芋焼酎 佐藤。 【ココがお得】芋と麦焼酎の佐藤を定価より安く購入するならどこ?価格で比較

プレミア芋焼酎「佐藤 」

芋焼酎 佐藤

2列目左端は先代社長の佐藤學さん、82歳。 中央が誠さんと寿峻さん。 現在は20~30代が半数以上を占める、笑い声が絶えない元気な蔵だ。 「佐藤酒造」ほど元気な蔵を知らない。 全社員の平均年齢は35歳。 以前からチームで焼酎を造ってきたと豪語するだけあって、結束力が強い。 現在、その中心に座るのは、世に芋焼酎「佐藤」を送り出した四代目佐藤誠さんの長男・寿峻(としたか)さんである。 小さい頃からずっと「蔵の跡取り」と言われて育った寿峻さんは、高校3年生のときに父親の誠さんから、仕込みの間、毎週日曜日は蔵に手伝いに来るようにと言われた。 「ただひたすら一日中掃除をしていただけなんですが、休憩時間や昼食時に集まった社員さんがみんないい人で、すごく生き生きしていたんです。 この人たちとお酒を造る仕事ができるんだったら悪くないなと素直に思いました」 それまで親が敷いたレールの上を進むべきかどうか悩み、進路を決めかねていた寿峻さんが蔵を継ぐことを意識したのは、そのときからだ。 大学は父と同じ東京農大醸造科学科に進み、2014年に卒業。 東京の料亭で丸2年働く。 それは接客の仕事を通して礼儀作法と感受性を身につけてほしいと願う、誠さんの勧めだった。 「仕事はハードでしたが好きでしたね。 お店の敷地が広くて、毎日2万歩から多いときは3万歩は料理を運んで歩きました。 最初の3ヶ月で体重が15㎏減りました」 会うたびにやせていく寿峻さんを心配して、祖父である先代社長が家に呼び戻す。 寿峻さんには、もう少し外で働きたい気持ちもあったが、大学で同じ研究室だった友人がすでに若手杜氏として活躍し始めているのを知り、蔵を継ぐという目標に向かって焦りを感じていた時期でもあったため、家に帰ることに。 「戻ってきたばかりの頃は、会う人ごとに『新銘柄を出さないの』『新しいことをしないの』と言われて、ああ、やっぱりそういうことをしなきゃいけないんだと思っていました。 話題性のあるインパクトのあることをしなければ、自分の名前を売らなくては、と焦っていたんです」 1年目は蔵の中で仕込みをしながら、そんなことを考えて悶々としていた寿峻さんは、2年目に入って積極的に外に出たいと思い、社長に直訴する。 誠さんは言う。 「ある程度仕事を覚えてから、外に出したほうがいいのではないかと悩みました。 何ももたないうちに外に出ても、『何も知らないんだな』と言われるだけ。 けれど、歳をとってから『知りません』とは言いづらいだろうけど、若ければ『すみません、教えてください』と言える、失敗しても立ち直れる。 そのチャンスを親が奪っちゃいけないと思い直しました。 息子が蔵に入ったときに教えてくれる人をたくさんつくるために、自分も今まで真っ直ぐに人と向き合ってきたわけですから、その人たちを信じて外に出そうと思ったんです」 左が「佐藤酒造」四代目佐藤誠さん。 1966(昭和41)年5月8日生まれ、53歳。 東京農大醸造学科卒業後、ソフト制作会社を経て1990(平成2)年に蔵に入り、91年に「白麹仕込 佐藤」を、93年に「黒麹仕込佐藤」を相次いで発売。 「次の世代に渡すのが一番大事な仕事」だと言う。 右が五代目の佐藤寿峻さん。 1991(平成3)年10月15日生まれ、28歳。 東京農大醸造科学科卒業、2016年に佐藤酒造に入社。 「帰ってきてすぐに結婚して、昨年、娘が生まれて、人生の転機が一気に来た感じです。 蔵に入って、息つくヒマもなく5年目に入りました」 飲む人のために焼酎を造るという思い 翌年からは、それまで蔵で働いてきた人たちがずっとつくり上げてきた佐藤酒造の焼酎の立ち位置をまず知ることから始めようと、造りが終わると全国の勉強会やイベントに積極的に参加。 さまざまな声に耳を傾ける。 さらには特約を結んでいる酒販店、そして飲食店、外部の人たちに会って話を聞いた。 それは現・社長の誠さんが長年かけて密に築いてきた信頼関係、その足跡をたどることにもなった。 案の定、まだ経験や知識に乏しかった寿峻さんは痛い目をみる。 何もできない不甲斐なさに肩を落として帰ることも多かった。 そうしているうちに自らに問うたのは、何のために仕事をしなければいけないのか、自分たちの仕事が何のためにあるのか、ということだった。 「それは社長にもさんざん言われてきたことだったんです。 それまで気負って、自分の酒を造ることばかり考えていましたが、そんなことは造りに1、2年入ったくらいでできるもんじゃない。 そのために蔵に帰ってきたんじゃないということに気づかせてもらいました。 仕事をするのは飲む人のため。 目の前の芋ひとつを切るのも、もろみを混ぜるのも、飲む人のために仕事をする。 最終的に飲む人のところで、その酒があったことでどんな時間が生まれるか、会話が生まれるかということで、自分たちは酒を造っているんだと。 そこに向かって仕事をしているのが、うちの蔵の強みなんです。 そのときに初めて、蔵を継ぐ決心が定まりました」 ちょうど10年前に、本誌(月刊dancyu2009年9月号)の焼酎特集記事で誠さんはこう話している。 蔵の中でも、外に向かっても。 高校生の息子がいつか蔵に入るとき、周囲で彼の先生になってくれる人がたくさんいます。 それを考えると、ああ、この蔵の将来が楽しみだなあ、と思えるんです。 次の代が自ら獲りに行かないと、得られるものなんてないんです。 人との信頼関係は特にそう。 一瞬一瞬を積み重ねて、人がどう評価しようが、自分でわかって納得していればいい。 それが自然に人となりとなって、信頼関係は出来上がっていくと思う」 誠さんの言葉は静かに心に響く。 それは焼酎の新時代を切り拓いてきた重みだろう。 「佐藤」が誕生して30年近く。 以前に比べれば作業効率も上がり、芋の下処理から蒸留機のバルブの操作まで、細部にわたって造りは少しずつ進化してきた。 それでもまだこうして、旨い焼酎を造ろうともがいている。 寿峻さんは続ける。 「本当に外の人たちが先生です。 うちの蔵は自分たちが旨いと思うものを造って、それを世に出して問うという姿勢です。 だから蔵人が若返れば、旨いと思う焼酎も変わってきます。 僕は『佐藤』を30年の銘柄で終わらせたくない。 さっき社長は『渡せるものなんてひとつもない』と言ったけれど、長年ずっと時間をかけて働きかけてくれたおかげで、やっとスタートラインに立って仕事ができるチームが出来上がった。 そのチームで精度を高めてもっと旨い酒を造ろうというところに向かっているから、今、とても楽しい」 そうした思いこそが「『佐藤』はぶれない」という、世の評価を生んでいるのだろう。

