アストラル チェイン 評価。 Switchユーザーだが『アストラルチェイン』の体験版を要望する!!!

【アストラルチェイン】クリアした後の感想と評価まとめ

アストラル チェイン 評価

エクスバトンの種類 アビリティコード• ネウロンの施設• 登場人物• 操作・アクション・機能• その他の情報• アストラルチェイン とは ニンテンドースイッチの完全新作! キャラクターデザイン桂正和 『ZETMAN』、『電影少女』 、スーパーバイザー神谷英樹 『BAYONETTA』 、ディレクター田浦貴久 『NieR:Automata』デザイナー を中心に制作されるプラチナゲームズの完全新作となっている。 フォーマットはニンテンドースイッチ。 紐づけられたペアで戦うアクションゲーム ジャンルはペア・アクション。 紐づけされ連動する2キャラを同時に扱う 一方を支点にして他方を敵に投げつけて相手を巻き取ったりすることができるなど ことでダイナミックな演出が実現している。 舞台は近未来のアジア風都市 物語の舞台は近未来のアジアを彷彿とさせる架空都市。 都心を思わせるビル群や雑多な中国街などサイバーパンク的な世界観で彩られている。 アストラルチェイン・製品情報.

次の

【アストラルチェイン

アストラル チェイン 評価

主にレッドケースの戦闘がメインです。 しかし後半になるとクリアタイムを縮めるのにも限度があるので「 特別ボーナス」で加点するのが大切です。 戦闘での特別ボーナス ボーナス ポイント 複数回 条件 回復アイテム使い 500 回復アイテムを何度か使う アイテム節約家 500 アイテムを使わずにクリア アクションアイテム使い? プレイヤーやレギオンのコマンドスキルを使う 同時斬撃? ソードスタイルの斬撃を一度に複数の敵に当てるとボーナス ヘッドショット 600 アローレギオンの射撃で敵の頭を攻撃 バックアタック 200 N回 背面から攻撃してクリティカルになるとボーナス ステルスアタック 400 敵に見つかる前に攻撃を当てる 敵の気絶 300 N回 敵を気絶させた回数に応じてボーナス チェインバインド成功 200 N回 チェインバインドを成功させる マルチプルバインド成功 300 N回 一度に2体以上チェインバインドさせる チェイントラップ成功 300 N回 チェイントラップを成功させる 複数回加点されるものはN回としています。 1回ごとに加点されるものと、 一定回数ごとに加点されるものがあります。 オレンジ色で書いているものは特に意識すると良いものです。 フィニッシュ キメラ限定でとどめを刺す時にAボタンを押すとフィニッシュになります。 HPが全回復します。 2回で600になるので最低でも2回は決めましょう。 スタイルチェンジ レギオンを出した状態でレギオンを変更するだけ。 5回撃破で上限1000ポイント? シンクアタックヒット シンクアタックを当てるだけ。 複数回獲得できる。 シンクアタック多重発動 3種類以上で1000ポイント。 コマンド攻撃やディレイ攻撃からのシンクアタックを使うと良い。 スキル発動 スキルを発動するだけ。 スキル多種発動 スキルを3種類以上発動すると「スキル発動」がこちらに変わります。 チェインバインド成功 スキルの「オートバインド」に頼ると良い。 一定回数ごとに獲得。 マルチプルバインド成功 2体以上同時にバインドで300ポイント。 一定回数ごとに獲得。 「エクスバトンを1回以上変更して撃破」• 「スキルは3種類以上使う」• 戦闘以外での特別ボーナス ボーナス ポイント 複数回 条件 障害物全回避? バイクで障害物に当たらずにクリア 乗車中討伐数? バイクに乗っている間に倒した敵の数に応じてボーナス ノーダメージ 5000 バイクに乗っている間にダメージを受けずにクリア スニーク完遂? 誰にも見つからずに目的地へたどり着く 強行突破? 強行突破でクリア 全員拘束? 見つかることなく全員を拘束するとボーナス 空き缶誘導? 投げた空き缶の音で警戒中の人の注意を引きつける ステルスバインド多発 2500 スニーク中、大勢をステルスバインドさせる 落とさず運搬? 荷物を落とした数が少ないほどボーナス 運搬中のブルーシフト? 荷物を運びながら除染すると人数に応じてボーナス 護衛対象生存? 護衛対象が一切ダメージを受けずにクリア 守りの壁? 護衛中にアックスレギオンのエネルギーフィールドで攻撃を防ぐとボーナス 隠れ場所制覇? 全てのカモフラーずポイントを使い尾行を完遂する 隠れずに備考? 一度もカモフラージュポイントを使わずに尾行を完遂する 全弾命中? 特典がプラスされる的だけを全て射ぬく 集中未使用 1000 集中を一度も使わずに射撃訓練をクリア 汚染除去率ボーナス? 車を移動した回数が36回以下 落下復帰? 何度も落下するとボーナス 残業手当? ケース終了までに時間が掛かった場合にボーナス プレイヤーの休息? 攻略法はコメントで教えていただきました。 動画も上げておきました。 FILE07-2「汚染された警察官」• バリアはFILE11-1の拠点で売っています。 FILE09-4「司令の元へ急行」• 練習するしかありません。 レギオン開放はアームが一番火力が出ます。 FILE10-5「アキラの暴走」• 最初の2戦はアキラの暴走ではないので評価に影響しません。 3戦目が始まったらまずスキルを3種類使います。 次にチェインバインドを成功させます。 あとはジャスト回避とジャストレギオンからのシンクアタックを使います。 共鳴値が貯まったら直ぐに融合して全力で倒します。 融合中は アローレギオンの射撃と同じ操作で飛び道具が使えます。 解説は動画を見てください。 動画と自分のリザルトを見比べると1000点近く減点されていたので、 ちゃんとレギオンを強化してタイムも意識して挑まないと厳しいですね。 FILE10突入直後にチャレンジ 最初の車に乗った偏移体は、後方に張り付いてひたすら通常攻撃。 火炎瓶が見えたら回避を1回はさむ程度のタイミングで倒せるので、レギオンなしの方が早そうです。 逆にその後の飛行型キメラはレギオン必須クラスかなと思います。 動画だと撃破スピードが凄く早いです。 アビリティコードはアームにHP可視化を付けているように見えますが、 他にオススメがあったら教えて欲しいです。

