離乳食 豆腐 冷凍。 「高野豆腐」の離乳食、最初はすりおろして!簡単、便利、高栄養な時期別レシピや冷凍テクも

離乳食初期の豆腐|いつから?選び方、調理法、冷凍方法におすすめレシピも|cozre[コズレ]子育てマガジン

離乳食 豆腐 冷凍

こんにちは。 離乳食インストラクターの中田馨です。 今日は、タンパク質、カルシウム、鉄分など豊富で、離乳食メニューにぜひ取り入れてしてほしい高野豆腐。 高野豆腐は乾物ですので、長期間保存でき「あ、そうだ!高野豆腐があったんだった!」と便利に使うことができます。 今日はそんな高野豆腐を離乳食に使う時のポイントとレシピを紹介します。 高野豆腐はいつから食べていいの? 離乳食初期後半~中期はすりおろして 高野豆腐は、 初期から食べられますが、2回食に進む、初期の後半から食べるのが良いでしょう。 高野豆腐を使う時、最初は乾物のまますりおろします。 ただ、少し舌触りがざらざらしているので、高野豆腐を本格的に使うのは離乳食中期からがおすすめです。 離乳食中期に使う時も、 おろし金ですりおろしてから調理に使用します。 すりおろした高野豆腐を水分と一緒に煮ると、ほんのりとろみがついて、離乳食を食べやすくしてくれます。 後期以降は小さく刻んで 離乳食後期以降は、水で戻してから小さく刻んで使用します。 しっかりと水を切ってから煮汁にいれることで、味がしみこみやすくなります。 高野豆腐は水につけるだけでやわらかくなりますが、 必ず加熱して使いましょう。 豆腐とは違い 舌触りが気になることもあるので、 やわらかく煮て食べるようにします。 アレルギーは? 高野豆腐の成分は、豆腐と同じ大豆なので、大豆アレルギーの場合は 注意が必要です。 離乳食に使う量 見慣れた手のひらサイズくらいの高野豆腐が、乾燥した状態で1枚15~17gです。 高野豆腐は水分を含むとふくらみます。 高野豆腐の下ごしらえ、調理法について 下ごしらえ 高野豆腐 を水で浸して レンジで2分加熱すると早く戻りますが、 最近の高野豆腐は 水で戻さなくても 使えるものも多いので 、どちらのタイプかチェックしてから購入しましょう。 調理法 水で戻さなくても使える場合は、出汁でそのまま 野菜と一緒に煮られるので、簡単に調理が 出来 ます。 ただし その場合 は、 水分をたくさん吸うので 出汁を多めに調節します。 高野豆腐は、乾燥の まま すりおろ して出汁で 加熱すると、ふわふわに仕上がります。 すりおろした高野豆腐を使った離乳食レシピ 【中期】高野豆腐とにんじんのスープ <材料> 高野豆腐 5g にんじん 15g キャベツ 5g かつお昆布だし 150ml <作り方> ・高野豆腐は、乾物のままおろし金ですりおろす ・にんじん、キャベツを煮やすい大きさに切る 1. 1を取り出してみじん切りにする 3. 2を鍋に戻して、高野豆腐鵜を入れて弱火で煮る 【中期】高野豆腐のふわふわおかゆ 2. 溶いた卵にくぐらせます。 フライパンのバターが溶けたら焼きます。 両面に焼き色がついたらできあがり。 5ml <作り方> ・高野豆腐を水で戻して1㎝角に切る ・キャベツは1㎝角に切る ・しいたけは5㎜に切る 1,かつお昆布だしで、高野豆腐、キャベツ、しいたけを弱火でゆっくり煮る 2,鶏ひき肉を加えてしっかり火を通す 3. しょう油を入れて卵でとじる 手づかみ食べおやつに最適なレシピ 【完了期】高野豆腐バー 栄養豊富な高野豆腐をおやつに変身させてみました!つけて焼くだけの簡単レシピです。 牛乳ときび砂糖を合わせる 2. 1に高野豆腐を5分つけ込む 3. 食べやすい大きさに切る 4. トースターに鉄板、クッキングシートを敷き180度で10分焼く 電子レンジで簡単!高野豆腐を使った離乳食レシピ 【後期】 高野豆腐とじゃがいもの煮物 高野豆腐とじゃがいもなので食べやすいレシピです。 5ml <作り方> ・高野豆腐を水で戻して5㎜角に切る ・じゃがいもは皮をむいて5㎜角に切る ・乾燥ひじきは水で戻して5㎜に切る 1. フリーザーバックなどに入れておき、使うときに1回分を取り出せるので便利です。 高野豆腐は、普段はあまり使わない食材のひとつかもしれませんが、離乳食で使うことをきっかけに、大人も高野豆腐レシピにチャレンジしてみてくださいね! 中田 馨(なかた かおり) 一般社団法人 離乳食インストラクター協会代表理事。 中田家庭保育所施設長。 現在13歳の息子の離乳食につまづき、離乳食を学び始める。 「赤ちゃんもママも50点を目標」をモットーに、20年の保育士としての経験を生かしながら赤ちゃんとママに寄り添う、和食を大切にした「和の離乳食」を伝えている。 保育、講演、執筆などの分野で活動中。 自身が開催する離乳食インストラクター協会2級・1級・養成講座はこれまで2500人が受講。

次の

赤ちゃんの離乳食で高野豆腐はいつから?すりおろしから手づかみにもおすすめ!冷凍保存も紹介!

