お かりん スプラ トゥーン 2 かくれんぼ。 サイレント改修工事されたモズク農園でかくれんぼ! 【スプラトゥーン2】

かくれんぼ

お かりん スプラ トゥーン 2 かくれんぼ

スプラトゥーンでかくれんぼとは? 通常のかくれんぼと同じ「遊び」 スプラトゥーンにけるかくれんぼとは、現実のかくれんぼと同じ要領でできる、 プレイヤーたちが独自で開催する遊びです。 インクの中に隠れられる特性を活かした、いつもと違ったかくれんぼが、スプラトゥーンの中でなら可能なのです! 前作からかくれんぼはあった かくれんぼは、前作のスプラトゥーンから行われていました。 中には、かくれんぼの風景を動画にし、YouTubeなどにアップしているユーザーも少なくありません。 今作でも、や、にちょっと飽きてきたら、試してみることをおすすめします。 かくれんぼの遊び方解説 かくれんぼをやってみよう! スプラトゥーン2でも、かくれんぼのやり方は通常のかくれんぼとほぼ変わりません。 ただ、インクの中に隠れられる特性が追加されただけです。 よくあるルールとしては、以下の通りです。 基本的なかくれんぼのルール• かくれんぼできるだけの人数をあつめましょう (5人以上が理想です)• 鬼&隠れるプレイヤーをチーム分けします (人数が多い場合は鬼の数を増やしてもOK)• ステージに突入後、 1分間は隠れるプレイヤーが陣地を広げ、隠れる準備をします (必ずしもインクの中である必要はありません)• 1分経過したら、鬼は隠れているプレイヤーを探すだけです。 見つけたらキルしましょう。 (キルした跡にビーコンを設置できると、リザルトで大体どこにいたかが分かります)• 全員が見つかるか、タイムアップになり誰か一人でも生存しているかで、かくれんぼは終了です。 大まかな遊び方は以上です。 見つかる側にも時間を設けて、誰がどこにいたかの答え合わせの時間を作るのも、会話が盛り上がって楽しいですよ。 まとめ 以上が、スプラトゥーンでできる「かくれんぼ」についての紹介でした。 スプラトゥーン2では、フレンドも作りやすくいので、フレンドをたくさん募って、わいわい楽しいスプラトゥーンかくれんぼをしちゃいましょう!ルールは必ずしも紹介した内容である必要はないので、ぜひ試しに遊んでみて下さい。 掲示板 雑談コミュニティ• 対戦・協力コミュニティ• 速報・最新情報 アプデ・新要素の速報• amiiboの最新情報• フェスの最新情報• ランキング ルール別• 武器種別• オクトエキスパンションの攻略情報• お役立ち情報• お役立ち情報人気記事• 基本操作方法• テクニック集• アイテム・ポイント稼ぎ• 武器ごとの基本操作• 武器ごとの立ち回り方• オンラインプレイ関連• その他お困りの方へ• メンテナンス・エラー関連• ブキ(武器) メインウェポン• サブウェポン• スペシャルウェポン• その他武器情報• ギア おすすめのギア• 部位別の一覧• ブランド情報•

