敷布団 買い替え。 布団の寿命?敷布団と掛け布団の買い替え時とは。値段によって違う?

敷布団の寿命は?買い替え時期を見極める方法は?

敷布団 買い替え

紹介内容• 敷布団の寿命目安 中身の素材別 敷布団の寿命は敷布団に使用されている中身の素材に大きく左右されます。 最近では耐久性を上げるために様々な素材を組み合わせている敷布団も多く、一概に寿命の年数を決めることはできません。 それでも素材ごとにある程度の耐用年数は決まっているので、それを目安にそれぞれの素材の敷布団の寿命を見ていきたいと思います。 木綿の産地や製法などによって弾力性や耐久性は異なるため、寿命に幅があります。 使用に合わせてだんだんと硬くなり、場合によってはフェルトのようになってしまいます。 羊毛と他素材の組み合わせ、配合量によって寿命は大きく異なります。 多くの空気を含む素材なので、お手入れ次第では長くフカフカのまま使用できます。 耐久性もあり、上手に使用することができれば10年近くも持つ優れものです。 トルマリンを含有していることによって素材の耐久性が変わることはありません。 敷布団の打ち直しにかかる料金目安 敷布団によっては打ち直しをすることによって、新品のように生き返るものもあります。 打ち直しは日本ならではの布団に用いられるリサイクル方法で、中の何層にもなっている綿を一度すべて1枚1枚分離させ、整え、再度敷布団として縫製する方法です。 打ち直しは敷布団の中の綿だけを使用する場合もあれば、新たに綿を増量する場合もあります。 料金は新しい敷布団のおよそ3分の2程度の料金が目安です。 もちろん、店舗によって料金は様々なので、ふとん店に問い合わせてみることが大切です。 また打ち直しできる素材には、ふとん店によって異なるものの、主に木綿、羊毛、真綿などがあります。 敷布団を買い替えるケースには、汚れがひどい場合、カビがひどい場合、へたりがひどい場合、体に痛みが出る場合などがあります。 何度も打ち直しをしていて、中の素材自体に劣化が現れているような場合には打ち直しができなくなっているので、そういう場合も買い替えの検討が必要です。 敷布団の買い替えと 打ち直しはどっちがお得? 打ち直しができる敷布団を使用している場合、敷布団を買い替えるのと打ち直しに出すのとどちらがお得なのか考えてしまうものです。 敷布団の打ち直しには1万円前後かかるので、場合によっては買い替えた方が安いものもあります。 例えば今使用している敷布団がとても5万も以上もするような高額のもので、品質もすごく良いものの場合、打ち直して使用する方が断然お得です。 打ち直しの回数に限りがあるように思いますが、実は打ち直しには限度はなく、打ち直しの都度古くて使い物にならなくなった短い綿は廃棄され、新しいものが足されるので無限に利用できるというわけです。 打ち直しのたびに常に新品になっているといっても過言ではないので、また新たに何万円もする敷布団を買うのであれば、打ち直しの方がお得です。 しかし、今使用している敷布団が1万円前後の安い敷布団の場合は、買い替えてもいいかもしれません。 安い敷布団はやはり値段相応の寝心地でしかないため、耐久性もさほどありません。 敷布団を打ち直しに出すのが面倒だという場合には、耐久性がさらに高く、寿命がもっと長いマットレスを検討してみるのもおすすめです。

次の

敷布団の人気おすすめランキング15選【コスパの良い商品も紹介】

敷布団 買い替え

敷布団の寿命について聞かれて、的確な年数を答えられる方は少ないと思います。 ホームセンターなどで購入した製品は 5年程度、専門店で作られた高級敷布団でも 10年程度で限界が来るといわれています。 寝具の寿命というのはあまり知れ渡っていないので、年数に関係なく使用不可能になってから処分する場合が多いようです。 寿命は素材によって3年~15年程度と幅があります 敷布団の大体の寿命はわかりましたが、例えば羽毛布団と低反発布団が同じ価格帯だから、同じくらいの寿命かというと、そういうわけではありません。 寿命を左右するポイントとして、高級なものか低価格なものかという値段だけでなく、 使われている素材が大きく関係しています。 