グリーン リーフ サニー レタス。 リーフレタスとは?グリーンリーフ・サニーレタス・グリーンカール・フリルレタスとの違いを詳しくご紹介

サニーレタスの保存、長持ちの方法は?ちぎって保存や冷凍は?爪楊枝やタッパーも使う?

グリーン リーフ サニー レタス

リーフレタスとサニーレタスの比較 リーフレタスはグリーンリーフやサニーレタス等の葉レタスですが、グリーンリーフをイメージする方も多いと思います。 サニーレタスは葉の先端にかけて赤褐色等に色付いて縮れている葉レタスで、複数の品種があります。 リーフレタス 非結球(型)レタスのグリーンリーフやサニーレタス等の葉レタス[葉チシャ]ですが、リーフレタスと言うとグリーンリーフの事をイメージする人の方が多いかと思います。 葉先がフリルの様に細かく波打ったフリルレタスもグリーンリーフの一種です。 生食野菜の代表格ですが、や炒め物等にも使われます。 茎を切ると白い乳の様な液が出る「乳草(ちちぐさ・ちぐさ)」がチシャの名前の由来です。 芯の切り口が赤く変色していないのが新鮮で、葉も切るより千切るほうが赤くなり難い様です。 葉の巻きが緩くて軽い方が硬くなくて美味しい様です。 水分が多いので栄養価は高くないですが、ミネラル,や等がバランスよく含まれています。 夏秋レタス・冬レタス・春レタスと生産(夏は高冷地,冬は温暖地やビニルハウス等)されています。 サニーレタス 葉の先端にかけて(の色素による)赤褐色や赤紫に色付いて縮れている葉レタス[アカチリメンチシャ(赤縮緬萵苣),レッドレタス {サニー:太陽の(様な)]で、葉は薄めで柔らかい。 「サニーレタス」は特定の品種と「サニーレタス」と称され扱われる複数の品種があります。 カロテンが豊富で緑黄色野菜です。 の『備考や文中に掲載されている簡易説明だけの主な品目:,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,』 違いは? リーフレタスとサニーレタスの比較、何がどう違うの 勘違いしそうな調味料や食材等の内容や用途の違いを比較.

次の

グリーンリーフとサニーレタスの違いは?栄養価や見分け方!

グリーン リーフ サニー レタス

リーフレタスが掛かる病気の要因と多い症状 リーフレタス は乾燥には強いのですが、多湿を極端に嫌う野菜です。 日当たりが良く冷涼な気候を好みますので、気温が高い多湿の時期に栽培すると 病気の発生 が多くなります。 畑の水はけを良くして多湿にならないように注意しましょう。 また、キク科の野菜を植えた後にリーフレタスを連作すると 病気が発生 しやすくなります。 リーフレタスに発生する病気 の主な症状は 葉が黄色くなる・葉に水じみが出来る・外葉の縁が褐色になる・根元が腐る・葉に穴が空く・葉が萎れる・葉が枯れる・株がブヨブヨになる・成長が悪くなる などです。 リーフレタスの斑点細菌病 リーフレタスの外葉の縁に水が染みたような 褐色の斑点 が出来る。 発生しやすい時期 :4~11月 特徴 :土壌感染するので早急な治療が必要 発生条件 :細菌による病気で外葉に不整形の褐色の斑点が出来始め症状が進むと葉が枯れる。 治療方法 :薬剤による治療が可能。 リーフレタスの腐敗病 リーフレタスの結球した外葉に黒光りの 不整形な褐色の病斑 が現れて腐敗する。 発生しやすい時期 :10~11月 特徴 :細菌が原因の病気で最近の種類により出る症状が異なる。 最後は株が腐敗してしまう。 発生条件 :高温で多湿で多発します。 治療方法 :薬剤による治療のみ可能。 リーフレタスの灰色かび病 リーフレタスの葉の縁に 灰色のカビ が生えて徐々に病斑が広がっていく。 発生しやすい時期 :6~10月 特徴 :他の株にも伝染する。 切り取った葉を地面に残しておくとそこでも菌が繁殖してしまう。 発生条件 :気温が低く雨が続くと多発する。 治療方法 :薬剤での治療が可能。 リーフレタスが掛かるその他の病気は? 根腐病:根の表面に病斑が出来る べと病:葉に染みたような斑点が出来る 軟腐病:株の根が腐る リーフレタスの病気の発生を防ぐための対策は? リーフレタスの病気を予防するには多湿にならないように乾燥気味で育てる事が大事です。 用土は有機系肥料(堆肥)を多めに施してふかふかで水はけの良い土壌作りを心掛けましょう。 細菌が発生原因の病気は菌自らが野菜に伝播することは出来ません。 人為的な感染・害虫による感染・自然現象による感染などで病気が発症します。 これらの原因によって病気が感染するのを防ぐために、使用した道具の消毒を行い、害虫を駆除する、切り取った葉や果実は畑の外に持ち出して処分するなどは徹底して行いましょう。 リーフレタスは乾燥には強いのですが多湿を極度に嫌いますので、水やりは用土の表面が乾いた時に少量だけ細目に行うようにします。 水はけが悪い土壌で雨が多い気候で病気が多発しやすいので、梅雨時期と秋の長雨時期の水やりは極力控えることも病気を防ぐ上で重要なポイントです。

