関東大震災 予言。 【2020年】南海トラフ地震は発生するのか?予想&予言

村上春樹大先生の大予言 関東大震災の時のように朝鮮人が大虐殺されるかもしれない|カイカイch

関東大震災 予言

【予言】漫画「私が見た未来」が凄い!東日本大震災も的中! 1999年に出版された たつき諒さんの漫画「 私が見た未来」 何故この漫画が「予言では!?」と注目を集めたかと言うと、表紙に驚く言葉が書かれていたからです。 夢日記と題された6枚のページの中の上から4枚目のページに、 「 大災害は2011年3月」と描かれており、 出版から12年後の2011年3月にあの 東日本大震災が発生しました。 それに伴い、「 東日本大震災を的中させた漫画家がいる」と、当時はネットで大きな話題となりました。 この漫画の作者、たつき諒さんは見た夢が現実になるという 予知夢を見ることから、漫画のネタになるかもしれないとノートに夢を記録するようになったそうです。 「大災害は2011年3月」の夢をみてメモを書いた日が、 1996年3月11日。 日にちも東日本大震災と同じ日・・・ 予知夢から 15年後に現実になってしまいました。 東日本大震災の予言だけでも驚きですが、 たつき先生は 他にも予知夢が現実になっています! 今まで的中させた予知夢 【フレディ・マーキュリーの死】 予知夢を見た日:1976年11月 予知夢を見た日:1986年11月28日 現実になった日:1991年11月24日 フレディー・マーキュリーの死の夢は過去に2回見たそうです。 最初の夢から2回目に夢を見るまで 10年。 2回目の夢から現実になるまで 5年。 最初の予知夢から 15年後に現実になってしまいました。 夢を見た月と亡くなった月も合致しています。 【ダイアナ妃の死】 予知夢を見た日:1992年8月31日 現実になった日:1997年8月31日(5年後) この予知夢は、漫画の表紙の夢日記と題された5枚目のページに描かれていています。 1992年8月31日、DIANA 更に拡大すると、 「ダイアナ?城、ロック」と書いてあります。 城とロックが何を指しているかはわかりませんが、 「1992年8月31日」と「ダイアナ?」の記述は驚きです。 【阪神・淡路大震災】 予知夢を見た日:1995年1月2日 現実になった日:1995年1月17日(15日後) この予知夢は、漫画の表紙の夢日記と題された3枚目のページに描かれていています。 この時見た夢で、 「15日後か15年後に神戸にひび割れた大地」の映像+文字 を見たそうです。 この話を信じた約20人が神戸脱出したそうです。 まだ起こっていない予知夢 2020年5月22日、突如、ネット掲示板「5ちゃんねる」にたつき諒先生が登場し、予知夢について語りました。 富士山噴火は、8月20日。 年は、最短最悪で来年2021年。 来なければ2036年か2051年。 以下+15年。 関東大震災もしくは、南海トラフ東端震源 静岡県神奈川県大震災 は、6月〜9月。 年は、最短最悪で2026年。 来なければ、2041年。 以下+15年。 自然災害は、+15の法則があるようです。 このスレでは未来で起こるかもしれない、 「 富士山噴火」と「 関東大震災もしくは、南海トラフ」 について語っています。 1つ1つ詳しく見ていきましょう! 【富士山噴火】 予知夢を見た日:1991年8月20日 まず、ビックリするのが発生日が「 8月20日」と非常に具体的である点です。 この予知夢は、漫画の表紙の夢日記と題された1枚目のページに描かれていています。 富士山が大噴火しているイラストもあります。 説明に入る前に、少しおさらいをすると、 たつき先生がスレで言っていた 自然災害は、+15の法則があるようだ の部分。 この法則を既に起こった予知夢で見てみると、 阪神・淡路大震災 予知夢を見た日:1995年1月2日 現実になった日:1995年1月17日 (15日後) 東日本大震災 予知夢を見た日: 1996年3月11日 現実になった日:2011年 3月11日 (15年後) と、たつき先生がおっしゃっているように +15なっています。 この法則で富士山噴火に当てはめてみると、 予知夢を見た日:1991年8月20日 投稿者:竜樹 たつき 諒さん 投稿日:5月24日 日 今更、基本的な話ですが、1981 6~9に見た 大津波の夢と、 1996 3 11に見た大災害の夢 は、別な事と思っています。 1981の方は 私の住む神奈川県某所に大津波が来る夢。 東日本大震災では、神奈川県に津波は 来ませんでした。 ので、1981の夢は まだ、来て無い。 1996 3 11に見たのは 「2011年3月に大災害が起こる」夢。 