敷布団の素材として代表的なものとして、木綿、真綿、羊毛、キャメル、化学繊維、ウレタン、高反発などがあげられます。 それぞれの特徴とふまえて、寿命および買い替えの目安について解説します。 木綿の寿命は打ち直しをしていれば15年程度 木綿とは英語では「コットン」、日本語では「綿」のことを指します。 アオイ科の「ワタ」をいう植物の黄色い花につくられるコットン玉が、乾燥によって割れてふわふわの綿の塊になります。 それを人間の手によって加工したものが木綿です。 日本に伝来したのは室町時代といわれ、江戸時代には全国に流通していたとされています。 日本特有の湿度の高い気候で育つ植物からできた天然素材の木綿。 吸湿性の高さが魅力な半面、放湿性が弱点といわれています。 日干しして布団の中にこもっている湿気を放出する方法が、綿のボリュームを保つ効果があるとされています。 製品の性質上、手ごたえとして重さを感じることがあります。 3年前後で打ち直しを行えば、15年程度使用可能な耐久性の高い素材と言われています。 ちなみに、打ち直しとは汚れやほつれなどの劣化が目立つ布団を、専門業者や職人さんの技術で 新品に近い状態まで蘇らせる方法を指します。 掛布団では5年程度、敷布団では3年程度で打ち直しを行うのがおすすめです。 また、木綿の敷布団の打ち直しは3回程度まで可能とされています。 買い替えの目安としては、中綿が固くなってきた、塊になってきた、 ボリュームが低下してきたなどのポイントに注目して、買い替えをご検討下さい。 真綿は5年程度で買い替えを 真綿(まわた)とは、木綿(いわゆる綿)とは全く違う素材です。 綿が植物から加工する天然素材であるのに対して、真綿は虫である蚕の繭から加工する動物性の繊維です。 蚕が糸を吐き出してつくった繭を煮て、人間の手で引き伸ばし、乾燥させて真綿ができあがります。 ちなみにその真綿を紡いで織ると、絹、つまりシルクになります。 柔らかさと保湿性の高さが魅力の真綿は、昔から布団や防寒着に使われていました。 素材の性質上、真綿を使って作られた製品は高価なものが多いのが特徴です。 木綿が日本に入ってくるまでは、「綿」というと真綿のことを指していましたが、 現在では「綿」というと木綿のことを指す場合がほとんどです。 寿命の目安としては5年を目途に傷んでいる箇所を確認して、ひどければすぐに買い替えるのが一般的なようです。 寝心地や手触りは極上と評判ですが、実は耐久性に不安要素がある場合が多く、寿命は木綿と同様に5年程度とされているようです。 素材自体が高価であるため、打ち直しを受け付けている業者は少ないようです。 ケアとしては、ドライクリーニングなら可能だとされています。 木綿同様に、中綿が固くなってきた、塊になってきた、 ボリュームの低下などに気が付いたら、買い替えをおすすめします。 羊毛は状態をチェックして7年以内には新しいものにチェンジ 羊毛は、セーターなどでよく耳にする「ウール」のことです。 羊毛の敷布団の特徴としては、 吸湿性が高くさらっとした寝心地が魅力です。 軽くて上げ下げしやすい半面、クッション性はやや低いので、マットレスの併用が推奨されています。 1~2時間程度の陰干しで湿気を放出することで、長く清潔に使用できます。 羊毛の性質上、日干しすると黄色く変色するので、陰干しでケアしてくださいね。 ドライクリーニングは可能な製品が多いようです。 寿命としては、7年といわれていますが、へたり具合がすぐに気になる製品なので、ボリュームを求めるのであれば打ち直しや買い替えをおすすめします。 買い替えの目安としては、 弾力の低下、ふとんの湿気感、中の毛がダマになっている、縫製のほつれなどに注目して、使用可能か定期的にチェックすることが大切です。 高級なキャメルは10年と長く使用可能 キャメルの敷布団には、モンゴルなどに生息するフタコブラクダから収集したらくだの毛を使用するケースが大半なようです。 らくだの毛自体が希少なので、キャメル製品は自然と高価なものが多くなります。 