聖書 予言。 【近未来、人類滅亡】聖書にハッキリ書かれていた! 地球の滅亡原因とは?

【聖書予言】3500年前のモーセの予言が現実に! その影にはロスチャイルドがいた!

聖書 予言

「聖書」というと、神話やおとぎ話、お堅い道徳や単なる宗教本だと思っている方も多いでしょう。 しかし、聖書は世界に大きな影響を与えてきました。 二百年前のイギリスの大覚醒時代、百年前のアメリカなど、いわゆる「古き良き時代」はキリスト教の産物です。 その要因は、その時代の人々が聖書を土台にして生きていたからです。 日本ではほとんど知られていないのですが、当時の人々が聖書を信じた理由のひとつに、「時のしるし」が書かれた 聖書 「預言」の歴史的確証がありました。 それは有名なパスカルの「パンセ」にも書かれています。 聖書の「預言」とは、ノストラダムスのような「予言」とは全く違います。 「預言」と 「予言」は同じように見えて、全くの別物です。 「予言」は、人間が未来を予想しますが、「預言」は、人が神の言葉を「預」かって、人々に神の計画や警告を語った言葉です。 聖書預言を調べ、人類の歴史と照らし合わせてみると、聖書預言の成就の正確さに目を見張ることでしょう。 聖書にはそのような現実的な「時のしるし」が数多く書かれています。 それは、過去においても見られ、確実に成就しました。 しかし、聖書には過去だけでなく、未来に起こる終末時代の前兆としての「時のしるし」もはっきりと書かれています。 2000年前、イエス・キリストは、当時の人々にこう告げました。 イエスは彼らに答えて言われた。 「あなたがたは、夕方には、『夕焼けだから晴れる。 』と言うし、『朝焼けでどんよりしているから、きょうは荒れ模様だ。 』と言う。 そんなによく、空模様の見分け方を知っていながら、なぜ 時のしるしを見分けることができないのですか。 (マタイの福音書16章1〜3節) 当時の人々は、「時のしるし」の預言を知りながら、実際にそれを見分けることができずに滅んだのです。 では、「時のしるし」とは、一体どのようなものでしょうか。 いくつかの「時のしるし」をカテゴリー別にまとめてみました。 まず過去の「時のしるし」 が、みごとに実際に成就してきた歴史と、現在見られる時のしるしと、未来の終末時代の「時のしるし」を解説していきたいと思います。 その時、その預言を伝えた神の使いは彼にこう言いました。 「 ダニエルよ。 あなたは終わりの時まで、このことばを秘めておき、この書を封じておけ。 多くの者は知識を増そうと探り回ろう。 」 (ダニエル12章3〜4節) 現在、この「時のしるし」の封印が解かれ始めています。 聖書預言と福音の真理を学んでみませんか? 「民族は民族に、国は国に敵対して立ち上がり、大きな地震 があり、方々に 飢饉や 疫病 が起こり、恐ろしい光景や天からの大きなしるしが現れます。 」 (ルカの福音書21章11節) 「これらのことが起こり始めたら、身を起こし、頭を上げなさい。 あなたがたの贖いが近づいているからです。 」 (ルカの福音書21章28節) News! Youtube動画公開! 新約聖書「ヨハネの福音書」講解説教配信中! 随時アップしていきます。 Youtube動画公開! このHPの内容をわかりやすく動画で配信中! 随時アップしていきます。

次の

聖書は予言書である

聖書 予言

正真正銘、私が検索した「 聖書の暗号とゲマトリア 」のみ公開します。 巷の偽暗号とは一線を画します。 私はステファン(純粋な日本人)といいます。 至って普通のプロテスタント(福音派)クリスチャンです。 建設的でない投稿はスルーします。 承認されたコメントのみ「読者様からの便り(QandA)」に掲載し返信に代えさせて頂きます。 また承認されたコメントは例外なくブログに表示します。 内容的に「終末の秘密(奥義)」については、一区切りついたと思います。 単純にどんな暗号でもいいなら、題材は無数にありますが 「永遠の命」に貢献しない暗号分析は私にとっては無意味なパズルです。 そんな意味で下記100暗号は選りすぐりのものです。 今回、テーマ毎に分類し直しました。 是非一個一個読み込んで欲しいです。 細かい表現で疑問の部分もあるかも知れませんが、方向性に間違いは無いと確信しています。 私の暗号解読方法(ルール)は故意に複数の暗号説明の中に分散させてあります。

次の

世界の預言書の一覧

聖書 予言

「IBTimes」の記事より 故ビショア氏が長らく代表を務めていた世界聖書協会(World Bible Society)の公式の見解でも、 は 黙示録イベント直後に地球に再臨することが述べられている。 オーストラリアの森林火災や 北極域と南極の凍土の溶解、 バッタの大量発生や などの地球上のあらゆる場所で起こっている自然災害の増加は、人類社会が終末を迎えていることの兆候であるというのである。 ここに新たな解釈が加わった。 しかしこの携挙はキリストによって行われるのではなく、実は地球侵略を画策する エイリアンの手によるものであるということだ。 このビショア氏の予言を解説したチャンネル「UFO mania」の動画を見たユーザーはコメント欄にさまざまな見解を書き込んでいる。 そして、その計画の実行がすぐそこまで迫っているとすれば身構えざるを得ない。 同様のコメントはまだある。 画像は「」より 「神話と宗教の神々は、実際に地球上で人類を創造した天から来た存在です。 これら者たちは納得しておらず、ビショア氏による予測を却下しているのだ。 ということは 2020年から2021年もまた何事もなく過ぎ行くということなのだろうか。 dream-kb.

次の