1996漫画に描きました。 地震、津波、 原発事故まで見えてたら、どんなに 良かったか。 「1981に津波の夢、15年後に 漫画に描き、そのまた15年に東日本大震災」 説は、9年前、「大災害は2011年3月」を 読んだ方々が考えてくれた説です。 ちょっと紛らわしく、分かりづらい部分でしたね。 津波の注意点が長くなってしまいましたが、本題に戻ります!! 予知夢を見た日:1981年6月~9月頃に +15の法則を当てはめると、 作者「たつき諒」wiki風まとめ 本名 不明 ペンネーム 竜機諒(たつき りょう) 生年月日 12月2日 性別 女性 血液型 O型 出身地 神奈川県横須賀 1975年に「郷ひろみ物語」で漫画家デビュー。 ペンネームは、龍樹 りゅうじゅ 菩薩から頂いたそうです。 1980年から予知夢見るようになるが、 本人曰く、霊感、山勘、第六感は全くないそうですw 予知夢を見ていた期間は、1980年~1999年の間で、基本人が死ぬ予知夢ばかり見て辛かったそうです。 予知夢を見ることが嫌になり、2000年に漫画家を引退。 その後は予知夢を全く見なくなったようです。 引退されてからはインドに旅行とかされてるようですね。

次の

【2020年】南海トラフ地震は発生するのか?予想&予言

関東大震災 予言

概要 [ ] 本地震のメカニズムは、 1971 のモデルによれば、震源域は三浦半島の延長線方向の相模トラフの走行に平行する右横ずれのとされる。 地震調査委員会は発生要因をフィリピン海プレートの沈み込みによって生じたプレート境界での北米プレートの跳ね返りとしている。 一方で、フィリピン海プレートと側のプレートとの力学的境界は既に付近にあり、地質学的時間スケールでは沿いで起こるとされるも、本地震もプレート内地震となるとする見解も出されている。 地殻変動による推定から震源断層は地方の内陸深くまで及んでいると考えられており 、小田原付近の揺れが最も激しかった。 東京都で震度6を観測した地震だったが、この関東地震を最後にによる火山性の地震を除けば東京都内では震度6弱以上の地震は発生していない。 本震 [ ] 各研究者による主な推定震央位置 この地震のの位置は研究者によって見解が異なっている。 おもな説は、• 相模湾のほぼ中央部を震央とする説• 今村明恒[1924] (右図 Im 、• [1927] (右図 Tu 、• [1979] (震源域の中心) (右図 Ut 、• 相模湾の北部を震央とする説• 松澤武雄[1928] (右図 Ma 、• 、[1954] (右図 Gu 、• [1966] (右図 Us 、• 山梨県の付近の東1 4km 余( )を震央とする説 平野烈介[1924] (右図 Hi 、• 神奈川県西部を震央とする説• 浜田信生[1986]の (右図 Ha 、などがある。 また、震源の深さは金森と宮村によれば0-10kmとされているが 、浜田 1986 は震源断層が出現しなかった事から10km以浅は考えに難く25kmとしている。 による 規模 [ ] により本地震のは7. 9と推定されたが 、その根拠は東京の震度を6とし、震央距離を100kmと仮定したものと思われている。 坪井 1964 も7. 9が妥当としているが 、日本国外の地震波形を用いて解析するとM8以上となる傾向があり 、表面波マグニチュードMs8. 2 、Ms8. 3 などが報告されている。 2 と推定した。 但し、従来から用いられている M 7. 9 は決定精度誤差の範疇であり妥当であるとしている。 金森博雄 1977 はモーメントマグニチュードをMw7. 9とし 、行谷 2011 らはMw8. 0と推定している。 中央防災会議の首都直下地震モデル検討会による大正関東地震断層モデルではMw8. 2と見積もられており、同検討会はこのモデルの方が地殻変動や津波の高さの再現性が良いとしている。 断層モデル [ ] 1923年関東地震の断層モデルは金森 1971 の他幾つかが提唱され、何れも右横ずれの低角逆断層を主としている が、観測データが不十分であるため決定版は得られておらず、また多重震源と思われるが本地震の真相は完全には解明されていない。 0m,計四つの断層• 8m,他1つのモデル 地震の多元性 [ ] 今村 1929 は、地震波の記録から本地震は3つの異なる発震点から始まった多元地震であるとし、第一元は相模湾中央、第二元は方面、第三元は再び相模湾の小田原沖に戻ったとした。 また、陸地測量部による精密測量の結果から、断層線の西部は南下り、東部は北下りであり、非局部大地震に伴う地形変動とした。 