キャメルの敷布団は 知る人ぞ知る高品質寝具で、日本ではあまり一般的ではないようです。 毛の特徴としては、形状記憶能力が高いといわれ、適度な硬さがあります。 羊毛と同様に厚みが物足りないことがあるので、マットレスとの併用がおすすめです。 放湿性に優れていて、羊毛に比べて1.6倍の放湿性があるといわれています。 寿命は10年といわれており、メーカーによっては打ち直しが可能です。 打ち直しができないものは、寿命と同じく10年程度で買い替えをご検討ください。 目安としては、ほつれ、毛の吹出、 ボリューム低下、匂いなどの劣化がみられるようになったら、買い替え時とされています。 安価な化学繊維は早めに新調するのがおすすめ 化学繊維、特にポリエステルの敷布団は、大手量販店やホームセンターなどで比較的 低価格で提供されています。 弾力のあるクッション性や、へたりに強いとされているのが特徴です。 抗菌加工や防ダニ効果を施せる場合が多いので、清潔に使いたい方には魅力的な素材です。 寿命は3年程度とされています。 目安としては、素材がぺたんこになってしまっている、寝転がると体が床についている感触があるなどと感じたら、一度買い替えをご検討ください。 低反発ウレタンは汚れやへたり具合を要チェック ウレタンは合成樹脂をスポンジのように加工した素材です。 低反発などで使用されることが多く、抗菌加工や防ダニ加工がしやすいのが特徴です。 素材の性質上、水に弱いため丸洗いが難しいとされています。 ウレタンの表面に汚れが付かないよう、はっ水タイプのカバーを使用するのがおすすめです。 寿命としては5年程度といわれてますが、汚れが気になったり、へたりや弾力の低下を感じたら年数に関わらず買い替えるタイミングです。 耐久性の高い高反発は10年程度で買い替えを 高反発の製品はメーカーによって独自開発されているため、使用されている素材としてはウレタンであったり樹脂であったりと様々です。 低反発のものとの違いは、 体圧分散性が高く反発力が強いという点です。 弾力性は高級マットレスのスプリングをイメージされるといいかと思います。 高反発の中でも特に樹脂製のものに関しては、網目が粗いので丸洗いができたり、制菌加工がされている製品もあり、清潔に使いたい方にはぴったりの素材です。 そんな高機能な樹脂製の高反発敷き布団の代表格として、 くじめ屋の「すごい敷き布団」をもう少し後でご紹介します。 価格により寿命に差が出る場合もありますが、たいていの製品は 10年程度といわれています。 表面にへたりやへこみを見つけたり、寝返りの打ちづらさなどを感じたら、買い替え時の合図とされています。 掛布団は細かくケアして長く使いましょう 羽毛はふわふわ感の減少が買い替えのサインです 羽毛布団にはダウンとフェザーの2種類があり、軸のある羽根のフェザーより、綿毛のダウンの方が高価なものとされています。 ダウンが50%以上含まれるものを羽毛布団、フェザーが50%以上含まれるものを羽根布団と呼びます。 寿命としては、途中でクリーニングやリフォームを行ったとしても、 最長で10年程度とされています。 ボリュームの低下をはじめ、布団生地の汚れ、さらには傷みが目立てば、基本的には買い替えがおすすめです。 真綿は5年に一度、症状のチェックが必須 敷布団の素材としても紹介しました真綿は、掛布団にも多く取り入れられている素材です。 中綿が固くなってきた、塊になってきた、ボリュームの低下などの症状に注意してください。 寿命としては、5年程度で、定期的に傷んでいる箇所を確認して、ひどければ買い替えが推奨されています。 打ち直しは不可能な場合が多く、ドライクリーニング可能な製品も販売されているようです。 木綿は打ち直しでケアして長く使えます 真綿と同じく、敷布団の素材としても紹介しました木綿ですが、掛布団の使用感としては重量感が気になる方もいるようです。 5年前後で打ち直しが可能ですが、打ち直しは最大3回程度までとされています。 定期的に打ち直していれば 15年程度使用可能と、敷布団と同じくらいの寿命ですが、掛布団は体の上に掛けて使うので、体重や摩擦で消耗が激しい敷布団より長持ちするケースが多いようです。 