博士 と 彼女 の セオリー 主題 歌。 ゴールデン・グローブ作曲賞は「ヨハン・ヨハンソント」、主題歌賞は「グローリー」

映画『ビリーブ 未来への大逆転』公式サイト

博士 と 彼女 の セオリー 主題 歌

解説 ALS(筋萎縮性側索硬化症)という難病を抱えながらも最先端の研究に励み、現代の宇宙論に多大な影響を与える車椅子の天才科学者スティーブン・ホーキング博士の半生と、博士を支え続ける妻ジェーンとの愛情を描き、ホーキング博士を演じたエディ・レッドメインが第87回アカデミー賞で主演男優賞に輝いたヒューマンドラマ。 ジェーンが記した自伝を原作に、ドキュメンタリー映画「マン・オン・ワイヤー」でアカデミー賞を受賞したジェームズ・マーシュ監督をメガホンをとった。 ジェーン役は「アメイジング・スパイダーマン2」のフェリシティ・ジョーンズ。 物理学の天才として将来を期待される青年スティーブン・ホーキングは、ケンブリッジ大学在学中、詩を学ぶ女性ジェーンと出会い、恋に落ちる。 しかし、直後にスティーブンはALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症。 余命2年の宣告を受けてしまう。 それでもジェーンはスティーブンと共に生きることを決め、2人は力を合わせて難病に立ち向かっていく。 2014年製作/124分/G/イギリス 原題:The Theory of Everything 配給:東宝東和 スタッフ・キャスト 英国、ケンブリッジ。 自然と文化に満ちたこの学術都市では数多くの天才たちが輩出されてきた。 その中でもホーキング博士ほど身体の自由を失いながらしかし誰よりも伸びやかに、精神性の跳躍を繰り出した人は他にいまい。 彼の半生を演じるレッドメインは期待の一枚も二枚も上をゆく極めて軽やかな存在感とチャーミングさで、この役を見事に演じ切った。 そして本作のもう一つの軸となるのはフェリシティ・ジョーンズ。 その「受け」の演技が揺るぎないからこそ、二人はその遠心力で映画の可能性をどこまでも遠くへ放つことができたのだろう。 ミクロと宇宙を繋げ、神の存在を問いかけ、己の感情に素直であり続けた二人。 そこには彼らにしか成しえない世界があり、彼らにしか下しえない決断があった。 まさに二人だけのセオリー。 とりわけお互いに対してずっと抱き続ける「敬意」は印象的だ。 本作に触れることで、別れてもなお彼らが最良の関係性を大切に保ち続けている理由がわかった気がした。 ネタバレ! クリックして本文を読む 天才科学者スティーブン・ホーキング博士の実話に基づいた物語。 彼は大学院生時代、難病ALSを患い大きな絶望を感じるも、彼女ジェーンの献身的な愛と支えで生きる希望を見つけていく。 ALSを患いながらも、実績をのこしていったスティーブン博士の努力は計り知れない。  何よりも、主演エディの演技力が素晴らしい。 鑑賞中、何度も「これ、ほんとにALSを患った人でないよね?」と思うほどであった。 ジェーンの献身的な介護も描かれていたが、 実際はもっと苦悩があったにちがいない。 介護だけでなく、博士号を取得するための勉学、子育てと負担は大きかったはずだ。 その点では、ジェーンの心情を表すシーンがもっとあっても良いのではないかと思った。 2人の関係性が少しずつ変化していくリアルな部分も描かれており、純愛を語るならば賛否両論あると思う。 スティーブンがラストシーンに放った言葉から、これまで2人が創り上げた愛の形そのものを感じた。 2人で歩んできた道のりは、愛なしではありえなかったのだ。 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

