パンデミック 予言。 ビル・ゲイツがパンデミックを予言|racoco|note

新型コロナを予言していた映画『コンテイジョン』──パンデミック・フィクションへの想像力

パンデミック 予言

(CNN) 2008年夏、5歳の時からお告げが聞こえるようになったと主張する高齢の霊媒師が、不吉な予言について記した本を出版した。 「2020年ごろ、重い肺炎のような疾病が世界中に拡散し、肺と気管支を攻撃し、既知の治療法全てに対して耐性を持つ」「疾病そのものよりもさらに不可解なことに、それは到来した時と同じように突如として消え去り、10年後に再び攻撃し、そして完全に消滅する」 この予言は人々の記憶から消え去り、著者のシルビア・ブラウン氏は2013年に亡くなった。 しかし新型コロナウイルスのパンデミックを受け、この予言本「End of Days: Predictions and Prophecies About the End of the World(この世の終わり:世界の終末についての予言と天啓)」が改めて脚光を浴びている。 米アマゾンのランキングではノンフィクション部門で2位に浮上、売り上げも急増した。 Penguin Random House 同書のように、新型コロナウイルスは「この世の終わり」の兆候だとする予言者の言葉は、専門家にも食い止める術がない疫病と化している。 インターネットではブラウン氏の予言のような人類滅亡説が数え切れないほど拡散し、新型コロナウイルス流行の不安を政治的混乱やオーストラリアの山火事、アフリカを襲うバッタの大群などと結びつけて不安をあおる。 そうした説の多くは、聖書の中の「ヨハネの黙示録」に関する非常に不正確な解釈を含む。 「聖書を持っていなければ買いなさい」という一節で予言を終わらせるものも多い。 銃や弾薬の買いだめに走る人がいるのも無理はないのかもしれない。 しかし宗教や予言について研究している専門家は、そうしたソーシャルメディア予言者や霊媒師に対して自己隔離を促している。 人類滅亡説は人の心をかき乱し、精神の健康を損なわせると専門家は言う。 人類滅亡説を唱える人たちの動機が何であれ、そうした予言は過去に何度も浮上していた。 2000年にかけての滅亡説に続き、古代マヤ文明の暦を根拠に2012年で世界が終末を迎えるという説もあった。 サバイバルキットの売り上げは急騰し、中国のある男性は現代版のノアの箱舟まで建造したと伝えられた。 冒頭の予言本を執筆したブラウン氏は生前、不確かな予言をめぐって常に批判されていた。 自身についても88歳で死ぬと予言していたが、実際に死去したのは77歳の時だった。 事実関係検証サイトの「Snopes」はブラウン氏の予言について検証し、「あり得そうな出来事に関するあいまいな主張を説いて回ることは予言ではない」と指摘。 ブラウン氏の予言は真実と虚偽をない交ぜにしたものと位置づけ、真実でも虚偽でもないとした。 そのうえで、「同書が重症急性呼吸器症候群(SARS)の流行後に執筆されたことを考えると、ブラウン氏の『予言』がまぐれ当たり以上のものだったのかどうかは定かではない」と結論付けている。

