グーグルアドセンス ワードプレス 貼り方。 AFFINGER5(WING)アドセンス広告の貼り方

Googleアドセンスのやり方(始め方)と稼ぐ方法

グーグルアドセンス ワードプレス 貼り方

読みたい場所へジャンプ• ワードプレスブログ 私も 毎月安定的に収益をあげる事が出来ているブログをワードプレスで作成しています。 参考: 今まで使っていたブログサービスと違っていて、初めての事ばかりだと思います。 そんなときに起こってしまう問題が・・・ グーグルアドセンス広告の設置法がわからない! こんな問題ではないでしょうか? アドセンス広告は 広告コードを設置する必要があります。 広告コード すでに、アドセンスの申請で広告コードを使用している人が多いと思います。 通常、 グーグルアドセンスの広告を表示させる為には、 広告コードを本文の途中に入力する必要があります。 こんな感じです。 adsbygoogle []. 今回は、そんな方法を取らないでいい方法をご紹介します。 ワードプレスのプラグイン 「AdSense Manager」を使っていく方法です。 まず広告コードを取得しておく必要があります。 広告コードの取得方法はこちらの記事を参考にされてくださいね。 2019年1月22日【追記】 AdSense Managerのプラグインは2ページ目に表示されていますので、探してみてくださいね! インストール方法が分からない方はこちらを参考にされてくださいね。 下記の画面が出てくるので、先ほど 取得したアドセンス広告コードをコピーして貼付けます。 上記の 赤い枠内に広告コードを貼付け 貼り付け終わったら、 次の一文を足していきます。 コードの最初に「スポンサーリンク」を追加 スポンサーリンク 『Import』を選択 上記のように設定します。 Name : 好きな名前を英数字で入力 (例: co-1 など) Format : グーグルアドセンス広告のサイズ Display Options : アドセンス広告の表示場所 全て 「YES」としてください! ここで、 YES以外に設定しておくと、アドセンス広告が上手く表示されない事があります。 設定が完了したら、 『Save Changes』を選択 これで、設定は完了です! アドセンス広告の貼付け方法 実際の記事内に張りつけていく方法をご紹介します。 今回の例は、 先ほどのアドセンス広告の名前を 『co-1』と設定した場合です。 それ以外で設定した場合は、各自で設定した名前を入力下さい。 本文内に下記のように入力していくだけなんです。 とても簡単じゃないですか? このように入力すると、 プレビュー等で確認してみたら・・・ 見事に表示されていると思います。 もし表示されていないとしたら、 設定が上手くいっていない可能性があるので、再度確認下さいね。 設置する効果的な場所は? 私も実際に、アドセンス広告を設置している場所にはなるのですが、 1つ目:記事タイトル下もしくはmore下 2つ目:記事中 3つ目:記事下 アドセンス広告のクリック率をあげると言う意味では、 記事タイトルの上に設置した方が良い等と解説しているサイトもあると思います。 記事タイトル 上は止めてください! 記事タイトル上にアドセンス広告を設置したら広告の クリック率はあがるかもしれません。 【理由】 ブログの記事を見てくださる ユーザーの多くはスマホなどから見に来ます。 記事タイトル上に広告コードを設置しておくと、 本文を見る前に、スクロールで画面を動かさなければならず・・・ 広告をクリックしてしまう可能性が高くなるからです。 つまり、誤クリックを狙っているんです。 これは、ユーザーとしても嫌ですし、アドセンスの会社自体にも嫌われます。 ひどい場合は、ペナルティの対象になる可能性もあります。 何度も言っていますが、特化型ブログは運営していけば、 自然とみんなに愛されるブログを運営していく事が出来ます。 そういう意味でもクリック率は、 流行を追いかけるトレンドアフィリエイトブログ等よりも高く 通常2倍くらいになるので 小手先のテクニックに頼らなくても、 十分な収益を確保出来るので、安心してください。 見てくれるユーザーがいてこそのブログです。 ユーザーがいやがるような場所に広告を載せないように心がけながら運営していきましょう! は全ての記事に? はい! 全ての記事に記載していかなければなりません。 全ての記事に、 3個ずつ自分が思うユーザーの邪魔とならないと思われる場所に設置していってくださいね。 実際の長いアドセンス広告のコードをコピーして貼付けていく動作に比べたら格段に簡単です。 是非、AdSense Managerを導入して、アドセンス広告の運用をしていってください。