離乳食 豆腐 冷凍

離乳食初期の離乳食スケジュールの例を載せていますので、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。 水分が多く、低カロリーなのも有名ですね。 お豆腐には、筋肉や臓器などをつくる タンパク質や、ビタミンE、カルシウム、マグネシウム、鉄分、カリウムなどミネラル分も豊富に含まれています。 豆腐は、「畑の肉」と呼ばれるほど、良質なタンパク質を兼ね備えています。 健康な体作りには欠かすことの出来ない食材となっています。 また、お豆腐そのものが柔らかいので赤ちゃんも食べやすく、離乳食での下ごしらえも手軽でママも離乳食に取り入れやすい食材ですね。 消化も良いので、離乳食にはとってもおすすめの食材です。 離乳食の豆腐の選び方 国産丸大豆を100%使用しており、遺伝子組み換えでない物を選ぶ まず、豆腐を選ぶ時に注意することは、原材料である大豆に注目しましょう。 やはり口に入れるものでありますので、安心できるものを使いたいです。 外国産の大豆は安いですが、薬剤や添加物がたくさん使われている可能性があります。 原産国や添加物は商品袋の裏側に記載されていますので、確認してみてください。 また、大豆には、樹脂大豆が使われいるものがありますが、この大豆は、 製造過程での高温の影響でたんぱく質が変質している場合があります。 大豆は、オーガニックな丸大豆をお使い頂くことをおすすめします。 また、最近では遺伝子組み換えの大豆やトウモロコシがありますが、まだまだ未知な点も多く、どんな悪影響がでるかもわかりません。 ですから、遺伝子組み換え食材ではなく、信頼できる自然栽培のものをチョイスしましょう。 スポンサーリンク 離乳食初期のお豆腐の食べさせ方や与え方 大人はお豆腐を生でも食べますが、赤ちゃんの場合はどうでしょうか?基本的に生でも食べられる食材でも、 離乳食初期の場合は加熱してから食べさせます。 赤ちゃんは消化器官がまだまだ未熟で、菌への抵抗力も弱いので、湯通しなどをして、必ず加熱し、殺菌してから食べさせてあげましょう。 加熱のやり方は、この後に説明しています。 初めてお豆腐を食べさせる時 お豆腐は「大豆」を原料とした食べ物です。 大豆はアレルギー品目に含まれている食べ物なので、アレルギー反応が出やすい食材でもあります。 こうしたアレルギー反応の出やすい食材を食べさせる時は、食べた後の赤ちゃんの皮膚の状態や機嫌、うんちの状態をしっかりと確認してあげましょう。 初めて赤ちゃんにお豆腐を食べさせる時は、 小さじ1杯だけを午前中に食べさせてあげましょう。 食べさせてあげる量と時間は必ず守るようにしましょう。 離乳食に向いているのは木綿豆腐?絹豆腐? お豆腐には種類がありますが、 離乳食初期に向いているのは「絹豆腐」です。 絹豆腐は滑らかなので赤ちゃんも食べやすく、裏ごしもしやすいのでおすすめです。 9ヶ月以降の離乳食でお豆腐を使う場合、炒め物ではお豆腐が崩れやすいので「木綿豆腐」がおすすめです。 時期別 離乳食のお豆腐の増やし方と目安量(適量) 時期に合わせた、豆腐の適正量を紹介します。 ただし、摂取量には、個人差がありますので、お子さんの食べる様子をみながら、量の調整をして下さい。 離乳食初期(生後5ヶ月~6ヶ月)の豆腐の目安量(適量) 離乳食後期の豆腐の目安量 1回あたり 50~60g この時期から、腸の働きや消化器官もしっかりとしてくるため、生の豆腐にも挑戦してみてもよいでしょう。 ただし、下痢になったり、本人が嫌がったりするようであれば、中止して様子を見ましょう。 無理に与える必要はありません。 すこしずつ与えるようにしましょう。 離乳食での豆腐の加熱方法と加熱時間 豆腐はどうやって、加熱を行うか?また、いつまで加熱するのか?この疑問についてお答えします。 鍋でお豆腐を加熱する方法と加熱時間 絹豆腐は崩れやすいので、鍋を使って加熱する場合は味噌漉しに入れて、そのまま茹でるとバラバラになっても取り出しやすくて便利です。 