海外 fx a book 業者。 今の海外のFX業者は大体がa

海外FX業者(会社)一覧

海外 fx a book 業者

TradeView 海外口座ご紹介 概要 今回ご紹介するTradeViewは日本ではまだマイナーですがA-book業者として世界で名をはせているブローカーです。 2004年設立と老舗ながら日本人向けサービスの開始は2016年と日が浅い為に知名度は低いですが専業FXトレーダーにとってはかなり高品質なサービスを提供しております。 本社はアメリカのニューヨーク州マンハッタン。 創業者はメリルリンチやODL Securities, Inc. にてCEOを務めるなど金融業界にかなり精通している方で、思考のトレード環境を整えるためにTradeViewを立ち上げました。 ライセンスはケイマン諸島やマレーシアのラブアン島のオフショアライセンス。 ダブルライセンスです。 日本人による24時間体制のサポートあり(対応はそんなに早くない)• MT4、MT5、cTraderなどの多彩なプラットフォームに対応• 35,000USDまでの信託保全あり• ECN口座はスプレッドが激狭 上記のような特徴があり信用力が高いです。 顧客からの預かり資金についてもスペイン最大の銀行であるSantander Bankの信託口座へ分別管理。 外部監査機関であるMainstream Group Holdings LTD. と信託契約もしており、破綻時には35,000USDまで補償と、海外FX業者にも関わらず日本並のコンプライアンス意識がある企業です。 また、日本人向けのサービスが始まって間もなく、顧客も少ないためおそらく日本人スタッフが少ないのか、メールでの問い合わせには1営業日程度かかりますが、綺麗な日本語でしっかり返答してくれます。 口座種類 MT4X レバレッジ口座 こちらは他社での【スタンダード口座】になります。 ただ、他社との違いは STP方式でもマーケット・エクスキューション方式の口座になっております。 一般的なB-bookのSTP方式ではインスタント・エクスキューション方式と呼ばれ、こちらは【直ちに注文が実行される】という意味です。 すなわち、直ちにという意味は顧客の注文が即約定する=ブローカーが一旦呑むという図式になります。 そこからブローカーのDDは市場に注文を流すかそのまま呑むかの判断を行います。 一方、 マーケット・エクスキューション方式とはトレーダーからの注文を一瞬でも呑む事なく直接カバー先の金融機関へ注文を流している方式です。 これはデメリットでもありますが、しっかり市場へ注文が流れていることになります。 マーケットへ注文を流すのでスプレッドも固定でなく相手先により変動します。 大口の注文になると、インスタント・エクスキューションではブローカーが一蹴かもしくはずっと呑み続けるので大口のロットであると、ブローカーの負担が大きく約定しないこともあり得ますが、マーケット・エクスキューションですと市場に流し、合致する注文があれば確実に成約しますので大口の注文の際はマーケット・エクスキューション方式のほうが良いでしょう。 上記の事からTradeViewのこの口座はスプレッドは狭いとは言えません。 ちなみにTradeViewでSTP方式はMT4X レバレッジ口座のみです。 MT4ILC口座 こちらの口座は、ECN方式(マーケット・エクスキューション)で、取引ごとに手数料(2. 供給元である マーケットから受け取った価格をそのままトレーダーへ提供しております。 その為、TradeViewはこの手数料のみで収益をあげるため、取引やコストへの透明性はかなり高くなります。 スプレッドもかなり狭く、 透明性も高いため大資金でのトレーディングに向いています。 入金について 入金についてはクレジットカード、銀行送金、bitwalletに対応しています。 ただし、他のブローカーに比べると入金処理してから口座に反映されるまでのスピードは若干長く、タイムラグがありますのでご注意ください。 これはどの入金方式を採用しても同じ感じです。 出金について 出金については公式サイトにはあらゆる方法が記載されております。 注意が必要なのがクレジットカードで入金した場合は、入金後1か月以内に出金申請をしなければクレジットカードへの送金ができなくなります。 その為、カードへの出金は難しいでしょう。 また、海外銀行送金も可能とありますが欧州系の銀行を利用して送金されるようで、欧州系銀行は海外送金の審査がかなり厳しく、追加書類等を要求されかなり煩わしくなると思われます。 その為、bitwalletが唯一の出金手段と思ってもらったほうが良いと思います。 bitwalletであれば、そこからの国内銀行送金は簡単ですので問題ないと思います。 ボーナスは? TradeViewではマーケット・エクスキューション方式のため、 ボーナスはなにもありません。 まとめ A-bookのブローカーを利用したいトレーダーにとってはほとんどここ一択になると思います。 トレード環境はとても良く、透明性も高いため安心して大口ロットでのトレードが可能です。 ただし、マイページ等の扱いが若干不便で、1口座で1ページですので、例えば2口座持っている場合は他ブローカーの様に同じマイページから口座番号だけ変更して選択するといった事ができずに、一度ログアウトしてから違うアカウントへログインしなければならない等、トレード以外の部分で不便を感じることがあるかもしれません。 しかし、それを差し引きしてもA-bookブローカーでは最も良質なトレード環境を用意していると感じ、とてもオススメできるブローカーです。 B-bookで資産を大きくため込み、大口・大ロットで確実に約定させたい取引をしたいトレーダーにとってはオススメのブローカーです。 一方、はじめたてや運用資産が500万円以下程度まででしたらB-bookブローカーでボーナスを利用した取引が向いていると思います。 口座開設はコチラから.