ボリュームの低下、日干ししてもボリュームが戻らない、重く感じるなど感じたら買い替え時といわれています。 日干し厳禁の羊毛は7年で見直しを 羊毛は日干しすると黄色く変色するので注意が必要です。 寿命は敷布団と同じく 7年程度といわれています。 弾力が減った、寝た後の布団が湿気っぽい、中の毛がからまってダマになっている、縫製のほつれなど気になる箇所があれば、打ち直しを検討するか、買い替えた方がいいでしょう。 ポリエステルなど化学繊維は安いからこそ、数年で買い替え可能 化学繊維の掛布団は、ぺたんこになってしまっている、首元がすーすーするなどの症状が見られれば、買い替えを検討してください。 3年程度使い続けていれば、新品に変えることをおすすめします。 マットレスは高品質なものでも10年で買い替えを 高反発のマットレスは、高反発敷布団と同様に、 10年程度が寿命とされています。 表面のへたりやへこみ、寝返りの打ちづらさなどを感じたら買い替えがおすすめです。 ウレタンのマットレスは、寿命としては 5年程度とされています。 洗浄が出来ないので汚れが気になったり、へたりや弾力の低下を感じたら買い替えるいいタイミングでしょう。 スプリング式のマットレスでは、寝返りの回数が増えたり、寝ている時に体(特に腰)にスプリングが当たるのは寿命のサインなので、買い替えを検討してください。 スプリング式は2種類に分けられ、「ボンネルコイル」式と「ポケットコイル」式が市場に多く出回っています。 それぞれの構造の関係上、耐久性や寿命に差があります。 「ボンネルコイル」式は、スプリング同士を連結している構造になっていて、適度な硬さと弾力性が魅力です。 価格は手ごろなものが多く、一般的にはビジネスホテルなどでよく使われています。 安価な分、劣化が早いとされているので、 寿命としては3~5年で買い替えがおすすめです。 「ポケットコイル」式は、中のコイルが独立した袋に一つ一つ入っていて、その袋が均等に並んでいる構造になっています。 固めの寝心地と耐久性が特徴とされています。 耐久性を高めたコイルを使用し、「ボンネルコイル」式よりも価格設定が高い商品が多いようです。 寿命としては 10年程度で買い替えた方がいいといわれています。 枕は3年程度で頻繁に買い替えがおすすめ 化学繊維は3年を目途に新しいものへ ほかの寝具同様に、化学繊維自体が安価な素材なので、頻繁に買い替えが可能な低い価格設定が魅力です。 枕の寿命の場合は清潔感を考慮して、 3年以内には買い替えるのが適当だとされています。 そばがらは天然素材だからこそ頻繁に買い替えが必要 昔から日本人に愛用されてきた素材で、重量感と硬さが魅力です。 通気性、および吸湿性が良く、手ごろな価格設定で買い替えしやすい商品です。 寿命としては 半年~1年程度といわれています。 それ以上使用し続けると、そば殻が割れて粉が出てくることで、虫の発生やアレルギーなどリスクが高くなるされていますので、寿命が来る前に早めに点検することが重要です。 パイプ素材はボリュームに注視して買い替えを 通気性がよく、水洗いが可能で清潔に保てるのが魅力です。 素材の性質上へたりづらいとされています。 人によってはパサパサした音が気になる場合があります。 寿命は4年程度といわれていますが、寿命より早くパイプがつぶれたり、ボリュームが低下した場合でも買い替えをおすすめします。 汚れが落とせないウレタンは3年程度で新品に 敷布団と同様に水に弱いので丸洗いが難しく、枕カバーで防げなかった汚れがウレタン本体に付着すると、清潔感が損なわれる可能性があります。 また、目安としては弾力性が低くなるとされる 3年目ごろには買い替えがおすすめです。 羽根は軸が突き出たら買い替え時です 天然素材でふわふわとした触り心地のよさと、高級感が人気の素材です。 通気性、保温性にも優れています。 羽根の軸(骨)の部分が表面に穴が空けることもあり、羽根が出てきたり、全体のボリュームが減ってきたら買い替え時のサインといわれています。 購入して 3年ほど経ったら一度点検してみてくださいね。 