パッシェン の 法則。 解析事例(コイル線間の電界解析)/株式会社フォトン(電磁場解析ソフトウェア−電磁界シミュレーション)

パッシェンの法則の式についての質問です。Vs=Bpd/log(pd)+C・・・(1)C=logA

パッシェン の 法則

Excelでできる天文計算とデジカメと小型望遠鏡による天体観測のブログです。 cocolog-nifty. html にありますのでExcelファイルを使われる方は必ずごらんください。 このブログにあるコンテンツは文章、画像、グラフ、Excelファイル、プログラムソース等すべて自由に引用あるいは再利用していただいてかまいません。 ただしお互いのオリジナリティーはたいせつにしていただきますようお願いします。 wixsite. パッシェンの法則・上式の導出については 藤田文太郎「放電管」(共立全書) 共立出版, 1954 などにあります。 「標準球ギャップの火花電圧」は 静電気学会「静電気ハンドブック」オーム社, 1981 にある値を使いました。 球の直径が電極間距離に比べて十分大きいデータの値を採用しています(ただしこのデータは 一球接地を前提にしています) 平等電界(例えば電極間隔に比較して直径が十分大きい球状電極間)での放電を前提にしています。 針状電極であれば放電開始電圧はもっと低くなるはずですが、それについてはまた別に記事にしたいと思います。 「」 「 」 放電開始電圧は「電極間距離と気体の圧力の積」で決まります。 そのためふつうパッシェンの法則を示すグラフは横軸を「電極間距離と気体の圧力の積」とします。 これだと電極間距離は換算しないとわからないため、上のグラフは1気圧ということを前提に横軸を距離で表示しています。 放電開始電圧には最低値があり、そのときの電極間距離より短い電極間距離では、距離が小さくなるほど放電開始電圧が高くなるという現象が生じます。 ときどき「1cmで1万Vだから1mmだと1000V」みたいなのを見かけるので念のため書いておきます。 放電開始電圧は電極の材質・表面の状況によっても変わります。 上のグラフは目安でしかないので、そのことを頭に入れてお使いください。 007835 ) として放電開始電圧を算出しています( この係数は距離をcm、気圧をmmHGで表すときに対応したものです) AとBは 藤田文太郎「放電管」(共立全書) 共立出版, 1954 の値を使っています。 最低放電開始電圧のときの電極間距離は上のグラフでは0. 01mmくらいですが、 藤田文太郎「放電管」(共立全書) 共立出版, 1954 によれば実測値は 0. 0075mmのようです。

次の

パッシェンの法則とは

パッシェン の 法則

フリードリッヒ・パッシェン フリードリッヒ・パッシェン(Louis Carl Heinrich Friedrich Paschen、・ - ・)はの。 1901年からの教授を務めた。 業績 [ ]• 1889年:開始電圧とガス圧に関するを発見した。 1895年:のの研究を行った。 1908年:のうち、赤外線領域 にある系列()を発見した。 1925年 - 1927年:会長。 1928年:受賞。 注・出典 [ ]• Friedrich Paschen 1889. Annalen der Physik 273 5 : 69—75. 1875. 1nm 赤外線領域.

次の

解析事例(コイル線間の電界解析)/株式会社フォトン(電磁場解析ソフトウェア−電磁界シミュレーション)

パッシェン の 法則

物理学 [ ] において、原子のスペクトル線は、それぞれの間の遷移に伴う・により説明される。 水素のスペクトル線を説明できる最も古くシンプルなモデルは、によって考案されたである。 電子が高いエネルギー状態から低いエネルギー状態へ遷移する場合、特定のを持つが放出され、低いエネルギー状態から高いエネルギー状態への遷移の場合、同じ波長を持つフォトンが吸収される。 スペクトル線は後述するように n の値によって複数の系列にグループ分けされる。 これらは遷移などの遷移に相当する。 が区別できる場合、1本のスペクトル線はな補正によって2つ以上の細い線として現れる。 スペクトル系列は、実験系では純粋な水素からのみ観測できる。 多くのスペクトル線は通常見えにくく、やなどの他の元素による余分なスペクトル線により隠れてしまうことが多い [ ]。 は多くのとを吸収するので、地表で行うの観測においては領域以外のスペクトル線は通常見られない [ ]。 系列 [ ] バルマー系列の4つの可視的な水素放出スペクトル線。 右の赤い線がH-アルファである。 パッシェン系列のスペクトル線は全てである。 波長が増加するにつれ、系列内の間隔も広がっていく。 スペクトル線も次第に弱くなる。 関連項目 [ ]• 参考文献 [ ]• , , 2004-10-30 , 2009年3月18日閲覧。 2002 , Introductory Quantum Mechanics, Addison-Wesley,• , N. Bohr: Collected Works, 10, Amsterdam: North-Holland Publ. , pp. 373—9• 2014 CODATA recommended values. NIST. 2016年9月27日閲覧。 1906 , , Memoirs of the American Academy of Arts and Sciences, New Series 13 3 : 125—146, , ,• 1885 , , Annalen der Physik 261 5 : 80—87, : , : ,• 1908 , , Annalen der Physik 332 13 : 537—570, : , : ,• Opt. Soc. 9 3 : 193—196, :• Research Natl. Bur. Standards 50 外部リンク [ ]•

次の