ミルダム 通報。 【DQR】【話題】某所でライバルズやってるやつ終了ってマジ!?w

ゲーム配信サイト「Mildom(ミルダム)」に応募してみた話(応募から審査結果通知までの流れ)

ミルダム 通報

2019年9月末にスタートしたばかりのライブ配信プラットフォーム「Mildom(ミルダム)」。 吉本興業の芸人によるゲーム配信「吉本自宅ゲーム部」や、プロゲーマーのウメハラ選手が所属するeスポーツチーム「Team Beast」とのスポンサーシップ契約などで、最近注目を集めています。 動画配信プラットフォームが乱立する群雄割拠のなか、最後発のミルダムはどのような施策で勝機を見いだしていくのでしょうか。 DouYu Japan Deputy CEO兼CAOの長瀬太陽氏に話を聞いてきました。 長瀬太陽氏(以下、長瀬):ミルダムは、ゲーム実況やeスポーツ大会など、ゲームコンテンツを中心とした配信サービスです。 高画質、低遅延を打ち出しており、「配信者も視聴者もストレスのないプラットフォーム」になることを心がけています。 長瀬:現在ミルダムでは、広告を導入していないので、配信者の収益は投げ銭(ギフティング)とサブスクリプション、時給サービスの3つ。 ギフティングやサブスクリプションは、動画配信者にファンがついて初めて得られる収入なので、ハードルは高めでしょう。 すでに終了していますが、1時間の配信で500円の報酬を提供する応募制の「時給システム」を、ゲーム配信のきっかけになればと考えて、サービス開始当初に導入しました。 現在は一部の配信者に限定して実施しています。 最初は時給ではじめて、だんだんと人気が出てきたら、ギフティングやサブスクリプションの収入を見込めるようになる流れを考えています。 長瀬:視聴のノイズになると考えているためです。 好きな動画を見ているときに途中で広告が入ると気分が下がってしまいますよね。 ただ、この先まったくやる予定がないかというと、そうではありません。 もし、ノイズにならない広告手段などがあれば、導入もあり得ます。 また、直接金銭が発生するものではないですが、配信者を支援する意味で、配信者と一緒にオンラインイベントをやってみようと考えています。 お金やノウハウがないためにイベントを開催できない配信者の後押しになればと。 配信者と視聴者をつなげるために、視聴者にコインをプレゼントできる「福引き」などの機能を用意しました。 これらの機能を使うと、配信者と視聴者でコミュニケーションする機会が生まれるため、配信動画をより盛り上げられればと、期待しています。 長瀬:細かい日程までは決まってませんが、かなり早い段階で出していきたいです。 ミルダムの魅力の1つは、開発力と開発スピード。 配信者や視聴者などユーザーの意見をいち早く取り入れ、反映させることができます。 そのうえで、ゲームに特化した理由を教えてください。 長瀬:確かに6月22日に発表した「吉本自宅ゲーム部」にしても、吉本興業の芸人さんがゲーム以外のこと、本業に近いことをすればもっと簡単に視聴数を稼げるかもしれません。 