長く茹でる必要はありません。 小さじ1杯分程度なら、 沸騰した湯にお豆腐を入れて30秒~40秒程度で良いでしょう。 電子レンジでお豆腐を加熱する方法と加熱時間 耐熱容器に 軽く潰したお豆腐を入れて加熱します。 大さじ1杯分で10秒(600w)が目安なので、小さじ1杯の場合は様子を見ながら調整して加熱しましょう。 豆腐を加熱して水分が出た場合、裏ごしした後にその水分も加えて一緒に食べさせてあげると良いです。 カルシウムなどの成分も含まれているので捨てずに食べさせてあげましょう。 加熱したお豆腐は裏ごしをすることで、より滑らかになり赤ちゃんも食べやすくなります。 すり潰すよりも 裏ごしをおすすめします。 また、 お豆腐を赤ちゃんに食べさせる場合は、新鮮なお豆腐を食べさせてあげましょう。 特に離乳食の初期は当日、または前日に買ったお豆腐を使用するのが良いでしょう。 離乳食の豆腐はいつまで加熱?いつから生(非加熱)で食べれるの? 離乳食初期は豆腐に熱を加えることで、殺菌効果があります。 熱を加えることで菌を死滅させたりアレルゲンを抑えることができます。 それでは、いったい、いつまで茹でたり、湯通しをして殺菌する必要があるのでしょうか? また、生の豆腐はいつから食べることができるのでしょうか。 基本的には、湯通しした豆腐や温めたものをオススメしていますが、生豆腐が悪いというわけではありません。 ただし、豆腐は生ものなので、痛むことを考えて食べさせてあげる必要があります。 赤ちゃんは、お腹が弱いため、細菌が付着しやすい、まな板で豆腐をカットすることはやめた方がいいでしょう。 もし、生豆腐を与えたいのであれば、小分けしたパックから出したものをすぐに与えるようにすれば問題はないと思います。 つまり、新鮮なものを衛生的に与えれば害はありません。 しかし、離乳食を始めたばかりというのは、なるべく衛生的でお腹に優しい物を与えたいと思うでしょうから、そう意味では、湯通ししたり、火を通した方ががよいのかもしれません。 では、一般的には、 いつ頃から生の豆腐を与えているかというと、 離乳食の後期と完了期に入ってからが多いとされています。 後期くらいになると食べっぷりもしっかりとしてきますので、それほど神経質になる必要はないでしょう。 離乳食初期のお豆腐の冷凍保存期間と保存の仕方 お豆腐を冷凍した場合の保存期間はいつまで お豆腐は凍らせて保存をして離乳食に使うことが出来ます。 冷凍保存期間はお豆腐を冷凍保存をしてから 1週間以内に使い切るようにしましょう。 お豆腐の冷凍方法1 1.冷凍するお豆腐をキッチンペーパーで包んでお皿に乗せ、お豆腐の上に重し用のお皿を乗せておいて水気を切ります。 2.水気を切った豆腐を荒く潰します。 3.2のお豆腐をフライパンで炒って、粗熱が取れるまで冷ましておきます。 4.1回分(生後5ヶ月~6ヶ月は20g)に小分けして冷凍保存します。 お豆腐の冷凍方法2 1.冷凍するお豆腐をキッチンペーパーで包んでお皿に乗せ、お豆腐の上に重し用のお皿を乗せておいて水気を切ります。 2.1回分(生後5ヶ月~6ヶ月は20g)に小分けして冷凍保存します。 なるべく早く使い切るようにします。 加熱せずに冷凍したお豆腐を離乳食で使用する際は、使用前に加熱調理をしてから食べさせてあげましょう。 離乳食の豆腐を「裏ごし」して冷凍保存できる? 豆腐を裏ごしして、冷凍保存することは可能ですが、豆腐が硬くなるのでオススメはできません。 豆腐はツルンとなめらかな食感が魅力でありますので、面倒でも、使う度に裏ごしをして与える方がいいと思います。 やってみると、わかりますが、裏ごし冷凍した豆腐を解凍すると、水分がなくなり高野豆腐のような食感になります。 離乳食の豆腐を冷凍保存したら変色するのはどうして?食べれるの? 豆腐を冷凍すると黄色く変色することがあります。 色が悪くなり食べられるか心配になると思います。 豆腐が黄色くなってしまう理由は、豆腐を冷凍すると、豆腐の中に含まれる水分が凍ります。 