お歳暮 挨拶 文。 お中元・お歳暮の挨拶状(送り状)は必要?理由と文例と書き方マナー

粗品を進呈する際の挨拶文の書き方

お歳暮 挨拶 文

目上の人に贈る場合、挨拶文は不可欠 現在でははもっぱら宅配便で送る形となっています。 食材などは産地から直接送るケースも見られます。 もともと感謝の念を伝えるための風習。 直接手渡し出来ない以上、単に物を贈るだけではなく、心を込めた挨拶も欠かせません。 とくに上司や恩師など目上の人に送る場合は 挨拶文が不可欠といってよいでしょう。 ではお歳暮の挨拶文はどのようにして作ればよいのでしょうか。 どんな形であれ、挨拶文には頭を悩まされるものです。 まず知っておきたいのが形式。 言うまでもなく手書きで書くのが大前提ですが、ハガキで書くのか、便箋に書くのかも重要です。 ハガキは略式、便箋はより形式ばったものとなるので相手に合わせて選択するようにしましょう。 挨拶文の内容ですが、まずは季節の話から切り出すのが定番です。 現在こそ贈る時期が早まっていますが、もともとお歳暮は年末に贈りあうもの。 ですから季節の挨拶もそれに合わせた内容が求められます。 「いよいよ年の瀬も押し迫り…」「お忙しい日々をお過ごしのことと…」といった文章がオーソドックスな形となるでしょう。 それから「ご健勝にお過ごしのことと…」と相手の健康や無事息災を確認したうえで自分の近況を書きます。 感謝の念に結び付けられるような近況報告にするよう心がけましょう。 そのうえで日ごろの感謝の言葉とともに贈り物を贈ったことを書きます。 その際には「粗品」と書くのが一般的。 あくまで「受け取ってください」とのニュアンスを込めるようにします。 最後に「来年もなにとぞよろしくお願い申し上げます」「ご指導を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます」といった挨拶で締めくくります。 特に難しく考える必要はありませんが、最低限のは踏まえておくようにしましょう。 謙虚な姿勢で挨拶文を 現在では、お歳暮は宅配便などを使って贈るのが主流になってきています。 別に宅配便を使うことはマナー違反にはなりません。 ただしお歳暮を宅配便を使って贈る場合には、事前に挨拶状を作成しておきましょう。 あいさつ文の書き方は、基本的に目上の人に対して作成する表現を使って書いていきます。 また中には、比較的親しい間柄の人に対して、お歳暮を贈ることもあるでしょう。 その場合には、別に文面を気にすることなく、気持ちに素直な文面で問題はありません。 お歳暮の品物に関しては、あまり直接的な表現を使うのはスマートではありません。 「御歳暮として」と書くのではなく、例えば「年末のご挨拶として」とか「御歳暮のしるしとして」といった少しオブラートに包んだような表現を使ってみるといいでしょう。 またお歳暮にはそもそも季節のあいさつやご機嫌伺いという意味合いがあります。 そこであいさつ文を作るときには、時候の挨拶は必ず盛り込むようにしてください。 挨拶文を作成するときには、大きく4つの要素に分けて構成されていることを意識しましょう。 まずは先ほども紹介したように、時候の挨拶が先頭に来ます。 もし最近会っていないのであれば、ご無沙汰のお詫びをしましょう。 その上で贈り物について記載をし、末文のあいさつで締めるのが一般的な文章構成です。 会社として挨拶状を出す場合には社名ではなく、会社の代表者の名義で贈るようにしてください。 そして、謙虚な姿勢の挨拶文を作成することが重要です。

