おじいちゃん に なる カメラ。 「おじいちゃんのノート」注文殺到 孫のツイッター、奇跡生んだ偶然

おじいちゃん・おばあちゃん大喜び! 簡単にお孫さんの写真を送る方法

おじいちゃん に なる カメラ

お孫さんの写真を送る4つの方法 スマートフォンを使用するあなたから、おじいちゃん・おばあちゃんにお孫さんの写真を送る方法は、大きく分けて次の6つです。 ここからは、その具体的な方法について、一つひとつ見ていきましょう。 1-1. 写真をデータで送る によると、60~79歳の男女によって一番利用されているサービスは「メール」が85. 1%とのことです。 例え距離が離れていても、簡単に写真データの送受信が可能なメールは便利ですよね。 お孫さんの写真をデータで送る際には、おじいちゃん・おばあちゃんが普が使用する携帯電話によって送信方法が異なってきます。 時間やタイミングを配慮し受け取り側の状況を考えて、写真データを送りましょう。 スマホからガラケーのキャリアメールにそのまま写真を送付すると、写真データが大きすぎて送れなくなります。 ガラケーの場合、送受信できるサイズが2MB以内。 送信する写真を受信サイズに合わせて縮小して送る必要があります。 なおガラケーの場合、スマホのようなパケット通信の定額サービスに加入していないため、大きなサイズの写真を受信すると、高額な受信料が必要になる可能性があります()。 ガラケー所有者のおじいちゃん・おばあちゃんをびっくりさせないためにも、あまり大きな写真を頻繁に送らないよう気を付けましょう。 お孫さんの写真が大量にある場合 お孫さんの写真が大量にある場合は、スマホの内蔵メモリやメモリカードがいっぱいになってしまう恐れがあります。 パソコンがある場合は、スマホとパソコンを接続して写真データを移動させるか、データをメモリカードに移動させる方法がありますが、スマホのみの場合は「Googleフォト」(IOS/Android対応)に移動させたあとスマホから削除する方法があります。 「Googleフォト」は、容量無制限で写真や動画を保存できる無料アプリ。 、顔認証でお孫さんの写真だけを見ることができるのがうれしいですね。 らくらくスマートフォンがおすすめ おじいちゃん・おばあちゃんがスマートフォンをお持ちでない場合は、docomoの「」がおすすめです。 画面や文字が大きくて、操作も簡単。 初めてでも使いやすいスマホです。 もし操作方法で分からないことがあっても、専用ボタンを押すだけで無料の電話相談「らくらくホンセンター」につながりますので、親切に教えてくれますよ。 そんな便利ならくらくスマートフォンの中で、気軽に写真が楽しめる機能が「らくらく写真転送」です。 気軽に写真が楽しめる「」は、通信料0円でらくらくスマートフォンで撮影した写真や動画を簡単な操作でらくらくスマートフォン同士で簡単に転送することができます。 また「」を富士通コネクテッドテクノロジーズ製造のスマホやタブレットへダウンロードすれば、らくらくスマートフォンへの写真や動画への転送はもちろん、より大きな画面で写真や動画を楽しむことができます。 最近は自宅にインクジェットプリンタで出力することができるようになりましたが、高い品質を求めるのであれば写真屋でプリントを依頼することがおすすめです。 () iPhoneやAndoroidで撮影した写真は、大手カメラ店や家電量販店の店頭にあるセルフプリント機でプリントすることができます。 