この時に豆腐は、大豆成分と凍った水分とに分離します。 そして、この状態で解凍すると、水分だけ溶けて外へ流れ出してしまいます。 これにより、大豆本来の色である黄色が出やすくなったり、食感がパサパサしたりします。 要するに、変色の黄色は、きな粉の色みたいなものですね。 つまり食べて体に害があるというものではありません。 また、こうやって作られるのが、「高野豆腐」でありますから、むしろ体に良いと言えるのではないでしょうか。 とはいっても、なめらかな食感はある程度、損なわれてしまいます。 離乳食の「木綿豆腐」はいつから食べれるの? 離乳食には、絹ごし豆腐が向いていますが、木綿豆腐も食べさせたお母さんもいると思います。 しかし、すこし固い印象がある木綿豆腐はいつ頃から食べられるのでしょうか? 木綿豆腐は、作り方が違うだけで、成分は絹ごし豆腐と同じです。 そのため、食べられないわけでありませんが、木綿豆腐は水分が少ないため、パサパサしておりのど越しが悪いという特徴があります。 赤ちゃんにとっては、食べにくかったり、のどにつかえる原因にもなりますので、モグモグが未熟な離乳食初期や中期にはおすすめできません。 やはり、食べもしっかりとしてくる1歳以降がいいと思います。 最初は、一口サイズに小さくカットしたものを与えて見ましょう。 本人が食べやすいサイズにして与えて下さい。 慣れてくれば、スプーンなどですくわせて食べさせてあげましょう。 スポンサーリンク 離乳食における「豆腐アレルギー」の症状と注意点 豆腐の原材料は、「大豆」です。 ご存じの方も多いとは思いますが、大豆は、「アレルギーが出やすい27品目」に含まれる食品です。 また、大豆はアレルギー症状が強い部類の食品になるため、赤ちゃんが初めて口にする場合は、特に注意が必要です。 「豆腐アレルギー」の症状 赤ちゃんに起こる豆腐アレルギーはどのような症状が現れるのでしょうか?豆腐によるアレルギー症状は口腔アレルギーと呼ばれるものです。 主に口の周りが赤く腫れあがったり、口の中に痛みを感じたりします。 また、症状が重くなると、全身に蕁麻疹がでることもあります。 しかし、赤ちゃんの場合には自分から意思を伝えることができないので、豆腐を摂取して急に不機嫌になったり、口元を気にするようならアレルギーを疑った方が良いかもしれません。 また、中には、嘔吐や吐き気や湿疹などの重篤症状があらわれるケースもあり、こういった症状からアラフィラキシーショックを引き起こすこともありますので、おかしいと感じたら早めに通院(皮膚科、小児科)、場合によっては救急車を呼びましょう。 「豆腐アレルギー」の注意点 始めて、とうふを与える時は、小さじ1杯のごく少量を与えて、異常がないか様子を観察しましょう。 食べた直後ではなく、しばらくたってから、アレルギー症状があらわれることもありますので、数時間は様子を観察した方がいいでしょう。 赤ちゃんによっては、豆腐を食べて数日経ってからアレルギー症状が出る場合もあるそうです。 豆腐アレルギーが気になる人は、病院で「パッチテスト」などでアレルギーの有無を調べてもらうことが可能です。 パッチテストは、採決を必要としない検査方法ですので、赤ちゃんへの負担も少なくおすすめです。 離乳食の豆腐を「嫌がる、食べてくれない」時の対処法 比較的に、好きな子が多い豆腐ですが、中には嫌がったり、食べてくれないケースもあります。 そんなとき、どうすればいいか困ってしまいますよね? そんなときは、以下の点に注目してみてください。 離乳食1ヶ月目は色々な食べものに慣れる時期 離乳食1ヶ月目というのは、赤ちゃんにとっては、全てが初めてです。 そのため、防衛本能や反射が働いて、口から吐き出してしまうことも少なくありません。 誰だってそうだと思いますが、初めて口にするものは警戒感が働きますよね?食べて変な味がしたら吐き出してしまうこともありますよね? それは赤ちゃんにとっても同じです。 