アシカ トド セイウチ オットセイ 違い。 面白い!「アシカ」「 アザラシ」「 オットセイ」「トド」「セイウチ」の 違い

「アシカ」と「アザラシ」と「オットセイ」と「セイウチ」と「トド」の違い

アシカ トド セイウチ オットセイ 違い

「アシカ」と「アザラシ」と「オットセイ」と「セイウチ」と「トド」の違いとは? 実際に動物園や水族館に行ったことがあるけれども、見たのは「アシカ」と「アザラシ」と「オットセイ」と「セイウチ」と「トド」のどれかハッキリと思い返すことができますか。 意外にも名前を忘れてしまっているという人が多いのですが、「アシカ」と「アザラシ」と「オットセイ」と「セイウチ」と「トド」ではそれぞれ何が違うのでしょうか。 そこで、詳しく説明をします。 「アシカ」はアシカ科アシカ属に属する鰭脚類の一種で、カリフォルニアアシカ、ガラパゴスアシカの2亜種が生息しており、体長はオスで約2.5mあります。 「アザラシ」はアザラシ科に属する鰭脚類の総称で、鰭脚類としては種類が一番多いです。 ワモンアザラシ約1.2mほどの種から、6.5mもの大きさに達する種までいます。 「オットセイ」はアシカ科に属する鰭脚類の一種で、アシカ科の中では一番小柄な種で、生息地はキタオットセイは北太平洋、ミナミオットセイはオーストラリア南部沿岸と南アフリカ沿岸です。 また、稀に日本の東北地方や北海道、日本海沿岸でも出現します。 「セイウチ」はセイウチ科セイウチ属に属する鰭脚類です。 体長は約3.5mあり、大きな犬歯が特徴です。 「トド」とはアシカ科トド属に属する鰭脚類で、アシカ科の鰭脚類では最大の種類であり、体長はオスで約3m、生息地は北太平洋地域の沿岸部、オホーツク海、日本海、ベーリング海など。 日本でも北海道で見ることができます。 それぞれの見分け方は? 動物園、水族館に行った際に「アシカ」と「アザラシ」と「オットセイ」と「セイウチ」と「トド」を見分けるにはどのようにすれば良いのでしょうか。 そこで、それぞれの明確な違いや特徴について説明をします。 実は、「アシカ」や「オットセイ」といったアシカ科の鰭脚類とセイウチは前肢が発達している為、前肢で体を持ち上げ「歩く」ことができるようになっています。 しかし、アザラシは前肢よりも後肢が発達しているため、前肢では体を持ち上げる事はできないため、陸上では「這う」という形で移動する特徴があります。 その他にもアシカ科の鰭脚類は耳たぶがあるのも、アザラシとセイウチには耳たぶが存在しないため、見た際にどちらなのかを判断できます。 実際に見てみましょう! 動物園、水族館では「アシカ」と「アザラシ」と「オットセイ」と「セイウチ」と「トド」を見ることができます。 場所によっては芸をしてくれたり、エサを与える体験ができます。 それぞれの違いや特徴をしっかりと覚えていると、実際に見た時に瞬時に判断をすることができます。 ぜひ、実際に自分の目で見て、それぞれの違いを見分けてみましょう。

次の

面白い!「アシカ」「 アザラシ」「 オットセイ」「トド」「セイウチ」の 違い

アシカ トド セイウチ オットセイ 違い

耳のあるアザラシ・歩くアザラシ 鰭脚類はいずれも【 食肉目】で、アシカ科、アザラシ科、セイウチ科の3科に分類されます。 アシカ科はアシカとオットセイの14種で、英語では【 耳のあるアザラシ= eared srals】や 【 歩くアザラシ= walking seals】とも言われています。 アシカとアザラシの違い アザラシ アシカ アシカ科は【耳のあるアザラシ】と呼ばれるように耳には耳介がありますが、 アザラシ科の耳には耳介がありません。 ただぽつんと耳の孔があります。 アザラシ科の前ヒレには5本の鉤爪がありますが、アシカ科とセイウチに鉤爪はありません。 アザラシ アシカ アシカ科は後ヒレを体の下へたくし込むことができ、 【歩くアザラシ】と呼ばれているように後ヒレを使って歩くことが出来ます。 アザラシ科は後ヒレを体の下へたくし込む事ができません。 後ヒレで歩くことも出来ませんので、陸では前ヒレを使って這うか、転がって移動します。 アシカとオットセイの違い アシカ アシカの後ヒレの【趾】は不揃いです。 耳はオットセイに比べると小さく、短い耳介をしています。 オットセイ オットセイの後ヒレは【趾】がほぼ揃っています。 アシカと比べ、オットセイはヒレが長く、耳介が目立ちます。