北アメリカプレートとフィリピン海プレートがずれ始めたのち破壊は40秒から50秒かけて放射状に広がり、北は現在のの地下35km、南は現在のの地下5km、東は房総半島端にまで広がり全体で長さ130km、幅70kmの岩盤()が平均で2. 1mずれた(金森 1971 の断層モデル)。 これは、震源に近い地域では地震計の針が振り切れてしまっており正確な揺れの様子は不明であるため 、体験談を基に大方の揺れの様子の推定を試みたものである。 第1イベントに近い小田原では揺れ始めてすぐに上下水平の強い揺れが襲い10 - 20秒間位やや弱まった後、再び強い水平動が襲ってきた。 第2イベントに近い鎌倉や藤沢では最初の揺れはやや弱かったが、暫くして強い揺れが襲ってきたという。 でも、例えば中央気象台の地震掛であったの体験談では主要動の途中で振動方向が南北から東西に変化したという。 これら2つのイベントが組み合わさっていることから、「双子の地震」や「2つの地震の組み合わせ」などと呼ばれることもある。 各地の震度 [ ] 関東地震の震度分布 中央気象台(現・)による観測では最大は東京などで震度6であったが 当時は震度7の階級は設定されておらず、被害状況から、小田原など相模湾岸および房総半島南部で震度7に達したと推定されている。 また東京においても、砂町や羽田などの東京湾沿岸や三河島など内陸で震度7に達したと推定されている。 1923年 関東地震 震度分布 震度 観測所 7 激震 岸地域 南部など 推定 6 烈震 ・() ・ ・・ 5 強震 ・・・・・・ 4 中震 ・・・・・・・・・・・・ 3 弱震 ・・・・・・・()・・・ 2 軽震 ・・・・・・ 1 微震 ・・ 津波 [ ] 地震の数分後、沿岸地域からにかけてが襲った。 では地震後5 - 6分で引波となり間もなく第1波が襲来し、さらに5 - 6分して第2波は7 - 8m、局地的に高さ12m(40)に及び家屋流失 162戸 、死者行方不明92名 の被害が発生した。 また、海岸から200m内陸まで、地盤高7mまでが浸水したとされている。 初島 地盤が隆起し集落内に津波は侵入しなかった。 津波の高さは漁港付近で1. 8m程度、島の西側で3m程度。 伊東では波高9mとなり海岸から浜海道までの集落はほとんど流失、宇佐美村でも111戸が流失した。 下田町では波高2. 5m、湾外では4m程度であった。 鎌倉 地震直後に2 - 300m潮が引き、10分程で第1波が襲来し第2波が最大で、付近で波高5 - 6mに達した。 房総半島 伊豆程の津波とはならず概ね2m程度(6 - 7尺程度)と3m(10尺)超える所は少なかったが、相浜で高さ9m(30尺)の津波を記録し63戸が流失した。 館山測候所付近では、先ず引波が200m余(2余)、水深約9m(30尺)に及び、来襲した津波の高さは1. 8m(6尺)程度であった。 外房沿岸 元禄津波で甚大な被害となったのとは対照的で、元禄津波は波高7m前後で10mに達した所もあるの対し、大正津波は2m前後であった。 内 の記録では、、、千葉で両振幅1m程度であり 、内房沿岸では東京湾内に向かって元禄津波よりも急速に減衰している。 被害 [ ] 詳細は「」を参照 この地震による災害による犠牲者の数は合計で105,000人以上に及び、日本史上最も死者の多い地震になったと同時に、世界的に見ても極めて犠牲者の多い地震となった。 また、全犠牲者の約9割に当たる9万人以上は、地震によって発生した火災によって死亡しているため、地震そのものによる死者よりも火災による死者が圧倒的に多かったことが特徴である。 死者・行方不明者数が多い明治以降の地震(日本) 順位 名称 発生日 死者・行方不明者数 人 規模 M 1 () 105,385 7. 9 2 () 22,199 9. 0 3 21,959 8. 2 4 7,273 8. 0 5 () 6,437 7. 3 6 3,769 7. 1 7 3,064 8. 1 8 2,912 7. 3 9 1,961 6. 8 10 1,443 8. 0 死者・行方不明者が多い地震(世界) 順位 名称 発生日 死者・行方不明者数 人 規模 M 1 約 830,000 8. 0 2 約 320,000 7. 8 4 約 200,000 - 240,000 8. 6 5 約 230,000 9. 1 6 82,000 - 120,000 7. 1 7 () 約 110,000 7. 3 8 () 105,385 7. 9 9 約 87,000 10 約 73,000 7. 6 地盤の隆起・沈降 [ ] この地震によって上盤の北米プレートが南東方向にフィリピン海プレートにのし上がり 、房総半島南部で隆起、など内陸部で沈降した。 この沈降により丹沢山地では土石流が発生した。 