白血病のあざ。 【急性骨髄性白血病の治療】抗がん剤、造血幹細胞移植、そのリスクを解説

白血病!あざができやすい場所や部位は?

白血病のあざ

生血には3銘柄の細胞があります。 赤血球、白血球、血小板です。 これらの全部が減った状況を汎血球減少症と呼びます。 赤血球は酸素を運ぶセルでこれが減れば息切れ、動悸、体のだるさなどの症候がでる貧血症となります。 白血球はばい菌などを食べて接触伝染を予防・療治するセルで、これが減ればしばしば熱発します。 血小板は出血を絶つ効果があり、これが減れば上皮の青あざ(紫斑)や真赤点状の出血が認められます。 スポンサーリンク 高度となると脳血管発作や消化管出血など命に危険があります。 これらの3銘柄の細胞全てが減っている事は患者さんの症候と調和し、生命に危険がありますので直ちに照応する必需があります。 従来から人口10万人に5人の白血病の発症があるとされていました。 一方、は白血球に複数形の遺伝因子異常が積み重なってがん化するので、 遺伝因子異常を惹き起こす素因(代表的には放射など)への曝露時期が長長しい年寄りほど数多い事も知られています。 白血病 あざ 写真関連ページ 白血病 あざ 痛み を簡単に分かりやすく解説しています。 子供でもわかるように解説 白血病 あざ 特徴とは? を簡単に分かりやすく解説しています。 子供でもわかるように解説 白血病 あざ 部位が痛む時は? を簡単に分かりやすく解説しています。 子供でもわかるように解説 白血病 あざ 場所は? を簡単に分かりやすく解説しています。 子供でもわかるように解説 白血病 あざ 色はどんな感じ? を簡単に分かりやすく解説しています。 子供でもわかるように解説 白血病 あざ 症状とは? を簡単に分かりやすく解説しています。 子供でもわかるように解説 白血病 あざ 消える? を簡単に分かりやすく解説しています。 子供でもわかるように解説.

次の

大至急‼答え、よろしくお願いします‼白血病は、初期症状では...

