ゲーミングpc ランキング。 《2020年》メーカー別おすすめゲーミングPC! 勝つために選ぶべき傑作モデル

【2020年7月】ゲーミングPCのおすすめランキング10選【選び方も徹底解説】|はじめてゲームPC

ゲーミングpc ランキング

コスパが良いのは何処か• しっかりと性能が良い上で安いところは何処か• 初心者でも問題無く購入出来て、すぐにゲームが出来るPCは何処か といった部分をとにかく調べつくしました とにかく失敗したくなかったので、何十時間も調べたうえで一番良いと思うゲーミングPCを購入しました ランキング一位の商品はこの時購入したもので、もう3年以上使っているゲーミングPCです(最近同じメーカーのゲーミングPCをもう一台購入しました) 初心者の方でも問題無く、むしろ当時の自分のように「初めてゲーミングPCを買う方」にこそ読んでほしいです この記事ではその時の調べた経験を元に、 おすすめのゲーミングPCをランキング形式で紹介します 目次• 【コスパ最強】初心者にこそおすすめな「ゲーミングPC(パソコン)」ランキング! 細かい話は置いておいて、まずはランキング形式でおすすめのゲーミングPCを紹介します! 「PCゲームをやるならコレ買っておけば絶対失敗しない」 というものだけを紹介しています。 後は細かい部分の好みで選んで大丈夫です 個人的には自分も購入した一位の「ドスパラ」が圧倒的におすすめです 第一位 ドスパラ「GALLERIA(ガレリア)」 ドスパラの「GALLERIA(ガレリア)」は、最も有名なゲーミングPCブランドです 個人的には最もおすすめなゲーミングPCです ガレリアはいわゆるBTOパソコンで、様々なカスタマイズが可能になっています• CPU• グラフィックス• モニターやキーボードを別途買わなくても良い• 配線がすっきりする といったメリットはありますが、家でゲームをするのであれば、デスクトップ型推奨です Q3. ゲーミングPC初めて買うんだけど、初心者でも大丈夫? ゲーミングPCというと難しいイメージがあるかもしれませんが、これは全く問題ありません というのも、ほとんどのパソコンメーカーは 完成したものを持ってきてくれます 昔はそのあと色々な初期設定があったかと思いますが、今のゲーミングPCはそれもほとんど無いです 少なくともこの記事で紹介したPC達は大丈夫です) もちろんネットにつないだり、最低限の初期設定はありますが、新しくスマホを買うのと同じようなものです。 初心者でも安心して購入してください Q4. ゲーミングパソコンを使う場合、専用のゲーミングモニターを使用した方が良いですか? FPSやTPSをやるのであれば、あった方がより良いですね そもそも通常のモニターとゲーミングモニターの違いは.