TUBE 愛のセオリー 歌詞&動画視聴

博士 と 彼女 の セオリー 主題 歌

ノミネート一覧 [ ] 作品賞 [ ]• 『 』• 『』 監督賞 [ ]• - 『』• - 『』• - 『』• - 『』• - 『』 主演男優賞 [ ]• - 『』• - 『』• - 『』• - 『』• - 『』• - 『』 主演女優賞 [ ]• - 『ミッション・ワイルド』• - 『』• - 『』• - 『』• - 『』 助演男優賞 [ ]• - 『』• - 『』• - 『』• - 『』• - 『』 助演女優賞 [ ]• - 『』• - 『』• - 『』• - 『』• - 『』 アンサンブル演技賞 [ ]• 『 』• 『』 脚本賞 [ ]• - 『』• - 『』• - 『』• 、、、 - 『』• - 『』 脚色賞 [ ]• - 『』• - 『』• - 『』• - 『』• - 『』 ブレイクスルー演技賞 [ ]• - 『』• - 『』• - 『 Obvious Child』 ブレイクスルー監督賞 [ ]• - 『』• - 『 Rosewater』• - 『 Obvious Child』• - 『』 若手男優賞 [ ]• - 『』• - 『』• - 『』• - 『』• - 『』 若手女優賞 [ ]• - 『』• - 『』• - 『』 撮影賞 [ ]• - 『』• - 『』• - 『』• - 『』• - 『』• - 『』 編集賞 [ ]• 『 』• 『』 今年、見落とされた映画賞 [ ]• 『 Obvious Child』• 『 』• 『』 ファミリー映画賞 [ ]• 『 』• 『』 外国語映画賞 [ ]• 『 』• 『』 アニメ映画賞 [ ]• 『 』• 『 The Boxtrolls』• 『』 ドキュメンタリー映画賞 [ ]• 『 Life Itself』• 『 Glen Campbell: I'll Be Me』• 『 Supermensch: The Legend of Shep Gordon』 作曲賞 [ ]• 『』 主題歌賞 [ ]• 「 Everything Is Awesome」 - 『』• 「 Lost Stars」 - 『』• 「 Miracles」 - 『』• 「 Immortals」 - 『』 美術賞 [ ]• 『 』• 『』 衣装デザイン賞 [ ]• 『 』• 『』 スタント賞 [ ]• 『 』• 『』 視覚効果賞 [ ]• 『 』 出典 [ ].