ビーズの寿命よりも生地の劣化に注目を 発砲スチロールを細かく加工したビーズを使うことで、独特の変幻自在な手触りを生み出しています。 とても微細なビーズなので、人間の頭のような重いものを支える力が弱いので、しっかりとしたホールド感を求める方には不向きな素材かもしれません。 寿命は 5年程度といわれていますが、ビーズを覆っている生地が劣化してビーズが漏れ出ると、静電気が発生しやすく処理がしづらいので要注意です。 ひのきは香り重視なら半年程度で買い替えがベスト ひのきの木材をさいの目やカール型などのチップ状に加工した素材で、ひのきの香りによってリラックス効果が期待できると人気の枕です。 使用する限度としては 3年とされていますが、ひのきの香りは数か月で抜けてしまうという研究もあり、香りを楽しみたい方は頻繁に買い替えが必要となります。 打ち直しで敷布団をケアして復活させましょう 寝具の種類や、素材によって、使用出来る寿命が違ってくることはわかりました。 次に所々で登場した「打ち直し」という単語について詳しく解説します。 打ち直しとは、表面の汚れやほつれ、ボリュームの低下などの劣化が生じた布団を、専門の業者や職人さんの技術で新 品に近い状態まで蘇らせる方法のことです。 掛布団では5年程度、敷布団では3年程度で打ち直しを行うのが推奨されています。 固くなった中の綿や毛をほぐし、繊維を切って短くすることでボリュームを取り戻します。 蘇るなら何度も打ち直しをお願いしたいと思うところですが、繰り返し打ち直しを行うことで中の毛や綿が短くなってしまうので、 2、3回が限度とされています。 打ち直しに対応してもらえる寝具は、敷布団と掛布団のみで、枕やマットレスはできません。 打ち直しが可能な素材としては、敷布団では、木綿、羊毛、キャメルの3種類、掛布団の中では、羽毛、木綿、羊毛の3種類とされています。 「打ち直し」という言葉は業者によっては「リフォーム」や「クリーニング」と表現する場合もあります。 サービス内容も異なるので、お使いの布団に合う方法で打ち直しを行っている業者を選びましょう。 打ち直しを行うことで、愛用している寝具を良い状態を保ちながら長く使うことが可能になります。 寿命に達する前に、早めに打ち直しを検討してみてはいかがでしょうか。 敷布団を処分の際は、回収業者に依頼するのもおすすめ ご自身の敷布団がとっくの昔に寿命を超えていて、打ち直しも不可能なまでに劣化していることに気付いてしまったあなた。 不要になった敷布団をゴミとして出すのはもちろんのこと、実はそれ以外にいくつか処分方法があるのを知っていますか? ごみとして処分する場合は、自治体によって多少異なるケースもありますが、小さく折り畳み出来たり、切ることで細かく出来れば、そのままごみ袋にいれて地域で指定された曜日に 可燃ごみとして出すことが可能です。 袋に入らない場合は、 粗大ごみ扱いになります。 方法としては、自治体の窓口に申し込みをして、ごみ処理券やシールをもらい、指定日に収集場所へ持参する形が多いようです。 費用としては300円前後と手ごろですが、運び出す手間と時間を負担に思う方もいるでしょう。 ゴミとして出す方法に関しては、敷布団だけでなく、掛布団やマットレス、枕にも同様のことがいえます。 枕は可燃ごみの袋に入る大きさのものが大半なので、可燃ごみとして回収が可能です。 マットレスは細かくすることが難しいので、粗大ごみとして処分するのが一般的です。 ほかにも、 産業廃棄物処理業者や 不用品回収業者などに 回収を依頼する方法もあります。 自治体に依頼するときよりも処分費用がかかる場合が多く、敷布団の場合で1000~2000円が平均費用とされています。 持参する手間がなく自宅で引き取ってもらえるので簡単だということで、利用する方も増えているようです。 敷布団のように大きくかさばるものだと、回収に来てくれる業者を利用する方法は手軽でいいですね。 また、引っ越し業者が引っ越し時限定のサービスとして、無料で寝具の処分や引き取りなどを行っていることもあるので、引っ越しのタイミングで敷布団を買い換えるのもおすすめです。 