さいたま教区。 さいたま教区司教、大阪教区2補佐司教の任命発表

聖香油ミサ

さいたま教区

教皇フランシスコは、6月2日(土)、2013年以来、長らく司教空位となっていたさいたま教区の新しい司教に、サレジオ修道会の現管区長、山野内倫昭神父(62歳)を任命する、と発表しました。 大分で生まれた山野内被選司教は、南 […] 教皇フランシスコは、6月2日(土)、2013年以来、長らく司教空位となっていたさいたま教区の新しい司教に、サレジオ修道会の現管区長、 山野内倫昭神父(62歳)を任命する、と発表しました。 大分で生まれた山野内被選司教は、南米アルゼンチンで育ち、同国でサレジオ修道会に入会。 叙階された後、1997年より、日本で働いています。 山野内被選司教はさいたま教区の教区長として歴代7人目、教区に昇格してからの司教としては5人目となります。 さらに教皇は、先日、前田万葉大司教が枢機卿に任命された大阪教区のために、2人の補佐司教を任命しました。 1人は、クラレチアン宣教会の ホセ・アベイヤ神父(68歳、写真左)。 もう1人は、オプス・デイのメンバー、 酒井俊弘神父(58歳、同右)です。 アベイヤ被選司教はクラレチアン宣教会の管区長を務めるなど、日本で働いた後、1991年よりローマの本部で働き、03〜15年は総長。 15年に帰国し、大阪教区で司牧に当たっていました。 酒井被選司教は日本の大学を卒業後、スペインに渡ってオプス・デイの神学校に入り、当地で司祭叙階。 1990年より日本に戻って司牧活動をしています。 大阪教区に補佐司教が置かれるのは、2015年に、当時の松浦悟郎補佐司教が名古屋教区司教となり、同教区に移って以来のこととなります。 山野内、アベイヤ、酒井各被選司教の叙階式の日程は、おって発表されます。 さいたま教区(埼玉、群馬、栃木、茨城)の信者数は聖職者と修道者を含めて21,505人、小教区54、準小教区1、巡回教会4、集会所1、大学・短大0、高等学校2、中学校2、小学校0、幼稚園18、医療施設0、社会福祉施設21。 司祭53人、助祭6人、修道士・修道女153人が働いています(2016年12月末現在)。 2016年の洗礼数は幼児284人、成人142人でした。 マリオ 山野内倫昭 被選司教の略歴 1955年12月 8日 大分県に生まれる 1975年 サレジオ修道会に入会(アルゼンチン) 1984年12月21日 司祭叙階(サン・ホアン、アルゼンチン) 1997年 2月26日 日本へ帰国。 その後、同会の学校、神学校などで働く 2014年〜 同会日本管区管区長 2018年 6月 2日 さいたま教区司教に任命される 大阪教区(大阪、兵庫、和歌山)の信者数は聖職者と修道者を含めて50,184人、小教区77、準小教区0、巡回教会4、集会所1、大学・短大3、高等学校16、中学校16、小学校10、幼稚園42、医療施設6、社会福祉施設63。 司祭155人、助祭2人、修道士・修道女632人が働いています(2016年12月末現在)。 2016年の洗礼数は幼児222人、成人295人でした。 ホセ・マリア・アベイヤ 被選司教の略歴 1949年11月 3日 スペインに生まれる クラレチアン宣教会入会。 バルセロナで哲学・神学を学んだ後、日本へ派遣される 1972年12月 8日 終生誓願 1975年 7月12日 司祭叙階。 名古屋教区、大阪教区で司牧に当たる。 1981年〜1992年 同会、日本管区管区長 1991年〜2003年 同会ローマ本部、福音化委員会委員長 2003年〜2015年 同会総長 2015年 日本に戻り、大阪教区で司牧 2018年 6月 2日 大阪教区補佐司教に任命される パウロ 酒井俊弘 被選司教の略歴 1960年 3月23日 兵庫県に生まれる 1976年 オプス・デイでの養成が始まる 1985年 スペインに渡り、神学校に入学 1988年 8月20日 司祭叙階(トーレシウダード、スペイン) 1990年 日本に戻り、長崎教区、大阪教区で働く 2018年 6月 2日 大阪教区補佐司教に任命される.