次の

【スプラトゥーン】かくれんぼのオススメ隠れ場所一覧!【その2】

お かりん スプラ トゥーン 2 かくれんぼ

ルール [ ] かくれんぼに明確なルールは存在しないが、一般に遊ばれているルールを総合すると、次のようなものになる。 かくれんぼは2人以上によって行われ、1人の鬼(親ともいう)と残りの子に分かれる(人数が多い時は鬼を複数人にすることもある)。 最初の鬼はなどによって決めることが多い。 鬼は壁や柱といった、もたれかかることができる場所に顔を向け、腕でをふさぎ、あらかじめ決められていただけの数を大声で数える。 この声が聞こえている間に子は鬼に見つからないような場所を見つけ、潜む。 子が潜むことができる範囲ははっきり決まっていないことが多いが、一般には鬼が数を数える声が聞こえる範囲、というのが不文律的に定められている。 これは、あまりに遠くなると探すのにがかかるのに加え、後述するのが行えないためである。 決められた数を数えると、鬼は 確認の作業を行う。 これは、子が全員隠れたことを確認するとともに、鬼の捜索開始を宣言するものである。 鬼は数を数える時の体勢のまま「もういいかい」と、大声で尋ねる。 子は、自分がすでに隠れ終わっている場合は「もういいよ」、まだ隠れきっていない場合は「まあだだよ(「まだだよ」の意)」と答える。 「まあだだよ」の声が聞こえた場合、鬼はしばらく待って、再び「もういいかい」と尋ねる。 この間に、まだ隠れていない子は早急に隠れなくてはならない。 これを繰り返し、「まあだだよ」の声が聞こえなくなると、鬼は目を開き、開始する。 この確認作業は省略されることもある。 鬼は目をふさいでいる間の物音や、「もういいよ」の声の届いた方向・などをたよりに、隠れた子を見つけだす。 子を見つけると、鬼は相手のの後に「みいつけた(「見つけた」の意)」と叫び指を指し、発見したことを宣言する。 発見の時には実際に手を触れないと駄目だとするルールもある。 こうして子が全員発見されると、最初に発見された子が新たな鬼となり、次のセットを開始する。 毎回のセットでは、鬼が最後まで見つけられなかった子がさしあたっての優秀者と見なされるが、総合を争うといったことはほとんど行われない。 日本では近代まで・()を恐れ、夕暮れ時以降はとされていた。 派生した遊び [ ] かくれんぼはそのの単純さから、それに派生したルールを定めた別の遊びがいくつか存在する。 たとえば、鬼に気づかれないように後ろから近づき、鬼の背中に触れると同時に「アウト」と言うことに成功した場合、その鬼はもう一度鬼になるルールの存在である。 これは後述する缶けりに近い。 との融合で、などの名前がつく場合もある。 かくれんぼのルールを強く生かしたものとしては、一度見つかった参加者の再解放を可能にしたが有名である。 脚注 [ ].

次の

ミステリーでスプリンクラーかくれんぼしたら凄い所に隠せたww 【スプラトゥーン2かくれんぼ】

お かりん スプラ トゥーン 2 かくれんぼ

ルール [ ] かくれんぼに明確なルールは存在しないが、一般に遊ばれているルールを総合すると、次のようなものになる。 かくれんぼは2人以上によって行われ、1人の鬼(親ともいう)と残りの子に分かれる(人数が多い時は鬼を複数人にすることもある)。 最初の鬼はなどによって決めることが多い。 鬼は壁や柱といった、もたれかかることができる場所に顔を向け、腕でをふさぎ、あらかじめ決められていただけの数を大声で数える。 この声が聞こえている間に子は鬼に見つからないような場所を見つけ、潜む。 子が潜むことができる範囲ははっきり決まっていないことが多いが、一般には鬼が数を数える声が聞こえる範囲、というのが不文律的に定められている。 これは、あまりに遠くなると探すのにがかかるのに加え、後述するのが行えないためである。 決められた数を数えると、鬼は 確認の作業を行う。 これは、子が全員隠れたことを確認するとともに、鬼の捜索開始を宣言するものである。 鬼は数を数える時の体勢のまま「もういいかい」と、大声で尋ねる。 子は、自分がすでに隠れ終わっている場合は「もういいよ」、まだ隠れきっていない場合は「まあだだよ(「まだだよ」の意)」と答える。 「まあだだよ」の声が聞こえた場合、鬼はしばらく待って、再び「もういいかい」と尋ねる。 この間に、まだ隠れていない子は早急に隠れなくてはならない。 これを繰り返し、「まあだだよ」の声が聞こえなくなると、鬼は目を開き、開始する。 この確認作業は省略されることもある。 鬼は目をふさいでいる間の物音や、「もういいよ」の声の届いた方向・などをたよりに、隠れた子を見つけだす。 子を見つけると、鬼は相手のの後に「みいつけた(「見つけた」の意)」と叫び指を指し、発見したことを宣言する。 発見の時には実際に手を触れないと駄目だとするルールもある。 こうして子が全員発見されると、最初に発見された子が新たな鬼となり、次のセットを開始する。 毎回のセットでは、鬼が最後まで見つけられなかった子がさしあたっての優秀者と見なされるが、総合を争うといったことはほとんど行われない。 日本では近代まで・()を恐れ、夕暮れ時以降はとされていた。 派生した遊び [ ] かくれんぼはそのの単純さから、それに派生したルールを定めた別の遊びがいくつか存在する。 たとえば、鬼に気づかれないように後ろから近づき、鬼の背中に触れると同時に「アウト」と言うことに成功した場合、その鬼はもう一度鬼になるルールの存在である。 これは後述する缶けりに近い。 との融合で、などの名前がつく場合もある。 かくれんぼのルールを強く生かしたものとしては、一度見つかった参加者の再解放を可能にしたが有名である。 脚注 [ ].

次の