次の

アドセンス広告の貼り方(コクーン編)

グーグルアドセンス ワードプレス 貼り方

Googleアドセンスの審査にも通り、いざアドセンス広告を掲載しようと思ってもどうやってサイト内に貼ったらいいか分からない・・・ という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。 実際インターネット上で、貼り方が分からなくて苦労したという話もよく目にします。 サイトを収益化したくてアドセンスの審査に合格したのに、実際にサイトへの貼り方が分からなくては収益に繋がりませよね。 そこで今回は、Googleアドセンス広告の貼り方について詳しくお伝えしていきます。 また今回は当ブログで「ワードプレス」を使用しているため、ワードプレスへの貼り方を例にしながらご紹介していきます。 記事の内容としては、以下のような内容になります。 ブログ記事内に直接コードを貼る• PHPファイルに直接貼る• ウィジェットを使用する• プラグインを使用する• 自動広告を使用する それではそれぞれの貼り方をご説明していきます。 ブログ記事内に直接コードを貼る ワードプレスにGoogleアドセンス広告を貼る場合は、ブログ記事に内にコードをそのまま貼り付けてしまえば、貼り付けた場所にそのまま広告を表示することができます。 ワードプレスの記事投稿画面で、エディターを赤枠のように[テキスト]を選択して貼り付けてください。 正しいコードを貼り付けられていれば、記事本文内にアドセンス広告ユニットを作成した際の内容で、Googleアドセンス広告が表示されます。 記事内にアドセンス広告を貼る際は、記事本文内にそのままコードを貼れば表示することができます。 しかし上記の貼り方はあまりおすすめできる貼り方ではありません。 あとでアドセンス広告を消したいと思ったときや別のコードの広告に変えたい時などに、各記事ごとにコードを変更しなくてはいけないため、非常に手間がかかってしまいます。 PHPファイルに直接貼る ヘッダーやフッター、サイドバーにアドセンス広告を貼りたいときは、PHPファイルに直接コードを貼る方法があります。 ワードプレス管理画面で、[外観]>[テーマの編集]からPHPファイルを編集することができます。 設定しているワードプレスのテーマごとに、それぞれの箇所に対応したテーマファイルが用意されていますので、該当のファイルにアドセンスの広告コードを貼り付けます。 該当ファイルのコードを確認して、貼り付けたい箇所にコードを貼り付けないといけないため、コードが分からない人には少し難しい貼り方になるかもしれません。 またワードプレスのテーマファイルを編集する際は、ワードプレスの管理画面から編集するのではなく、コードをコピーしてテキストエディタなどで編集するようにしましょう。 誤った箇所を削除してしまったりすると、あとで復旧することが非常に難しくなってしまいます。 ウィジェットを使用する ワードプレスでは使用しているテーマごとに、「ウィジェット」と呼ばれるヘッダーやフッター、サイドバーの表示をカスタマイズできる機能があります。 デフォルトで編集できるエリアはテーマごとに違いますが、テーマファイルの[functions. php]を編集することで、エリアを追加することもできます。 管理画面から[外観]>[ウィジェット]を選択して、アドセンス広告を表示したいエリアのウィジェットにコードを貼り付けます。 当ブログのウィジェットには、以下のエリアが用意されています。 アドセンス広告を表示したいエリアに、[テキストウィジェット]を追加します。 対象のエリアにテキストウィジェットを追加して開くと、記事投稿時と同じテキストエディタが開きます。 記事内に直接コードを貼る時同様に、[テキスト]を選択してアドセンス広告のコードを貼り付けます。 コードを追加したら保存をクリックして、問題なくアドセンス広告が表示されているか確認をしましょう。 無事サイドバーにアドセンス広告が表示されました。 テーマによってはウィジェットが使えない場合もあるので、その点は注意しましょう。 またウィジェットの[タイトル]には、「スポンサーリンク」や「スポンサードリンク」、「広告」というタイトルを入力しましょう。 「おすすめ」など意図的にアドセンス広告のクリックを促すような文言は、アドセンスのポリシー違反に該当します。 ポリシー違反を犯してしまうと、広告の停止やアカウントの削除などの措置が取られる可能性があるので注意してください。 プラグインを使用する ワードプレスには、アドセンス広告を貼り付けるためのプラグインがいくつか存在します。 ここまでにご紹介した方法よりも、比較的簡単にアドセンス広告を貼ることができます。 ここまでの方法が難しくて分からないという人は、プラグインを使ってアドセンス広告を貼り付けることをおすすめします。 プラグインを追加する場合は、管理画面のプラグイン>新規追加から、「AdSense」と検索してみてください。 