次の

ゲーミングPCのデスクトップ/ノート 人気ランキング 2020/7/9 ~ 2020/7/15【ドスパラ】

ゲーミングpc ランキング

3427 グラフィックボードの性能比較は3DMarkのベンチマークソフトのGraphicsスコアを参考にしてみましょう。 メインストリームな性能としてはRTX2060になります。 現在はRTX2060 SUPERが登場しているので 様々なゲームを快適に動作させたい方はRTX2060 SUPER以上がおすすめになります。 また、RTX20シリーズにはレイトレーシングとNVIDIA DLSSという機能が使えます。 CPU CPUの性能比較 製品名 CINEBENCH R20ベンチマーク比較(マルチ) Ryzen 9 3950X 2389 Ryzen 9は高いパフォーマンスを持っているので動画編集、写真編集、エンコード時間の短縮、CGレンダリングなどに強いCPUになります。 最もフレームレートが高く出る傾向が高いでしょう。 1GHz 9MB 65W 第10世代の特徴は最大10コア20スレッドで全てのCPUがHT(ハイパースレッディング・テクノロジー)に対応している点です。 コア数・スレッド数が増えた事でマルチスレッド性能が向上しました。 第9世代はCore i9-9900Kは8コア16スレッド動作で最大5GHz、Core i7-9700KはHT非対応ですが最大4. 9GHzの高い動作クロックを持つのでインテル第10世代・第9世代はゲームに最適なCPUとなります。 F付きモデルに関しては基本的には内蔵GPUが無いモデルとなっています。 しかし、ゲーミングPCの場合にはGPUが搭載しているので特に問題は無いです。 むしろ外部ビデオカード前提ユーザーにとっては買い得感が高いです。 2GHz 32MB 65W 2019年7月7日に第3世代Ryzenシリーズが発売されました。 第2世代Ryzenと比較して1スレッドあたりの性能が最大21%向上し、3次キャッシュの容量も2倍化。 ゲームに弱いという弱点を克服しインテルに勝負に出ました。 基本的にはクリエイティブで勝つのがAMDのビジョンとなっています。 クリエイティブもゲームもという方はRyzenを狙ってみてはいかがでしょうか。 メモリ メモリの容量が不足するとゲームが落ちてしまう場合やカクついたりする場合があります。 SSD・HDD ゲームのインストール先としてはSSDが推奨です。 ゲームのカクつきやロード時間短縮の効果があります。 CPUファン・CPUグリス 冷却能力を高める事でパフォーマンスの安定化に繋がるメリットや静音面・冷却面の向上の効果が見込めます。 また、長寿命化のメリットもあります。 高負荷をPCにかける方はショップでおすすめされているCPUファンとCPUグリスのカスタマイズがおすすめです。 電源は650W以上がおすすめ グラフィックカードの交換を予定している方は、電源容量が足りていない場合には画面に何も点かない状態か、シャットダウンを繰り返すような挙動をする場合があります。 グラボ交換等を視野に入れている場合には650~700W搭載機を選択するか、電源容量のカスタマイズがおすすめです。 予定が無い方は標準構成がお得です。 PCケース マザーボードとPCケースは直結しています。 これには理由があり、どちらもファームファクターが設定されているからです。 ファームファクターは「ATX」「MIcroATX」「Mini-ITX」があります。 ATXはサイズが大きくなりますが、大型のグラフィックボードを搭載したい場合やシャドウベイの数などの拡張性はATX ケースが有利です。 RTX2080Tiを2枚搭載した最強ゲーミングPC ガレリア ZZ-SLI CPU Core i9-9900K グラフィック RTX2080 Ti(11GB)《SLI接続》 ケース フルタワー 性能目安 4K:重量級~ 価格 49万円台~ RTX2080 Tiが物理的に2枚搭載した『ガレリアZZ-SLI』は、最強を目指す方のみが検討する価値のある ゲーミングPC界のハイパーカーのようなパソコンです。 ガレリアの新筐体!RTX2070 SUPER搭載モデル ガレリア XA7C-R70S CPU Core i7-10700 グラフィック RTX2070 SUPER(8GB) メモリ 16GB ストレージ NVMe SSD 512GB ケース ミドルタワー 性能目安 4K:中量級(-) 価格 16万円台~ 第10世代インテルCPUのCore i7-10700(8コア16スレッド)と最新のグラフィックボードのRTX2070 SUPERを搭載したモデルです。 