セルフプリント機から出ているケーブルをスマホに接続すれば、スマホ内の写真を読み込んでくれるので余計なアプリを入れたくない人にもおすすめ。 また、プリント手順がよく分からないという場合でも、近くにいるスタッフが説明してくれるので安心です。 Lサイズで 1枚30円~ (プリントアウト基本料 別途100円) () 最近では、大手コンビニエンスストアのネットプリントサービスを利用する方法もあります。 カメラやスマホの画像を、指定のアプリをダウンロードし、付属ケーブルをスマホに接続、写真を選んで転送すれば、コンビニのコピー機から簡単に印刷できます。 ローソン・ファミリーマート・セイコーマートでは「」、セブンイレブンでは「」という名称で使用するアプリも異なりますので、印刷前にチェックしておきましょう。 インターネットやスマホを通じて写真プリントを簡単に注文することができ、ご自宅まで郵送してくれるサービスです。 会社によっては即日配送してくれるところもあり、写真を早めに受領することができますが、ネットプリントサービスを行なう会社が多数あり、会社によっては仕上がりに差が出ることも。 こちらは写真プリントはもちろん、これからご紹介するフォトブックも安価で制作することができる会社をご紹介します。 1-3 フォトブックを送る フォトブックは、デジカメで撮影した写真がたくさんある場合、リーズナブルなお値段で簡単にオリジナル写真集を作成することができるサービスです。 パソコンをお持ちでない方は、スマホから入力操作できる仕様も。 値段や仕様などをよく比較検討して、依頼する会社を選びましょう。 こちらでは、スマホでも入力可能な会社をご紹介します。 1-4 お孫さんの写真でオリジナルグッズを送る デジカメで撮影した写真を使用して、オリジナルグッズを作成することもできます。 ここでは、完成度の高いオリジナルグッズを作ってくれる専門店をご紹介します。 記念日のプレゼントとして、おじいちゃん・おばあちゃんも喜ばれるはずです! 2. 機械オンチでインターネットが苦手な方へ「まごチャンネル」 おじいちゃん・おばあちゃんがどちらも機械オンチでインターネットが苦手だという場合は、スマホで撮影した写真や動画が、離れて暮らす実家のテレビで観ることができる「」がおすすめです。 インターネット環境がなくても、電源ケーブルとテレビ接続用ケーブルを2つつなぐだけの簡単操作で、お孫さんの写真や動画を観ることができます。 日本全国47都道府県、海外では10か国以上、あなたの家とおじいちゃん・おばあちゃんの住む実家が「まごチャンネル」でつながるのがうれしいですね。 プレゼントとして送るときは、梱包箱の上部へ6文字まで名前をいれていただくことができるので、お孫さんの名前が入ったプレゼントを受け取ったおじいちゃん・おばあちゃんは、喜びもひとしお! お値段は19,800円(2カ月分の月額料金込み)、月契約1,480円もしくは年契約15,000円(月額1,250円)とかかりますが、なかなか会うことが叶わないおじいちゃん・おばあちゃんにとってはとても幸せな時間になりそうです。 まとめ いかがでしたか? 最後に、今回の内容をまとめてみましょう。 ・おじいちゃん・おばあちゃんへの親孝行は「孫と会わせてあげること」 ・お孫さんの写真を送る方法は、大きく分けて4つ 写真をデータで送る スマホからガラケーへ送る…画像サイズが2MB以内。 写真を送ってあげることで、いつまでも心も体も明るく元気に暮らして欲しいですね! ユーザー数 180 万人超! 【シニア向けSNSサービス】 らくらくコミュニティを使ってみませんか?.