白血病のあざ

Q どこにもぶつけたり当たったりしていないのに、青あざ(正確には青紫)が出来ます。 2週間前にも膝や手首にあったのですが、数日すると消えてしまい また今回手首に一つ出来ています。 これは十年程前に初めて出ました。 (ぶつけてないのに青あざ) 当時肝臓の数値が急上昇したり 結局は薬を服用していた為)、ストレスで毎夕方になると 熱が出たり、最終的には慢性扁桃腺手術しました。 その間にあざが出来たので(肩とかにも数個)かかりつけ医に診てもらったところ よく分からないけどアレルギー性の皮下出血ではないかという事でした。 おじいちゃん先生だったので正確な診断だったかは分かりませんが、 あざが出ても押して痛い訳でなく、色だけの症状だったので今まで特に気にしていませんでした。 ただ現在私には家庭もあり、変な病気になっても困るので今さら心配しています。 ちなみに私は基本的には抵抗力が弱く、数年前までは毎年絶対声が出ないほどの風邪を引いてました。 現在は過敏性腸症候群で、ストレスや睡眠不足が続くと慢性的な胃や腸の 痛みに襲われます。 (下痢タイプではないです) また、今年の5月から爪の甘皮がなくなり爪がでこぼこするという症状が出ています。 (これは5月の診察では貧血気味じゃないかと医師に言われました。 血液検査はしていません。 先日は甘皮が無いため細菌感染し膿が溜まったので、別の医師に診てもらったところ 乾燥が原因だと言われました) 青あざは一年に数回出ることもあれば一回しか出ないこともあります。 昨年10月に出産したのですが、妊娠中から先日までも出たことは無かったはずだと思います。 あ、それと先日献血に行ったのですが、後日検査表みたいなのが送られてきましたが 特に数値が異常な項目はありませんでした。 どんな事でもいいので何か教えてください。 どこにもぶつけたり当たったりしていないのに、青あざ(正確には青紫)が出来ます。 2週間前にも膝や手首にあったのですが、数日すると消えてしまい また今回手首に一つ出来ています。 これは十年程前に初めて出ました。 (ぶつけてないのに青あざ) 当時肝臓の数値が急上昇したり 結局は薬を服用していた為)、ストレスで毎夕方になると 熱が出たり、最終的には慢性扁桃腺手術しました。 その間にあざが出来たので(肩とかにも数個)かかりつけ医に診てもらったところ よく分からないけどアレルギー性の... A ベストアンサー 医師です。 青あざは皮下出血です。 通常はいわゆる打撲によるものがほとんどですが、血液凝固能(血を固まらせる機能)が低下すると、皮下出血などしやすい状況になります。 いわゆる紫斑病といわれる疾患群などがその代表ですが、紫斑病の特徴は全身性であることが多いので、ある部分だけできやすい、ということはあまり考えられません。 また、他にも歯肉出血(歯茎から血が出やすくなる)なども合併します。 検査所見上は、血液凝固時間の亢進がみられたり、血小板の減少がみられたりします。 血液凝固能についてはPTなどの検査値を見ますが、これが正常であればまず紫斑病は否定されます。 全身に複数の青あざができるようでしたら、内科の受診をお勧めしますが、症状を拝見する限りは、まず経過観察でよろしいかと存じます。 貧血が強く出たりするようであれば、すぐに内科を受診してくださいね。 A ベストアンサー まあ、文章だけで見ていないので紫斑病の可能性も捨て切れませんが、多くはビタミンの不足からくるものが多いです。 他に出血しているような事はないんでしょう? せいぜい歯磨き時に歯茎から血が出る程度でしょう。 もし、便や尿に出血傾向があるなら、病院へ行きましょう。 大人だと慢性の経過をしますが、確かにこれだと脳出血に結びつきます。 コンビニに行って、ビタミンCを重点的に、そのほかにビタミンAとB系統、それから蛋白質を多めに飲めば治ります。 量は、特にビタミンCは500ミリグラムを毎時間一つづつ飲んで、下痢する寸前量が現在の貴君の必要量ですから、それを覚えて、毎日タイムピルでなければ、分けて飲みましょう。 これが原因なら、短期日で止まるはずですから、試してください。 だめなら病院へ。 どうせ慢性経過中のはずですから。 これ以外と今でも多いのです。 A ベストアンサー 白血病というのは、白血球が増える……と、 単純に思っておられる方が多いですが、 そんな単純なものではないのです。 白血病の診断基準の一つに、血小板の減少があります。 白血病患者が歯茎から血が出る、あざができるというのは、 この血小板の減少が原因なのです。 つまり、いったんケガをすると、血がうまく止まらないのですよ。 あざができるというのは、毛細血管がきれて、血がとまらないので あざとなって見えるのです。 普通の人は切れても、すぐに血がとまるので、ひどくぶつけるなど しなければ、あざにはなりません。 貧血は、赤血球が減るからです。 ご心配ならば、近くの開業医で検査をしてもらってください。 検査だけならば、内科の開業医で十分です。 そこで異常があれば、紹介状を書いてもらえます。 A ベストアンサー お呼びでしょうか。 急性じゃないと起こらない、という物ではありません。 だから「白血病3徴候」と呼ばれるのですが・・・。 貧血は自覚症状があるようですが、この場合、脳貧血(いわゆる立ちくらみ)なのか、医学的な意味の貧血(血液のヘモグロビンが足りない状態)なのかをしっかり検査して区別しないといけません。 脳貧血なら該当しませんので。 また、白血病では非常に重要な判断材料になるのが、3徴候の残りの一つ、出血傾向です。 さっき、あざとか鼻血とか書いたのはこのためです。 これが出ない白血病というのはありませんので、現状では非常に考えにくい、といわざるを得ません。 ただ、そういう状況であれば血液検査なども一式やっておいた方が病気の目安もつけやすくなるので、ぜひ早めに内科にかかる事をお勧めします。 A ベストアンサー 無難なところで、近くの内科でしょう。 足!の痣ですが、整形外科にいくのは遠回りだと思います。 めまいや立ちくらみ、微熱、倦怠感など、何か他に特別な変化を感じなければ、健康診断の採血の結果を待っても大丈夫かと思います。 健康診断の採血の結果として、もし血が止まりにくいようなら『plt』という検査項目を見てください。 血小板(プレート)の数が出ています。 