最初は、慣れることが大切です。 1度2度吐き出しても、根気よく与えてみましょう。 今日がダメでも明日、明後日与えて見ましょう。 そうすると、大抵の場合、すこしずつ食べれるようになります。 赤ちゃんの目の前でママが食べる姿を見せるのもいいでしょう。 食べる姿を見せることで警戒が溶けたり、その食べ物に興味を示すきっかけになることもあります。 ただし、アレルギー症状がないかどうかはかならず確認をしましょう。 赤ちゃんがアレルギーで嫌がる場合もありますので注意が必要です。 温めて与えてみる 火を通しても、食べる頃には冷たくなってしまい冷えた豆腐を嫌って食べないこともあります。 豆腐が冷たいなと感じたら温めた豆腐を与えてみてください。 豆腐の種類を変えてみる 豆腐嫌いな子でも、豆腐の種類を変えることで食べらるようになった子もいます。 特に、豆腐の種類によっては、「にがり」が強いものがあり、そのにがみ成分を嫌って豆腐を食べない場合もあります。 そんなときは、一度、種類の違う豆腐を与えてみるのもいいでしょう。 豆腐をほかのものと合えて与えてみる 豆腐単体では、食べないけど、ほかの食材と混ぜたら食べられるようになったというケースもよくあります。 豆腐は、わりと何でも合う食品ですので、食べない時は、ほかのおかずと混ぜて与えてみてもいいと思います。 食べないからといって「豆腐に味付けはしない」 たまに、あるのが、「豆腐を食べないので味付けを濃くした」というケースです。 これは、やめましょう。 離乳食初期に味付けは必要ありません。 塩分の取り過ぎになりますので、味付けをするのはやめましょう。 2.絹豆腐を軽く潰して味噌漉しに入れて茹で、裏ごしまたはすり潰しておく。 3.器に下処理をした豆腐とじゃが芋を入れて混ぜ合わせ、お好みですりごまをかける。 まとめ 離乳食において「お豆腐」は完了期まで様々な料理に使える万能食材です。 実際、私も完了期まで何度もお豆腐料理を子どもに食べさせました! 栄養面でも、カルシウムや食物繊維、植物性のタンパク質などが含まれているので助かりますね。 この記事では「絹豆腐」をおすすめしてご紹介しましたが、「木綿豆腐」を食べさせてあげても問題はありません。

次の

離乳食のハンバーグ、簡単おすすめレシピ!野菜や豆腐入り、冷凍保存方法も|cozre[コズレ]子育てマガジン

離乳食 豆腐 冷凍

冷凍に不向きな食材• じゃがいも• レタス• きゅうり• マヨネーズ など 離乳食でよく使われる食材の中には、冷凍できないものもありますが、加熱調理後であれば冷凍できます。 ただしじゃがいもは茹でて潰せば冷凍できますし、。 離乳食の4つの冷凍方法!保存容器ごとのやり方や注意点 まずは離乳食の冷凍保存方法を、使用する4種類の容器ごとにみていきましょう。 同じ冷凍でも容器によって注意点が異なります。 知らずに冷凍するとせっかくまとめて冷凍したのに、1度で全部を解凍して食べなければならない羽目になることもあるので気を付けて! 製氷皿での離乳食の冷凍方法!1ブロックの量を計って同じにすると便利 少量のドロドロ離乳食を小分けにして冷凍できる製氷皿は、離乳食初期によく使われる冷凍容器ですが、フタなしの製氷皿で保存する場合はラップでしっかりと密閉し、冷凍保存袋に入れて保存してください。 が、ワンブロックを1匙分ずつにしたり、1ブロックにお粥何グラム、スープ何ccなどと量が分かるように計ったりして冷凍すると使いやすくなります。 製氷皿での離乳食の冷凍例• 離乳食初期のお粥• 離乳食初期の茹でてすりつぶしたうどんやそうめん• 離乳食用のだし汁や野菜スープ 製氷皿のままだと冷凍庫内がかさばるため、完全に凍った中身を取り出して冷凍用ジッパー付き袋に入れ替えて保存すると、省スペースで色々な種類の離乳食を冷凍できます。 フタ付き保存容器での離乳食の冷凍方法!1食分ずつ小分けにする 離乳食が中期や後期に進み赤ちゃんが1回に食べる量が増えてくると、フタ付き保存容器が離乳食の冷凍に活躍してくれます。 