しかし、ゲームにはポテンシャルがあると思っています。 ご存知の通り、北米や中国はゲームが巨大市場になっており、それに見合った視聴数がゲーム動画配信についています。 ですが、日本はゲーム市場の大きさのわりに配信の視聴数が少ない。 このギャップは解消される可能性がありますし、解消できたらまだまだ大きく視聴数が伸びるでしょう。 また、配信者目線でいうと、ゲーム配信は動画配信の中でも企画としてはかなりハードルが低いんです。 動画配信を始めようと思ったら、まずどんな動画を配信すればいいのか考える必要がありますよね。 オリジナルの企画から考えるとなると、多くの人に見てもらえる動画を作るのは、ハードルが高い。 しかし、ゲーム配信であれば、ゲームをプレイしている様子を配信するだけですし、配信者のことを知らなくても配信しているゲームのファンであれば観てもらえる可能性があります。 なので、これから動画配信を始める人にはゲーム配信はやりやすいんですよ。 最初は音声を入れずに、ただゲームのプレイ画面を流すだけでも、とりあえずコンテンツとしては成り立ちますので。 もちろん、ゲーム配信が中心ですが、あくまでも軸。 マストではありません。 ゲーム配信をメインとしつつ、たまに雑談を配信したり、料理動画を配信したりする人もいます。 長瀬:市場が大きくなってくると、何かしらの問題は発生してしまうものだと考えています。 もちろん、配信者と契約するときは、きっちりと話をさせていただいています。 基本的にゲームのIPホルダーのレギュレーションにあわせていますし、ミルダム独自の規約もあります。 毎日大量の動画が配信されるので、すべてを目視でチェックできているわけではないですが、規約違反がないかチェックするようにしています。 長瀬:やはりスターが誕生してくれることでしょう。 ミルダムをプラットフォームとして配信する配信者やゲームプレイヤーからスターが出現することに期待したいですね。 こちらとしてはスターが登場する土壌を作り、大会などの競技シーンを多くの人に伝えられればと思っています。 これは言語の壁が大きいと言われていますが、その点はいかがでしょうか。 長瀬:そこは課題だと思っています。 ストリーミング配信で、リアルタイム翻訳の機能ができるかなど、いろいろ考えていますが、現状ではまだ難しいのが正直なところです。 長瀬:日本のゲームコミュニティにしっかり寄り添っていきたいですね。 機能面や使い勝手、日本人好みのサービスを展開していく予定です。 あとは、日本のeスポーツチームやeスポーツプレイヤーにフォーカスし、さまざまなコンテンツを作っていきたい。 先ほども言いましたが、機能面では、まだ日本のライブ配信サービスで採用されていないサービスの導入も考えています。 ライブ配信サービスは、コンテンツと機能の両方がそろっている必要があるので、どちらも拡充していければと。 外部サイト.