次の

海外FX会社のA

海外 fx a book 業者

におけるAブックとBブックの違いについて解説します。 あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、店頭FXには業者側で行っている注文処理に二つの形態があり、これをAブック(A Book)、Bブック(B Book)と呼んで区別しています。 顧客から見ると外見的な違いはないので、意識する機会はあまりないかもしれません。 しかし口座を持っている業者がどちらのビジネスモデルを採用しているのか、知っておくに越したことはありません。 取引手法によっては大いに関係してくるからです。 AブックとBブックという区分は店頭FXだけにあります。 同じFXでも取引所FXである「くりっく365」にはありません。 取引所で注文が成立するという点でビジネスモデルが一つしかない「くりっく365」には、注文処理の形態に違いがないためです(関連記事:)。 AブックとBブックの違い では、FX業者はどのような理由からAブックとBブックを選択しているのでしょうか。 これにはいくつかの理由がありますが、本質的には、リスクをとって高収益を追求するか、安全志向でいくかという経営判断です。 AブックにおけるFX業者の収益の源泉は、売値と買値のやから抜いている薄い収益の積み重ねです。 ですから大儲けはできないですが、市場リスクからは距離を置くことができます。 一方、Bブック業者のうま味は、何と言ってもディーリング収益です。 ディーリングと言ってもプロップハスウのような純粋な自己勘定ではなく、顧客との取引を最大限活用した取引です。 いわゆる「」とまでは言えませんが、「FXは投資家の8割が損をする」といわれることを逆に考えると、Bブック業者のポジションは利益を出しやすいと言えるでしょう。 しかし突然予期しない出来事が起こり、為替市場が大混乱した場合、自己ポジションが思わぬ損失を被るリスクは常に抱えています(参考記事:)。 AとBのどちらを選ぶべきか そのため、Bブック業者はAブック業者に比べるとどうしても不透明感がただよいます。 確かにひと昔前は、Bブック業者にはティルト、ストップ狩り、非対象スリッページなどの噂がありました。 ただ、今ではの規制が強化され、そうした不正はなくなったはずです。 そうしたことも踏まえて、業者選びのポイントを考えてみましょう。 まず優先すべきは、取引プラットフォームの使い勝手です。 もちろん情報サービスなども重要です。 そのうえで、いくつかの候補にしぼられれば、経営方針を加味して決めることをお勧めします。 ただし、職業的な個人投資家が行う大口取引や高頻度取引であれば、約定力を吟味することが最優先かもしれません。 Bブック業者の場合、不正行為とまでは言えませんが、利益相反の関係でそうした取引に応じないケースがあるからです。

