クリス トロン。 全ての水晶機巧使いに捧ぐ。クリストロン展開まとめ

クリストロンデッキの回し方・概要【安くて楽しい!水晶機巧】

クリス トロン

このカードを含む自分フィールドのモンスターをS素材としてS召喚する。 そのモンスターを特殊召喚する。 相手フィールドの特殊召喚された表側表示モンスターを全て守備表示にする。 そのモンスターを特殊召喚する。 相手のフィールド・墓地の魔法・罠カードを全て除外する。 そのモンスターを特殊召喚する。 相手の布陣を攻略する超強力な効果を持つエースモンスターだぞ!] シンクロモンスター以外の「クリストロン」モンスター ここで紹介する6体のうち、2体はチューナー! しかも、S召喚に必要なシンクロ素材を手札や墓地から特殊召喚しながらS召喚する効果を持つぞ! フィールドにこのカードしか存在しない状態から相手ターンにS召喚を決めることができるのだ! チューナー1体から相手ターンにS召喚!! 手札からチューナー以外のモンスター1体を効果を無効にして特殊召喚し、そのモンスターとこのカードのみを素材として機械族Sモンスター1体をS召喚する。 そのモンスターを効果を無効にして特殊召喚し、そのモンスターとこのカードのみを素材として機械族Sモンスター1体をS召喚する。 その時のS素材モンスターは墓地へは行かず除外される。 そのカードを破壊し、デッキから「クリストロン」チューナー1体を特殊召喚する。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分は機械族Sモンスターしかエクストラデッキから特殊召喚できない。 手札から「クリストロン」モンスター1体を特殊召喚する。 デッキから「クリストロン」魔法・罠カード1枚を手札に加える。 デッキから「水晶機巧-シストバーン」以外の「クリストロン」モンスター1体を手札に加える。 自分フィールドに「水晶機巧トークン」(機械族・水・星1・攻/守0)1体を特殊召喚する。 このトークンはリリースできない。 このターン自分がS召喚した「クリストロン」Sモンスターの数だけ、自分はデッキからドローする。 そのモンスターのレベルと異なるレベルを持つ「クリストロン」モンスター1体をデッキから墓地へ送る。 対象のモンスターのレベルは、墓地へ送ったモンスターと同じになる。 この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。 そのモンスターを特殊召喚し、相手フィールドに表側表示モンスターが存在する場合、その相手モンスターの守備力は0になる。 その効果を無効にする。 この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

次の

トロン (映画)