するといくつかのアドセンス用のプラグインが表示されると思いますので、好きなものを選んで使ってみましょう。 代表的なアドセンス広告を貼り付けるプラグインには、以下のようなものがあります。 Advanced Ads• Ad Inserter• Quick Adsense 当ブログでは「Advanced Ads」を使用して、アドセンス広告を貼り付けています。 「Advanced Ads」と「Ad Inserter」アドセンスを表示する位置を非常に細かく設定できますが、少し設定が複雑です。 それに対して、「Quick Adsense」は表示の位置は細かく設定できませんが、設定が非常に簡単で初心者の方でも簡単にアドセンス広告を貼り付けることができます。 アドセンス広告をどこに表示したいかによって、使用するプラグインを使い分けるといいでしょう。 自動広告を使用する 最後はアドセンスの自動広告を使用する貼り方です。 自動広告はGoogleアドセンス広告の機能で、1つのコードを貼り付けるだけで自動でアドセンス広告をサイトに表示してくれます。 表示する場所もサイトのデータを収集して自動で最適化してくれるので、手動で運用するよりも手間はかなり少なくなります。 自動広告を使用する場合は、まずアドセンス管理画面の[広告]>[サマリー]を開きます。 [サイトごと]のタブを選択して、自動広告を使用したいドメインの鉛筆マークをクリックします。 鉛筆マークをクリックすると、自動広告の設定プレビュー画面が開きます。 右側の[自動広告]のボタンをクリックして、自動広告をONにします。 するとプレビュー画面でどのような感じで自動広告が表示されるか確認できるようになります。 自動広告をONにしたら、右下の[Apply to site]をクリックしてください。 プレビュー設定画面では、更に細かい設定を行うことも可能です。 すでに手動でアドセンス広告を貼り付けている場合は、手動で貼り付けたアドセンス広告も含めて表示を最適化することができます。 最適化したい場合は、[既存の広告ユニットを最適化しますか?]をONにしてください。 [広告フォーマット]では、どの広告フォーマットで自動広告を表示するか設定することができます。 表示したくない広告フォーマットがある場合は、こちらでOFFに設定しておいてください。 次に[広告の読み込み]は、表示する広告の数を制御することができます。 アドセンス広告は、たくさん広告を表示すれば収益が増えるわけではありません。 表示されている広告が多い場合は、1クリックあたりの単価が低くなることが多いです。 また広告が多すぎる場合は、クリック率が低下することもあります。 単価が低すぎたり、クリック率が悪かったりする場合は、[広告の読み込み]から表示数を調節しましょう。 最後に[ページの除外]はサイト内で自動広告を表示したくないページを設定することができます。 何かしらの理由でアドセンス広告を表示したくないページがある場合は、URLを設定することで表示をOFFにすることができます。 ここまで設定ができたら、広告プレビュー画面内の[コードを取得]かサマリー画面の[コードを取得]をクリックして、自動広告用のコードを取得します。 取得したコードをテーマ編集からheadタグ内に貼り付けます。 貼り付けてから最大1時間ほどでサイト内にアドセンス広告が表示されるようになります。 自動広告に関しては、以下の記事で詳しく説明していますので、さらに知りたい方はぜひこちらの記事もご確認ください。 リード文下 ディスプレイ広告• 記事中 ディスプレイ広告• 記事下 関連コンテンツ 様々な広告フォーマットを使って配置を検証しましたが、3箇所にアドセンス広告を表示する配置が1番クリック率が高く、さらに1クリックあたりの単価も高くなりました。 一時期自動広告も使用していましたが、想定外の場所に表示されてしまうことがデメリットに感じたので、最終的に手動でコードを貼り付ける方法になりました。 サイトごとで適切なアドセンス広告の配置は異なると思いますが、もしクリック率がいまいち良くなかったりクリック単価も極端に低くかったりする場合は、今回ご紹介した配置を一度試してみてはいかがでしょうか。 Googleアドセンス広告をサイトに貼り付けるためには審査に合格していなければいけない• ワードプレスへのアドセンス広告貼り方はいくつか方法がある• 初心者の人には簡単に貼り付けられる「プラグイン」もしくは「自動広告」がおすすめ• アドセンス広告の貼り方でクリック率などに差が出るので、最適な配置を検証する必要がある Googleアドセンス広告は、自動で表示する広告を選んでくれるので、初心者の方でも収益化しやすい広告です。 初めてアドセンス広告を利用する方は貼り方もよく分からなくて、広告が表示できないという人もいらっしゃるかと思います。 せっかく審査に合格したのにアドセンス広告を貼り付けないのはもったいないので、ぜひ当記事を参考にして1日も早くアドセンス広告でサイトを収益化してくださいね!.