次の

黒麹仕込みのプレミア焼酎「佐藤 黒」その人気の秘密に迫る!

芋焼酎 佐藤

かめ壺焼酎 森伊蔵 正規販売価格とあまりに差があるプレミア&オークション価格は、製造元も関係者も悩みの種だろうし、消費者としても、高くて買いにくい焼酎なんて飲んでられるか!と怒りも爆発させたくなる。 だけど、心のどこかで気になってしまうのは焼酎好きの心情だし、チャンスがあれば飲んでみたい気持ちもチラチラ沸いてくる。 辛いね。 ただ、この焼酎とは思えない突拍子もない金額で、焼酎を知らない人へおいしい焼酎の存在を知らしめたわけだし、「安酒、労働者の酒、臭い酒」というマイナスイメージだった芋焼酎の印象をぐぐっとアップしてくれたのも、このプレミア焼酎のおかげだ。 このランキングでは、ガイド個人の好みも含めて、今新たに幻の芋焼酎5銘柄を見直してみたい。 5位:かめしこみ 八幡 ろかせず 35度 明治40年創業。 薩摩半島の南部、南九州市川辺町の高良酒造は、ルーツは神主という家族のみで芋焼酎を造る小さな蔵元。 ただし、焼酎の名前は全国、いや、いまや世界の焼酎ファンが知るところだ。 もっとも良質のサツマイモが出来るこの地域の厳選した芋と、米(八幡はタイ米も使用)と、敷地内から沸き出でる新鮮な湧き水を使い、一次仕込みも二次仕込みもすべて甕による仕込みで、丁寧に、生真面目に造られる。 メインは「八幡(はちまん)」だが、白麹仕込みで、無濾過、アルコール度35%で仕上げたのが「八幡 ろかせず」だ。 普通は濾過することによって雑味や臭みなどを取り除くのだが、この八幡は仕込み・蒸留・熟成の段階で、キメ細やかな手間をかけることで清らかでピュアな味わいに仕上げられる、ゆえに、無濾過でも芋本来の旨味や甘味、コクといったものが十分に楽しめるのだ。 これもひとえに、現当主高良氏の造りにおける技と感覚によるものなのだろう。 アルコール35度だが、まろみとなめらかさがあり、ストレートでもいける。 おいしい水で割ったお燗もしびれるほどうまい。 「ろかせず」の市場価格は、720mlで5,000円~10,000円。 1800mlで10,000円~20,000円ほど。 ちなみに、普通の「八幡」も、定価は900mlで1,000円前後、1800mlで2,000円前後だが、倍以上のプレミアがついている。 さらに、めったに見かけない「長期熟成 古八幡(いにしえはちまん)」アルコール37度は、720mlで、15,000円。 かの西郷隆盛が愛した焼酎としても知られる。 「薩摩茶屋」が主要銘柄。 3代目当主であり、焼酎造りの天才といわれる村尾寿彦氏が、原料調達から、仕込み、蒸留、配達まですべてを1人で賄っている。 ゆえにその生産量は限られ、おのずと手に入れにくい焼酎となった。 黄金千貫と白豊を使用、黒麹仕込みで造られた、落ち着いた香りと洗練されたなかにも芋本来の自然な甘さやまろやかさを合わせもつタイプ。 アフターに芋らしい甘いフレーヴァーが心地よく残る。 お燗がいいか。 これは、数年前の利き酒の印象だが、常に味わいは変化と向上を続けている。 「森伊蔵」「魔王」とで「3M」と呼ばれる。 正規価格は2,300円前後だが、市場価格は、1800mlで13,000円~20,000円程度。 900mlサイズもあるがあまり出回っていないようだで10,000円~15,000円程度。 ANA専用限定品720mlもある。 青の箔文字が印象的な750mlもある。