クリス トロン

世界で初めて全面的にを導入した映画として話題を集め、の内部世界を美麗な映像とのという手法で表現した点が特徴といえる。 がアニメーター、がCGプログラマー、「エイブル・システム」のスーパーバイザーとしてが参加している。 2011年以降ではソフト販売やでの配信において、『トロン:オリジナル』と表記される場合が多い。 あらすじ [ ] メーカー・エンコム社に在籍するケヴィン・フリンはゲーム「スペースパラノイド」を開発したものの、その全データを同僚のデリンジャーに盗まれてしまう。 デリンジャーが自身の作として発表した「スペースパラノイド」は大ヒットし、たちまち彼はエンコムの社長に出世する。 その一方でフリンは場末ののマスターへと追いやられてしまう。 憤慨したフリンは「スペースパラノイド」がデリンジャーの盗作である証拠を掴むべく、夜な夜なエンコムへのを行い始める。 だが証拠のデータはデリンジャーがしたMCP(マスター・コントロール・プログラムの略。 要するにのことだが、というコンピュータ企業はそう呼んでいた。 も参照)によって厳重に隠蔽されており、発見は不可能だった。 そんなある日、偶然にもフリンのハッキングの事実を知ったエンコムの社員アランが、恋人のローラと共にフリンの元を訪ねて来る。 これをチャンスと考えたフリンはエンコム社内のコンピュータから直接、アクセスさせてもらえるよう懇願。 了承した2人はフリンをエンコムへと導き、またアランも不正調査とMCP破壊のために、開発途中の監視トロン・プログラム(TP)を起動することを決意する。 しかし、フリンの侵入は既にMCPによって察知されていた。 結果フリンは、エンコムが実験中の物質転送機によって、MCPが支配するコンピュータの内部世界へと送り込まれてしまう。 そこはMCPによる独裁であらゆるプログラムがネットを通じて集められ、奴隷のように扱われているだった。 そんな中で、フリンはアランそっくりの1人のプログラムと出会う。 実は彼こそが、MCP破壊の任を帯びてアランに送り込まれたプログラム・トロンだった。 二人は計算プログラム・ラムと共に、現実世界の人類までも支配しようと企むMCPの野望を打ち砕くため、戦いを挑んでいく。 キャスト [ ] 役名 俳優 日本語吹替 ソフト版 版 ケヴィン・フリン クルー・プログラム アラン・ブラッドリー トロン・プログラム エド・デリンジャー レッドサーク マスター・コントロール・プログラム ローラ ヨーリ ウォルター・ギブス博士 デュモント• 版、版から発売されたビデオには字幕スーパーが収録されている。 フジテレビ版:初回放送1987年11月28日『』• ソフト版のキャストの内、トロン、レッドサーク、MCPの吹替キャストは2005年に発売された『』で起用されていたキャストを踏襲している。 本作におけるCGと仮想世界シーン [ ] 本作におけるフルCGシーンは15分286カットである。 CGシーンはが設立した、、、の4社によって制作されている。 CG作成手法は、仮想世界へ移行するシーンはによる描画、ライトサイクルやタンクなどのモデリングは、ソーラー帆船シーンなどはのクローンコンピュータであるを使用したやによる、などである。 また、現在でもの作成に用いられるは、MAGIに勤務していたKen Perlinが本作のために開発した技術である。 他に、当時としては画期的だった本作の特筆すべき点として、「映像(画像)チェックにを利用した」事が挙げられる。 にあるMAGIが、作成したCGをにあるでチェックしてもらう為、を通してデータ送信していたのである。 具体的には、まず最初にMAGIが、作成したCGを低画像でディズニーにデータ送信し、それをディズニーのがでチェックしてMAGIに修正指示を出し、MAGIがそれに従って修正を行いデータを再送信し、最終チェックには高解像度のカラー画像データを送信していたのである。 本作は「世界で初めて全面的にCGを導入した映画」として話題になったが、実際は前出の通りフルCGシーンは15分と短く、コストや納期の都合等で仮想世界シーンを完全にCGで作成する事は出来なかった。 この為、多くのシーンで手描きのが代わりに用いられた。 またCGのキャラクターや背景と役者などの実写素材との合成は、従来ので行われており、特にキャラクターの衣装の風パターンの発光表現などのために大量の用マスクを手作業で作成する必要があった。 仮想世界シーンのコンセプトデザインにはやが参加している。 続編『』の監督は、映画パンフレットに掲載されたインタビューで「(『トロン』は)あの年のアカデミー賞では、コンピューターによる映像は卑怯だとみなされて、失格になっている」と語った。 また、 には、BASIC のコマンドについては、あとになるまで知らなかったとスティーブン・リズバーガーはインタビューで述べている、とある。 トリビア [ ]• ケヴィンがエンコム社にハッキングするのに使用していたコンピュータはのである。 を使用して公衆回線経由で接続していた。 1998年に『スペシャル・コレクション』と銘打ったLD-BOXが発売され、特典のコメンタリーの吹替をフジテレビ版でトロン役を務めた池田秀一が担当している。 サウンドトラックは公開時にLPが発売された後、2002年までCDが発売されなかった。 カルロスによるとそれ以前にCD化が持ち上がった際にマスターテープを確認した所、経年劣化が激しく、修復作業が必要だった為、経費の問題から発売が見送られ続けていたという。 その後、から公開20周年を記念してリマスター盤が製作される運びとなり、修復作業を経てCD化に漕ぎ着いたとのこと。 脚注 [ ]• 2010年8月30日閲覧。 」は字幕版では「コード化した擬人万能体 Codified Likeness Utility 」の略称とされている• 当時のBASICでは、プログラムが正しく進んでいるかを確かめるため、をステップ表示させる TRON(Trace ON)と非表示にさせる TROFF(Trace Off)があり、これを指している。 サウンドトラックの解説書より 関連作品 [ ] 映像作品• () - 本作の続編となる映画。 (2012年) - 、TVシリーズ。 本作と『トロン: レガシー』との間を描いた作品。 日本国内においては、Disney THEATERで配信されており視聴可能。 ゲーム• (1976年) - アメリカの。 (1982年) - 本作を元にしたアメリカのアーケードゲーム。 『ライトサイクルゲーム』とも。 トロン(1983年ごろ) - のパソコン「」専用ソフト。 本作を元にした。 (2003年) - 本作の続編という位置づけのストーリーのコンピュータゲーム。 (2005年)- 専用ソフト。 本作を元にしたワールドが登場する。 (2011年) - 専用ソフト。 本作を元にしたボス戦が存在する [ ]。 外部リンク [ ]• (日本語)• (日本語)• - (英語)• - (英語).