リサイクルショップに関しては、買取可能なショップもありますが、新品以外の中古の寝具は買取不可な場合が多いので注意が必要です。 肌に直接触れないマットレスは、買取可能な場合もあります。 事前に電話やホームページで確認をしてください。 古くなった敷布団はカビやダニの温床です 敷布団を寿命以上に長く使い続けていると、 健康を害するようなデメリットが生じます。 古くなった敷布団は、放出しきれていない湿気を帯ているので、 カビやダニにとって最適な環境とされています。 目視出来ないから安心かというとそうではなく、カビやダニの大発生は アレルギーの原因になりうるので、大切な家族を常に危険にさらしているのと同じようなものなのです。 また、体の節々が痛い、疲れが取りづらいといった悩みは、敷布団が限界だからかもしれません。 ボリュームが減って、体を支える機能が落ちた敷布団は、 腰痛や肩こりなどを悪化させることもあります。 寿命が近づいている敷布団をお使いの方は、これからご紹介する くじめ屋の「すごい敷き布団」にお買い換えがおすすめです。 手入れが簡単かつ長く愛用できると評判の 高機能敷布団です。 買い換えるなら、魅力がいっぱいの「すごい敷き布団」• 明治35年創業の歴史ある、大分県大津市のふとん専門店くじめ屋。 敷布団をはじめ、寝具や雑貨まで幅広く取り扱っています。 中でも「すごい敷き布団」シリーズは、従来の無駄な寝返りを減らし、睡眠時のからだへの負担を軽減した 画期的な敷布団として話題になっています。 赤ちゃんからご年配の方まで幅広く愛用していただいている人気商品です。 「すごい敷き布団」は、吸湿性、体圧分散性、通気性、耐久性など優れた機能が満載です 「すごい敷き布団」のシーツである 「テンセル」は、木材パルプからで作られていて 吸湿性と放湿性が高く、寝ている間の汗や加齢臭を 消臭する効果があります。 触った感じはさらっとしていて、シルクに例えられるほど柔らかな手触りが特徴です。 テンセルの下には、天然鉱石を粉末化して練りこんだ 「ホルミシスイオンシート」があり、シートの繊維には粉末状の鉱石が練りこまれています。 岩盤浴のような仕組みで、鉱石が発する遠赤外線と微量の放射線を肌が吸収するとされています。 眠っている間にアンチエイジングや美肌効果が期待できなんて女性にはうれしい素材ですね。 さらにホルミシスイオンシートの下に、三次元スプリング構造体 「ブレスエアー」があります。 これは独自開発した 体圧分散性の高いクッション材で、くじめ屋自信の樹脂素材です。 インスタントラーメンのちぢれ麺のような重なり方をしていて、ほこりが出にくい構造になっています。 カビや細菌が発生するのを防ぐとされていて、とても衛生的です。 通気性がいいので蒸れにくく、かつ透水性が高いので丸洗いが可能です。 「ブレスエアー」には高反発で耐久性が高いという長所があります。 耐久性を確認する試験では、8万回の圧縮にも耐えられるということが証明されています。 4層目は通気性抜群の三次元多機能素材 「ハニカムメッシュ」です。 ブレスエアーの裏面に使われていて、メッシュ生地になっています。 通気性が高いことから、夏場は裏面を上にして使えば蒸れや湿気を最大限抑えてくれるので、快適に過ごせると好評の素材です。 さらに「すごい敷き布団」はくたびれにくいので、布団用の洗濯機で 丸洗いが可能です。 コンパクトに3つ折りできて、スタイリッシュな収納袋付きでお届けしていますので、ご近所の方の目線も気にならず持ち運びに便利です。 高品質な敷布団は安眠と健康をサポート 寝具の素材別の寿命やそれぞれの処分方法、さらに買い替えにおすすめの最新敷布団を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。 今お使いの寝具が寿命を超えているのかどうか、気になりませんか? いつから使っているのか具体的な記憶がなくても、寝具の状態をチェックするだけで十分です。 ボリュームの低下や汚れなどの劣化がみられて、敷布団が寿命だとわかったら、 くじめ屋の「すごい敷き布団」への買い替えをぜひご検討ください。

次の