次の

第72回ゴールデン・グローブ賞発表!『6才のボクが、大人になるまで。』が3冠

博士 と 彼女 の セオリー 主題 歌

監督は、主演はとが務める。 では5部門にノミネートされ、エディ・レッドメインが主演男優賞を受賞した。 あらすじ [ ] 1960年代のでを学んでいたスティーヴン・ホーキングは、同じ大学でを学んでいるジェーン・ワイルドと恋に落ちる。 スティーヴンは体が次第に自由に動かなくなり、倒れて医者からで余命2年とされる。 スティーヴンの親も反対したが、二人は結婚する。 男児が生まれ、に関する博士論文を教授たちから絶賛されるが、体も不自由になってきて、電動の車椅子を使うようになる。 「」に関する発表はバカバカしいと退場する学者もいたが、喝采を送る学者もいた。 ジェーンは勧められて教会のに入るが、指導をしているジョナサンがピアノ教師として家庭に入り、妻を亡くして子もいないことから家庭を支援し、父親の代理のように子どもからも慕われる。 三人目の子どもが生まれるが、誰の子かと噂されるようになり、立ち聞きしたジョナサンが「君が好きだ」というとジェーンも「私も貴方が」といいながら離れる。 スティーヴンが仏でのオペラに招待され、子どもたちのキャンプのためにジョナサンが呼ばれる。 公演の最中に倒れ、死かかと医者に迫られ、声が出なくなる後者を選択する。 「スペリングボード」を使うために有能な看護師エレインを雇い、その後、埋め込みの音声合成器を使うようになる。 『』が世界的なベストセラーになる。 アメリカでの授賞式にエレインを連れていくと突然話したことから、二人は離婚することになり、ジェーンはジョナサンと結婚。 にスティーヴンとジェーンが一緒に招かれ、『宇宙を語る』は「難しいけど売れている本なのね」といわれる。 女王の庭で二人は「私たちが作ったものを見て」という。 その前で大きくなった子どもたちが遊んでいる。 スティーヴン・ホーキング - ()• () - ()• エレイン・マッソン - (): スティーヴンの2番目の妻• ジョナサン・ジョーンズ - (): ジェーンの2番目の夫• ベリル・ワイルド - (): ジェーンの母親• ジョージ・ワイルド - : ジェーンの父親• フランク・ホーキング - (): スティーヴンの父親• イソベル・ホーキング - ()(): スティーヴンの母親• フィリパ・ホーキング - (): スティーヴンの妹• メアリー・ホーキング - : スティーヴンの妹• () - (): スティーヴンの師• - ()• () -• ダイアナ・キング - (): バシル・キングの妹でスティーヴンの友人• ブライアン - (): スティーヴンのルームメイト なお、映画の中で使用されているホーキング博士の電子音声は本人が提供したものである。 製作 [ ] 構想 [ ] 本作の脚本を書いたはに出版されたホーキング博士の『ホーキング、宇宙のすべてを語る』を読んで以来、博士に関心を持ち続けていた。 、マッカーテンはジェーン・ホーキングの『 Travelling to Infinity: My Life with Stephen』を読んだ。 そして、映像化される保証がないまま脚本の執筆に取り掛かった。 自身の企画について話し合うために、マッカーテンは何度もジェーンのもとを訪ねた。 何回か脚本を書き直した後に、ICMのエージェント、クレイグ・バーンスタインを通して、プロデューサーのと会った。 マッカーテンとブルースは3年かけてジェーン・ホーキングから回顧録の映画化の承諾を得た。 ブルースは当時を振り返って「幾度となく話し合いを設け、何杯もの、を飲んだ。 」と述べている。 2013年4月18日、が監督に内定し、撮影はイギリスを中心にして行われることが決まった。 また、主役のホーキング博士を が演じることになった。 同年6月23日、がジェーン・ホーキングを演じることが決まった。 10月8日、との出演が決まり、アンソニー・マッカーテン、リサ・ブルース、エリック・フェルナー、ティム・ビーバンの4人がプロデューサーを務めることになった。 マーシュは映画が現実に忠実になるような映像の構成を研究していた。 彼は「この映画に関連したホーキング博士の写真やドキュメンタリーの映像はある。 あとは、われわれがそれらを最高の映画に構成し直そうとした。 」と述べている。 また、レッドメインは本作に出演するにあたって、ホーキング博士と会った。 レッドメインは「今でも、博士は動くことができない。 しかし、博士の目には活力があった。 」と述べ、博士を演じることに重責を感じたという。 さらに彼は「映画を作る上で重要となる問題は、実際のできごとの時系列を追って撮影しているわけではないということだ。 だからこそ、博士の病状の悪化をしっかりととらえておく必要があった。 観客が博士の日常に入り込めるようにもそうする必要がある。 ただし、それと同時に、博士のひらめき、ウィット、ユーモアを表現する必要があった。 」と付け加えている。 レッドメインはホーキング博士の数多くのインタビュー動画を見て、ホーキング博士の生活を研究するのに半年を費やした。 マーシュは「レッドメインがやらねばならなかったことは容易なことではなかった。 身体表現が困難なだけではなく、膨大な時間をかけて役作りをする必要があった。 単に身体の障害を表現するわけではない。 身体を蝕んでいく病の進行過程を表現する一方、知的活動は病気にとらわれていないことも表現する必要があった。 