次の

海外FX業者はA

海外 fx a book 業者

目 次• a-bookとは? a-bookとは、顧客の注文がすべてインターバンク市場(LPなど)に流される取引方法のことを言います。 海外FX a-bookのメリット・デメリット 投資家が注文を出したら、海外FX業者はインターバンク市場に注文を流すだけで、基本的な収入形態は注文を提示するときの手数料になります。 手数料だけで収入をとっているため、ノミ行為などの悪質な操作をされる危険性もなく、非常に透明性の高いところがメリットと言えます。 そんなa-bookは、投資家が買ったとしても負けたとしても、海外FX業者の収入には影響がないような仕組みになってなっています。 つまり、投資家との利益相反がないので、大口(上級者)の投資家も集まりやすくなっています。 デメリットとしては、スプレッドが広かったり、ボーナスがない場合があったり、レバレッジが低め(それでも200倍など)に設定されていることです。 他には手数料が高い場合や、約定拒否が起こるかもしれない場合もデメリットとになるでしょう。 a-bookをおすすめするトレーダー 以上のa-bookのメリット・デメリットを踏まえると、 トレードコストが高く、なおかつ約定拒否やスリッページなどがあっても利益が出せると自信のある海外FX上級者にはa-book(Aブック)を採用している海外FX業者がおすすめです。 トレードコストが高くなったとしてもその分利益が出せ、レート操作などが起こる余地がないa-bookを採用している海外FX業者の方が安心してトレードできるからです。 b-bookとは? 一方の b-bookとは、顧客の注文をFX業者が一旦持ち、FX業者が取引を行います。 投資家が負けるとFX業者の利益になり、投資家が勝つとFX業者の損失になってしまうため、利益相反と言われています。 海外FX b-bookのメリット・デメリット 実際にインターバンク市場に流さずに取引することになるので、利益が大きくなることや、スプレッドを狭くできます。 ボーナスや高いレバレッジを提供しやすい環境もあります。 また、スリッページが発生しないなどもメリットです。 しかし、優秀な投資家が多くなると海外FX業者の損失が拡大するので、勝てば勝つほど海外FX業者には歓迎されませんので、利益相反が起こる点がデメリット・注意点と言えます。 b-bookをおすすめするトレーダー 以上のb-bookのメリット・デメリットを踏まえると、 海外FXの初心者、中級者、小口投資家であれば、単純にトレードコストの安いB-book(Bブック)の海外FX業者がおすすめです。 稼ぎやすいのはB-bookを採用している海外FX業者だからです。 その一方で、利益相反ということで、利益を出す投資家はよく思われないということです。 どの海外FX業者がA-book?B-book? どの海外FX業者がa-bookなのか、また、b-bookなのかというと、結論はどの海外FX業者もa-book、b-bookを併用している場合が多いのです。 つまり、どの海外FX業者もa-bookとb-bookをうまく組み合わせることでメリットとデメリットを活用しています。 例えば、「a-book」は、• 「初心者(初回)トレーダー」は「b-book」(初心者向け、トレーダーが負けると利益になるから)• 「ボーナス対象の口座」は「b-book」(ボーナスを提供できるから)• 「狭いスプレッド口座」は「b-book」(スプレッドを狭くできるから)• 「高いレバレッジのある口座」は「b-book」(最大レバレッジが高いから) このように、口座やボーナス、投資成績、証拠金額などを海外FX業者側の人達が総合的に判断して「a-book」「b-book」のどちらかを切り分けています。 どのように切り分けているのかは、その海外FX業者の一部の人にしかわからないため、知りようがありません。 また、その運用ルールも常に見直されており、更新される続けているそうですので、なおさらトレーダー側にはわからないということが言えます。 つまり、 外部から自分が「a-book」なのか「b-book」なのかはわからないのです。 そのため、利用したいと考えている海外FX業者がA-bookであるのか、B-bookであるのかを見分けることには大きな意味はありません。 どの業者もどちらも併用しているということが実情です。 それでも知りたいという人は、実際に使ってみながら「透明性」「約定力」「スプレッド」「スリッページ」等で総合的に判断していく方法しかないのです。 しかし、どちらを採用されているにせよ、自分では見極めるのは難しいでしょう。 ですので、そこに力を入れる時間を、トレード分析に当てるほうが懸命だと言えます。 B-bookよりもA-bookのほうが良いのでは? 「B-bookの海外FX業者にとっては儲けるトレーダーは歓迎できないから、故意的に出金拒否したり、レート操作をされたりするのでは?」 という疑問を持つ人もいるかと思いますが、それは違います。 現状では、上記でも説明した通り、「A-book」「B-book」を併用している海外FX業者がほとんどの状況ですので、仮に儲けるトレーダーはB-bookからA-bookにすればお互いにとって良いトレード環境を提供し続けることができます。 このようにトレード成績等で、途中から「A-book」から「B-Book」へと変更されることもあるため、一概に儲けるトレーダーだからといって不利な状況でトレードをさせられ続けることにはならないのです。 では、国内FXと海外FXではどうなのか? 日本の国内FX業者の場合は、基本的に「b-book」です。 上級者トレーダーにはカバー取引などでリスクヘッジしています。 海外FX業者の場合は、「a-book」「b-book」を併用しています。 「a-book」「b-book」の切り分けルールは海外FX業者ごとに違いやルールがあります。 国内FXではスプレッドが原則固定であるなど、海外FXよりも「b-book」が強いということがわかります。 「b-book」が強い国内FXよりも、「a-book」「b-book」を併用している海外FXがおすすめ 海外FXは「a-book」と「b-book」を併用しているため、トレーダーにとっても海外FX業者にとってもメリットのほうが多いと言えるでしょう。 それでも海外FX業者の方が得をしているのでは、と思う方は「国内FXよりはまし」だと考えると良いかもしれません。 海外FXをやる上ではどんなにリスクヘッジを行ってもリスクはついてまわるので、国内FXの「b-book」だけよりかは、両方を併用して、その人にあったトレード環境を与えてくれる海外FXがおすすめです。

次の