吉本 松本。 吉本興業 岡本社長、口グセは「ウチの松本人志をなんだと!」高圧的な態度で知られた素顔|日刊サイゾー

松本人志派に一本化された吉本興業 ベテランも声上げられぬ|NEWSポストセブン

吉本 松本

なかでもダウンタウンの松本人志と極楽とんぼ・加藤浩次の、それぞれの番組を中心とした発言に注目が集まる状況は、現在もなお続く。 また2人だけでなく、友近やタカアンドトシのタカ、ハリセンボンの近藤春奈、平成ノブシコブシの吉村崇など、それぞれの立場から番組やSNSで意見を発信する芸人も後を経たない。 動く松本、静かな浜田 そんななか、一貫して沈黙を貫いているのが、ダウンタウンの浜田雅功だ。 その状態に、「さすが芸人の鑑」「余計なこと言わない浜ちゃん、カッコいい」など、ネットやSNSで評価が上がるという状態が続いている。 そんな浜田について、「芸人みんなのことを考えてくれている」と、自身のツイッターに浜田とのツーショット写真ともに綴ったのが、品川庄司の品川祐だ。 品川によると、初めて写真を一緒に撮らせてもらったとのこと。 世間が心配するこのタイミングで、あえてツーショットを掲載した品川の行動とツイートにより、浜田が一連の騒動についてちゃんと考えていると読み取れ、安心するファンも多かった。 いち早く、「松本、動きます」と、ツイッターで発信し、『ワイドナショー』などで発言を続ける松本と、まさに「静観」とでもいうぐらい、表立つ行動や発言を現時点でまったくしていない浜田。 コンビで対照的なスタンスの違いに理由はあるのだろうか。 あるテレビ局関係者はこう言う。 「浜田さん自身の芸人としての考え方やスタンスなどもあるかとは思いますが、松本さんと違って浜田さんがコメントするような番組をもっていなかったり、SNSをやっていなかったりなど、単純に発信する場がないというところがいちばん大きいのではないでしょうか」 松本人志の『ワイドナショー』、加藤浩次の『スッキリ』をはじめ、ビートたけしの『新・情報7days ニュースキャスター』、明石家さんまのラジオ『ヤングタウン』など、メディアで自身の意見を発表する場を持つ大物芸人は多いが、浜田にはそのような番組はない。

次の

吉本騒動「松本、動きます」のウラで浜田雅功がまったく「動かない」理由

吉本 松本

丸山穂高議員の「NHKから国民を守る党」入り。 そして丸山議員の人相がさらに悪くなっていたこと。 しかもTwitterで「丸山、動きます」なんてパクリも。 第469回(7/25〜7/30発売号より) 1位「松本人志 元マネ幹部『支配』に加藤浩次が突きつけた覚悟の『反旗』!」(「女性セブン」8月8日号) 2位「SMAP 9月結集へ!『新しい地図』地上波復活で『和解への道』」(「女性自身」8月13日号) 「『SMAP共演を実現させて!』ジャニーさんお別れ会急転延期とコンサート会場で!の祈り」(「女性セブン」8月1日号) 3位「『沖縄』を知らない安倍首相へ」(「週刊女性」8月13日号) いまだ連日のようにワイドショーで取り上げられている吉本興業問題。 たとえば「週刊文春」(8月1日号・文藝春秋)では「松本人志が牛耳る吉本興業の闇」と題して松本が吉本で絶大な権力を持っていることを報じているが、「女性セブン」も同様に松本の絶大な影響力について報じている。 人気トップクラスの大物芸人であることは間違いないが、会社中枢にまで絶大な影響力を持つ存在だったとは知らなかったという人も多いだろう」 さらに大崎洋会長、岡本社長、藤原寛副社長といった経営中枢が、歴代の松本、ダウンタウンのマネジャーだったことも指摘、「ダウンタウンは東京で当代一の人気者になった。 さらにこんな記述も。 「岡本社長は松本さんの前では礼儀正しい印象ですが、ほかの人の前では……」(同) ダウンタウンの人気を背景に吉本興業でのし上がった大崎会長とその右腕として出世してきた岡本社長。 そうした経営陣の中、松本は吉本興業で絶大な影響力を持つようになった。 「セブン」ではそうした構造、問題の本質を指摘したといえる。 そしてこの記事を読んで思い出した。 しかし、これがテレビ・ワイドショーで取り上げられることはない。 たとえば『直撃LIVEグッデイ!』(フジテレビ系)で島田紳助が「週刊文春」や「週刊新潮」(新潮社)の取材に応じたことが紹介されたが、しかし「文春」の「松本人志が牛耳る吉本興業の闇」といった誌面、タイトルは不自然なくらいにスルーされていた。

次の

松本人志、ワイドナショーで憤り「吉本興業はこのままじゃ壊れていく」 岡本社長は会見へ

吉本 松本

報道陣の質問に対する吉本興業の岡本昭彦社長の回答は的を射ないものばかりでした(撮影:大澤 誠) 7月22日行われた吉本興業・岡本昭彦社長の会見をほんの数分でも見た人は、「この社長で大丈夫?」と思ったのではないでしょうか。 岡本社長の5時間31分間に渡る会見は、前代未聞の長さであったにも関わらず、結果的に吉本興業のイメージダウンは止まりませんでした。 企業の不祥事では、「謝罪会見をネガティブの底にして、再浮上の第一歩にする」のが鉄則ですが、吉本興業の企業イメージはまだまだ下がり続けています。 会見の何が問題で、今後はどんな姿勢が求められているのでしょうか? 「冗談のつもり」というコメントへの失笑 会見冒頭、小林良太弁護士がメディアに配布した<時系列まとめ>という3枚の書面を事細かに説明。 その後、岡本社長が世間の人々、詐欺被害者、ファン、宮迫博之さんと田村亮さんらに謝罪の言葉を述べ、深々と頭を下げました。 次に岡本社長は、「2人への処分を撤回したい」「ミーティングの席に立ってほしい」「いつの日か戻ってきてもらえるなら全力でサポートしたい」とコメント。 さらに、「自分の思いが本人たちに伝わっていなかった」「コミュニケーション不足だった」ことを反省点に挙げ、明石家さんまさんや松本人志さんと会話したエピソードを話したあと、「1年間50%の減棒」という自らへの処分を発表しました。 紙を読み上げながらの淡々とした語りは、事務的な印象を与え、多少の違和感こそ抱かせたものの、ここまで大きな問題はなし。 しかし、記者たちとの質疑応答に入ると、「それらの言葉は嘘ではないか?」と首をひねらざるを得ない言動が相次いだのです。 真っ先に問題視されたのは、宮迫さんや亮さんらに言った「テープはとってないだろうな?」という言葉に対する「冗談のつもりで言ったらまったく受け入れられず、笑われることもなかった」という釈明。 しかも、のらりくらりと言葉を重ねた上での釈明であり、その中には「そもそも彼らの『お金をもらってない』ということ(嘘)からはじまったこと」と2人を非難するフレーズが混じっていたのです。 なかでも「冗談」というフレーズは、見ている人の失笑を誘いました。 もし本当に冗談だったとしても、岡本社長はふだん冗談のつもりで多くのパワハラをしているのではないか? 少し怒っているときはどれくらいの強い言葉が飛び出すのか? 「そんなつもりはなかった」とパワハラされる人の気持ちがわからないことは認めているだけに、世間の人々に「この人ならやりかねない」と思わせてしまったのです。

次の