次の

アストラルチェイン 評価S+を取るためのコツ

アストラル チェイン 評価

舞台は近未来都市。 突如地上に出現した異形生物たちにより、地上は汚染され人々に危害を加える事件が多発…! 一般の警察では歯が立たない異形生物に立ち向かうため、主人公は人類が生み出した特殊兵器「レギオン」と共に、特殊部隊の一員として事件解決に向け動き出します。 特殊兵器「レギオン」と連携して敵と戦え。 本作最大の特徴である「デュアルアクション」。 「主人公とレギオンが同じ敵に同時攻撃する」「別々の敵に攻撃する」「レギオンに攻撃を任せ、主人公はアイテムでサポートする」など、主人公とレギオンがさまざまなスタイルで巧みに連携し敵と戦います。 アストラルチェインで過ごす大部分の時間は、特殊部隊として巨大人工島『アーク』周辺の手がかりを探すことに費やされます。 生態兵器『レギオン』の能力を利用しつつマップ上から疑わしい容疑者を探す単純な作業が多いですが、ありがたいことに、都市マップは探索しがいのある十分な広さがある一方で、延々と走りまわされるほど広大過ぎることはありません。 初めは都市部の探索が作業的になるのではと懐疑的でしたが、実際に歩いてみると想像以上に楽しいことが分かりました。 ロンドンをさらに未来テイクにした街並みを犯罪を探してゆったり歩きまわり、時にはサイドクエストでクリーチャーの大群と高アドレナリンのバトルを繰り広げるなどバランスが取れていて満足感があります。 ただ、マップ上のNPCは少し魂の抜けたような存在です。 私が特に満足したのは、アストラルチェインの操作性が非常にシンプルでありながら多彩なアクションができる点です。 本ゲームのハイライトは間違いなく戦闘であり、不器用なボタン操作でも、まるでシルク・ドゥ・ソレイユのような美しいアクロバティックな動きで敵を攻撃することができます。 携帯モードでプレイする分には美麗なグラフィックを維持できますが、画面をダウンスケールすると若干ジャギが目立ちます。 また、フレームレートが30で固定されていることにガッカリする人もいるかもしれませんが、実査にプレイすると全く気になりませんでした。 何にせよ本作は、日常の調査・探査の穏やかさと、カオスなバトルとのバランスがとれており、また非常に多くのゲームプレイ要素が含まれているため何度もプレイしたくなる、非常に満足できるゲームです。 レギオン(生態兵器)は本ゲームの重要な要素の一つであり、戦闘システムに深く関わっているため、使いこなすと敵グループやボスとの戦闘が非常に楽になります。 初めはレギオンの扱いに苦戦するかもしれませんが、慣れてくるにつれてコマンドはより自然になり、戦闘中にはほとんど無意識で扱えるようになります。 アクションの組合せは無数にあり、戦略性は無限です。 アストラルチェインは複数のチャプターに分かれており、各チャプターごとにメインのストーリーミッションに加え、いくつかの緊急ミッション、非緊急ミッションが用意されています。 ストーリー進行上必要のないミッションも多いですが、装備品を揃える点では便利です。 コスチューム、装飾品、カラーなどを開放する隠されたセカンダリミッションも用意されており、探索の楽しさもあります。 なおメインストーリーは30時間ほどで完了しました。 本ゲームは30FPSでスムーズに動作しますが、いかんせん携帯モードではかなりのバッテリーを消費します。 現行モデルでのプレイ持続可能時間は3時間ほどでした。 アストラルチェインはキャラクターデザインが世界観設定とマッチしており、ストーリーも複雑過ぎず没入できるのもでした。 プラチナゲームズが以前までに手掛けたアドベンチャーとは異なり、魅力的で特別な体験ができました。 ジョジョの奇妙な冒険のスタンドのようなレギオンとの共闘は、本ゲームの戦闘の主軸です。 苦労して手に入れたレギオン達と協力して、スキルと能力を駆使しつつ巨大なモンスターを破壊すると満足感が生まれます。 戦闘スタイルやコンボ、使えるスキルなどは非常に多く存在しているため、初めは気が遠くなるかもしれません。 しかし敵も単なるザコではなく、膨大な数、大きなサイズ、または素早い速度でプレーヤーを圧倒しにかかってきます。 また、ある種の条件を満たして倒すボスなども存在するため、プレーヤーのスキルが試されます。 ただ動きに関してはたまに不正確さを感じる部分があります。 