一般に血小板が少ないと、血が止まりにくい傾向となります(ものすごく大雑把ですが)。 もし他に随伴して注意しなければいけない項目があるとしても(厳密にはpltだけが大丈夫なら良いとも言えない場合があるので)、検査結果には標準値(正常値)と比較出来る表になっているかと思います。 茶色や緑がかったものは、時間の経っている出血で、それが長く続いているものではありません。 血は止まっていて、皮膚の下に溜まった血液が自然に消えていく(吸収されて見えなくなる)のを待っている状態です。 あざの出来る頻度や数が多く感じて不安でいらっしゃるので、急ぐ必要は無いと思いますが、心配であれば内科か血液内科(加えて、小さい病院から総合病院)での受診もひとつの方法です。 おそらくどの病院・科にいっても、最初はまた血液検査です。 健康診断から日が浅ければ、結果にはそう大差無いかと思いますので、様子を見ましょうとなるかもしれません。 自覚症状が特になければ、検診の結果を待っても遅くないと思います。 他に気掛かりがあれば、大きめの病院の内科・血液内科・循環器科など(受付で症状を話すと振り分けてくれます)の受診となるでしょう。 余談まで、近くの小さな病院と大きな病院の料金の違いとして、大きな総合病院や大学病院は初診料として(小さい病院の紹介状が無い場合など)2000円取られます。 身近なかかりつけ医から受診をし、大きな病院にはさらに高度な治療を必要する場合の人だけを振り分けようという流れがあるので。。。 (ちょっと簡潔過ぎて誤解を招く言い方なのですが。 でもいきなり大きいところに行ってみてもらえないと言う訳ではないのです、行って良いんですよ) 無難なところで、近くの内科でしょう。 足!の痣ですが、整形外科にいくのは遠回りだと思います。 めまいや立ちくらみ、微熱、倦怠感など、何か他に特別な変化を感じなければ、健康診断の採血の結果を待っても大丈夫かと思います。 健康診断の採血の結果として、もし血が止まりにくいようなら『plt』という検査項目を見てください。 血小板(プレート)の数が出ています。 一般に血小板が少ないと、血が止まりにくい傾向となります(ものすごく大雑把ですが)。 もし他に随伴して注意しなければいけない項目がある... Q 2,3週間前から太ももに直径1,5センチくらいのうっすらと赤いアザ?のようなものに気付き、最初は自分でかいたりして傷が出来ていると思って気にしないでいたのですが、いまだに治らず、それどころか赤みが増し、大きくなっているように思います。 痛みはまったく無く、腫れや凹凸も無いです。 少しだけ表面がざらついているような気はします。 ぶつけたわけでもないし、ひっかいたわけでもないのに突然アザ?が出来、消えないのが段々と不安になり、ひょっとして皮膚ガンかも?と心配です。 やはり病院に行くべきでしょうか?病院に行くとしたら個人病院でもしっかり検査などをしてもらえるでしょうか? 説明がわかりにくかったらすみません。 回答をよろしくお願いします。 A ベストアンサー こんばんは。 私の友人も同じようなアザができて、すぐに病院に行きました。 検査は尿検査・血液検査・一般検査とうでした。 その時の原因はビタミン不足ということでした、まぁ栄養が偏った生活をしていたからですが・・・。 よく聞く原因がビタミン不足ですが、その外に心配されたようにガンの可能性もぬぐいきれません。 不安を取り除くためにも早めに病院にいって検査してスッキリしましょう。 yahoo. 白血病の皮下出血には痛みは伴いません。 白血病でひどい場合はその場所から、本当の出血が、あったりします。 arianさんが白血病であるなら、ひどく体がだるく、動くこともつらいという症状が現れますがいかがですか? そのような症状がありますが? 心配でしたら医者に言って血液検査を受けられてはいかがですか?お金をかけたくないのであれば、献血なさって はいかがですか。 検査のデータで白血病が疑わしいかどうかはっきりとするでしょうね。 本当に白血病に罹っていて、そのような皮下出血が現れるのであれば、こんなところに質問を書いているような 悠長なことを言っていられないほど、だるくてひどい状態になっていなければなりません。 心配のしすぎです。 単にどこかでぶつけていたことが分からないでできた、単なる打ち身ですよ。 ちょっとした シップを貼っておけばすぐ治りますよ。 どうしても心配なら、血液検査をお受けになることをおすすめします。 Q 気づいたのは最近なのですが、足首から足の甲の当たりに点状出血?のような赤い小さな点々が出ています。 針の先でつんつんとつついたような大きさです)ネットで調べた所、「点状出血」ではないか?と思いました。 ですが出てきた画像を見ても、自分のと似たようなのが無いんです。 また、点状出血は白血病の初期症状でもあるという事で、とても心配してます。 ですが白血病だとしても、症状はその位(点状出血らしきもの で、歯肉からの出血や鼻血、倦怠感、貧血症状などはまったくありません。 ですが、腕に一箇所あざがあります。 (これはひょっとしたらついこの前行って来た登山の時にぶつけたものかもしれないんですが…) また、この点状出血らしきものは登山から帰って来てから気づきました。 もしかしたら関係ありますか?(足首付近だけに出ているので…) 仮に白血病だったとしても、点状出血があるくらいだから他に症状があってもいいと思うのですが…。 ちなみにこの点状出血、いくつかはだんだんと茶色いシミのようになってきています…。 痒みはありません。 このような赤い小さなポツポツが出来た事のある方はいますか? 本当は病院に行けば早いとは思うのですが、忙しくてなかなか行く暇が無いもので・・・。 何方か分かる方がいましたら、回答お願い致します。 気づいたのは最近なのですが、足首から足の甲の当たりに点状出血?のような赤い小さな点々が出ています。 針の先でつんつんとつついたような大きさです)ネットで調べた所、「点状出血」ではないか?と思いました。 ですが出てきた画像を見ても、自分のと似たようなのが無いんです。 また、点状出血は白血病の初期症状でもあるという事で、とても心配してます。 ですが白血病だとしても、症状はその位(点状出血らしきもの で、歯肉からの出血や鼻血、倦怠感、貧血症状などはまったくありません。 (登山に行っちゃっ...