次の

ビル・ゲイツがパンデミックを予言|racoco|note

パンデミック 予言

世界的な新型コロナウイルスの大流行で、我々はいまだかつてない経験をしている。 マスクやトイレットペーパーが売り場から消え、イベント自粛や小中高休校の要請が首相から出され、閉鎖した商業施設もあれば、従業員の出社を禁止する企業も出ている。 そこで毎日メディアに引っ張りだこなのが、感染免疫学・ウイルス学の教授・岡田晴恵氏。 その姿を見ない日はない。 致死率の高いウイルスなので、今回流行しているの新型コロナウイルスとは状況が違うが、国の動きや国民の混乱の様子は、まるで今の日本の姿を見ているようで、10年前に書かれたものとは思えない。 このコーナーでは、 緊急重版かつ緊急電子書籍化したこの2作の小説の試し読みをしていくが、まずは、この小説がいかに「予言してるか」、紹介したい。 * * * 『H5N1』では、潜伏期の患者を見つけられない可能性があること、町から日用品が消えること、人混みで感染するので出社停止や休校や施設閉鎖になるシーンなどが、描かれている! 機内で有症者が出ても、 濃厚接触をしていない単に同乗しただけの客は、所定の注意を受けたあと、空港から帰路につくことになる。 質問票や健康調査票などを提出し、外出を控えるようにといった注意は受けるが、そのまま会社や家族などが待つ一般社会に戻っていく。 その中には、機内や空港の待合室でウイルスに感染した人間がいないとも限らない。 いや、当然いるであろう。 だとすれば、 彼らが発症するまでの潜伏期間中、利用した公共交通機関に乗り合わせた客や接触した同僚、家族に、自覚なく体内に隠し持ったウイルスを伝播させることもありうるはずだ。 外出や人との接触を自粛したところで、それが徹底されるとも思えない。 少なくとも家族との接触が避けられるはずはない。 疲労と緊張でふらつく。 回覧を手にした同僚が寄って来て溝腰に声をかけた。 「俺たちが検査した中に、この柳さんっていう一号患者もいたわけだな」 「そうだ、俺の前を通り過ぎた人間が発症したんだ。 潜伏期の患者を俺たちは見つけられない。 これをフライトアテンダントたちがぎこちない日本語で反復すると、あちこちからため息ともつかない声がいっせいにあがった。 そのうち、白い救急車が1台、遠くから近づいてくるのが見えた。 しかし、かといって行動経路の発表がなければ、感染の可能性を知らない人間によるさらなる感染の拡大が起こることは間違いない。 発表したからといってどれほどの患者の発症をくい止めることが出来るのかわからないながらも、警告を発さないわけにはいかない。 木田の行動経路は、国民に報道された。 想定したとおり、それによって大きなパニックを起こすこととなった。 だが、同時に誰もが、既に新型ウイルスがすぐ身近にあることを実感する最初の報道となったのだ。 「自分も接触したのではないか。 どうしたら、感染しているかしていないかがわかるのか」 いきなり我が身に降りかかる新型ウイルスの恐怖から、 問い合わせの電話が保健所、区役所、厚労省に殺到した。 「新型インフルエンザの流行が起こっています。 特別な事情がない限り外出はしないようにしましょう。 また人混みを避け、自宅で家庭学習をしながら過ごしましょう」などと大きな文字で書かれたお知らせの紙をもらって帰ってきた。 「ラストスパートの大事な時期に……肝心の塾はどうしよう。 彼は一流の電機メーカーに勤めており、新型インフルエンザの対策について、会社で説明された趣旨を私に伝えたのだ。 「新型インフルエンザが来たら、自分は在宅勤務になりコンピューターで会社と連絡をとりながら仕事をする」とも、その時言っていた。 在庫はないのかと問いただす客もいるが、店長とおぼしき人が飛んで来て、前倒しでどんどん品物を出しているが。 仕入れが間に合っていない状況を懸命に説明していた。 客の誰もがギスギスし、イライラし、こわばった表情で物色している。 牧子がレジに並んで、ふと振り返ると、 順番を待つ人々の半分以上がしっかりとマスクをしている。 接触、飛沫、空気感染という強い伝播力によって、特に人混みで爆発的に拡大する。 短期間に集中して大勢の人が感染して発症する結果、まず医療サービスの維持が不可能となり、二次的に食糧やエネルギーなどのライフラインの確保も困難となるなど、社会機能・社会活動の定価・破綻をもたらす。 過去の流行の経験では、 最初の流行の一波は8週間続くとされているのだ。 流行収束の兆しは見られない。 物流が滞り、品物が入ってこないのだ。 「 WHOの会議では、日本は幸いにもSARSが入らなかったから、新型インフルエンザについてもどこか大丈夫なんじゃないかと、楽観視しているのではないかと指摘されましてね。 SARSの流行がなかったことが日本には不幸だなんて、参りますよ」 と大田が語ると、奥沢は、 「 日本は事前対応が鈍い、感染症となると特に鈍いですね。 やはり、欧米は陸続きの大陸で何度もペストを経験したことで、感染症の怖さに対する意識レベルが違うのでしょう。 しかし、その実感できないことが、事前対策を鈍らせて、命取りになるんですがね」と答えた。 危機管理っていうのはね、最悪の状況を想定しながら、やっておくことが大大前提です。 H5っていう最悪の状況を想定しながら、対策をやっておけば、もし、ラッキーにもそれ以下の病原性の低いウイルスがやってきても、カバーできる。 一度、下火になった新型インフルエンザは、第二波、第三波と、国民全部が疫病にかかるか、ワクチンを打つかして免疫を持つまで流行は止まらない。 第二波は、第一波で感染を逃れた人々に襲いかかってくる。 それまでにパンデミック・ワクチンは間に合うのか。 その怖さを肌で認識させる国民教育ができるだろうか? でなければ、国民は予防対策に協力などしてはくれない。 その国民に協力を取り付けるには、厚労省がごれだけこの疾患対策に必死な姿を見せられるかなのだ。 自分は治っても、うつされた方が重症になる、命を落とすこともあるわけです。 また、医療従事者が感染を受けて寝込んでしまったら、医療サービスの機能も定価します。 インフルエンザ以外の通常の診療も大きな影響が出ます。 これは後になってわかったことだが肘川市の医師会では、他の開業の医師も同様の危惧を感じて、 検査を依頼したが、保健所も行政機関の答えはすべて、NOだったという。 と、マスコミを責めても、厚労省がそれをあまりやってこなかったのだから、マスコミがそれをしないのも当たり前かもしれない。 ところが、 いよいよとなるとマスコミは、新型インフルエンザの流行の急速な拡大状況や、医療現場の混乱ぶりを取材し始め、自治体や学校の対応の不備を指摘し、ワクチンや薬の状況についても、事件さながらに繰り広げるようになった。 また事件報道の繰り返しで、マスコミは政府の揚げ足取りもし始めた。 だが、 準備不足への批判を今この事態でやっても、国民の不安をあおるだけで、何の解決にも結びつかない。 しかし、そうでなかったところがほとんどだった。 すぐに商品が底をついた。 いつもは、注文すれば翌日に届くものが、なかなか入ってこない。 問屋に連絡しても工面のめどは立たないという。 うがいも手洗いもお願いします」 と繰り返した。 日本国内も海外も、地球上に新型インフルエンザの危険性のないところなどなくなってしまった。 今は、どの地域でも感染のリスクはある。 安全地帯はないのだ。 小説の中では、この危機と戦う勇気ある人たちの活躍が描かれています。 以後、の冒頭を、この連載にて公開していきます。 関連キーワード 世界的な新型コロナウイルスの大流行で、我々はいまだかつてない経験をしている。 マスクやトイレットペーパーが売り場から消え、イベント自粛や小中高休校の要請が首相から出され、閉鎖した商業施設もあれば、従業員の出社を禁止する企業も出ている。 そこで毎日、メディアに引っ張りだこなのがウイルス学の岡田晴恵教授。 なんと岡田氏は、10年前に自身が書いた小説の中で、まさにこうなることを、予言していた! そこで、この2つの小説、『H5N1 強毒性新型インフルエンザウイルス日本上陸のシナリオ』『隠されたパンデミック』を、緊急重版かつ緊急電子書籍化した。 バックナンバー 選択してください•