例えばレギオンのマウントモードは予測不能な方向に巻き上げられるし、拳銃のコンボは後方へ強制的に反転させられるため、意図せずマップの端から落ちてしまったりすることがあり、フラストレーションを感じることもあります。 人気漫画家 "桂正和" 氏がデザインした魅力的なキャラクターがダイナミックな動きを繰り広げると、視覚的に印象深いアニメーションが完成します。 またゲームの壮大さをさらに補完しているのがサウンドトラックです。 警察本部で流れるグルーヴィーなハウスミュージックは中毒性があり、セーフハウスでの陰鬱なギターメロディーには世界を包み込むカオスからの逃亡を感じられます。 そして線路宇宙の容赦ないメタルロックはボス戦をさらに盛り上げてくれます。 アストラルチェインは、40時間プレイしても未だに、より困難な戦闘に挑んでは新しい動きを試してニヤニヤできる楽しさがあります。 ただストーリ上のセリフはいくつかの定型的な決まり文句で占められていること、ぎこちないほど静かな主人公にはもっと魅力的なキャラ付けができたのではないか、という点で残念です。 戦闘システム自体は練られたものであり、絶えず爆発する画面上での多数のコマンドと情報に慣れるのには時間がかかるでしょう。 また、世界観もオリジナリティに富んだものが創られています。 しかしいくつかの問題を抱えています。 都市の調査パートは退屈。 初めはレギオンの操作方法やゲームプレイングに慣れるという点で有用ですが、すぐに冗長になり、退屈なアクションの組合せのみで行われることになります。 また、ゲーム進行において敵はモンスターだけではありません。 カメラ(操作視点)やターゲッティングの扱いづらさの問題もプレイヤーの忍耐を削っていきます。 そして各フィールドはシナリオ中に差少なくとも2回、一部のフィールドでは3回も再利用されるため、何度も同じ場所を行き来させられ目新しさを失わせます。 フレームレートは30FPSで固定されていますが、3人以上の敵が表示される高負荷な状況では定期的に20FPS未満に低下し、画面上で何が起こっているかを理解しづらくなります。 キャラクターの表情も硬く、ユニークなキャラクターデザインを活かせていません。 特に主人公にはほとんどアイデンティティが感じられないのは認めざるをえません。 本作にはいくつかの失望を感じる点がありましたが、戦闘システムは一度マスターすれば楽しいものになります。 キャラクターのセリフが説明的で陳腐な表現が多い• あくまで現時点の参考としてみてください。 以上が『』の、海外メディアの評価内容の抜粋となります。 いずれのメディアも戦闘システムの斬新さ、戦略性の高さを強く推しており、バトルが楽しいことが伺えますね!また、服装やキャラクターカラーなど、アンロック要素を含んだサブミッションも豊富なようで、マップ探索のやりがいもありそうです。 一部、キャラクターのセリフなどが説明的過ぎて冗長と感じるメディアもありましたが、シナリオ進行自体はテンポの良いものに仕上がっているとのこと。 リリース年• 2019年 88• 2020年 71• 対応機種• iOS・Android 10• PC 107• PS4 109• Switch 74• Xbox One 85• レビュー点数• 49点以下 1• 50点以上 4• 60点以上 17• 70点以上 55• 80点以上 67• 90点以上 11• ジャンル• RPG(ロールプレイング) 32• VR対応 10• アクション 71• アドベンチャー 43• シミュレーション 8• シューティング 24• ストラテジー・戦略 9• スポーツ 9• その他 20• ホラー 9• レーシング 12• 音楽・リズム系 3• プレイ人数• シングルプレイ専用 77• マルチプレイ対応 75• -, , -, , , , , ,• リリース年• 2019年 88• 2020年 71• 対応機種• iOS・Android 10• PC 107• PS4 109• Switch 74• Xbox One 85• レビュー点数• 49点以下 1• 50点以上 4• 60点以上 17• 70点以上 55• 80点以上 67• 90点以上 11• ジャンル• RPG(ロールプレイング) 32• VR対応 10• アクション 71• アドベンチャー 43• シミュレーション 8• シューティング 24• ストラテジー・戦略 9• スポーツ 9• その他 20• ホラー 9• レーシング 12• 音楽・リズム系 3• プレイ人数• シングルプレイ専用 77• マルチプレイ対応 75•

次の