元禄地震でも同様の地殻変動と思われる記録があり、また房総半島南部には大正関東地震、元禄地震およびそれ以前の地震の際に隆起したと見られるが発達し、元禄地震による段丘は特に段差が大きい。 房総半島のうちに近い南部地域や相模湾に接する三浦半島全域、相模湾北岸(現在のがその例である)などで地盤の隆起が確認され、地域では地盤の沈降が確認された。 隆起や沈降量は、陸地測量部および海軍水路部による測量結果から推定された。 関東地震による地盤変動。 東京市「THE RECONSTRUCTION OF TOKYO」(英語版)による。 隆起・沈降量は以下の通り: 地域 隆起・沈降 隆起・沈降量 隆起 1. 81m 隆起 1. 57m 隆起 1. 81m 隆起 1. 4m 隆起 1. 8m 隆起 0. 9m 沈降 0. 38m 沈降 0. 27m 沈降 0. 24m 前震 [ ] 以下は本震発生以前の近い時期における関連が指摘される [ ]地震の記録である。 8年前• 大正4年(1915年)11月、東京で有感地震が過去最多の18回。 その後地震は沈静化。 ・両博士の関東大地震論争。 1 - 2年前• 大正10年(1921年) - 南部で地震 M7. 竜ケ崎地震とも呼ばれる。 大正11年(1922年) - で地震 M6. 8 、25人が死傷。 2 - 3ヶ月前• 大正12年(1923年)5 - 6月、茨城県東方で200-300回の群発地震(有感地震は水戸73回、銚子64回、東京17回)。 余震 [ ]• 9月1日• 12:01 M7. 2 北部 - や神奈川県東部の・で強く揺れを感じる。 12:03 M7. 3 神奈川県・山梨県・静岡県県境付近 - 神奈川県西部、静岡県東部、山梨県で強い揺れを感じる。 12:17 M6. 4 伊豆大島近海• 12:23 M6. 5 相模湾• 12:40 M6. 5 相模湾• 12:47 M6. 8 中・西部• 13:31 M6. 1 東部• 14:22 M6. 6 静岡県伊豆地方• 15:19 M6. 3 沖• 16:37 M6. 6 静岡県東部• 9月2日• 11:46 M7. 3 南東沖• 18:26 M6. 9 千葉県東方沖• 22:09 M6. 5 静岡県伊豆地方• 大正13年(1924年)1月15日05:50 M7. 3 神奈川県西部(丹沢地震) - 死者19名、負傷者638名 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• Reiji Kobayashi, Kazuki Koketsu 2005年. Earth, Planets and Space. 2016年3月12日閲覧。 1-6, 昭和61年度• 97-112. 武村雅之 1994 : 『地震 第2輯』 1994年 46巻 4号 p. 439-455, :• 諸井孝文, 武村雅之「」『日本地震工学会論文集』第4巻第4号、2004年、 21-45頁、 :、 2016年3月19日閲覧。 国立国会図書館, 2011-04-28, 2016-03-11閲覧。 宇津徳治 p125, p179, p218. 過去の地震津波災害• 369-374, :• 寒川旭 p137, p213. 福和伸夫. 2008年8月1日閲覧。 宇津徳治 p588, p615. 石橋克彦 岩波新書、1994年, pp125-129. 井元政二郎, 森川信之, 藤原広行 2015 :「」 『日本地震工学会論文集』 2015年 15巻 7号 p. 30, pp. 13-18. 武村雅之, 浜田信生 1996 :「」 『地震 第2輯』 1996年 49巻 2号 p. 141-168, :• 地震調査研究推進本部地震調査委員会 平成16年8月23日• 松浦律子 2014 : , 歴史地震, 第29号, 263. 2010年3月. 4.今村の予言どおり起きた関東大震災、地震予知の語り部・今村明恒の悲劇. 2014年10月7日閲覧。 石本巳四雄 『』 、1935年、102-115頁。 共同通信. 2014年3月10日. 2014年3月14日閲覧。 Imamura, A. , Preliminary note on the Great aerthquake of S. Japan on Sept. 1, 1923, Seismological Notes of Imp. Earthquake Invest. Comm. 6, 1-22, 1924. TURNER, H. , International Seismological Summary for 1923, 201-203, University Observatory, Oxford, 1927. 