次の

おじいちゃんに贈るプレゼント特集。真心が伝わる、特別なギフトを選ぼう。

おじいちゃん に なる カメラ

働く人の所作は美しい。 見はじめたら止まりません。 ボーッと眺めていたら娘が上からドヤドヤ下りてきて「あ、すすめようと思ったらもう見てる!」と腰抜かして驚いてました。 こうして、遅まきながら、李子柒(Liziqi、リー・ズーチー)の映像世界が我が家にもタッチダウン…です。 天災、疫病、暴動と暗いニュース続きで、仕事も学校も社会も「この先どうなっちゃうんだろう」と不安に駆られる毎日だけど、四川の山間いの村には昔と変わらない静かな時が流れています。 朝日とともに起きてクルクル働き、、、、花、木の実、きのこ、旬野菜を採って、目にも彩な料理に仕上げ、おばあちゃんとともに食べる。 そんな暮らしを眺めていると「この100分の1も働いていないよ現代人。 まだまだやれることはあるのだな~」と励まされて心がシンと鎮まります。 李子柒さんは1990年生まれ。 幼いころ母親は家を出ていき、8歳のとき父親も亡くなり、継母にいじめられ、祖父母の田舎に引き取られました。 によると、家が貧しくて高1で休学して都会に働きに出た苦労人だそうです。 おじいちゃんが亡くなって、ひとり暮らしのおばあちゃんの世話のために2012年田舎に戻り、最初は淘宝(タオバオ) に出店して農作物を売ったのですが、作物紹介動画のほうが人気が出てビデオグラファーとして一本立ちして今にいたります。 最近はコロナ支援で制作は滞りがちですが、フォロワー数は今や化けもの級で、中国語圏はもとより海外でもじわじわ人気上昇中です。 :2529万人 :3780万人 :1070万人 :348万人 何はともあれ映像から見てみましょう。 最新作「じゃがいもの一生」。 ファ~!? Q:中国の昔の暮らしをテーマに選んだ理由は? A:自分が生まれ育った環境をそのまま表現しました。 今とはかけ離れた暮らしで、食べるもの、使うもの、着るものすべてが手づくりでした。 それってすごくないですか? だから短い動画に撮りためたんです。 身近なものから。 Q:結構こだわるほうですか? A:普段は割とアバウトな性格ですが、仕事のことになると異常にこだわるとよく言われます。 何度も何度も納得いくまで撮り直したり。 Q:「仙女」と呼ばれるのは正直どんな気持ち? A:うれしくないと言ったら嘘になります。 褒められてうれしくない人なんかいないですよね。 でもあまりにも何度も言われると、それはちょっと違うんじゃないかと。 だってこんなボロサンダル履いてるのに。 泥の精じゃないですかね(笑)。 こんなにベラベラよくしゃべる仙女も珍しいと思います。 Q:習得したくてできなかったこととかありますか? A:中国の伝統文化は本当に興味があって、ドキュメンタリーで見るたびに先人の知恵と技のすばらしさに打たれます。 時間があったらひとつずつ身につけていきたいですね。 こんなことここで話していいかわからないけど(声を潜めて)「怪功」って知ってます? 子どもの頃、おじが教えてくれたんです。 両脚に砂袋を括りつけて歩いたり走ったり生活して少しずつ重くしていくと、そのうちツバメみたいに空も飛べるんだよって。 今なら冗談ってわかるけど、そのときは本気でずっとやってましたね。 2回大人にしばかれてやめたけど。 Q:国際親善で最近マレーシアにも行かれたんですよね? A:王女さまが中国伝統文化のファンと聞いて、ちょうど2年前から撮ってきた「」の動画が仕上がったところだったので、撮影で使用した四宝を特別に差し上げただけです。 Q:過去の動画で使った食材はすべて自分の手で育てたものですか? A:山菜も混じっていますね。 畑にはまだ撮っていない野菜もたくさんあります。 月3~4本しか撮らないので全部入れるのはムリ。 普通に食べてますね。 [畑を早送りで案内。 「これも私が植えたのよ」と色とりどりの野菜と果樹を指差していく。 冬場ビニールハウスに移植する株、寒冷な土地に合わなくて実がならない熱帯種のマンゴー、アボカド、ドリアンなども。 しゃべりだすと止まらない。 撮影班にトマトをもぎとってくれた] Q:今の暮らしは楽しいですか? A:半々かな。 撮影以外のときは本当に楽しいです。 いつも通りに気ままに野良仕事できるから。 それにおばあちゃんの面倒も見れるし。 でも撮影も仕事なので。 テーマを決めるのは意外と簡単です。 田舎暮らしは素材に事欠きませんからね。 ただ撮り方、構図、シーンの展開は悩むし、時間もかかります。 撮影後の編集も自力なので。 