ドラゴンボール レジェンズリセマラ。 【ドラゴンボールレジェンズ】リセマラ当たりランキング!最新版【DBレジェンズ攻略】

【DBレジェンズ】データ引継ぎする方法!リセマラキープや機種変更時に使おう【ドラゴンボール】

ドラゴンボール レジェンズリセマラ

自身に対してのバフは場に出るだけでほぼ発動。 さらに味方に対しても交代するだけでタイプ別の恩恵を与えられるお手軽さ。 合体戦士の癖に合体戦士特効持ちなど 火力面に関しては言う事無しの性能。 2周年記念で色々盛り込まれており、最強クラスの性能を誇る。 期間内なら確実に入手しておきたい。 尚且つ、カウント毎&敵の攻撃終了時にバフを獲得出来るなど 常時高火力を維持出来る点も魅力。 カバーチェンジ時には被ダメージ40%カットに加え、打撃アーツに対して吹き飛ばし効果を発動。 メインアビリティによる体力回復も行えたりと安定して壊れている ? 強力な性能。 2周年記念で実装されたキャラとなっており、間違いなく最強クラス。 特効相手が多すぎる上に 長期戦になればなるほど高火力になるのもポイント。 正直変身前から既に強く、変身するともっと強くなる 語彙力。 射撃タイプだが打撃能力も高く、火力バフも豊富に保有。 その為、どちらで攻撃したとしても十分なダメージを与えられる。 尚且つ、 大幅な被ダメージカットなど攻守においても隙が無い性能。 安定感してずっと強いキャラなので、十分戦力として活躍してくれる。 射撃タイプでは間違いなくトップクラスの性能を誇り、尚且つ究極アーツでの体力回復で 生存率も高い。 究極アーツの回復量に関しては40%となっており、一気に半分近くまで回復出来る。 非常にシンプルな性能且つ、 バフの獲得方法も場に出るだけといった簡単なものが豊富。 使いやすい上に凶悪な火力を誇るキャラとなっているので間違いなく狙いたい。 中でも特筆すべきは必殺アーツの最大火力。 射撃アーツの枚数に応じて火力が最大100%増加。 こちらも2周年で実装されており、かなり強力なキャラとなっている。 尚且つ回復能力を持ち合わせていたりと、 シンプルに攻守と生存率が高い。 他にも 究極アーツ使用時に敵のバフ解除&手札全破壊など戦況を優位に運ぶ効果もおいしい。 2周年に実装されたキャラとなっており、防御面に特化しているだけでなく攻めに転じる事も出来るのが強み。 是非とも獲得しておくことをオススメする。 先に伝えておくが、 ZENKAI覚醒まで育成する事自体は非常に手間なので正直育成難易度を考えた場合はもう少し下になる。 青属性+悪の系譜タグとの編成で非常に強力なシナジーを得られる。 その為、 このキャラがいるだけで青属性+悪の系譜パーティが大幅に強化出来ると思っていい。 特にその対象にZENKAI覚醒対象のブロリーがいるのが最も凶悪。 ただ…2体ともZENKAI覚醒させるには正直とてつもない苦労が必要…。 しかし、その分の恩恵は確実に約束されている事は間違いない。 正直単体でも性能面は十分。 それに加えて上記条件をクリアしたのなら驚くべき性能を発揮してくれる。 他の2周年キャラと違って 単純な火力だけで言えばやや劣り気味。 上位キャラとは少々見劣りしてしまうものの、間違いなく強い。 ただ、 火力だけでいえば非常に高くトップクラスの性能を誇る。 尚且つ、青属性に対して攻守を大幅に強化出来るなど育成の難易度に応じた恩恵を得られるキャラ。 特に、ZENKAI覚醒の最終形態クウラと編成することでかなり強力なコンビに。 単体でも既に凶悪な性能を持っている上に、お互いがシナジーを得られるのは最早反則レベル。 そんな簡単にZENKAI育成出来ないからこその強さともいえる。 最大育成しなければ恩恵はそこまで感じられないので狙う場合は覚悟を決めよう…。 火力が非常に高く、変身効果は途切れる事なく永続するので火力を維持しやすい。 状態異常に対しても3回まで無効など、戦闘を優位に運べる優秀な効果を保有。 火力アップのバフ自体が多い上に戦闘不能キャラ1体につき必殺威力があがるのもポイント。 全体的に見て、長い間落ちぶれる事なく安定した強さを誇る。 アビリティは変身前後で変動する為、変身前に恩恵が得られるものは全て使うようにしよう。 変身と同時に交代禁止を付与出来たりと攻めやすい性能。 カウント毎に得られる火力バフを持ち、最大で70%と大幅な火力アップが可能。 さらに、味方2体が戦闘不能になった際には射撃与ダメージ50%アップ+体力50%回復と生存率も高い。 通常時でも高火力な上、 ピンチ時にはさらに火力が上がるので1人でも十分戦況を巻き返す事も可能。 単純に火力が高いだけでなく、バニシングステップ時には気力回復を行えたりと手数も多め。 最大火力を発揮するまでに時間と条件が必要だが、そこまで難しいものではないものポイント。 戦闘が終盤に差し掛かるにつれて火力が上がる分、大事な場面を任せられる点も評価。 獲得しておいて決して損はないキャラといえる。