次の

リーフレタスとサニーレタスの違いは? 何がどう違うの

グリーン リーフ サニー レタス

こんにちは!まるです。 今日ははじめてグリーンリーフの収穫をしました!いつも切っている丸っこいレタスとは形も収穫方法も違ったのでなんだか新鮮でした。 そしてグリーンリーフの隣にはサニーレタスも収穫を控えています。 ところで、グリーンリーフ・サニーレタス・玉レタスなどの違いってなんでしょうか?? 実を言うとレタス農家のアルバイトである私もグリーンリーフ・サニーレタス・玉レタスの見た目が違うことくらいは分かっても、具体的な違いがよくわかっていません!!ですがなんだかそれも恥ずかしい気がしたのでまたまた調べてみました! そもそもレタスの種類って?ー大きく分けて4種類! レタスといえば一般的にイメージされるのは葉が球状に丸まった(結球した)玉レタスですが、じつはレタスと呼ばれる野菜の種類はたくさんあります! 大きく分けると4種類ものレタスがあるんです。 玉レタス もっとも親しみのある、あの丸いレタスです。 葉は丸まって球状になっているのが特徴です。 葉レタス(リーフレタス) 今回のテーマである サニーレタスと グリーンリーフはこれにあたります!玉レタスのように葉が球状にならない(結球しない)レタスです。 葉先がフリルのようになっていたりして、ふんわりとボリュームがあります! 立ちレタス 葉がほとんど巻かず、スッとまっすぐなのが立ちレタスです。 ロメインレタスなどがこれにあたりますが、あまり馴染みがないかも?でもシーザーサラダなんかによく入っているのがロメインレタスだそうです。 掻きレタス(カッティングレタス) 掻きレタス。 生まれて初めて聞いた言葉です。 なんでも、茎から葉っぱを掻き取るタイプのレタスなんだそうです。 へーそんなのあるんだと思いましたが、焼肉屋さんでよく見る サンチュがこの掻きレタスにあたるそうです。 なるほど、 サニーレタスとグリーンリーフは葉レタスにあたる、似たような形のレタスなんですね! サニーレタスとグリーンリーフの違い 同じ葉レタスという種類にあたる、サニーレタスとグリーンリーフですが、実はいろんな点で違いがあります。 見た目が違う! 一番分かりやすい違いは見た目、色です。 グリーンリーフはその名の通り緑色なのに対し、サニーレタスは葉の先が濃い紫色をしています。 色がきれいなので、おしゃれなレストランなんかで食べるサラダによく入っているイメージがありますね。 栄養価が違う! 次に違うのが 栄養価です。 実は同じレタスでも、種類によって栄養価に大きな違いがあります。 ちなみに一番馴染みのある玉レタスは淡色野菜なのに対し、グリーンリーフは緑黄色野菜なんです! 具体的に栄養価の違いを比べて見てみます。 種類 名称 エネルギー 水分 たんぱく質 脂質 炭水化物 灰分 飽和脂肪酸 不飽和脂肪酸 コレステロール 食物繊維 玉 玉レタス 12 kcal 95. 9 g 0. 6 g 0. 1 g 2. 8 g 0. 5 g 0. 01 g 0. 03 g 0 1. 1 g 葉 グリーンリーフ 16 kcal 94 g 1. 4 g 0. 1 g 3. 3 g 1. 0 g -g -g 0 1. 4 g 葉 サニーレタス 16 kcal 94. 1 g 1. 2 g 0. 2 g 3. 2 g 1. 1 g -g -g 0 2. 0 g 立 ロメインレタス 17 kcal 94. 5 g 1. 2 g 0. 2 g 3. 4 g 0. 6 g 0. 02 g 0. 03 g 0 1. 05 mg 0. 03 mg 0. 2 mg 0. 10 mg 0. 10 mg 0. 4 mg 0. 10 mg 0. 10 mg 0. 3 mg 0. 06 mg 0. 06 mg 0. 3 mg 0. 23 mg 8 mg 無機質 種類 名称 ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン 鉄 玉 玉レタス 2mg 200mg 19mg 8mg 22mg 0. 3mg 葉 グリーンリーフ 6mg 490mg 58mg 15mg 41mg 1. 0mg 葉 サニーレタス 4mg 410mg 66mg 15mg 31mg 1. 8mg 立 ロメインレタス 16mg 250mg 29mg 12mg 39mg 0. 5mg 五訂日本食品標準成分表より 玉レタスと葉レタスとの差ほどではありませんが、同じ葉レタスでもグリーンリーフとサニーレタスとを比べてみると、 グリーンリーフのほうが同じ量に含まれている栄養が全体的に多いんですね! 味が違う! グリーンリーフはほんのりと苦味があるのに対し、葉先が 紫色をしたサニーレタスは歯肉が柔らかく、苦味が少ないという特徴があります。

次の