次の

白血病!あざができやすい場所や部位は?

白血病のあざ

白血病の初期症状と診断 1個の腫瘍細胞ができ、約6~7ヶ月経つと症状が出るという推定されています。 しかしながら、白血病の症状は様々であり、白血病に特徴的と言えるものは特にありません。 特に主とされる初期症状は風邪によく似ており、そのため初期の段階で白血病の診断するのは専門の医師でもとっても難しい事です。 白血病の診断としては医師による問診および触診の他、血液検査での末梢血液中の白血病細胞の有無、その増殖の度合いを見ます。 但し、白血病だからといって、必ずしも白血球数が増加しているとは言えず、時には正常範囲内やむしろ減少している事もあります。 その場合は、より正確な診断の為には 骨髄検査(骨髄穿刺)での白血病細胞を確認が必要となってきます。 白血病の症状 白血病の症状は急性白血病と慢性白血病では若干異なってきます。 (1)急性白血病の症状について 白血病では、骨髄の中でがん化した細胞(白血病細胞)が異常増殖することにより、血液をつくる場所がなくなり、赤血球、白血球、血小板などの正常な血球が減少してしまいます。 そのため、例えば、赤血球が減ると酸素を運ぶ事ができなくなり、貧血、顔面蒼白、全身のだるさ、日常のちょっとした動作での動悸や息切れなどの症状が出てきます。 また、白血球が減ると、感染症を起こしやすくなります。 その場合、発熱やのどの腫れなど感染症のような症状が出てきます。 但し、発熱においては、白血病細胞が殖えることでも起こる場合があります。 血小板が減ると、血が止まりにくくなる事から、内出血による青あざができやすくなり、鼻血や歯ぐきからの出血が症状として見られます。 他にも白血病細胞が骨髄で増え過ぎてくると、骨や関節に痛みが出る事があります。 あるいは白血病細胞が血管の流れにより他の離れた臓器に広がり、肝臓や脾臓が大きくなったり、リンパ節が腫れたり、歯ぐき(歯肉)腫れる事もあります。 白血病細胞が脳や脊髄の中に広がると、頭痛、吐き気等が症状として出てくる事があります。 この状態を「中枢神経白血病(中枢神経浸潤)」と呼びます。 (2)慢性白血病 急性白血病と違い、慢性白血病においては進行がゆっくりなため、初期には殆どの患者さんが無症状です。 そのため、通常の生活の中では気づきにくく、健康診断の血液検査で発見され診断されることがよくあります。 他にも、肝臓や脾臓が大きく腫れてきたり、リンパ節が腫れたりする症状が見られる事があります。 これに加え、慢性リンパ性白血病では免疫力が低下するため、細菌やカビ、ウイルスなどにより、自己免疫性疾患の溶血性貧血などを合併することがあります。 <白血病の主な症状まとめ> 貧血症状 : 顔面蒼白、身体がだるい、疲れやすい、ちょっとした動作での動悸・息切れ など 感染症状 : 発熱、のどの痛みや腫れ、咳、下痢 など 出血症状 : 内出血による青あざ、鼻出血、歯肉出血、怪我をした時に血が止まりにくい など その他症状: 骨の痛み、おなか(肝臓や脾臓)が大きく膨れる、リンパ節の腫れ、頭痛、嘔気や嘔吐、腫瘤の形成など 白血病の症状のあざについて 白血病の症状のひとつにあざがありますが、これは一般的なあざと見た目は似ていますが区別するのは容易です。 いわゆる打撲などでできる青あざは皮下出血によるものですが、しばらくすると自然と治癒してなくなります、それに較べて白血病によるあざは同じく皮下出血ではありますがなかなか治りにくくまた治りかけている間に他の部位にどんどんあざが増えて治癒する兆候がありません。 時間とともに増えるので一般的な打撲のあざとは明らかに違いがあります。 一か所もしくは数か所の打撲あざがある程度で他の部位に増えることがなければ心配することはありません。 ですが頻度が少なくても並行して重度の貧血や体の明らかなだるさ等が慢性的に起こる場合は一応精密検査を受けたほうが良いでしょう。 女性の場合は貧血等は起こりやすいのでそれほど神経質になる必要はないですが慢性的な場合は注意が必要です。

次の