意外と知らない敷布団の寿命。最適な買い替え時と人気の敷布団をご紹介

敷布団 買い替え

家にあるお布団は何年使えるの??その目安とは お布団は長く使えるということはわかっていても、具体的に何年くらい使えるのか知っている人は少ないと思います。 お布団の寿命について詳しく説明しましょう。 使っている人によって何年使えるかバラつきはあるのですが、一般的に掛け布団は10年、敷布団では5年とされています。 汗をどれくらいかくかで寿命は変わってくるので性別、身長、体重、年齢、なども影響してきます。 また、お布団を使っている環境によっても変わります。 畳かフローリングかで敷布団のへたり具合に差が出るのです。 一口にお布団といっても中の材質、側生地の素材が違います。 寝具メーカーがおすすめ使用期間を公表しているので紹介します。 羽毛掛け布団は約10年、羊毛掛け布団は約5年、綿掛け布団は約5年、真綿布団は約5年、化繊布団は約5年となっており、5年間使えるお布団がすごく多いです。 次は敷布団です。 羊毛敷布団は約3年、綿敷布団は約3年、ウレタン敷布団は約3年となっています。 掛け布団より寿命が短く、基本3年となっています。 数年使用したら傷み具合を確認し、クリーニングに出せば、確実に長い期間お使いいただけるので、長くお布団を使えたことがない方はクリーニングを一考してみてはどうでしょう。 何年使ったら買い換える??掛け布団の買い替え目安 お布団の寿命がきて、お布団を買い替えるのはどのタイミングなのでしょうか。 掛け布団は長い間使い続けても外見に大きな変化は見られませんが、中身は消耗しています。 何年も使ったお布団を触ってみると、買ったばかりのときほどふっくらとした感じがなくなっていると思います。 ふくらみが減っていくと保温性が失われていきます。 そのため、お布団をかけていても寒いと感じたら、それが掛け布団の買い替え時です。 特に化学繊維のお布団の場合、一度へたって薄くなってしまうと、本来の形状に戻すことは困難とされているので買い替えるしかないでしょう。 長く使っていなくても、側生地が破れてしまい中身が出てきてしまった場合も買い替え時です。 中身がでてきて暖かくなくなってしまうのも理由の一つですが、綿や羽毛を睡眠中に吸い込む危険があるというのが大きな理由です。 ハウスダストなどのアレルギーや呼吸器系の病になる可能性もあるので、早急に対処する必要があります。 羽毛布団や綿素材のお布団は、打ち直しや羽毛リフォームなどができるものもあるので、新しく買ったばかりで買い替えを躊躇してしまう方などはこちらのサービスを使うのも良いでしょう。 敷布団何年使ってる??買い替え時期と長持ちのコツ 掛け布団の買い替え時の次は、敷布団の買い替え時を紹介します。 敷布団はしっかり作られているので寿命は長く、10~15年とされています。 ただし量販店やホームセンターで購入できる安価な敷布団は、もともとのクッション性が高くないことに加え、体重によって綿が潰れてしまうので長持ちしません。 中綿や中芯の素材密度が低く圧力に反発する力が弱いとすぐ潰れてしまうので、お布団を買う際には中の素材密度と反発力を気にしましょう。 敷布団の替え時は中が潰れて硬く感じたときなのです。 中綿や中芯がヘタってしまうと、寝心地の悪さから何度も寝返りを打つようになってしまいます。 そうなると起きた時に腰痛みや肩こりを感じるようになるのです。 寝たときに硬さを感じたら、身体の為にも新しいお布団に買い変えましょう。 硬さ以外の他ですと、埃の出やすさも買い替え時の判断材料になります。 お布団を何年も長持ちさせるにはどうしたらいいのでしょうか。 人間は寝ている間に約コップ1杯分の汗をかくため、湿気対策が必要になります。 お布団に湿気が多いと弾力性が下がるのでへたれが早くなります。 湿気を取るために天日干し、陰干しをしましょう。 干す時の注意点ですが、お布団たたきで強く叩くのは避けた方が良いです。 繊維が切れたり、つぶれたりしてしまっては意味がありません。 軽く埃を落とすくらいにしましょう。 マットレスは何年もつ??