ナイキ ペガサス 36。 ナイキ ペガサスシリーズのペガサス ターボとペガサス 36を特集. Nike 日本

ナイキ ズームペガサス36レビュー。前作35からの改善点は? | 【シリアスランナー】に送るおすすめのトレーニング・レース・ランニングギア情報

ナイキ ペガサス 36

ナイキ エア ズームペガサス36とは? 長年、多くのランナーに愛され続けている、ナイキのペガサスシリーズの36代目のモデルとして2019年6月1日に発売されたのが、ズームペガサス36です。 今回のモデルもサブ4〜サブ3.5を狙うランナーのレースシューズとして、またサブ3を狙うランナーのトレーニングシューズとしても活躍する、幅広いランナーに愛されるシューズに仕上がっています。 ズームペガサス36の進化点とは? アッパー素材 ズームペガサス35からの大きな進化は、アッパー素材です。 エンジニアードエリートメッシュアッパーと呼ばれる素材を新たに採用しています。 この素材の採用により、ズープペガサス35採用のアッパー素材と比べ通気性が向上しています。 また、素材が薄くなることで、軽量化を実現しています。 36の方が通気口が増えていることがわかります。 薄く短くなったシュータン シュータンも大きく変化しています。 ズームペガサス35のシュータンは、長くて分厚いものでしたが、ズームペガサス36では薄く、短くなっています。 35で、長くて脛に当たるのが気になっていた方には朗報ですね。 またデザインが左右非対称な面白いデザインになっています。 軽量化 アッパー素材やシュータンの仕様の変更等により軽量化が実現されています。 ズームペガサス36の重量は28cmで約273gとなります。 ズームペガサス35の重量は、約281gでしたので、約8g軽量化を実現しています。 実際履いて走ってみても、かなり軽くなった感じがしましたね。 デザイン カラーバリエーションは、メンズモデルでは、蛍光のグリーン(黄緑)、グレー、ブラック、レッドの4色展開です。 私は、レッドを購入しました。 ヴェィパーフライ4%っぽい赤色で、かなりカッコいいです!またヒールカウンター部分のデザインも変更されていますね。 ズームペガサス36を履いた感想 クッション性 ズームペガサス35同様、足に優しい、心地よいクッションを感じることができます。 日々のトレーニングや、ロング走、フルマラソン、ウルトラマラソンなどでも足を保護してくれる快適な履き心地であると思います。 実際走ってみると、しっかり足を包んでくれている感じがし、スピードを上げても不安定な感じはありません。 反発力 キロ4分前半で走ると、反発力もしっかり感じることができます。 ヒール部分のせり上がった構造とともに、前へ推進してくれる力も感じ取れます。 キロ4分10秒台まで上げて走ってみましたが、問題なく加速に対応してくれました。 ズームペガサス36の耐久性は? 耐久性は、ほぼズームペガサス35と同じであると思います。 ズームペガサス35は1000km以上履いていますが、アウトソールのすり減りが遅く、ミッドソールの機能も健在で、劣化はあるとはいえ、いまだに心地よいクッション性を感じることができます。 アウトソール、ミッドソールとも35の仕様を受け継いでいるズームペガサス36も同じ耐久性を備えており、日々のトレーニングに使用するにはもってこいのモデルであると思います。 ズームペガサス36のサイズ感 ズームペガサス36のサイズ感は、35と同じと考えて良いと思います。 私は35と同サイズを購入しましたが、全く問題ありません。 しいて言うなら、ヒール部分が少しスリムになっていることでしょうか。 まとめ ズームペガサス36は、従来モデルからの進化も感じるとともに、デザイン性も素晴らしく満足がいく仕上がりとなっています。 これまでペガサスシリーズを愛用してきた方は、悩むことなく買い!であると思います。 また、これまでペガサスシリーズを履いたことがないランナーにも、一足は持っておきたいおすすめのシューズであると思います。 サブ4〜サブ3. 5を狙うランナーの方は是非、トレーニングやレース用に検討してみてはいかがでしょうか?.

次の

【シューズレビュー】ナイキ エア ズーム ペガサス 36

ナイキ ペガサス 36

2019年6月1日に発売されたナイキ エアズームペガサス36は、その名の通りペガサスシリーズの36代目のモデルであり、1983年の初代モデル以降続く、ナイキのズームランニングシリーズの中でも最も長い歴史のあるモデルです。 前作の35は私がジョグ用として最も好きなモデルとして愛用していますが、36も購入したのでその違いを中心にレポートしたいと思います。 まず、重さは26. 5cmで252gと、前作よりだいぶ軽くなりました。 こちらは前作の35です。 上から比較してみます。 左が35、右が36です。 大きく変わったのはアッパーでしょうか。 エンジニアードエリートメッシュアッパーですが、より通気性が高く軽量になっているようです。 履き口もよりスリムになった感があります。 また、ベロの部分(シュータン)がかなり薄くなり、左右非対称となりました。 外側が若干長い感じです。 軽量化という点からも良いのでしょうが、脚に当たる感覚がより良くなったと思います。 アウトソールには変更がなさそうです。 左の35は履き込んでいるため汚れているだけです。 ミッドソールも変更はなさそうです。 このミッドソールに使われているクシュロンSTが独特の柔らかさを生み出しています。 クシュロンSTが単独でミッドソールに使われているズームランニングシューズはペガサスだけです。 (ズームストラクチャーはファイロンとクシュロンSTの2層) また、ズームエアもフルレングスで入っており、クシュロンSTの柔らかさに反発性を加えています。 (そうは言っても反発性の高いシューズではありません) 前作35もそうでしたが、私にとっては重さを感じさせないクッションの良さと全体的な柔らかさを持っていて、普段履きやジョグ用に最高のシューズだと思います。

次の

【レビュー】ナイキ ペガサス36|帰宅ラン用に『黒×黒』のランニングシューズ

ナイキ ペガサス 36

ナイキでは、パフォーマンス、ソーシャルメディア、広告を目的としたクッキーの使用にご同意いただけるようお客様にお願いしております。 サードパーティーによるソーシャルメディアと広告のクッキーは、お客様にソーシャルメディアの機能やパーソナライズド広告を提供するために使用されます。 さらに詳しい情報をご希望の場合、もしくはお客様の設定を変更したい場合は、「詳細を読む」のボタンをクリックするか、ウェブサイト下にある「クッキーの設定」をご覧ください。 これらのクッキーやお客様の個人情報の処理についてさらに詳しい情報をご希望の場合は、Nikeのプライバシーおよびクッキーに関するポリシーをご覧ください。 クッキーの使用や関連する個人情報の処理についてご同意いただける場合は、下の「同意する」をクリックしてください。 ソーシャルメディアと広告 ソーシャルメディアのクッキーを使用すると、ユーザーがソーシャルネットワークに接続し、ソーシャルメディアを通じて当社のWebサイトのコンテンツを共有できるようになります。 広告用クッキー(第三者機関)は、ユーザーごとにより関心が高い広告を提供するための情報を、NikeのWebサイト内とその他のサイトの両方で収集します。 この中には、個人データの処理を含むクッキーもあります。 このような個人データの処理については、をご覧ください。 クッキーを使用しない設定にすると、自分に関心のない広告が表示されたり、FacebookやTwitterなどのソーシャルネットワークへリンクできなかったり、ソーシャルメディアでコンテンツを共有できなくなったりすることがあります。

次の