宇津徳治 1979 :「」 『東京大学地震研究所彙報』 第54冊, pp. 253-308. 松澤武雄 1928 : 「東京帝国大学地震研究所彙報」 第5冊, 1928. 24, pp. 1-28. Beno Gutenberg, Charles Richter, , 2nd edition, Princeton University Press, Princeton, 1954. 宇佐美龍夫 1966 : 「」 『東京大学地震研究所彙報』 第44冊第4号, 1967. 31, pp. 1571-1622. 平野烈介 1924 : 「」 『気象集誌. 第2輯』 1924年 2巻 4号 p. 116-121, :• 國富信一「 」 『驗震時報』第3巻第2号、中央気象台、1929年11月、 211-242頁、 2016年3月15日閲覧。 編『』、2015年。。 Kawasumi 1951 : , 東京大學地震研究所彙報. 第29冊第3号, 1951. 5, pp. 469-482. 425-444, :• Tsuboi, C. , 1964, "", J. Phys. Earth. , 12, 25-36, :• Gutenberg, B. , and C. Richter, 1954, Seismicity of the Earth, Hafner Publishing Company, New York. Richter, C. , 1958, Elementary Seismology, W. Freeman Co. , San Francisco. Duda, S. , 1965, , Tectonophysics, 2, 409-452. 『中央防災会議・災害教訓の継承に関する専門調査会報告書』2章, p36. Kanamori, H. , 1977, , J. Geophys. Res. 82, 2981-2987. 行谷佑一、佐竹健治、宍倉正展 2011 : , 活断層・古地震研究報告, 第11号 産業技術総合研究所• 首都直下のM7クラスの地震及び相模トラフ沿いのM8クラスの地震等の震源断層モデルと震度分布・津波高等に関する報告書• 石橋克彦 岩波新書、1994年, pp125-126. Ando, M. 1971 :, Bulletin of the Earthquake Research Institute, 49, 19-32. Ando, M. 1974 :, Journal of Physics of the Earth, 22, 263-277, , :• 石橋克彦 1980 :, 月刊地球, 2, No. 2, 110-119. Matsu'ura, M. , T. Iwasaki, Y. Suzuki and R. Sato 1980 :"", Journal of Physics of the Earth, 28, 119-143. , :• 783-792, :• 377-396, :• 351-364, :• 武村雅之, 池浦友則, 工藤一嘉, 大沼啓人 1994 :「」 『地震 第2輯』 1994年 47巻 2号 p. 193-200, :• 中央防災会議• 中央気象台月別全国地震調査原稿大正12年9月• 3度揺れた首都・東京• (武村,2003)• 『中央防災会議・災害教訓の継承に関する専門調査会報告書』3章, pp96-97. 警察庁 1923 :• 『中央防災会議・災害教訓の継承に関する専門調査会報告書』3章, p94. 63-81. 『中央防災会議・災害教訓の継承に関する専門調査会報告書』3章, p99. 石橋克彦 岩波新書、1994年, p125. 宍倉正展ほか 2005 :「 」 『活断層・古地震研究報告』 第5号, 51-68. 田中舘秀三 1926 :「」 『地學雜誌」 Vol. 38, No. 3, 130-135. 田中舘秀三 1926 :「」 『地學雜誌』 Vol. 38, No. 4, 188-201. 田中舘秀三 1926 :「」 『地學雜誌』 Vol. 38, No. 6, 324-329. 田中舘秀三 1926 :「」 『地學雜誌』 Vol. 38, No. 7, 374-390. 2015 ほか、「」 『地学雑誌』 Vol. 124 2015 No. 4 p. 657-664• 石橋克彦、「」 『地震 第2輯』 1973年 26巻 4号 p. 362-367, :, 日本地震学会• 群発地震研究会• 440-457,: 参考文献 [ ]• 阿部勝征ほか『日本の地震断層パラメーター・ハンドブック』佐藤良輔編著、、1989年3月25日。 