寿命と買い替え時期 ベッドのマットレスもお布団の一部と言えるので、マットレスの寿命、替え時、長持ちさせる方法も紹介したいと思います。 マットレスを替える人は少ないですが、マットレスも消耗品なので、何年か使ったら買い替えるべきです。 マットレスの寿命はどのくらいなのかと言いますと、長くても10年とされています。 敷布団と同じく身体の重みによって、へたり厚みが失われていきます。 基本的には使い始めて7年くらいで寝心地の悪さを感じてきます。 お布団と同じように使われるので、駄目になったマットレスを使うと体が歪み、腰痛、肩こりになってしまいます。 ホテルでは8年くらいで入れ替えを行っているところが多いようです。 腰やお尻など体圧がかかる部分がへたっていたら、これは中のスプリングやクッションが変形してしまっているので買い替え時となります。 また、ギシギシ音をたてるようになったら中のスプリングが劣化している証拠ですので、こうなったときも買い替えのタイミングとなります。 ベッドのサイズをしっかり確認してから新しいマットレスを買いましょう。 へたりにくいマットレス!オススメは凹凸形状 何年も使える寿命の長いお布団を選ぶ方法ですが、これはすぐにわかりますね。 へたりの早さが寿命に大きく関わってくるので、お布団の中芯の形状をチェックすることです。 凹凸型の中芯を入れているお布団は最もオススメです。 均等に体重を支えることができるので、重みが一点に集中して一か所だけへたってしまうということがありません。 へたりにくいので長く使えるということです。 これは体圧分散と呼ばれており、この種類のお布団は近頃注目が集まっています。 素材自体の反発力だけに頼った体圧分散布団もありますが、腰と肩の部分に圧力が集中するので、やはり凹凸形状のものを最もオススメします。 凹凸形状を採用したお布団以外で、へたれにくいお布団はまだあります。 反発力を上げるには、素材そのものの密度を高くすれば良いのです。 しかし密度だけに注目すると硬いお布団に当たってしまうこともあるので、ダウンパワーにも着目しましょう。 これはクッション材の上に重しを置いて、何センチ潰れるかという値を表すものなので、柔らかさがわかります。 国際基準では24時間が正式な数値となりますので、それ以外の数値を掲載している場合は注意が必要です。 お布団を長持ちさせるお手入れ方法 お布団を干すことが、何年も長持ちさせるコツということでしたが、干す時間や頻度はどれくらいが良いのでしょうか? 長く干せば良いというものでもなく、干しすぎるとお布団を傷めてしまうこともあります。 お布団によってベストな干し時間と頻度があるので、種類別に挙げていきます。 綿布団は週に2回、3~4時間、 合繊布団は週に1回、2~3時間、 羊毛布団は月に2回、陰干しで2時間、 羽毛布団は月に1回、夏は30分、冬は1時間程度の陰干しがベストです。 お布団を干す目的は、汗によって溜まった湿気を逃がし乾燥させることです。 そのため、湿度が低く、太陽が出ている日を選んで干しましょう。 天日干しに最も適した時間帯は午前10時~午後3時頃です。 この時間帯が最も湿度が少ない時間帯とされています。 干す際はカバーはかけたままで大丈夫ですが、完全に湿気を取るためには両面干すようにしましょう。 天日干しというとお布団叩きで良く叩いた方が良いイメージがありますが、これは必要のないことです。 お布団表面の埃は払う程度で充分ですし、中のダニも日光に当てる事で死滅すします。 強く叩きすぎると、生地や中綿を傷めてしまいますので、お布団叩きを使う際には気合を入れ過ぎないようにしましょう。 お布団はこういった正しい干し方を知ることで、何年も使い続けることができるのです。 お布団はお手入れ次第で長持ち お布団の寿命は素材や環境、人によって様々です。 しかし、お手入れをすることによって、お布団の寿命を延ばすことができます。 寝心地が悪くなってきた、お布団がへたってきた、お布団を掛けていても寒いなど感じたら、お布団の買い替え時期といえます。 体に合っていないお布団を使用していると、睡眠の質にも影響してきますので、買い替えをおすすめします。

次の