次の

ゲーム配信サイト「Mildom(ミルダム)」に応募してみた話(応募から審査結果通知までの流れ)

ミルダム 通報

ラインやメール、電話などの通知が出ないように通知をオフ、もしくは「おやすみモード」を推奨 一切、プライベートで使用していない、配信をするためだけのiPhoneやiPadがあるのであれば良いのですが、ほとんどの人はプライベートと兼用でスマホ配信をしようとしていると思います。 ここで心配なのが個人情報の流出です。 配信中はスマホの画面に表示される内容が全て配信画面に映し出されます。 ゲームの通知くらいであれば大丈夫でしょうが、知人からの電話やラインだとマズイです。 通知のポップアップ、バナーに内容が表示されるようにしていたら視聴者に丸見えになってしまいます。 プライバシーを守るためにも配信中は通知が来ない、表示されないようにしておいたほうが無難です。 お使いのスマホで通知が表示されない設定を調べてみましょう。 iPhoneならおやすみモードが無難ですかね。 おやすみモードも着信の回数によっては表示されてしまう設定があるので一度、設定内容を確認されることをオススメします。 自分だけでなく、知人、家族にも迷惑をかけることになるかもしれませんので。 配信を始める前に確認する癖をつけましょう。 スマホ配信中も配信が途切れていないか、コメントが無いか自分の配信画面をPCか予備のスマホでチェック スマホ配信中はそのスマホの画面ではゲーム画面しか見れなくなります。 自分の配信が途切れていないか、ちゃんと映っているかを配信画面をPCか、余ってるスマホをWi-Fiに繋げてでも確認しながら配信したほうがいいと思います。 たまに他の人の配信を見に行くと、画面が真っ暗になっていたり、止まってるのに気づかないまま配信し続けてる人がいます。 その状態だと誰か見に来てくれてもすぐ退室されてしまうと思うので勿体ないです。 それにコメントもチェックしながら配信しないといけませんからね。 コメントを見るだけなら古いPCでも大丈夫ですので確認しながら配信しましょう。 マイクの音量に比べてゲームの音量が大きすぎないか、ゲームの音量はかなり小さめで大丈夫 PCからゲーム配信をする場合はゲームとマイクの音量バランスを調整しやすいのですが、スマホだと大変です。 誰かの配信を見に行くとアプリのゲーム音量が大きすぎて何を喋ってるのか聞こえない人がいます。 どうしても普段遊んでる時の音量そのままでスマホ配信をしてしまうと、ゲーム音がマイク音に比べて大きくなりすぎてしまいます。 例えばiPhoneでは配信時のマイク音量の調整はできなかったのでゲーム側の音量を下げてあげる必要があります。 目安としてはかなり小さめをオススメします。 どうしてもiPhoneの場合はマイクの音量が小さいのでこれくらい下げないとゲーム音に負けてしまいます。 ゲームを選ぶときはBGMやSE、ボイスの音量を調整できるゲームを選ぼう 先ほど話した音量バランスの件に繋がりますが、BGMやSE、キャラクターボイスを下げないとマイクの声が聞こえません。 そのためにはゲームの音量を調整できるゲームを選ぶ必要があります。 最近は音量を細かく調整できるゲームが増えていますが、昔のゲームの移植などは音量調整ができないものがあります。 音量の設定はあるけどオンオフしかないものなど。 FF9は細かい音量調整ができない 例えばFF9は音量の調整がオンかオフしかありません。 そのままスマホでやろうとするとマイク音が小さすぎて声が聞き取れない状態でした。 スマホ配信でやるのであれば、せめてBGMの音量は細かく変更できるものを選んだほうがいいかと思います。 デュエプレは細かい音量調整ができる 上の画像はデュエルマスターズプレイスの音量調整ですが、これくらい小さくしてマイク音とのバランスがちょうど良くなります。 (声の高さなど個人差はありますよ) 特に声が低めの人はゲームの音量に注意です。 手軽で楽しいスマホ配信を! ミルダムのアプリを使えばスマホからでも手軽に配信が可能です。 ただ、スマホというプライバシーの塊を使うので注意して行ってくださいね。 あと音量バランスについては配信前に画面収録の録画機能を使って、ゲーム音とマイク音のバランスを確認するといいかもしれません。 配信が始まってしまうと焦ってしまう人もいると思いますので。 私もミルダムにて配信を行っています。 フォロバさせていただきますので、お気軽にフォローいただけたらなと思います。 以上です。

次の

ゲーム配信サイト「Mildom(ミルダム)」に応募してみた話(応募から審査結果通知までの流れ)