次の

グーグルアドセンスの広告の貼り方(WordPress編)

グーグルアドセンス ワードプレス 貼り方

2018年11月現在は、アドセンス2次審査は無くなっています。 しかし、 テスト広告コードの貼り付け場所はこの記事で確認することができますので、 『テスト広告コードの貼り付け場所がわからない!』 という人は、記事の通りにすすめていくと解決できます^^ 現在、私を含めプロヴィロガーを目指している多くの皆さんを悩ましている問題 アドセンス 2次審査長すぎる問題!! 現在、3週間待ちは当たり前。。。 さらには、1ヶ月待っても。。。 といった人たちも出てしまっている現状です。 どういった変化が 2次審査には起こっており、現在の考えれる対応はなんなのか!? HTMLでタグを探し、その直後に貼り付けます。 の対処方法は? 1ヶ月待っても 2次審査の 合格不合格の連絡がない。。。 読みたい場所へジャンプ• グーグルアドセンス審査 2018年はどう変わった? 一度消えて無くなった2次審査 2016年4月復活!! そして、月日は流れて・・・2016年10月 タグを探し、その直後に貼り付けます。 このような表記が、1次審査通過かどうかわからないまま、 現れ出しました。。。 アドセンスの広告コードの取得は不要!? つまり、下記の記事で私が特集していた【テスト広告用のコード取得】を行う必要がなくなったのです。 2018年 広告コードの貼り付ける場所は?? ここまで一気に変わってしまった 2016年10月 どうしたらいいの!!!!!???? また例のごとく、こんな状態です。。。 10月に変更が起こってしまい、「 タグを探し、その直後に貼り付けます。 」という指示は、どこまで必要なのか!? ヴィロガーも実際に試しました!! その結果、下記の結論に。。。 2016年10月末 今までのテスト広告コードの貼り付け方法で問題ない! ・・・正確には 問題なかったという表現があっていました。。。 白い空白の広告部分が出なくなった 今まではこのように現れていたテスト広告コードですが・・・ 確かめたくなって、クリックしてしまう人が続出 そのための対策かと思いますが、テスト広告専用のコードが作られたというのが今回の変更の背景にはあると思います。 現在は、テスト広告を貼り付けるとこんな風になります。 なのに・・・アドセンス様からのメールを見ると アカウントの有効化が完了するまでは、 空白の広告しか表示されませんのでご注意ください。 この表現が私のメール講座を読んでくださっっている3800人の ブログ運営者を混乱させました。。。 汗 安心してください!! 空白の広告は 現れなくてOKです!!というより現れません! 2次審査の貼り付け方が変更になった!?正しい方法は? こういった質問が、2016年10月から増えてきていました。 実際に、11月中、12月上旬には今までの方法で、しっかりとアドセンスグーグルアドセンスの2次審査に合格できていたんです。 この方法で 2017年3月現在も確実に合格者が現れています! そして、前述の通り、今までは この方法であって いたのですが・・・ 2017年1月から確実に変わった 2016年12月にグーグルアドセンスの2次審査を待っていた人でも 審査状況を確認しようとログインしてみると。。。 あれれれれーーーーー!!!! また、この画面が出ている!!! 改めて現れた HTMLでタグを探し、その直後に貼り付けます。 これで確信しました! アドセンスの2次審査のテストコードの貼り付け方法は、確実に変わりました。。。 審査 完了 お!!!簡単になったのでは!? そうではないので、ご注意ください。 今から、2パターンに分けて、対処方法をお伝えしますね^^ 1. 初めての広告コードの貼り付け 2. 審査待ちで「例の表記が現れた」対処方法 1. 初めての広告コードの貼り付け[Seesaaブログ] グーグルアドセンスの管理画面にログイン 下記の画面になっていることを確認します。 1週間ほどで 1次審査は完了します。 下記の画面が出てしまっている場合は、もうしばらくお待ちいただき、再度おためしください。 コードのコピーを選択 SeesaaブログでのHTMLの修正 ログインしたら、 「デザイン」を選択します。 