RTX2070 SUPERはこれからの重量級ゲームに備えるのにおすすめな性能。 最新ゲームやレイトレーシング、NVIDIA DLSS対応タイトルでのパフォーマンスに期待出来ます。 筐体の詳細はでまとめています。 【当サイト限定】RTX2070 SUPER搭載モデル G-Tune HN-Z-AF CPU Core i7-9700K グラフィック RTX2070 SUPER(8GB) メモリ 16GB ストレージ NVMe SSD 512GB HDD 2TB ケース ミドルタワー 性能目安 4K:中量級(-) 価格 16万円台~ 第9世代のCore i7-9700KとRTX2070 SUPERを組み合わせたハイスペック構成になります。 性能と価格のコストパフォーマンスが高いです。 NEXTGEARを選ぶメリットとしては 天板が完全にフラットで、ダストフィルターを備えているのでホコリの侵入をカットできる点や、天板前面のインターフェースにHDMI端子が装備されているのがポイントになります。 筐体の質感も高い。 グラフィックにはGTX1660 SUPERを搭載した最新ミドルのゲーミングPCです。 レイトレーシングは必要なく、 フルHD重量級が視野に入る高いパフォーマンスが欲しいけれど価格は抑えたいという方におすすめのゲーミングPC。 【限定モデル】第9世代インテルCore i7とGeForce GTX 1660搭載 G-Tune PM-B-AF CPU Core i7-9700 グラフィック GTX1660(6GB) メモリ 16GB ストレージ NVMe SSD 512GB HDD 2TB ケース ミニタワー 性能目安 フルHD:中量級 価格 11万円台~ 重いゲームの対応力が上がるビデオメモリ6GBのGTX1660を搭載し、CPUにはCore i7-9700搭載でゲームに最適なミドルレンジのゲーミングPCになります。 レイトレーシングは必要なく、 フルHD解像度でFF14やフォートナイトなどをコストを抑えて楽しみたい方におすすめのゲーミングPCです。 斜めのコンソール部分が使いやすく、筐体の質感も高いのがおすすめポイントです。 高い処理能力を持ったガレリアのハイエンドゲーミングPC! ガレリア ZA9C-R80T CPU Core i9-10900K グラフィック RTX2080Ti(11GB) メモリ 16GB ストレージ 1TB NVMe SSD ケース ミドルタワー 性能目安 4K:重量級 価格 28万円台~ 最新の第10世代のCore i9-10900K、最新のRTX20シリーズでトップの性能のRTX2080Tiを採用したハイエンドゲーミングPCです。 ゲームに完全に特化しているので4Kゲーミングを価格を考慮しながら狙えます。 TITAN RTXというPCゲーム用途としては価格度外視のGPUやその上となると物理的に2枚のRTX2080Tiを用いてのSLIもあるのですが、 トップ層としてはRTX2080Tiを価格面や性能面からおすすめします。 6位 G-Tune HM-B 高コスパが魅力のミドルレンジモデル ガレリア RT5 CPU Ryzen 5 3500 グラフィック GTX1660 SUPER(6GB) メモリ 16GB ストレージ SSD 256GB HDD 1TB ケース ミニタワー 性能目安 フルHD:中~重量級 価格 9万円台~ Ryzen 5 3500は6コア6スレッド、最大4. 1GHz駆動のCPUです。 Ryzen 5 3600は6コア12スレッドになるので高コスパではRyzen 5 3600の方がおすすめになりますのでカスタマイズも視野に入れてみて下さい。 ただ、ミドルクラスであれば価格を重視してカスタマイズしないで割り切ってしまうのも手です。 全体的に買い得感が高い『コスパ重視なゲーミングPC』になります。 まとめ 用途を明確にするのが後で後悔の無いゲーミングPCの購入方法です。 選べないという方には総合ランキングでコスパ重視のゲーミングPCを厳選して紹介しているのでおすすめのゲーミングPCをチェックしてみて下さい。 ゲーム用途の場合は GTX1660(ビデオメモリ6GB)以上を選んでいくと後悔が無いゲーミングPC選びが出来ると思います。 様々なフルHD重量級ゲームを快適にプレイする基準値としてはRTX2060がメインストリーム級です。 設定次第で軽くなるのがPCゲームですが、将来的な部分や美麗な画面でゲームをしたい場合、FPSで勝ちに行く場合などスペックはある程度あると安心してPCゲームを楽しむ事が可能です。