次の

【緊急】ノストラダムスが新型肺炎の蔓延を予言していたと判明! 支配層を残して人類削減か… 製薬会社・闇の政府が暗躍の可能性!

パンデミック 予言

自然災害への備え、突発的な軍事的緊張への対策などの危機管理は国家運営の要になるが、比較的軽視されているのが感染症対策であるとビル・ゲイツ氏が指摘している。 ゲイツ氏によれば、もし1918年のスペインかぜ並のパンデミック(感染拡大)が起これば、半年以内に世界中で3000万人の犠牲者が出ることを試算している。 抗生物質の普及などで1918年当時よりも命を落とす人は少なくなるが、感染が拡大するスピードが昔とは比べものにならない早さで進むことが深刻な脅威になっている。 ビル・ゲイツ氏 画像は「」より 今年に入ってからゲイツ氏はドイツ・ミュンヘンで開催されたセキュリティ関連の会議や、マサチューセッツ・メディカル・ソサエティなどが主催した疫病関連の会議などに精力的に参加して意見を表明している。 そこで語られるのが疫病のパンデミックに対する危機管理である。 「次の疫病は遺伝子工学技術を持ったテロリストによって作られた合成バージョンの天然痘ウイルスかもしれません。 あるいは超絶的な感染力を持った致死性インフルエンザかもしれません」(ビル・ゲイツ氏) 英米の情報機関は、ISがシリアとイラクで生物兵器を研究開発していることを突き止めていながらあまりこれといった対策を講じておらず、彼らの開発能力を軽視しているのではないかとゲイツ氏は警告する。 特にこの5年の化学分野の技術進歩によって、生物兵器の研究開発はそれまでよりも格段に容易になっているということだ。 「疫病のパンデミックが自然発生型であれテロリストの手によるものであれ、高速で空中を浮遊する病原体が1年足らずで3000万人を殺す可能性があると専門家が指摘しています。 そして次の10年から15年の間に世界がそのような疫病の大流行を経験することを裏付ける試算があります」(ビル・ゲイツ氏).

次の