次の

「アシカ」と「アザラシ」と「オットセイ」と「セイウチ」と「トド」の違い

アシカ トド セイウチ オットセイ 違い

<水族館クイズ>アシカ、アザラシ、トド、オットセイ…海獣の見分け方知ってる? 2020. 04 水族館でおなじみのアシカ、アザラシ、セイウチ、トド、オットセイ、オタリア…とってもよく似ているこれらのいきもの達。 写真や実物を見ても、全てを正確に言い当てられる人は少ないのでは? そこで、じゃらんのライター・岡本が、水族館の飼育員さんにそれぞれの特徴や見分け方のコツを教えてもらいました。 読んだらきっと誰かに教えたくなっちゃいますよ! 突然ですがクイズです 岡本:さて、アシカ、アザラシ、セイウチ、トド、オットセイ、オタリアの画像を並べてみました。 どれがどれだか分かりますか? アザラシ、セイウチはなんとなく分かるような…。 でも他は全く見分けがつかない! 誰か…教えてくれませんか~!? 「サンシャイン水族館」の飼育スタッフさんにお話をうかがいました! 小倉さん:は~い、では私が簡単なコツをお教えしますよ! 岡本:お願いします!…って失礼ですが、どちらさまでしょうか? 小倉さん:サンシャイン水族館飼育スタッフ、海獣担当の小倉知恵子と申します。 海に生息する哺乳類のことを海獣というんです。 なので、イルカやラッコなども含まれますよ。 岡本:なるほど!海獣は水族館の人気者ですよね。 1問目:このコはだ~れだ? 岡本:これは、アザラシ…? 小倉さん:正解です!アザラシは一番分かりやすくて、前肢(あし)で上体を支えられない、つまり寝そべったままなのが特徴ですね。 岡本:陸上では寝そべったまま動きますよね。 小倉さん:そうです。 地面を這って移動するので、陸上で見れば一目瞭然ですね。 また、近寄らないと見られませんが、前肢にツメがあることも特徴の一つなんですよ。 ちなみに写真のコはサンシャイン水族館にいる、バイカルアザラシのレオです。 2問目:このコはだ~れだ? 小倉さん:では、こちらは分かりますか? 岡本:え~と、なんとなく体が大きそうではありますが…。 名前のイメージで、トド? 小倉さん:残念、ハズレです!ではヒントを。 もう少し寄った画像ではどうでしょう? 岡本:あ、キバがある!確かキバがあるのは…セイウチ? 小倉さん:正解です!セイウチの最大の特徴はキバですね。 あと、口周りにひげが密集して生えていることや、皮膚がたるんでしわが寄っていることも見分けるポイントですよ。 アシカ、トド、オットセイ、オタリアが全く分からないんです…。 まずアシカ科は、耳たぶ(耳介)があることと、前肢で上体を起こし後肢も使って器用に歩くことが特徴です。 岡本:器用に歩いたり、ボールを扱ったりしている姿を見た覚えがありますね! 小倉さん:では正解ですが、このコはカリフォルニアアシカ。 つまりアシカということになります。 ちなみに写真のコはサンシャイン水族館にいる、パコです。 小倉さん:そうですね。 耳たぶがあり、前肢で上体を起こしている…ここまではアシカと全く同じ特徴です。 岡本:う~ん、降参です! 小倉さん:正解は、オタリアです。 よ~く見ていただくと、アシカより耳たぶが短いことが分かります。 また、鼻先が細いアシカに比べ、鼻先が太くて短いところが見分けるコツなんですよ。 岡本:確かに、アシカの方がスッとシャープな顔つきですね。 小倉さん:ちなみに写真のコはサンシャイン水族館にいる、クゥです。 なんなら、さっきのアシカとも区別つきません! 小倉さん:難しいですよね。 ではヒントを。 耳たぶが長いのはオットセイの特徴です。 岡本:ということは、下がオットセイで上がトドですか? 小倉さん:その通りです!オットセイは耳たぶが長く、鼻先が尖っています。 また、アシカに比べて小型で、保温のためふさふさの毛で覆われているのも特徴なんですよ。 」 岡本:さっきの写真では毛がふさふさしているのは分かりませんが…。 でも耳を比べると、オタリア<アシカ<オットセイの順に長くなるのが分かりますね。 小倉さん:こちらの写真ではオットセイの毛がふさふさしているのが分かりますね。 またトドは、アシカ科の中で一番体が大きいのが特徴です。 体つきも見比べるとがっしりしていますよ。 岡本:なるほど。 水族館や動物園でも、このポイントを参考に見分けにチャレンジしてみてくださいね! まとめ いかがでしたか?見分けのコツがつかめたでしょうか? 耳たぶや体の大きさは比較対象が無いと難しいかもしれませんが、ぜひ参考にしてみてくださいね。

次の