フタ付き保存容器なら、そのままレンジで解凍できるのでとても便利。 お弁当箱にもなるタイプなら、解凍してそのまま持っていくこともできます。 フタ付き保存容器皿での離乳食の冷凍例• 離乳食中期以降のお粥や軟飯• 茹たうどんやそうめん、スパゲティ、マカロニ• 完成した肉団子やハンバーグ、ミートソース• 角切りかぼちゃやサツマイモ、ブロッコリーなどを数種類混ぜたもの ただし保存容器のフタは種類によって電子レンジにかけられない商品もあるため、その場合はフタを外して加熱しましょう。 フリーザーバッグでの冷凍方法!菜箸で1回分ずつ筋をつける ジャガイモやサツマイモなどのペーストやは、食品の冷凍保存に適したスーパーなどで販売しているフリーザーバッグに入れて冷凍しましょう。 袋に入れたら平らに伸ばし、1回に使う分ずつ箸で筋を付けておくと、解凍する時にポキポキ手で折って使えるので便利です。 フリーザーバッグでの離乳食の冷凍例• ペースト状にした野菜• ホワイトソースやミートシース• 下茹でしてみじん切りにした野菜• ミンチにした肉• フレーク状にした魚• 小分けにしたブロッコリーや角切りかぼちゃ 省スペースなフリーザーバッグは、冷凍保存の強い味方です。 袋のサイズは色々ありますので、使いやすい大きさの袋を利用してください。 ラップでの離乳食の冷凍方法!平らに包んだらフリーザーバッグへ ラップは離乳食の冷凍にも良く使われますが、加熱した食材をそのまま冷凍し、凍った食材をすりおろして使う時に便利です。 ただし冷凍やけしやすいのが難点ですので、食材を平らにしてラップで包んだら、フリーザーバッグにいれてから冷凍しましょう。 ラップでの離乳食の冷凍例• 離乳食後期以降のお粥や軟飯• ホワイトソースやミートシース• 下茹でした野菜• 1食分ずつ切った食パン• フレーク状にした魚• 茹でたうどんなどの麺類 保存容器やフリーザーバッグを使用して冷凍する際は、八分目程度までにしましょう。 容量いっぱいまで入れると容器や袋の破損の原因になりますし、レンジでの解凍時に吹きこぼれる恐れがあります。 離乳食を冷凍する際は8つのポイントに気を付けて! 離乳食を冷凍すると時短できますが、冷凍する時にひと手間かけることにより、 雑菌の繁殖や食材の旨味が損なわれることを防ぐことが大切です。 また、いざ解凍して調理する時にも、ちょっとしたポイントに気をつけて冷凍しておくことで、調理が時短でき使い忘れも防ぐことができます。 離乳食を冷凍する時には、以下の8点に気を付けるようにしましょう。 1新鮮な食材を使う 離乳食に使う食材は、新鮮なものを選びましょう。 買い物したら長く冷蔵庫で保存せず、出来るだけ早く調理して冷凍保存するようにします。 特に葉物野菜は、鮮度の劣化が早いので気を付けましょう。 2調理する際は清潔に! 離乳食を作る際は、手をきちんと洗ってからにしましょう。 まな板や包丁などの調理器具は、洗剤できれいに洗った後に熱湯消毒をすると雑菌の繁殖を防ぐごとができます。 31回分ずつ小分けにする 赤ちゃんの食べる量にあわせて1回分ずつ小分けにして冷凍しましょう。 初期は製氷皿、中期はフタ付き保存容器、後期以降はラップや冷凍用ジッパー付き袋と、1回の量が増えるのにあわせて、保存容器も変えていきます。 特に、 初期の初めのうちは1匙ずつ冷凍すると計量が楽です。 保存容器は、清潔なものを使用してください。 4冷めてから冷凍庫にいれる 温かいものは、冷めてからフタをして冷凍庫に入れるようにしましょう。 温かいとフタの内側に水蒸気がついてしまい、雑菌が繁殖します。 5きちんと密閉する 冷凍庫内で空気や霜に触れると、食材が乾燥して酸化しやすくなります。 保存容器のフタや袋のジッパーは、きちんと閉めましょう。 ラップを使う場合も、きちんと密閉し空気を抜いてから冷凍しましょう。 6食材の名前と保存した日付を容器にメモしておく 冷凍庫に入れる前に、保存容器に食材名と日付をメモしたシールを貼り付けておきましょう。 