次の

時候の挨拶/季節の挨拶》手紙の季語/季節の言葉/季語/例文/結びの言葉/春/夏/秋/冬

お歳暮 挨拶 文

拝啓 盛夏の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 お蔭様で小社も順調に業績をあげておりますが、これもひとえに皆様方のご支援のおかげと感謝いたしております。 つきましては、日頃のご芳情に謝意を表したく、心ばかりのお中元の品をお届け申し上げます。 皆様に召しあがっていただけましたら幸いでございます。 暑さ厳しき折り、くれぐれもご自愛のほどお祈り申しあげます。 まずは、ご挨拶かたがたご通知まで。 スポンサーリンク お歳暮送付の挨拶状の参考文例 以下参考文例です。 拝啓 年末ご繁忙の折から、ますますご盛栄のこととお慶び申しあげます毎々ひとかたならぬお引き立ていただきまして、心よりお礼申しあげます。 本来ならば、年末のごあいさつに参上すべきところではありますが、年末のしるしとして、本日心ばかりの品を別便にてお送りいたしましたので、ご笑納くださいますれば、幸甚に存じます。 時節柄、ご多忙のことと存じます。 くれぐれもご自愛のほどお祈り申しあげます。 来年も相変わらずのご愛顧をお願い申しあげて、歳末のご挨拶を申しあげます。 敬具 平成〇年〇月〇日 〒〇〇〇-〇〇〇〇 〇〇県〇〇市〇〇町〇丁目〇番〇号 株式会社定型コーポレーション 代表取締役 定型文一郎 スポンサーリンク.

次の

お礼状【お中元・お歳暮】個人向け文例とポイント|1枚〜即日印刷プリントメイト

お歳暮 挨拶 文

お中元・お歳暮をやめたい。 それだけのお付き合いって必要? お中元・お歳暮を贈っているし、相手からももらっている。 毎年恒例になっているお付き合いだけど、今はもうそれだけのお付き合いになっている。 1年に2回の贈りもの。 お金もかかるし、何を贈るか気を使うのも疲れますよね。 それだけのお付き合いって必要なのか? そもそもお中元・お歳暮というのは、日頃お世話になっている方への感謝の気持ちとして贈るもの。 毎年恒例になっているからと、義務で贈るものではありません。 物を贈りあうことで、それがコミュニケーションの機会になっていて、お互いにそれが楽しみであるのなら、贈り合うのもよいかと思います。 しかし、正直、それほどの付き合いのない親戚や退職(転勤)で疎遠になっている方など、もう交流がなくなっている人に、贈り続けるのは、お互いに負担になっていることもよくあります。 きっかけがないと、なかなかやめられないものですが、それだけのお付き合いになっているのなら、相手も形式的なやりとりをやめたいと思っているかもしれません。 そもそも、 義務感だけで贈っているお中元・お歳暮なら、「それをやめたい」ということ自体、特に失礼にはなりません。 お中元・お歳暮の角が立たないやめ方 毎年恒例になっている贈りものは、なかなかやめにくいものです。 スポンサードリンク 会社を退職して仕事の付き合いがなくなった場合なら、 「仕事の関係も一区切りとなりましたので、これからはお気兼ねなくお付き合いいただければと思います。 」 家族(例えば夫)が亡くなって、その方とのお付き合いが疎遠になった場合なら、 「主人も亡くなり、お歳暮など有難く頂戴してきましたが、一人持て余しており、みなさんにお断りするようにしました。 」 などのきっかけがあるのでしたら、やめる理由もはっきりしていますし角も立ちません。 退職や身内の不幸などのきっかけがなく、いきなりやめるのが気が引ける場合は、 今年はお中元を暑中見舞いに代えて、お歳暮のみ贈る。 来年は、お歳暮もやめる。 といったように、 季節の挨拶をかねて、暑中見舞いや残暑見舞いで、やんわりと「今までありがとうございました。 これからはお互い気を使うことなくお付き合いの程、よろしくお願いいたします。 」と書いて送るとよいでしょう。 やめるきっかけがあるないにかかわらず、今までお付き合いのあった方ですから、きちんと挨拶をしてから贈答をやめたいものですね。 お中元・お歳暮をやめるときの挨拶状の書き方 先ほども少し伝えましたが、挨拶状の書き方の例を紹介します。

次の