本宮 市 天皇 陛下。 神社本庁激震!“こんぴらさん”が離脱、「本庁は天皇陛下に不敬極まる」

天皇皇后両陛下が本市にお越しくださいました

本宮 市 天皇 陛下

、皇后両陛下は26日午前、で甚大な被害を受けたとで被災者を見舞うため、特別機でを出発された。 両陛下の災害被災地訪問は即位後初めて。 両陛下はでのヘリコプターに乗り換えてを訪ねた後、ヘリでへ移動。 それぞれで河川の氾濫状況を視察し、被災者を見舞う。 救助や復旧に尽力した警察や消防などの関係者とも面会し、26日中に福島空港から特別機で帰京する。 TwitterJP 寒い中お疲れ様です 画像はより拝借。 6231. 毎日のくせにたまにはいいこと書いたわ。 6281. 頭が下がります。 TwitterJP 6338. 被災地の方々にご負担をかけないようになさっているのがわかります。 6527. を彷彿とさせる。 6564. 寒そうだしいつもよりランクの落ちる車みたい。 窮屈そう。 お体に気を付けて下さい。 TwitterJP 6368. 大変だけど、経費の節減とか被災地の負担軽減もあるんだろうね・・ 6372. 経費もそうですが、泊まりとなると大勢の人に迷惑かけると、思われての行動ですね。 ご立派です。 6380. ものすごいハードスケジュールで、ほとんど休憩の時間がないんだそうです。 TwitterJP 6400. どこまでも他者に対しての気配りをされる両陛下です ;O; 6415. なんかめずらしくの気配りをテレビで言ってくれてるなって思って見てました。 6465. よく考えておられる、と。 今日の宮城は5度下回るとのこと。 両陛下も地元の皆さんもお身体大事に。 6706. 6738. 6848. 確かにさっきヘリが飛んでたな。 福島空港に向かってたのかしら。 6873. 」とのこと。 無事にお帰りになったようでホッとしています。 6880. のヘリが福島空港から南に向かっているので、もしかしたら?と思っていました。 6897. TwitterJP 出典、引用元 TwitterJP.

次の

天皇、皇后両陛下、即位後初の被災地ご訪問 宮城・丸森と福島・本宮の住民見舞う

本宮 市 天皇 陛下

背景には、不祥事や疑惑が続出する神社本庁への反発がある。 (ダイヤモンド編集部 宮原啓彰) 全国約600社の総本宮が離脱の衝撃 「明治神宮(東京都)が2004年、神社本庁を離脱(10年に復帰)したとき以来の衝撃だ」と、神社本庁関係者は嘆く。 それもそのはず。 金刀比羅宮は全国各地におよそ600社ある金刀比羅神社(琴平神社、事比羅神社、金比羅神社)の総本宮。 海上安全の守り神として江戸時代にお伊勢参りと並んで「こんぴら参り」が盛んとなるなど、現代にいたるまで多くの信仰を集めている。 そんな讃岐の大神社が神社本庁からの離脱を決めた理由は、本編集部が報じた、神社本庁の不動産売買を巡る神社界上層部と業者の癒着疑惑を始め、神社本庁で相次いで発覚する不祥事への嫌悪感がある(関連記事:神社本庁で不可解な不動産取引、刑事告訴も飛び出す大騒動勃発)。 さらに、昨年の天皇陛下の即位に伴う大嘗祭当日祭にお供えする臨時の神社本庁幣帛(へいはく)料が、金刀比羅宮に届けられなかったことがダメ押しになったという。 金刀比羅宮は「決して許されない無礼な行いであり、天皇陛下に対して不敬極まりない行為である」と憤りを隠さない。 金刀比羅宮は5日付で神社本庁に離脱の通知書(写真)を送付。 宗教法人法に基づく認証手続きを経て、早ければ今秋にも離脱が認められる運びだ。 問題は、近年、金刀比羅宮と同じく神社本庁への反発から離脱する大神社が続出していることだ。 昨年、織田信長を主祭神とする京都市の別表神社、建勲神社が離脱。 また、2017年には本編集部が神社本庁からの離脱をスクープした大相撲の前身発祥の地、富岡八幡宮(東京都)において、離脱を決めた女性宮司が実弟から日本刀で惨殺されるという事件も起きた。 殺害された女性宮司は事件の直前、本編集部の取材に応じ、神社本庁の腐敗を訴え、「(神社本庁の実質的トップである)田中恆清氏が神社本庁総長になったころから組織が急激におかしくなった」ことなどが離脱の理由と明かしていた(関連記事:富岡八幡宮の故・富岡長子宮司、最後のインタビューを初公開)。 このほか、全国4万社という神社界の最大勢力、「八幡宮」の総本宮、宇佐神宮(大分県)でも、神社本庁執行部が送り込んだ子飼いの宮司と地元神社関係者や住民らが対立し、18年には市民団体が宮司退任を求める署名活動を始めた。 さらにここにきて、各地の下部組織である各県神社庁からも神社本庁への非難の声がにわかに高まっている。 今年3月、熱田神宮を抱く愛知県神社庁が「神社本庁内における一連の疑惑は、(中略)もはや看過できない」という決議書を神社本庁に提出したほか、4月には神奈川県神社庁と福島県神社庁が、不動産売買疑惑や幹部職員の不倫疑惑(関連記事:安倍応援団の神社幹部が不倫か、神社界揺るがす裁判に影響も)に対し、「包括下の全国神社の名誉を著しく損ねる」とする決議書を出し、さらに九州地区の6県の神社庁が連名で、神社本庁が新型コロナへの危機管理対応を激しく非難する緊急提案書を提出した。 「現在の神社本庁執行部への不信感が強い、熱田神宮や出雲大社が金刀比羅宮に続けば、神社本庁は文字通り瓦解しかねない」と前出の神社本庁関係者。 一方、神社本庁教化広報部は、金刀比羅宮の離脱理由について「分からない」とした。 神社界の自浄が求められている。

次の

天皇皇后両陛下 本宮市ご訪問 取材日記

本宮 市 天皇 陛下

両陛下は同日午後3時半頃、宮城県丸森町からヘリコプターで本宮市立本宮第一中に到着。 集まった市民らから「ありがとうございます」という声が上がり、両陛下はにこやかに手を振って応えられた。 続いて安達太良川の堤防の決壊箇所を視察された。 高松義行市長が阿武隈川も氾濫したと説明すると、天皇陛下は「ひどかったですね、大変でしたね。 お亡くなりになられた方に黙礼を 捧 ( ささ )げさせてください」と話されたといい、両陛下は川の両岸に黙礼された。 その後、両陛下は保健福祉施設「えぽか」で被災者ら57人を見舞い、歩み寄りながら声をかけられた。 自宅1階が浸水した高校1年真島 唱良々 ( うらら )さん(15)は家族が離ればなれに避難したことを話し、皇后さまから「つらかったでしょうね」と声をかけられた。 真島さんは「両陛下が体をかがめて話してくださり、ほっとして元気が出た」と話した。 浸水で自宅が全壊した伊藤克之さん(59)は天皇陛下から「大変だと思いますが、どうぞお体に気をつけて」と気遣われ、「ものすごく力をいただきました」と感激していた。 皇后さまに「ご家族はいかがですか」と尋ねられた浜崎光則さん(69)は「大勢の方に手伝っていただき、何とか正月を迎えられそうです」と答えたといい、「年の瀬にもかかわらずおいでくださり、とても感謝しています。 両陛下の優しいお人柄を感じました」と語った。

次の