暮らしと撮影は別々に分けて考えていますね。 Q:生活スキルが半端ないと絶賛の嵐ですが、それも祖父母にちいさな頃から教わったことですか? A:「教え」というか、生活のためには必要なことでした。 おじいちゃんとおばあちゃんは暑い盛りにも一日中働いてます。 温かいご飯くらい用意しないと。 傍目には生活スキルでも、当人にとっては生き残っていくための本能です。 [午前3時に起床。 眠気を払って山に出る。 「大丈夫。 道は知り尽くしているから」とスタッフ2人を励まし、「あとでドローン飛ばして、あっちのアングルからも撮ってみようね」「日の出も押さえないと。 あと10分」とテキパキ作業をこなしていく。 泥を洗い流しながら「つぶ貝がいっぱい!」と驚く。 後日、つぶ貝はおいしい料理になって動画に登場する。 深夜1時まで動画編集] Q:今も動画編集は自分の手で? A:前は全部ひとり。 今はカメラマンが素材のアレンジを手伝ってくれるので、その後にトーンを整えて字幕をつけるメインの部分を自分が担当しています。 Q:全部カメラマンに頼まないのはなぜ? A:いつも言われます。 力量不足とかじゃ全然なくて、みんなプロなのですばらしいです。 ただ自分の作品という思いが強くて、口では細かいニュアンスが伝わらなくて。 コンテンツづくりに携わる人ならわかってくれると思います。 Q:「実はただの女優。 全部クルーがお膳立てしている」という疑惑の声もありました。 なぜ反論しなかったのですか? A:反論していいことなんて、あると思う? コンテンツはすべて自作という動画は初期段階に拡散しました。 カメラを何台かセットして行ったり来たりしている無編集の動画をうっかり出したこともあります。 それでも、そういう都合の悪いことは完全無視で「こんなの出して同情を買おうとしている」とか言われるんです。 ついていけないので反応するのはやめました。 言いたいように言わせておけばいい。 Q:ネガティブな反応をどう受け止めたんですか? A:疑われるたびに、ほめ言葉と思うようにしています。 Q:結婚は? A:今は考えていません。 運命は不思議なもの。 一生ともにする人だから急ぐ必要はないかなあと。 慌てて結婚しても毎日けんかするばかりで意味ないし、自然にまかせていきたいです。 Q:「どうせ金持ちの令嬢だろう」というネット民もいますが。 A:小学4年のときから何度か地元の新聞に載ったことがあります。 金持ちと正反対の理由で。 善意の寄付のおかげで学校に通い続けることができたんです。 それに金持ちの家に生まれていたら、こんなに身を粉にして働きませんよ。 Q:有名になってから恵まれない子どもたちの援助もしています。 それは自身の生い立ちと重なるから? A:かもしれません。 光のように温かく支えてくれる人が周りにいたからここまでこれたんです。 その子たちも大人になって周りの人を温かく照らす光になってくれれば。 Q:憧れの存在、モチベーションを与えてくれる人とネットでも大反響ですが、これだけの影響力を持つとは自分でも思っていましたか? A:思うわけないじゃない。 (木からビワをもいで)まあ、どうぞどうぞ。 お互い友だちや家族みたいな関係です。 励まして、温かく包むような。 ネットでいじめられたときにはコメントを読むんです。 みんな、自分の友だちで家族だと思ってます。 Q:動画はこれからも続けますか? A:先のことはわからないです。 社会が与えてくれたチャンス。 力の限り、有意義なことをやりたい。 Q:動画の盗用被害については? A:最初はあまり気にしていませんでした。 海外に中国文化が広まればそれで。 でも中国人なのに、ほかの国の人として紹介している動画まであって、それはさすがにアウト。 今度見たら著作権は絶対守ります。 Q:農村のリアルとかけ離れているという批判もありますが? A:物事にはなんでも良い面と悪い面があります。 都会には唸るほどお金のある人もいれば、何本も仕事をかけもちでやっと子どもの学費を稼いでいる人もいます。 田舎も一緒。 ただ改革41年で、昔に比べると暮らし向きは随分よくなりました。 家もきれいだし。 いくら貧しいと言っても、庭には花、草、野菜、果物もあります。 マクロで状況がいいなら、あとは自分の人生、自分の思うまま。 努力する意志があるかないかで決まります。 (後略) ひょえ~29歳とは思えない貫禄! あんな細い体なのに力持ちなのは努力してるからなんすね。 そういや筋トレサンドバッグ、むかし日本でも流行ったなあ…。 専門ショップでは、も飛ぶように売れてます。 買う気持ち、わかる~。 Tags :•