『大地動乱の時代 -地震学者は警告する-』、1994年8月。 石橋克彦『南海トラフ巨大地震 -歴史・科学・社会-』岩波書店、2014年3月。 『地震とその研究』古今書院、1935年。 寒川旭『地震の日本史 -大地は何を語るのか-』、2007年11月。 武村雅之『関東大震災 -大東京圏の揺れを知る』鹿島出版会、2003年5月。 『千年震災 -繰り返す地震と津波の歴史に学ぶ』ダイヤモンド社、2011年5月。 『地震学』、2001年、第3版。。 宇津徳治ほか『地震の事典』朝倉書店、2001年、第2版。 『関東大地震50周年論文集』東京大学地震研究所、1973年8月。 『日本歴史地名大系 14 神奈川県の地名』平凡社〈日本歴史地名大系〉、1984年。 関連項目 [ ]• MeSO-net 外部リンク [ ]• 羽鳥徳太郎、「」 『東京大学地震研究所彙報』 第50冊第4号, 1976. 31, pp. 385-395• 武村雅之、浜田信生、「」 『地震 第2輯』 1996年 49巻 2号 p. 141-168,:• 日本地震学会• 損害保険料率算出機構• :1891年(明治24年), M8. :1892年(明治25年), M6. :1893年(明治26年), M7. :1894年(明治27年), M7. :1894年(明治27年), M7. :1894年(明治27年), M7. :1895年(明治28年), M7. :1896年(明治29年), M7. :1896年(明治29年), M8. :1896年(明治29年), M7. :1897年(明治30年), M7. :1897年(明治30年), M7. :1898年(明治31年), M7. :1898年(明治31年), M7. :1899年(明治32年), M7. :1899年(明治32年), M7. :1921年(大正10年), M7. :1922年(大正11年), M6. :1922年(大正11年), M6. :1923年(大正12年), M7. 九州地方南東沖 :1923年(大正12年), M7. :1923年(大正12年), M7. :1924年(大正13年), M7. :1924年(大正13年), M7. 網走沖 :1924年(大正13年), M7. :1925年(大正14年), M6. :1926年(大正15年), M7. :1926年(大正15年), M7. :1927年(昭和2年), M7. :1928年(昭和3年), M7. 0 1930年(昭和5年) - 1939年(昭和14年)• :1930年(昭和5年), M6. :1930年(昭和5年), M7. :1931年(昭和6年), M7. :1931年(昭和6年), M7. :1931年(昭和6年), M6. :1931年(昭和6年), M7. 日本海北部 :1932年(昭和7年), M7. :1933年(昭和8年), M8. :1933年(昭和8年), M7. :1933年(昭和8年), M6. :1934年(昭和9年), M7. :1935年(昭和10年), M6. :1935年(昭和10年), M7. :1936年(昭和11年), M6. :1936年(昭和11年), M7. :1936年(昭和11年), M6. :1937年(昭和12年), M7. :1938年(昭和13年), M7. :1938年(昭和13年), M6. :1938年(昭和13年), M7. :1938年(昭和13年), M7. :1939年(昭和14年), M6. :1939年(昭和14年), M6. 8 1940年(昭和15年) - 1949年(昭和24年)• :1940年(昭和15年), M7. :1941年(昭和16年), M6. :1941年(昭和16年), M7. :1943年(昭和18年), M6. :1943年(昭和18年), M7. :1943年(昭和18年)M6. :1943年(昭和18年), M7. :1943年(昭和18年), M5. :1944年(昭和19年), M7. :1945年(昭和20年), M6. :1945年(昭和20年), M7. :1946年(昭和21年), M8. :1947年(昭和22年), M7. :1948年(昭和23年), M7. :1948年(昭和23年), M6. :1948年(昭和23年), M7. :1949年(昭和24年), M6. :1949年(昭和24年), M6. :1960年(昭和35年), M7. :1961年(昭和36年), M5. :1961年(昭和36年), M7. :1961年(昭和36年), M7. :1961年(昭和36年), M7. :1962年(昭和37年), M7. :1962年(昭和37年), M6. :1963年(昭和38年), M8. :1964年(昭和39年), M7. :1965年(昭和40年), M6. :1966年(昭和41年), M7. :1968年(昭和43年), M6. :1968年(昭和43年), M7. :1968年(昭和43年), M7. :1968年(昭和43年), M7. :1968年(昭和43年), M7. :1969年(昭和44年), M7. :1969年(昭和44年), M6. 