」と述べている。 マーシュによると、ホーキング博士は映画製作に好意的であり、だからこそ、博士は自身が使っている音声データを提供してくれたのだという。 トロント国際映画祭の観客には、ホーキング博士が本作を鑑賞した後にを流し、がその涙をふき取ったということが知らされた。 撮影 [ ] 2013年9月より、イギリスのケンブリッジを主なロケ地としてが始まった。 主要撮影の開始に先立って、同年9月23日から27日にかけてはケンブリッジ大学ののニュー・コートの前の芝生で撮影を行った。 その撮影はののシーンの撮影であった。 9月24日、セント・ジョンズ・カレッジとで撮影が行われた。 メイボールのシーンは屋外の撮影の最後の方で行われ、屋内のスタジオでの撮影をもってして、5週間以上にわたる撮影は終了した。 本作で使用されたメイボールにおけるは、のでの花火を担当した Titanium社が打ち上げたものである。 音楽 [ ] が本作で使用される楽曲を作曲した。 本作の楽曲は「アコースティックとエレクトロニクスの見事なブレンド」と表現されている。 楽曲に関して、ヨハンソンは「、バンド、ソロ演奏のいずれであろうと、さまざまなソースから生まれるの要素とエレクトロニクスで、ライブの録音の厚みを出そうとしている。 」と述べている。 なお、本作のはので収録された。 視覚効果 [ ] が本作の視覚効果を担当した。 公開 [ ] 2014年9月7日、において本作はプレミアを迎えた。 なお、本作は映画祭のスペシャル・プレゼンテーション部門で上映された。 2013年8月8日には、が本作の世界配給権を獲得している。 2014年4月10日、は本作をアメリカで配給する権利を獲得し、年内に限定公開すると決定した。 また、カナダでの配給権はが獲得した。 本作のファースト・トレイラーは2014年8月7日に公開された。 2014年11月7日に、アメリカでの限定公開が始まった。 2015年1月の公開開始を先陣として、、、での公開もされた。 では3月13日より公開される。 興行収入 [ ] 2014年11月7日、本作は北米の映画館5館において限定公開され、20万7000ドルを稼ぎ出した(1館当たり4万1400ドル)。 フォーカス・フィーチャーズの配給部門の最高責任者である、ジム・オールは「われわれにとっては大いに喜ばしい知らせだ。 」「この素晴らしい数字は観客の高評価とも連動している。 ジェームズ・マーシュの見事な演出で素晴らしい演技が引き出された。 私は本作の演技、演出、そして作品自体がの会員の注意を引くことを信じている。 」と述べた。 11月26日には北米802館で拡大公開され、500万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング7位となった。 なお、の週の5日間で、640万ドルを稼ぎ出した。 2015年2月22日までに北米で約3,400万ドル、国外で7,000万ドルの興行収入を記録し、トータルで1億ドルを突破した。 評価 [ ] 本作は批評家から高く評価されている。 4点となっている。 サイト側による批評家の意見の要約は「伝記映画でもあり、ラブストーリーでもある。 『博士と彼女のセオリー』はジェームズ・マーシュの磨き抜かれた監督手腕と主演2人の力強い演技によって成り立っている。 」となっている。 のはレッドメインの演技とマッカーテンの脚本を中心に本作を称賛し、「レッドメインが傑出している。 『』でのの演技との比較にも耐えうるほど、驚異的で 真に迫った演技である。 」と述べている。 のは「身震いするほど感動し、興奮した。 」と書いている。 のは本作を高く評価し、「感動的でほろ苦いラヴストーリーだ。 奥深いユーモアで深みを増している。 」と述べている。 チャンはレッドメインとジョーンズの演技を「とても素晴らしい演技だ」と評し、ヨハンソンの楽曲を「彼ののような反復と進歩はの楽曲を彷彿とさせる。 」と評している。 のは「約25年間にもわたる主人公2人の複雑な関係をしっかりと正確に、映像で説明してくれる。 申し分のないプロの技だ。 」と述べている。 のは「ホーキング博士の宇宙論の要約において、『博士と彼女のセオリー』は凡人にも分かるように最大限の努力をしている。 そのインスピレーションの大部分がどこかで見聞きしたことがあるものだ。 とはいえ、それらはしっかりとしたソースからの借用である。 」と述べる一方、レッドメインの演技とマッカーテンの脚本は絶賛している。 のは「(トロント国際映画祭での)反応が熱狂的であったと述べることは誇張していることにはなるまい。 批評家からだけではなく、アカデミー賞の投票権を持つ人々からも絶賛の声を聞いた。 」とトロント国際映画祭で本作を見た観客の様子を表現している。 ただし、本作に対する批判がないわけではない。 のは「ホーキング博士が起こしたイノベーションと博士が時代遅れの考え方に賛同することを拒絶する姿が描かれている。 しかし、この描写は単に伝記映画の悪しき風習を強調したものに過ぎない。 」と述べている。 のは「ジェームズ・マーシュ監督の伝記映画『博士と彼女のセオリー』は有名な物理学者に敬意を払っている。 しかし、博士が驚くべきアイデアを思いついたことに対する掘り下げが足りない。 」と評している。 のは「『博士と彼女のセオリー』は賞を与えるに値しない。 