次の

【2020】ゲーム配信におすすめのゲーミングPCランキング|パソコンの選び方をゲーム実況者が解説

ゲーミングpc ランキング

ゲーミングPCっていったい何?• ゲーミングPCを選ぶうえで押さえておきたいポイント• ゲーミングPCとは? 普通のPCとの違い ゲーミングPCとは、ゲームをプレイするのに特化したPCのことで、メールやブラウジング、動画再生などを目的とした一般向けのPCと比べてハイスペックになっています。 一般向けのPCでもPCゲームはプレイできますが、最新の3Dグラフィックを多用したゲームなどはプレイ時に画面がカクカクしたりフリーズしたりなど、満足できるプレイ環境を得られません。 PCでゲームを快適にプレイするなら高性能のゲーミングPCが最適というわけです。 ゲーミングPCには、大きく分けて「自作PC」と「BTO」という2種類の選択肢があります。 自作PCは、ユーザーみずからが1つひとつのパーツを購入して組み立てるPCのことで、自由度が高いものの初心者にとってはハードルが高め。 今や各BTOメーカーごとにオリジナルのゲーミングPCシリーズを展開していて、パーツの基本構成は決まっていますが、購入時にカスタマイズすることが可能。 製品によっては、購入後に新しくパーツを拡張することもできます。 本特集では、こちらのBTOメーカーごとのゲーミングPCシリーズを紹介します。 その中でも描画処理を担うグラボは、3Dグラフィックを多用するPCゲームをプレイするうえで最も重要になるパーツです。 現在市場で主に流通しているグラボは、NVIDIAの「GeForce」とAMDの「Radeon」シリーズの2つで、ゲーミングPCを購入する際には、この「GeForce」か「Radeon」の上位モデルが搭載されているものを選ぶべき。 より高度な処理が必要になるVRゲームをプレイしたいのであれば、動作を保証する「VR Ready」のグラボを搭載しているゲーミングPCを選べばよいでしょう。 グラボの性能を引き出すにはCPUが重要 しかし、いくら高性能なグラボを搭載していても、CPUの性能が低いとグラボの性能を最大限に引き出すことができません。 CPUについては、インテルの「Coreプロセッサー」シリーズとAMDの「Ryzen」シリーズという選択肢があります。 もちろん「Coreプロセッサー」、「Ryzen」シリーズの中でも、性能を大きく左右する動作周波数やコア数、スレッド数により細かく型番が分類されており、このあたりはどのようなゲームをプレイするかで選択肢が変わってきます。 負荷のかからないゲームをプレイするというのであれば、AMDのデスクトップ向けAPU「Ryzen G」シリーズも選択に入るでしょう。 「Ryzen G」シリーズは、CPUとグラフィックボードを組み合わせたGPU統合型CPUながらも高いグラフィック性能を備えており、低価格ゲーミングPCで扱われることが多くなっている製品です。 メモリーは最低8GBで、16GBあればベター。 ストレージはグラボやCPUのようにゲームプレイに大きな影響を与えませんが、ロード時間や起動時間に関係してきます。 ストレスなくプレイするのであればHDDよりも高速なデータ通信が可能なSSDを選択したほうがよいでしょう。 また、電源ユニットは、各パーツに電力を供給する重要なパーツであり、各パーツを動作させるのに十分な容量を確保できているかが大事になってきます。 自作PCの場合は、このあたりの判断が難しいですが、BTOのゲーミングPCの場合、必要な電源が初めから組み合わされているので、安心です。 ディスプレイやマウスなど周辺機器も大事 なお、ゲーミングPCを購入してもケース、キーボード、マウス、液晶ディスプレイといった周辺機器をそろえないとゲームをプレイできません。 ケースは排熱処理や静音性において重要な役割を担っています。 キーボードとマウスは操作に影響を与えるので、なるべくゲーム専用あるいは対応のものを選ぶべき。 液晶ディスプレイは、動きの激しいアクションゲームをプレイするなら、ゲーミング専用の製品を選びたいところ。 ゲーミング専用液晶ディスプレイは、一般の製品よりも応答速度やリフレッシュレートが高く、快適なゲームプレイを可能にしてくれます。 BTOゲーミングPCの場合、購入時に最適な周辺機器を選ぶことができるので、しっかりチェックしましょう。 お手軽なゲーム推奨モデル ここまでつらつらとゲーミングPCを選ぶときに押さえておきたいポイントを書きましたが、初めて購入する人の中にはとまどう人もいると思います。 そんなときは、各メーカーが用意している「推奨モデル」というゲーミングPCを選ぶのもいい方法です。 推奨モデルというのは、各メーカーが特定のゲームで動作確認を行い快適な動作を保証したり、ゲームメーカーにより動作保証を受けたPCのこと。 すでに、プレイしたいゲームが決まっている人は、推奨モデルを購入するのもありです。 ちなみに、ゲーミングPCはスペックが高ければ高いほど快適にゲームをプレイできますが、当然それにつれて価格も上がるのが考えどころ。 プレイしたいゲームがあるなら、そのゲームをプレイできるレベルのスペックがあれば十分です。 そこで今回は、ドスパラ、デル、マウスコンピューターといった国内外のメーカーから、初心者や中級者向けのゲーミングPCをピックアップしてみました。 ドスパラ「GALLERIA(ガレリア)」 老舗PC専門店のドスパラが10年以上展開しているゲーミングPCブランド「ガレリア」は、価格. comのランキングでも一般的なデスクトップPCに混じって上位にランクインしている人気ゲーミングPCブランド。 最新パーツを導入した低価格でコストパフォーマンスにすぐれた初心者・中級者向けのゲーミングPCを多数取り揃えています。 BTOメーカーの中でもゲーム推奨モデルの数はトップクラス。 注文から2日以内という出荷スピードで、購入したら待たずに使えるというのも魅力のひとつです。 初心者・中級者向けの「R-Class」「M-Class」「C-Class」など全6種類のゲーミングPCシリーズを展開しており、スペックや用途に応じて分類されていて選びやすいのがありがたい点。 ゲーム推奨モデルも多数用意されていて、特にRPG向け推奨モデルのラインアップが充実しています。 BTOメーカーの中でもコストパフォーマンスが高い部類に入り、低価格なゲーミングPCを探している人にはうってつけのブランドです。

次の