次の

クリストロン デジタルの平均価格は4,239円|ヤフオク!等のクリストロン デジタルのオークション売買情報は6件が掲載されています

クリス トロン

生い立ち [ ] ヴァージニアで生まれ、で育った。 父親は・・・系、母親はの家系。 姉と兄がいる。 父親は建設業の仕事をしていた。 キャリア [ ] レイクスティーブンス高校卒業後、で演技を学ぶが初学期で中退。 クーポンの、ストリッパー、洗車、ハンバーガーショップの店員、ホテルのルームサービス係、ベビーシッターなどをして働いた。 その後19歳でので生活を送る。 1998年、マウイのレストランで働いていた時に客として店に来ていた女優のと出会い、彼女の監督作品『Cursed Part 3』で映画デビュー。 テレビシリーズの『』(2002年 - 2006年)や『』(2006年 - 2007年)などに出演。 のコメディドラマ『』(2009年 - 2015年)の ()役で人気を博する。 映画では『』(2008年)、『』(2011年)、『』(2012年)、『』(2013年)などの話題作やノミネート作品に出演を重ねる。 2014年公開のアニメーション映画『』の主人公エメットの声を担当。 2014年、監督のSF映画『』の役で主演を務めた。 原作はの中でも無名の作品だったが、世界興行収入が7億ドルを突破するなど予想をはるかに上回る大ヒットとなり 、一躍スターダムにのし上がった。 2017年に続編の『』が公開され、同じの『』(2018年)、『』(2019年)にも同役で出演。 2015年、監督のSF映画『』で主演を務め、世界興行収入が16億ドルを超える最大のヒット作となった。 2018年には続編『』が公開された。 2015年、アメリカの誌が発表する世界で最も影響力のある100人のリスト「」に選ばれた。 2017年4月21日、に名前が刻まれた。 私生活 [ ] 2004年から2006年まで『』で共演したカナダの女優と交際。 映画『』で共演した女優のと2009年7月9日に結婚 、2012年8月に第一子となる長男ジャックが誕生した。 2017年8月6日に法的に破局したと発表 、同年12月1日に離婚を申請 、2018年11月2日に離婚が成立。 長男の養育は共同親権で合意した。 2018年6月にのとマリア・シュライバーの長女で作家のとの交際が明らかになり 、2019年1月13日に婚約を発表 、同年6月8日に再婚した。 メディアによる外観 [ ] 2018年、狩猟やづくりを趣味とするプラットが、自らが撃った鹿の肉をさばいていてる写真や 、自身の牧場で育てている子羊が食用であることを「この惑星で最も幸せな子羊たち。 とても可愛い。 彼らはある日起きたら死んでいて、僕の冷凍庫に入っている。 」と語るビデオをインスタグラムに投稿したことで、SNSをはじめとしたネット上でバッシングが発生。 対する紙はプラットの趣味の範疇にそこまでのバッシングは不要ではないかと擁護する記事を2018年12月に掲載した。 2014年に雑誌GQや雑誌Esquireのインタビューで30~40丁の銃を所持し狩猟を楽しんでいることを明かしていたことが 併せて批判の対象となった。 また2019年2月に、「神は存在する。 神はあなたを愛している。 」と受賞スピーチで熱弁をふるう ほど熱心なキリスト信者あるプラットが牧師の勧めで(断食)を行った際に、「プラットの通うゾーイ教会が『反』の教会として有名であることにも触れるべきだ」と、女優のがプラットの断食に関するニュース記事を引用してツイッターで指摘。 教会の思想とその教会に通う有名人を分けて考えるべきかという論争が巻き起こった。 2019年7月、のシンボルでもある「ガズデン旗」がプリントされたTシャツを着用していたことが、「極右活動家が使用する白人至上主義の旗だ」として左派より批判された。 対する右派のFOXニュースはプラットのTシャツ着用に何も問題はないと支持する報道をした。 ドナルド 2012 The Five-Year Engagement アレックス・エイルハウアー Zero Dark Thirty ジャスティン 2013 Mr. 」に出演 TBA Her ポール Delivery Man ブレット 2014 The Lego Movie エメット・ブロックスキー 声の出演 Guardians of the Galaxy 受賞 2015 Jurassic World オーウェン・グレイディ アクション演技賞 受賞 (劇場公開版) (版) 本人 カメオ出演 2016 The Magnificent Seven ジョシュ・ファラデー 日本公開は2017年1月 Passengers ジム・プレストン 日本公開は2017年3月 2017 Guardians of the Galaxy Vol. 」 2002 - 2006 Everwood ブライト・アボット 計89話出演 2005 ネイサン・マケイン テレビ映画 2006 - 2007 The O. 2017年8月5日閲覧。 大手小町 2018年7月12日. 2019年5月30日閲覧。 2014年7月30日. 2017年4月9日閲覧。 2017年4月9日閲覧。 2017年4月9日閲覧。 2015年4月16日. 2017年4月9日閲覧。 2015年4月21日. 2017年4月24日閲覧。 2009年8月12日. 2017年4月9日閲覧。 2012年8月25日. 2017年4月9日閲覧。 2017年8月8日. 2017年8月15日閲覧。 2017年12月4日. 2018年1月18日閲覧。 News. 2018年11月2日. 2018年11月4日閲覧。 2018年11月3日. 2019年1月15日閲覧。 2018年6月19日. 2019年1月15日閲覧。 2019年1月15日. 2019年1月15日閲覧。 シネマトゥデイ. 2019年6月10日閲覧。 Instagram. 2019年12月1日閲覧。 Men's Journal 2018年1月18日. 2019年12月1日閲覧。 Andrea Peyser 2018年12月29日. New York Post. 2019年12月1日閲覧。 Weisman, Aly. Business Insider. 2019年12月1日閲覧。 AmmoLand. com 2014年11月17日. 2019年12月1日閲覧。 NewsBusters. 2019年12月1日閲覧。 front-row. 2019年12月1日閲覧。 TMZ. 2019年12月1日閲覧。 日本語 , 2019年12月1日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - (英語)• prattprattpratt -• prattprattpratt -•

次の