そうすることにより、冷凍庫内で使う食材を手早く見つけることができ、 使い残しも防ぐことができます。 また、何日に冷凍したか分かりますので、 保存期間の管理もできます。 7出来るだけ早く凍らせる 食材を素早く凍らせることにより、 味や食感の劣化を最小限に止めることができます。 食材は、なるべく薄くしてムラなく均一に凍るようにしましょう。 金属トレーの上に乗せて冷凍すると、早く凍らせることができます。 8冷凍庫の奥の方に置いておく 家庭の冷凍庫は開閉する回数が多いため、温度を一定に保つことが非常に難しいものです。 なるべく冷蔵庫の奥の方におくことで、温度変化を最小限にくい止められ、 食材の品質低下を防ぐことができます。 離乳食の冷凍に便利なおすすめ容器4選 離乳食の保存容器は家庭にあるものを利用することもできますが、最近は離乳食用の便利な保存容器が、赤ちゃん本舗や西松屋などのベビー用品店やネットショップで販売されています。 保存容器がまだないママのために、おすすめ便利容器4選もご紹介します。 1ブロックの容量は、50ml以外にも、15ml、25mlとラインナップが豊富です。 フタがトレーと分かれているので、食材を注ぎやすくなっています。 また、サイズが違っても重ねて保存することができます。 リッチェル 価格:750円 + 税 カラフルな可愛いシリコンカップのセットです。 冷凍庫から使いたい分だけ取り出して電子レンジで解凍できます。 そのままお弁当に入れることもできます。 透明のフタ付きなので、中身を確認することができます。 50mlサイズも販売されています。 OXO Tot(オクソートット) 価格:1,500円+税 離乳食を冷凍するだけでなく持ち運びにも便利もできるオシャレな保存容器です。 強力密閉されるので、汁物も安心して持ち歩けますし、トレー付きなので冷凍庫の中でまとめて保存できるのも魅力。 中に目盛りがついているので量の目安も一目瞭然。 離乳食小分け容器 60m プチアンジュ(Le petit Ange) 価格:199円(税込) 電子レンジでの調理が可能なフタ付きの便利な保存容器です。 容器にフタがくっついているので開閉が簡単でフタを無くす心配もありません。 冷凍した離乳食の解凍方法!吹きこぼれに注意して せっかく冷凍した離乳食を無駄なく使うためにも、きちんとした解凍方法を知っておきたいです。 解凍方法別の注意点をまとめました。 離乳食は、衛生面からみて常温での解凍は危険ですのでやめておきましょう。 冷蔵庫で解凍する場合は、レンジや直火で必ず加熱してから食べさせてください。 レンジでチン! 加熱時間が長すぎると離乳食の水分が蒸発してしまいますので、温めすぎに注意しましょう。 温めムラ対策として、途中でかき混ぜながら加熱してください。 また離乳食は水分が多めですので、大き目のお皿に入れたり下にトレーやお皿を敷いたりして拭きこぼれへの注意が必要です。 お鍋で煮る お鍋で冷凍離乳食を調理する際は、量が少ないので焦げ付きに注意。 お味噌汁やスープ、お粥などに冷凍野菜を加える場合は、冷凍のまま調理途中のお鍋に入れて加熱してください。 家庭に小さな鍋が1つあると冷凍した食材での少量調理や後片づけが楽なので、離乳食専用の鍋が一つ用意しておくことをおすすめします。 離乳食の冷凍期間は何日?目安は1週間から10日 離乳食を冷凍保存した際は冷凍して何日目かが分かるように日付を記入し、出来るだけ早く使いきりましょう。 一度に多く作り過ぎると期間内に食べきれなくなるので注意してください。 離乳食に便利なおすすめの冷凍食品11種 離乳食の冷凍方法をご紹介してきましたが、何種類もの食材を下ごしらえして冷凍保存しておく時間がないというママも多いかと思います。 そんな時に便利なのが市販の冷凍食品です。 今後、幼稚園のお弁当作りが始まった際も、市販の冷凍食品が使いこなせると毎朝のお弁当作りが楽になるでしょう。 市販の冷凍食品は、高度な冷凍技術により急速冷凍しているので、食材の栄養価や風味が長期間にわたり保たれます。 