なぜなら、ホーキング博士の業績を大雑把に説明しているからだ。 雑な描写のために、なぜ博士が有名になったのかという疑問に対する答えがはっきりしないままになっている。 博士がどのようにして従来の時空理論を覆したかということを描き出す代わりに、博士が神の存在に言及したかしないかという、些細なことが語られている。 観客の宗教的な関心に媚びている。 」と批判している。 の映画ブロガーであるは「ジェーン・ワイルド・ホーキングにとっては迷惑な作品である。 ドラマチックな映画になるように事実が再構成されている。 『博士と彼女のセオリー』は古い映画の型に必死にしがみついた映画だ。 」と記している。 受賞 [ ] 賞 受賞日 カテゴリ 対象者 結果 ブレイクアウト男優賞 受賞 ハリウッド音楽賞 2014年11月4日 作曲賞(映画部門) ノミネート ブレイクスルー賞 エディ・レッドメイン 受賞 2014年10月12日 金賞 受賞 作品賞トップ10 入賞 主演男優賞 エディ・レッドメイン 受賞 作品賞トップ10 3位 主演男優賞 エディ・レッドメイン ノミネート 主演女優賞 ノミネート 脚色賞 アンソニー・マッカーテン ノミネート 作曲賞 ヨハン・ヨハンソン ノミネート 主演男優賞 エディ・レッドメイン ノミネート 主演男優賞 エディ・レッドメイン ノミネート 2015年1月3日 Desert Palm Achievement Award エディ・レッドメイン 受賞 主演男優賞 エディ・レッドメイン 2位 主演女優賞 フェリシティ・ジョーンズ 2位 作曲賞 ヨハン・ヨハンソン 3位 エディ・レッドメイン 受賞 ヨハン・ヨハンソン 受賞 ノミネート フェリシティ・ジョーンズ ノミネート 全米俳優組合(SAG)賞 2015年1月25日 主演男優賞 エディ・レッドメイン 受賞 作品賞 ノミネート 主演男優賞 エディ・レッドメイン ノミネート 主演女優賞 フェリシティ・ジョーンズ ノミネート 脚色賞 アンソニー・マッカーテン ノミネート 撮影賞 ノミネート 作品賞 ノミネート 主演男優賞 エディ・レッドメイン 受賞 主演女優賞 フェリシティ・ジョーンズ ノミネート 脚色賞 アンソニー・マッカーテン ノミネート 作曲賞 ヨハン・ヨハンソン ノミネート 脚注 [ ]• 2014年12月5日閲覧。 2014年12月4日閲覧。 2014年12月4日閲覧。 「」2016年3月下旬号 76頁• 2014年12月7日閲覧。 2014年12月7日閲覧。 2014年12月7日閲覧。 2014年12月7日閲覧。 2014年12月7日閲覧。 2014年12月7日閲覧。 2014年12月7日閲覧。 2014年12月7日閲覧。 2014年12月9日閲覧。 2014年12月8日閲覧。 2014年12月9日閲覧。 2014年12月9日閲覧。 2014年12月9日閲覧。 2014年12月9日閲覧。 2014年12月9日閲覧。 2014年9月6日時点の [ ]よりアーカイブ。 2014年12月9日閲覧。 2014年12月6日閲覧。 2014年12月5日閲覧。 2014年12月5日閲覧。 2014年12月5日閲覧。 2014年12月6日閲覧。 2014年7月26日時点の [ ]よりアーカイブ。 2014年12月6日閲覧。 2014年8月26日時点の [ ]よりアーカイブ。 2014年12月6日閲覧。 2014年12月6日閲覧。 2014年12月6日閲覧。 2014年12月6日閲覧。 2014年12月6日閲覧。 2014年12月6日閲覧。 2014年12月9日閲覧。 2014年12月9日閲覧。 Box Office Mojo. 2015年1月26日閲覧。 2014年12月9日閲覧。 2014年12月9日閲覧。 2014年12月10日閲覧。 2014年12月9日閲覧。 2014年12月9日閲覧。 2014年12月9日閲覧。 2014年12月10日閲覧。 2014年12月1日閲覧。 2014年12月10日閲覧。 2014年12月10日閲覧。 2014年12月10日閲覧。 2014年12月10日閲覧。 Moraski, Lauren 2014年11月14日. 2014年11月22日閲覧。 Film Music Reporter 2014年10月8日. 2014年11月22日閲覧。 HMMAwards. org 2014年11月5日. 2014年11月22日閲覧。 2014年9月7日. 2014年9月7日閲覧。 Heeney, Alexandra 2014年10月17日. 2014年11月22日閲覧。 2014年12月9日閲覧。 2014年12月9日時点の [ ]よりアーカイブ。 2014年12月9日閲覧。 2014年12月9日閲覧。 2015年1月3日閲覧。 2014年12月31日閲覧。 Feinberg, Scott 2014年11月7日. 2014年11月22日閲覧。 2015年1月4日閲覧。 シネマトゥデイ 2015年1月12日. 2015年1月13日閲覧。 com 2015年1月26日. 2015年1月27日閲覧。 2014年12月9日閲覧。 com 2015年1月15日. 2015年1月16日閲覧。 関連項目 [ ]• テレビ映画『』 - 主演ののドラマ(DVD化されている)で二人が結婚するまでを描いている。 外部リンク [ ]• (英語)• [ ] (日本語)• - (英語)• - (英語)• - (日本語).

次の