6 1970年(昭和45年) - 1979年(昭和54年)• :1970年(昭和45年), M7. :1971年(昭和46年), M5. :1971年(昭和46年), M7. :1972年(昭和47年), M7. :1973年(昭和48年), M7. :1974年(昭和49年), M6. :1974年(昭和49年), M7. :1975年(昭和50年), M6. :1975年(昭和50年), M7. 日本海西部 :1975年(昭和50年), M7. :1978年(昭和53年), M7. :1978年(昭和53年), M7. :1978年(昭和53年), M7. :1978年(昭和53年), M7. 4 1980年(昭和55年) - 1989年(平成元年)• :1980年(昭和55年), M6. :1981年(昭和56年), M7. :1982年(昭和57年), M7. :1982年(昭和57年), M7. :1983年(昭和58年), M7. :1983年(昭和58年), M6. 三重県南東沖 :1984年(昭和59年), M7. :1984年(昭和59年), M7. :1984年(昭和59年), M7. :1984年(昭和59年), M6. :1987年(昭和62年), M6. 日本海北部 :1987年(昭和62年), M7. :1987年(昭和62年), M6. :1989年(平成元年), M7. 1 1990年(平成2年) - 1999年(平成11年)• :2000年(平成12年), M7. :2000年(平成12年), M7. :2000年(平成12年), M6. :2000年(平成12年), M7. :2000年(平成12年), M7. :2001年(平成13年), M6. :2001年(平成13年), M7. :2002年(平成14年), M7. :2003年(平成15年), M7. :2003年(平成15年), M6. :2003年(平成15年), M8. :2004年(平成16年), M7. :2004年(平成16年), M6. :2004年(平成16年), M7. :2004年(平成16年), M6. :2005年(平成17年), M7. :2005年(平成17年), M7. :2005年(平成17年), M7. :2007年(平成19年), M6. :2007年(平成19年), M6. :2008年(平成20年), M7. :2008年(平成20年), M7. :2008年(平成20年), M6. :2008年(平成20年), M7. :2009年(平成21年), M6. 5 2010年(平成22年) - 2019年(令和元年)• :2010年(平成22年), M7. :2010年(平成22年), M7. :2010年(平成22年), M7. :2011年(平成23年), M7. :2011年(平成23年), 9. :2011年(平成23年), M7. :2011年(平成23年), M7. :2011年(平成23年), M7. :2011年(平成23年), M6. :2011年(平成23年), M6. :2011年(平成23年), M7. :2011年(平成23年), M7. :2011年(平成23年), M6. :2011年(平成23年), M5. :2011年(平成23年), M7. :2011年(平成23年), M7. :2012年(平成24年), M7. :2012年(平成24年), M6. :2012年(平成24年), M7. :2013年(平成25年), M6. :2013年(平成25年), M6. :2013年(平成25年), M7. :2014年(平成26年), M7. :2014年(平成26年), M6. :2015年(平成27年), M8. 薩摩半島西方沖 :2015年(平成27年), M7. :2016年(平成28年), M6. :2016年(平成28年), M6. :2016年(平成28年), M7. :2016年(平成28年), M6. :2018年(平成30年), M6. :2018年(平成30年), M6. :2019年(令和元年), M6.