家庭で作る冷凍離乳食と異なり保存期間が長いですので、買い置きしておくといざという時に役立ちます。 おすすめの冷凍食品を11種類ご紹介します。 スーパーや生協の宅配などで購入できますので、一度試してみてはいかがですか? 1冷凍かぼちゃ(初期から) 一つずつバラバラに冷凍されているので使いたい個数だけ、レンジなどで解凍して使います。。 解凍後、皮は取り除きましょう。 2冷凍ブロッコリー(初期から) 1房ずつに分けられているので、使いた個数だけ使えます。 と良いでしょう。 3冷凍ほうれん草(初期から) カットされてバラバラに冷凍されているものが、離乳食にはおすすめです。 以外にも、卵焼きや茶わん蒸しに入れても食べやすいです。 4冷凍さといも(中期から) さといもは、洗って皮をむくのに時間がかかるので、冷凍食材があると助かります。 使いたい数だけ、解凍して使います。 初期はそのままペースト状にして食べさせることができます。 ほぐした白身魚と混ぜて食べさせると、魚も食べやすくなります。 5洋風野菜ミックス(初期から) 色々な野菜が入っているので、数種類取り出してスープやシチューに利用できますし、使いたい野菜だけ取り出して使うこともできる便利な冷凍食材です。 入っている野菜の内容により使える時期が異なりますので、使用前に確認してください。 6ミックスベジタブル(後期から) 彩のよいミックスベジタブルは、離乳食作りの強い味方です。 皮を剥いて裏ごしすれば初期から使えますが、そのまま使うなら後期からにしましょう。 冷凍のままスープやチャーハンなど色々な料理に使えます。 7冷凍枝豆(中期から)。 初めて与える場合はすりつぶしてお粥に混ぜて食べさせるとよいでしょう。 慣れてきたら薄皮を向いて月齢に合う大きさに刻み、スープなどに加えて与えます。 8冷凍豆腐(初期から) 小さくカットされた豆腐がバラバラで冷凍されているので、必要な量だけ使うことができます。 お味噌汁やスープに冷凍のまま入れて加熱します。 少しタンパク質が少ないなという時に役に立ちます。 9冷凍ひき肉(鶏:中期から、牛・豚:後期から) ひき肉は、離乳食作りに欠かせない食材です。 バラバラに冷凍されているので、少量ずつ使うことができ、解凍時間も短くてすみます。 チャーハンやハンバーグ・ミートソース・そぼろなど、色々なメニューに使うことができます。 肉の種類により使用開始時期がことなりますので、注意してください。 10冷凍鶏ささみ(中期から) 鶏ささみの冷凍食材は1本ずつバラバラで、。 初めは冷凍のまますりつつぶしてお粥にまぜるとよいでしょう。 11冷凍うどん(初期から) 離乳食1食分ずつ分けて冷凍されている、とても便利な冷凍うどんもあります。 普通の冷凍うどんを離乳食に使う場合塩分が多いので、一度煮てから湯を捨てて調理に使います。 が、だし汁に野菜を混ぜて柔らかく煮てから食べさせると簡単。 お粥のストックを切らした時などにも助かります。 子育て4コマ漫画:離乳食を冷凍する時に失敗しがちなこととは? 離乳食を冷凍すると便利なことはよく知られていますが、大人の料理のような冷凍方法では少量の離乳食に不向きなので、永岡さくら(saku)さんの子育て4コマ漫画のように痛い目にあうことも。 また「赤ちゃんには新鮮な食材を」と離乳食本に書かれているため、生鮮食材にこだわって買い出しに苦労するママもいますが、育児は食だけに力を注いでも上手くいきません。 ママがすべき仕事は離乳食作り以外にもたくさんあり、赤ちゃんも美味しい離乳食ばかりでなくママと過ごす時間求めています。 特にワンオペのママは市販の冷凍食材や冷凍食品、ベビーフード、パパがいる週末の離乳食の冷凍などを上手く利用して「赤ちゃんの時期をどうやって楽しもう?」と自分主体で考えることも大切です。 また離乳食のスケジュール作りや赤ちゃんが食べられる食材管理はけっこう大変なので、なども参考に、できるだけ楽をしましょう!.

次の