次の

『おじいちゃん』になったハムスター…? その姿に16万人が驚いた!(2020年6月4日)|BIGLOBEニュース

おじいちゃん に なる カメラ

防犯カメラについて質問です。 田舎のおじいちゃんの家に防犯カメラを設置したいのですが、 おじいちゃんが住む家にはネット環境がありますが、 少し離れた納屋と倉庫にカメラを設置したいのですが、そちらにはネット環境がなく、 家から無線LANの電波を飛ばしても納屋と倉庫には電波が届きません。 設置したい防犯カメラは、 夜間でも映像がハッキリ映る 録画出来る おじいちゃん、私、家族が離れていても携帯で映像がリアルタイムに確認出来る 簡単に設置出来る 屋外なので防水性のあるもの を探しています。 設置するにあたり、カメラ設置場所にネット環境が必要なのか、何がいるのか、教えて頂きたいです。 予算は10万円前後で考えています。 まず、 大前提として予算が限られている事がポイントとなってきます。 もっと豊富に予算があるなら高価な機材で対応できるでしょうが、 たった10万円ではできることに限度があります。 とりあえず、 そもそもネットが繋がっていないのだから リアルタイムで外出先から確認できるように というのは無理でしょう。 ネットがないのだから繋げようがないです。 無線で飛ばす方法がないわけではないですが、 無線LANが繋がらない距離と安定的に繋げられる機材は高価になります。 例えば無線LAN中継機を設置すればいくらでも無線で距離を稼げますが、 中継機の通信が不安定になりがちで しかも屋外となると雨等の影響も受けます。 中継機一つで10万円など飛んでいきます。 長いLANケーブルを直接繋げで 優先でカメラを設置するという方法が一つ現実的かと思います。 30m 位のケーブルでなんとかなるならいけるでしょうし、 途中にLANハブをかませれば電源さえあれば延長もできます。 ただし、ケーブルをどうやって通すか、 屋外に這わせる時はそれなりに雨対策なども必要になるので その点も考慮が必要です。 ケーブル1本で1万円、ハブをつかうならそれでだけで5000円といったところでしょうか。 カメラを何台設置するか、 カメラのグレードをいくら位にするかによりますが、 10万円の予算でやりくりできなくはないです。 ネットワークカメラさえあればパソコンの防犯カメラソフトをつかって 録画やネット接続、外出先からの確認を容易に実現できるので 無理に防犯カメラの録画装置を買う必要はないです。 その程度の事をするのに困らないパソコンは中古で3万円程度、 防犯カメラの録画装置は中国製の日本語が怪しい安物で5万円程度です。 おまけに安物はネット接続できても非常に怪しい挙動で実用的ではないです。 ネットワークカメラとはLANケーブルせ接続するもの全般をいいますが、 屋外用の防犯カメラ用途のものもあります。 ただし、 信用できるメーカーでマトモな画質、マトモのな暗所撮影能力となると 1台10~20万円はします。 それくらいでないと屋外でつかってるとすぐに故障するし、 暗所で撮影しても何も映りません。 新品で買うのは大変でしょうけど ヤフオク等で中古を探せば5000円くらいで買えます。 日本メーカーのカメラであれば 専用のパソコン用ソフトが日本語で公開されていることもあります。 その他の方法として、 何かあった時の事後確認さえできれば良いというのであれば 車用のドライブレコーダーでも事足ります。 電源を刺しっぱにしておけば勝手に録画され続けますし、 暗所でもそこそこ映ります。 耐久性と撮影能力を考えると1台1万円くらいのものがおすすめです。 ちなみに私は似たような状況で 上記の2つを稼働させています。 防犯カメラはPoEと言ってLANケーブルから電源を供給できるものをヤフオクで買いました。 倉庫から母屋まで15mほどです。 倉庫内で天井まで届かせるのに更に10mほど必要で、 母屋の中で一旦PoE対応のハブで電源を確保しつつ延長し 常時電源を入れているパソコンで録画しています。 パソコンへのアクセスはスマホからグーグルのリモートデスクトップを使って遠隔操作することで実現しています。 もう一つは駐車場の監視ように ドライブレコーダーを屋内に設置して 窓越しに撮影しています。 128GBのSDカードも安くなったので それで丸一日分の連続撮影も楽にできています。 夜間でも映像がはっきり映るようにしたいのであれば センサーライトで明かりを照らさないと厳しいですね。 防犯カメラ画素数は200万画素以上を選んでください。 赤外線対応でも明かりがないと白黒になります。 無線カメラの場合回線が安定してない 電波状況が悪いと録画されないことがあります。 有線タイプが安定してるのでおすすめです。 AHDカメラ、映像、電源ケーブルの2本 PoE LAN LANケーブルで映像と電源の働きをしてくれる の二種類から選んでください。 家から納屋と倉庫には地中にPF管を埋めてケーブルを通す。 1階に本体を設置するのであればエアコンの穴からケーブルを通す 方が見栄えもいいでしょう。 配線をビニル電線管に入れて外壁に固定する。 本体にLAN接続可能、購入前に外出先からも見れるか確認すること。 日本国内のサーバーを利用してる物にしたほうがいいでしょう。 購入前に確認してください。 どんな機種がいいかは、ちゃんとしたショップに相談した方がいいいです。 イイ加減にネットで選んで、結局写っていないと言うこともありますから! お話からすると、 屋外設置タイプ 防水 赤外線ライト付き 録画レコーダーにインターネット機能が付いている かく言う自分は機種はネットショップで相談して選んで、電気屋さんに職場の天井裏中にケーブルを引いて、屋内外の天井や壁に設置してもらいました。

次の