次の

焼酎「佐藤」なら「麦」が高コスパでおすすめ!

芋焼酎 佐藤

プレミア焼酎「佐藤」とは 焼酎の中には価格や入手難度、味わいなど様々な要因から「プレミア」と呼ばれる特別な銘柄があります。 その中でも特に人気な銘柄の焼酎「佐藤」 佐藤には「白」「黒」「麦」の3種が存在しています。 この記事では 大人気佐藤シリーズの一角を担う芋焼酎「佐藤の白」に焦点を合わせて紹介します。 明治39年(1906年)創業。 焼酎の聖地ともいえる鹿児島県の霧島市に蔵を構えています。 決して大きな蔵ではなく、焼酎の大量生産こそしないものの、一本一本にこだわりをもって焼酎造りに真摯に向き合っています。 大人気プレミア焼酎「佐藤の白」はまさしく佐藤酒造の技術と誠意の結晶なのです。 プレミア芋焼酎「佐藤の白」について プレミア焼酎「佐藤 白」、正式名称は「白麹仕込 佐藤」です。 原料のサツマイモには芋焼酎の定番、黄金千貫を使用。 その名の通り白麹で仕込んであり、同シリーズの芋焼酎「佐藤の黒」と比べてスッキリと飲みやすいテイストが人気です。 【芋焼酎】佐藤 白黒セット 720ml リンク プレミア芋焼酎「佐藤の白」は口当たりが柔らかく、やさしい甘さが特徴です。 香りは、芋焼酎独特の臭みがなく、スウィーティ-な芋の甘い香ばしさ。 クセがなく、芋の旨みやコクがしっかり感じられる味わいの芋焼酎になっています。 同シリーズの芋焼酎「佐藤の黒」とは違いがはっきりしていて 甘い香りとライトで飲みやすいのが「白」 骨太でガツンとした芋の香りが「黒」 と覚えましょう。 プレミア芋焼酎「佐藤の白」おすすめの飲み方 プレミア焼酎「佐藤の白」のおすすめな飲み方はロックかお湯割りです。 ロックにすると冷たい喉ごしと「佐藤の白」の持つコクが存分に楽しめます。 そしてとくにおすすめなのはお湯割り。 芋のふくよかな香りとやさしい味がふんわりと口の中に広がります。 お湯割りが合う焼酎といえば骨太な芋焼酎が多いですが、プレミア焼酎「佐藤の白」はお湯割り芋焼酎のそんなイメージを全く変えてくれますよ。 まとめ いかがでしたか? プレミア焼酎「佐藤の白」はスッキリ飲みやすく、それでいて芋の旨みとコクがしっかり残った実力のある白麹の芋焼酎です。 飲みやすい芋焼酎は近年たくさん売られていますが、芋らしさに物足りなくなったりした場合には是非「佐藤の白」を試してみてください。

次の