次の

関東大震災(大正関東地震)

関東大震災 予言

1989年8月27日に見た夢。 大きな洞窟のような場所で、顔のハッキリしない見知らぬ女性と出会う夢。 女性は何か言いたそうにしてるけど、何を言っているのかはよく聞き取れない。 こんな不思議な夢を見た一年後、散歩に行った先の公園で大きなトンネルにたどり着く。 そのトンネルは夢に見た洞窟のような場所にそっくりで、念のため写真を撮影しておいたという。 その後、なんとそのトンネルで 女性の殺人事件が発生する。 テレビでそのニュースを見てびっくり! 被害者の女性の衣服や特徴が夢の中で出会った女性とそっくりだったのだとか。 さらにこんな夢も。 見知らぬ男性と喫茶店で向かい合って話している夢だ。 「彼女、嫌いじゃないけど、恋愛感情は持てない」 というような内容の話だった。 夢を見た後日、友人から「失恋した」という電話が。 その別れ話の内容が、まさに夢で見たものと一緒! 彼女に失恋相手の男性の写真を見せてもらうと、夢で出会った男性とまったく同じだったとか。 それ以外にもクイーンのフレディが死ぬ夢を見たら、実際に亡くなってしまったという不思議な経験もしたとか。 偶然なのか正夢なのか、何らかの予言の能力があるのか…。 たつき諒先生自身は、自分に霊感なんてまったくないとおっしゃっているのだが。 漫画の前半は、そんな不思議な体験談。 問題は後半の内容だ。 大きな津波で災害が起きる夢 たつき諒先生は1981年に「 とてつもない規模の津波が押し寄せる」夢を見たという。 これがもし、未来に起きる出来事だとしたら…? 海が見渡す限り引き潮で消えてなくなる。 その後数分で、ゴゴゴゴゴゴゴという爆音と共に津波が押し寄せる。 これは1990年の時点で、想像だけではなかなか描けない表現だ。 だとしたらこれはやっぱり東日本大震災を予言していたのかというと、そうではない可能性もある。 最初に紹介した通り、「私が見た未来」の表紙では「2011年3月に大災害」と書いてある。 これが東日本大震災を予言していると話題になったわけだけれど、漫画の中ではそれに一切触れていない。 ただ「とんでもない津波が来る夢を見た」ということだけを描いている。 巨大津波が発生する時期に関するヒントは、漫画の中に2つ登場する。 9か6という数字。 夏というキーワード。 時計が5時ごろで止まっている。 つまりこの夢が未来を伝えているのなら、 巨大な津波は9が6の付く年の夏の午後5時か午前5時くらいに発生するってことになる。 もしかしたら、この夢は近い将来起きるといわれている「南海トラフ巨大地震」のことなのかも…? 最後にはこうある。 津波の原因は私にはわかりません。 2019年とか、2026年とかね。 「私が見た未来」を読む方法 私が見た未来は1999年に刊行されているけれども、すでに絶版になっている。 Amazonでも販売しているけど、その中古価格、なんと 5万円!! 日本で発売されている本や雑誌のすべてを保管しているといわれる「国会図書館」を探してもなかった。 …が、格安で読む方法があったので紹介したい。 それはドコモが提供する電子書籍サービス「 Dブック」を利用すること。 Dブックに登録すれば、「私が見た未来」全2話をたったの86円で読むことができるぞ!! (ちなみに他の漫画アプリや電子書籍サービスも調べてみたのだけれど、「私が見た未来」を提供しているのはDブックだけであった) 「私が見た未来」に50万円も出せない人は、Dブックでためしに読んでみてはいかがだろうか?? 面白いよ。

次の