謎の長文がLINEで送られてきた際は是非縦読みしてみてはいかがでしょうか。 超能力 本文 あと10分ほどで真夜中になるという時間帯に、私は特急電車に乗っていた。 やがて、途中の駅で一人の男が乗り込んできた。 その男は、電車のドアが閉まると、突然我に返ったように乗客の顔を見回し始めた。 「すみません。 あなたの年齢は28歳ですか?」 男が私に話しかけてきた。 「そうですが、どうしてわかったんですか」 私が聞き返しても、男は無視して、また別の人に話しかけた。 「あなたの年齢は45歳ですか?」 「そうですけど……」 「あなたは62歳ですね?」 「どうしてわかったんだ?」 そんなやり取りを繰り返していく。 どうやら、その男には、顔を見ただけで年齢を当てる特殊能力があるらしい。 次の停車駅までは、まだ15分以上ある。 私を含め、乗客たちは全員その男に注目し始めた。 「あなたは50歳ですね?」 「そうですが、あと5分で日付が変わったら、51歳になるんですよ」 最後に質問された女性は、笑顔でそう答えた。 年齢を当てていた男の顔が、その途端に青くなった。 「凄いですね。 百発百中じゃないですか」 私は男に話しかけた。 すると、男は青い顔を私に向け、こう言った。 「・・・私が見えているのは貴方がたの寿命です」 ヒント 超能力者の男は、次々と年齢を当てていきます。 しかし、彼が見えるのは 人の寿命なのです。 皆、 寿命と現在の年齢が一致しているということは・・・。 さらに、5分後に誕生日を迎える乗客がいるということは・・・。 解説 この特急電車は事故に遭い、 乗客の方々が亡くなることが予想されます。 さらに、最後の女性の一言で、そのときまで5分もないということがわかり、逃げられないことに気づいた超能力者の顔は真っ青になってしまったのでしょう。 ところで、そもそも何故超能力者の男はいきなり年齢確認を始めたのでしょうか。 彼が見ることができるのは年齢までのはず。 彼は自分の寿命を知っていて、彼の最後の誕生日からずっと怯えて、人に年齢をききまくったのでしょうかね。 幸せの丸い貝 本文 大学で日本の風習を研究している私は、休みを利用して、東北の海沿いの道路を歩いていた。 道路から階段が伸びていて、下には岩場がある。 ふと下りてみたそこには1人の少女がいた。 少女は岩場を、何かを探すように歩いていた。 「何か探しているのですか」私は声を掛けた。 「貝を」少女は言った。 「幸せの丸い貝を探しています」 貝とはまた奇妙だ。 それは希少で高級な貝なのかと問えば違うという。 食用かと問えば、食べる人もいるが、と言う。 となると、恐らく貝殻が必要なのだろう。 「祭で必要なのです」と少女は言う。 「幸せの丸い貝が無いと、祭が台無しになってしまう」 その話に興味を持った私は祭のことを少女に問うたが、少女はよくわからないという。 親類が詳しいというので、頼み込んで家まで案内してもらった。 少女の家はまさに祭りの前日といった様子で、着くなりたくさんのご馳走で歓迎された。 酒が入っていたからだろう。 ろくに質問もせぬうちに私は眠ってしまった。 目を覚ますと、もう祭りは始まっていた。 少女はいない。 私は一番近くにいた人に話し掛ける。 「幸せの丸い貝は見つかったのですか」 「ああ、もうここにあるよ」 やがて祭りは佳境に入り、私は幸せの丸い貝がどんなものなのか理解した。 ああ、それにしても奇妙な風習じゃないか。 ヒント この文章では、 「幸せの丸い貝」の正体が重要です。 「幸せの丸い貝」の 漢字部分に注目してみましょう。 少女が探していたものは、 生贄だったのです。 主人公は沢山のご馳走で太らされて、さらにお酒で眠らされてしまったのでしょう。 もしくは、睡眠薬でも入っていたのでしょうか。 「食べる人もいる」と少女が言っていることから、この後、食人鬼のパーティでも始まるんですかね。 主人公は新しいメールアドレスを友人に一括送信します。 車内に 2つ着信音、恐らくAとCの携帯電話のものでしょう。 ところで、 Cは何をしているんでしたっけ? 解説 自慢の新しい彼女と携帯電話で通話しているC。 と思いきや、主人公が新しいメールアドレスのお知らせを送信した後、2つの携帯電話の着信音がなりました。 Cは新しい彼女と通話などしていなかったのです。 新しい彼女は、ただの見栄のための嘘なのか、それとも・・・ 憧れの一人暮らし 本文 反対していた両親を押し切って、今日から一人暮らし。 一人で起き、朝食を食べ、ゴミを出して支度を整えた。 憧れの一人暮らしを実現できたことで私は満ち足りていた。 家に鍵をかけ、毎朝花に水をやっている近所のお婆さんに挨拶をして、私は学校に向かった ヒント 今日から一人暮らしを始めた主人公。 しかし、 近所のお婆さんが毎日花に水をやっているという事実を認識しているようです。 どういうことでしょうか。 解説 主人公は、 両親をその手であやめています。 まとめ こんな仕掛けがある文章、私もかけるようになってみたいものです。

次の