次の

司教叙階式日程決定=さいたま教区、大阪大司教区

さいたま教区

教区大会実行委員会始動 さいたま教区の信徒が集うさいたま教区大会は奇数年が開催年になっています。 今年2013年も11月に教区大会が開催されます。 教区大会は各ブロックまたは県が企画・実行する習わしになっており、今回は埼玉西と南の2ブロックが協力してそれを担当します。 教区最大の行事の実行委員長を引き受けてくださったのは上福岡教会の西田洋一さん。 既に全体会合3回、ブロック会合1回が開催され、計画の検討が進んでいます。 教区大会というとなじみが薄いと言われる方があるかも知れませんが、さいたま教区が谷司教様を中心として一致していることを確認し、相互に交流を図るのが目的です。 今回は信仰年をテーマにした内容になりますし、当日捧げられるミサは信仰年を閉じる正式な教区司教ミサとなりますので、信仰年を締めくくるに相応しい大会になるかと思います。 しばらく先の事ですが、会場も浦和ですので積極的に参加くださるようにお願いします。 (高平) さいたま教区人事異動発表 1月20日付けで司教通達があり、3月1日と4月1日の司祭異動が発表されました。 関連する部分のみ転載します。 ・ 3月1日付…山口明裕 栃木南ブロック担当司祭を解任し、埼玉西ブロック担当司祭(川越・上福岡担当) ・ 3月1日付…グェン・ゴン・ホアン 川越・上福岡担当司祭を解任し、サポートステーション「もみの木」担当司祭(埼玉西ブロック協力司祭)* ・3月1日付…坂上彰(助祭) 群馬西ブロック担当助祭(高崎担当…叙階後、担当司祭に) ・4月1日付…國本俊一 大宮担当司祭を解任し、埼玉南ブロック担当司祭(春日部担当) ・4月1日付…ビッラ・マルコ 春日部協力司祭を解任し、越谷地区福祉担当(埼玉東ブロック協力司祭) *ホアン神父様は、谷神父様のローマ留学後を埋める形で、上福岡教会を居住教会とされることになっています。 川越教会信徒大会 川越教会の信徒大会が1月27日(日)第二ミサの中で行われました。 信徒大会は、年1回新年度の始まりの時期に開かれ、前年度の活動を報告し、新年度の予定をお知らせする集いです。 以前はミサ後に開いたこともありましたが、出席してくださる方が少ないことが問題となりました。 当時の神父様のご提案でミサ中に説教の時間を拝借して行うことになり、近年はそのような形が定着しています。 今年の信徒大会もいつものように奉仕委員会、経済問題評議会、パンの会のそれぞれ部門の責任者が説明しました。 今年の奉仕委員会の役員交代はごく一部に限られましたし、説明時間については司会よりあらかじめ制限が知らされていましたので、ミサ全体が極端に長くなることはさけることができました。 それでも第二ミサが終了したのは11時をまわっていました。 聞いてくださった皆さんに感謝申し上げると同時に一人でも多くの方に信徒の使徒職活動への積極的な参加をお勧め申し上げる次第です。 写真は挨拶する米田奉仕委員会委員長です。 (高平) 埼玉西ブロック懇談会 1月27日川越教会を会場に埼玉県西部ブロック懇談会が開かれました。 参加者は埼玉西ブロックを担当する司祭と委員長他小教区信徒代表。 今回司祭は藤田神父様とホアン神父様が参加くださいました。 いつもの通り、各教会の現況報告、さいたま教区関係情報伝達が行われ、交流しました。 今回は所沢教会と上福岡教会に委員長交代があったこと、教区レベルでは多くの行事・会議の報告があったことがトピックスでした。 後者で宣教司牧評議会鹿沼研修会、教区報編集委員会、さいたま教区大会実行委員会初会合、インターナショナルフェスティバル委員会が報告され、この内教区報編集委員会に関しては、教区報39号の原稿執筆担当は飯能、上福岡教会ということになり、2月末までに原稿提出が要請されました(テーマは信仰年関連)。 またインターナショナルフェスティバルは次回打ち合わせ(2月16日)に宮寺教会の井村さんがブロックを代表して参加くださることになりました。 また、前回同様今回の各教会現況報告をもとに各教会にブロックニュースネタの提供依頼がブロックニュースを担当している宣教司牧評議会運営委員から出されることになります。 各教会はこれに積極的に対応くださることになりました。 (高平) ワレ神父様の遺品の形見分け 2月末に予定される山口神父様の川越教会着任を前に、ワレ神父様の遺品の形見分けが2月16日(土)、17日(日)に行われました。 集会室には神父様のベルのコレクションや衣類、日用品が番号をつけられて展示され、多くの人が立ち寄って、神父様の思い出の品に見入っていました。 数的には全信徒に行き渡るような量ではありませんので希望する品を申し込み用紙に記入して投函、後日抽選という形になりました。 この他に神父様のもう一つのコレクションであった音楽CD類があるそうですが、それは今後行われる教会のお祭りの模擬店で頒布をすることになっています。 神父様の納骨式も3月2日に予定されています。 ワレ神父様がこの教会に残されたものが私たちの信仰と、それぞれの信徒の心にある思い出だけになるのももうすぐです。 きっと形見の品が思い出を永遠のものにしてくれることでしょう。 (高平).

次の

カトリック教会の司教についてお尋ねします。

さいたま教区

司教座聖堂 [ ]• 司教座 — カテドラル浦和教会 沿革 [ ]• (3年) - 日本が設立され、に代理区長館が設置される。 (2年) - 代理区長館がに移転。 (9年) - 5月22日、日本使徒座代理区を日本北緯使徒座代理区、日本南緯使徒座代理区(現在の)の2区に分割。 日本北緯使徒座代理区はに代理区長館を置き、、、およびの各地方を管轄区域とした。 (明治10年) - 7月、代理区長館がに移転。 (明治24年) - 4月17日、北緯代理区より北海道と東北地方を新設の函館使徒座代理区(現在の)に委譲。 同年6月15日、北緯代理区がに昇格。 (元年) - 8月13日、東京教区より、、の3県を、新設の新潟(現在の)に委譲。 (大正11年) - 2月18日、東京教区より、の2県を新設の名古屋知牧区(現在の)に委譲。 (12年) - 11月9日、東京教区より、茨城、栃木、群馬、埼玉、、、の8県が、新設のに委譲。 (昭和14年) - 1月4日、横浜教区より埼玉、茨城、栃木、群馬の4県が 浦和使徒座知牧区として独立。 (独立当初より管轄地域に変更はない。 (昭和32年) - 12月16日、浦和知牧区は 浦和教区に昇格。 (15年) - 3月31日、の合併・市名称変更「」発足に伴い、浦和教区より さいたま教区と名称を変更。 歴代知牧・司教(教区長) [ ] 知牧 [ ]• 初代 - アンブローズ・ルブラン() - 1940年• 2代 - パウロ内野作蔵 - 司教(教区長) [ ]• 初代 - ラウレンチオ長江恵 -• 2代 - -• 3代 — -• 4代 — -• (使徒座管理 - ペトロ岡田武夫 - )• 5代 — マリオ - 所在地・交通アクセス [ ] 〒330-0061 6-4-12( )• 「」または「」より徒歩15分 脚注 [ ].

次の