ミルダム 通報

2019年9月末にスタートしたばかりのライブ配信プラットフォーム「Mildom(ミルダム)」。 吉本興業の芸人によるゲーム配信「吉本自宅ゲーム部」や、プロゲーマーのウメハラ選手が所属するeスポーツチーム「Team Beast」とのスポンサーシップ契約などで、最近注目を集めています。 動画配信プラットフォームが乱立する群雄割拠のなか、最後発のミルダムはどのような施策で勝機を見いだしていくのでしょうか。 DouYu Japan Deputy CEO兼CAOの長瀬太陽氏に話を聞いてきました。 長瀬太陽氏(以下、長瀬):ミルダムは、ゲーム実況やeスポーツ大会など、ゲームコンテンツを中心とした配信サービスです。 高画質、低遅延を打ち出しており、「配信者も視聴者もストレスのないプラットフォーム」になることを心がけています。 長瀬:現在ミルダムでは、広告を導入していないので、配信者の収益は投げ銭(ギフティング)とサブスクリプション、時給サービスの3つ。 ギフティングやサブスクリプションは、動画配信者にファンがついて初めて得られる収入なので、ハードルは高めでしょう。 すでに終了していますが、1時間の配信で500円の報酬を提供する応募制の「時給システム」を、ゲーム配信のきっかけになればと考えて、サービス開始当初に導入しました。 現在は一部の配信者に限定して実施しています。 最初は時給ではじめて、だんだんと人気が出てきたら、ギフティングやサブスクリプションの収入を見込めるようになる流れを考えています。 長瀬:視聴のノイズになると考えているためです。 好きな動画を見ているときに途中で広告が入ると気分が下がってしまいますよね。 ただ、この先まったくやる予定がないかというと、そうではありません。 もし、ノイズにならない広告手段などがあれば、導入もあり得ます。 また、直接金銭が発生するものではないですが、配信者を支援する意味で、配信者と一緒にオンラインイベントをやってみようと考えています。 お金やノウハウがないためにイベントを開催できない配信者の後押しになればと。 配信者と視聴者をつなげるために、視聴者にコインをプレゼントできる「福引き」などの機能を用意しました。 これらの機能を使うと、配信者と視聴者でコミュニケーションする機会が生まれるため、配信動画をより盛り上げられればと、期待しています。 長瀬:細かい日程までは決まってませんが、かなり早い段階で出していきたいです。 ミルダムの魅力の1つは、開発力と開発スピード。 配信者や視聴者などユーザーの意見をいち早く取り入れ、反映させることができます。 そのうえで、ゲームに特化した理由を教えてください。 長瀬:確かに6月22日に発表した「吉本自宅ゲーム部」にしても、吉本興業の芸人さんがゲーム以外のこと、本業に近いことをすればもっと簡単に視聴数を稼げるかもしれません。 しかし、ゲームにはポテンシャルがあると思っています。 ご存知の通り、北米や中国はゲームが巨大市場になっており、それに見合った視聴数がゲーム動画配信についています。 ですが、日本はゲーム市場の大きさのわりに配信の視聴数が少ない。 このギャップは解消される可能性がありますし、解消できたらまだまだ大きく視聴数が伸びるでしょう。 また、配信者目線でいうと、ゲーム配信は動画配信の中でも企画としてはかなりハードルが低いんです。 動画配信を始めようと思ったら、まずどんな動画を配信すればいいのか考える必要がありますよね。 オリジナルの企画から考えるとなると、多くの人に見てもらえる動画を作るのは、ハードルが高い。 しかし、ゲーム配信であれば、ゲームをプレイしている様子を配信するだけですし、配信者のことを知らなくても配信しているゲームのファンであれば観てもらえる可能性があります。 なので、これから動画配信を始める人にはゲーム配信はやりやすいんですよ。 最初は音声を入れずに、ただゲームのプレイ画面を流すだけでも、とりあえずコンテンツとしては成り立ちますので。 もちろん、ゲーム配信が中心ですが、あくまでも軸。 マストではありません。 ゲーム配信をメインとしつつ、たまに雑談を配信したり、料理動画を配信したりする人もいます。 長瀬:市場が大きくなってくると、何かしらの問題は発生してしまうものだと考えています。 もちろん、配信者と契約するときは、きっちりと話をさせていただいています。 基本的にゲームのIPホルダーのレギュレーションにあわせていますし、ミルダム独自の規約もあります。 毎日大量の動画が配信されるので、すべてを目視でチェックできているわけではないですが、規約違反がないかチェックするようにしています。 長瀬:やはりスターが誕生してくれることでしょう。 ミルダムをプラットフォームとして配信する配信者やゲームプレイヤーからスターが出現することに期待したいですね。 こちらとしてはスターが登場する土壌を作り、大会などの競技シーンを多くの人に伝えられればと思っています。 これは言語の壁が大きいと言われていますが、その点はいかがでしょうか。 長瀬:そこは課題だと思っています。 ストリーミング配信で、リアルタイム翻訳の機能ができるかなど、いろいろ考えていますが、現状ではまだ難しいのが正直なところです。 長瀬:日本のゲームコミュニティにしっかり寄り添っていきたいですね。 機能面や使い勝手、日本人好みのサービスを展開していく予定です。 あとは、日本のeスポーツチームやeスポーツプレイヤーにフォーカスし、さまざまなコンテンツを作っていきたい。 先ほども言いましたが、機能面では、まだ日本のライブ配信サービスで採用されていないサービスの導入も考えています。 ライブ配信サービスは、コンテンツと機能の両方がそろっている必要があるので、どちらも拡充していければと。 外部サイト.

次の