HTMLコードを素人がいじるのは危険です。 だからこそ、私も今まで、過去の方法で2次審査通過用のコード貼り付けを推奨していました。 しかし、今回の変更によって、それはできなくなってしまいました。 なので、これは 緊急の処置としての作業だと思っていてくださいね^^ もう一度覚えておいていただきたいのですが、HTMLコードをいじる 変更 するときは 自己責任で、ブログが見えなくなってしまうこともある!!! それくらいの気持ちを持っておいてくださいね!! 今回は、安全な方法をとるのでご安心を!!! まずは、 バックアップ!!! 一番下にある 「バックアップをして保存」を選択 これをしておけば、 よほどのことがない限り復元可能なので、ご安心を! <head>タグのすぐあとにテスト広告コードを貼り付ける タグをついに見つけた!!! 画像にあるというのがヘッドタグです!! グーグルアドセンスからの 1個目の指令「タグを探し」 クリアーです!!? という 文字の横をクリック? グーグルアドセンスの 広告コードを貼り付けします。 ブログのトップページを開く 2. 空白部分を 右クリックし、「ページのソースを表示」を選択 3. そして、表示されない状態が正常ですので、ご安心ください。 審査待ちで「表記が現れた」対処方法 2018年11月現在は、下記の表記は表示されませんので飛ばしてしまって結構です^^ 今まで、1ヶ月以上アドセンス申請を待たされていたのに。。。 グーグルアドセンスの管理画面に入ったら 下記の表記が出ていた!? そんな場合は、 今まで説明させていただいた初めての方の方法で設定をお願いします。 再度の設定を完了したら問題なく、 2次審査が再スタートするかと思います。 しかし、こういう状況の方もいらっしゃるかと思います。 アドセンスにログイン もう一度コードを取得!! これで無事に、2次審査用の広告コードを取得できました! その後は、 初めての方の方法で設定をお願いします。 【2018年最新】ワードプレスでの広告コードの貼り付け方法 基本的にSeesaaブログで行っている方が多いかと思いますが、ワードプレスで既に行っている方のために記載します。 ワードプレスのダッシュボードに行きます。 事実、こんな状態です。 2017年1月10日にアドセンス登録 4時間ほどで、(1次審査)合格!! 2017年現在でも下記のメールあり 空白の広告しか表示されません。 や テスト目的であってもクリックしないでください。 そして2018年11月現在は、これまでのような変更を経て、今の状況に落ち着きました。 しかし、2019年以降もなにかしら変更される可能性もある かもしれません。 2018年現在は空白の広告などは出ない そんな状態にもかかわらず。。 さらに。。。 審査が最大で3日間。。。!? 1ヶ月待っても応答がないこともある!? そんな状態であってもです。。。 これが示すことはいかに、グーグルアドセンスの申請者が多く、 アドセンス側の対応が追いついていないかがわかります。 さずがに2018年11月現在は、ずいぶん審査合否の連絡は早くなってきましたが、 その分アドセンス審査のハードルも上がっています。 これまで、ものすごい勢いで、 状況が変わってきました。 私も含めてですが、ネットでのアドセンス合格の情報は古くなってしまっているものもあるので、注意が必要ですね!! 最新情報などを常に発信していけるように、心がけています。 最新情報を見逃したくない!! そんな人は是非 メルマガ登録もされてくださいね^^b 今回の広告コードの貼り付けで、 アドセンス審査の準備は完了です!! ひとまず、本当にお疲れ様でした!! アドセンス審査待ちの間の対応 この後は、アドセンス審査の結果を待っていくのですが、その間も 記事の更新は止めないようにしましょう! 基本的には、 3日に1記事くらいの頻度で更新を続けていってくださいね! 最低でも5日に1記事くらいは更新していったほうがいいですね^^ 理由は、30記事などで申請して、申請した日から更新が止まっていると・・・ アドセンス申請のためだけのブログだろ!! ということが明らさまだからです。 その点も気をつけて更新を続けていってくださいね。

次の