次の

【レジェンズ】効率的なリセマラのやり方・方法|ゲームエイト【レジェンズ】効率的なリセマラのやり方・方法|ゲームエイト

ドラゴンボール レジェンズリセマラ

は、バンダイナムコエンターテイメントが開発しているである。 本作は、あの国民的人気作品の「ドラゴンボール」が、新作のとなって登場した。 指一本の片手で遊べるで、3つのゲームモードやバトルを楽しめる仕様となっている。 バトルは3vs3でパーティを組み戦う。 操作はシンプルで画面を上下左右にスワイプすることでキャラクターを移動、通常タップや画面下にある攻撃ボタンをタップする事で攻撃、フリックで回避が可能である。 画面を長押しすると、気力を溜めることができる。 溜めている間は隙ができるが、溜めることでアーツカードと呼ばれるスキルを発動することが可能である。 アーツカードスキルを発動させていくと、ドラゴンボールが集まり、それにより必殺技のライジングラッシュが発動可能となる。 ゲームモードには3タイプあり、ストーリーモード、イベントモード、PvPモードである。 ストーリーモードでは、アニメ「ドラゴンボール超」で放映中のエピソード「力の大会」のその後のストーリーを、ゲームオリジナルシナリオとして楽しめる。 イベントモードでは、過去のドラゴンボールシリーズの物語を追体験できる仕様となっている。 ドラゴンボールレジェンズについて ドラゴンボールレジェンズのおすすめポイント のおすすめポイントは2つある。 1つ目は、おなじみのドラゴンボールキャラクターを3Dの映像と共に楽しめ、グラフィックにギミックがかかっていることである。 本作では、既存のキャラクターの登場もあり、ゲームオリジナルキャラクターとして、鳥山明先生描き下ろしの「シャロット」が参戦する。 また各キャラクターカードのグラフィックにはギミックがかかっており、フリックなど特定の操作をする事でイラストが変化する仕様となっている。 ギミックはすべてのカードに存在しており、レア度の低いキャラクターカードでも豪華でかっこいいイラストを楽しめそうだ。 キャラクター毎に異なるので、カードを集めて様々なエフェクトを楽しもう。 2つ目は、バトル操作だけではない、パーティで勝利するバトル仕様である。 本作のバトルは3vs3であるため、3体のキャラクターの組み合わせも重要である。 各キャラクターには属性があり、戦う相手との優劣も関係してくる。 属性の駆け引きや、キャラクターを入れ替えるポイントもバトルの勝敗を左右させそうだ。 またPvPモードでは、全世界のプレーヤーと6対6のバトルが可能であるので、より属性や入れ替えのタイミング、必殺技のタイミングも重要となるだろう。

次の

ドラゴンボールレジェンズのリセマラ方法/効率アップ手法を紹介!最短15分!

ドラゴンボール レジェンズリセマラ

カウント経過で、与ダメージ40%アップ・アーツカードドロー速度アップ・全アーツコストを5ダウン• ザウス・ゴクウブラックを除く、全てのキャラに、自身の射撃与ダメージ30%アップ• 敵の攻撃終了時には、持続回復+与ダメージ20%アップ(上限は80%)で、耐久力も優れている 超サイヤ人ゴッドSS ベジット 打撃• 場に出た時、与ダメージ50%アップ・被ダメージ30%カット・能力低下・状態異常の発生を無効化する• 手札をランダムに破棄して、自身の与ダメージを40%アップ・被ダメージを20%カット• 自身に対するバフが強力で、火力・防御力アップに優れている 伝説の超サイヤ人 ブロリー 打撃• 敵に爆発大ダメージ(ヒット時、敵に打撃の被ダメージが15%アップ)+敵を、30%の確率で気絶• 場に出るたびに、敵の気力回復速度を15%ダウン• 強力なアタッカーで、火力面で大活躍のキャラ 超サイヤ人トランクス:青年期(怒り) 防御• 場に出た時、自身の被ダメージを20%カット・カバーチェンジ時、相手の攻撃終了まで 、自身の被ダメージを30%カット• 25カウント経過後に、自身の与ダメージを60%アップ・自身の被ダメージを、35%カット• 変身で、体力を30%回復・与ダメージ30%アップ・状態異常の発生を、3回無効の、状態異常強化を自身に付与• 場に出た時、戦闘不能なバトルメンバー1人につき、自身に、必殺与ダメージ30%ずつアップ・全アーツコストを3ずつダウン• 変身とともに、回復・強化で、強くなり、変身前の消去不可バフも、引き継げるので、変身前にバフをしておくとさらに強い 最終形態クウラ 打撃• 場に出た時、バトルメンバーに、「タグ:悪魔の系譜」がいると、自身の与ダメージ40%アップ・打撃・射撃アーツコストを5ダウン・気力回復速度25%アップ• 自身が、控えに戻る際に、「タグ:悪魔の系譜」に、与ダメージ35%アップ・クリティカル発生率30%アップ• 「タグ:悪魔の系譜」がいるという、限られた条件ではあるが、かなり強力なキャラとして活躍できる 超サイヤ人ゴッドSSベジータ 打撃• 自身が、打撃・射撃アーツカードを使用するたびに、味方の「タグ:神の気」、「タグ:ベジータ一家」の与ダメージ10%、自身の与ダメージ15%、自身の全アーツコストを3ダウン• 自身以外の、キャラが打撃・射撃アーツによる攻撃を受けるたびに、待機カウント、1カウント短縮・次に受ける自身の、被ダメージを40%カット• ステータスが全体的にバランスよく、火力アップも、打撃・射撃アーツに関わるため、比較的にしやすい 破壊神ビルス 援護• バトル開始時、能力低下の発生を2回無効・状態異常の発生を2回無効・アーツカード使用後、気力が30以下の場合、自身の気力回復速度を50%アップ• 敵に攻撃時、敵の能力強化を消去可能• 敵に対する、デバッファーとして活躍 リセマラガチャ排出率 SPARKING 7% EXTREME 20% HERO 73% まとめ 今回は、ドラゴンボールレジェンズの、リセマラ当たりランキングについて紹介しました。 強いキャラを編成して、戦闘を有利に進めましょう! ご覧いただきありがとうございました。

次の