鹿児島中央駅 歯医者。 歯石取りで血だらけになっても大丈夫。歯石取りで出血する理由。

鹿児島駅周辺の歯医者さん!利便性を求めるかたにピッタリ

鹿児島中央駅 歯医者

小児歯科• 駐車場もご用意しておりますので、自家用車でのご来院にご利用ください。 赤尾歯科医院の主な診療項目は、歯の神経治療 根管治療 、歯周病、歯科口腔外科、補綴になりますが、小児における矯正やホワイトニングなども行っておりますので、お気軽にお尋ねください。 当院では、良い治療を行うために、技術の習得や機器を導入して、治療に取りいれております。 一例にはなりますが、レーザー治療、超音波を使用する治療機器など、さまざまな治療機器を導入しております。 また、当院のモットーは患者さまにとって良い治療を行うことですが、その一方で、患者さまに無理のないよう、負担を抑えた治療を行うということをコンセプトにしていきたいと考えております。 さらに患者さまの不安をできるだけ取り除くことができるよう、十分な説明に基づいて治療を行っていきたいと考えております。 そして、ご要望にできる限り応えられるよう、患者さまの立場に立った考えで治療にあたり、患者さまとのコミュニケーションを大切にするということを重視していきたいと思います。 なお、治療では、保険診療を第一にしておりますが、患者さまにとって本当に良い治療を行っていきたいと考えることから、自費診療にも対応させて頂いております。 本当に患者さまのためになる治療、良い治療を行うために、治療の内容だけではなくご不明な点がございましたら、ご遠慮なくご相談ください。 新しくエレベーターを設置し、1階駐車場奥から2階受付窓口へのご利用が出来るようになりました。 診療内容 一般歯科、矯正歯科、小児歯科、口腔外科、審美歯科、歯周病、入れ歯・義歯、インプラント• 小児歯科• 市立病院前駅より徒歩2分のアクセスしやすい場所にあります。 駐車場もございますので、お車でもご来院いただきやすくなっております。 当院では「すべては患者様のために」という理念に基づき、つねに患者様の立場に立って治療を行っております。 院長と歯科衛生士がCT診査などの結果に基づいてカウンセリングを行い、治療方針についてもしっかりご説明させていただき、患者様にご納得いただいてから治療を開始するようにしています。 院内では、空気を清潔に保つ口腔外バキュームや医療機関用の空気清浄機を稼働させることで、クリーンな治療環境を維持しています。 治療に使用する器具類は使い回しが起こらないように、滅菌を行ったうえでパッキングして取り扱うようにし、院内感染の防止に努めております。 そして診療室は全体にわたって和風のスタイルにし、待合室には週替わりの季節の生花を飾ることで、院内に彩りを添えております。 このようなゆったりした空間で治療を受けていただくことで、患者様に「心地いい、また行きたい」と感じていただければと思っております。 当院では、親知らずの抜歯も行っております。 当院では、大学病院へ紹介することなく、親知らずの抜歯をさせていただきます。 親知らずは放置してしまうと、他の健康な歯にも大きなダメージを与えてしまう場合があります。 親知らずが生え始めている方は、当院までお気軽にご相談いただきたいと思います。 診療内容 一般歯科、小児歯科、予防歯科、口腔外科、審美歯科、口臭、歯周病、入れ歯・義歯、インプラント• 小児歯科• 当院のモットーは、患者様に「思いやり」と「リラックス」を感じていただくことです。 そのためにも、患者様の目線で施設内の環境を整え、患者様との密なコミュニケーションをとることで、リラックスして治療をうけていただくことを心がけてまいりました。 最寄り駅であるJR鹿児島本線鹿児島中央駅からは徒歩10分の立地で、駐車場もご用意しているため、患者様のアクセスもよい環境にあります。 ご年配の方からお子様まで、さまざまな年齢層の患者様にとって通いやすくご相談いただきやすい歯科医院であることを目指しております。 それと同時に、院内の衛生環境にも配慮しております。 2015年6月に移転リニューアルし、清潔に配慮している環境のもと、治療を受けていただければと思います。 院内にスロープを設置し、バリアフリーのつくりになっておりますので、お身体の不自由な方やベビーカーでも通院していただくことができます。 スタッフが明るく応対させていただきますので、お口の健康に関することであれば何でもぜひお気軽にご相談ください。 皆様が健康的に楽しく食事していただくために全力でサポートさせていただきます。 診療内容 一般歯科、小児歯科、予防歯科、口腔外科、審美歯科、歯周病、入れ歯・義歯、インプラント• 小児歯科• 歯科口腔外科 上荒田町20-10 2分 5分 歯の人間ドックを実施!「そこだけ、今だけ」ではなく、原因除去による根本的な治療をおこなっています鹿児島市上荒田町にある「永田デンタルクリニック」は、JR鹿児島中央駅から徒歩15分の場所にあります。 当院は、患者さまに合わせた診療を行うために、「歯の人間ドック」という検査を行っています。 この検査を受けていただく中で患者さまのお悩みやご希望をお聞きして、「そこだけ、今だけ」ではなく、原因除去による根本的な治療をおこなっています。 さまざまな角度から治療方法を検討することで、再発防止にもつながります。 噛み合わせや歯周病、顎関節症なども考慮して総合的な治療を提供するために、まずは検査を受けることから始めましょう。 当院は患者さまの不安をできるだけ取り除き、ご要望に添った診療を行えるように努めていますので、お口にお悩みがある方は、お気軽にご相談ください。 やむを得ずキャンセルされる場合は、必ず当院までご連絡ください。 診療内容 一般歯科、矯正歯科、小児歯科、定期健診、予防歯科、口腔外科、審美歯科、訪問歯科、口臭、歯周病、入れ歯・義歯、インプラント• パークサイド下原歯科医院は鹿児島市平之町に位置し、鹿児島本線、九州新幹線の鹿児島中央駅東口から徒歩17分の場所にございます。 お車でお越しの場合でも、駐車場をご用意しておりますので、お気軽にお越しいただけます。 当院は、お体が不自由な方やご高齢の方、またお子様連れの方にもお気軽にお越しいただける環境作りにこだわり、院内はバリアフリー設計といたしました。 床はフラット構造なので車椅子やベビーカーもスムーズに院内を移動できます。 治療に関しましては、当院では患者様の「痛み」を取り除くことをモットーとした治療のご提供をさせていただいております。 虫歯や神経痛など、歯に関わる痛みは頭痛にもつながりますし、集中できないほどの痛みになることもありますので、まずは患者様が特に治療をしてほしいと思われる箇所の治療をおこなっております。 また、麻酔の注射に関しましても、痛みをなるべく軽減してご提供しております。 麻酔が効くと治療中は痛みをあまり感じませんが、ますの注射を痛いと感じられる患者様が多いので、麻酔注射についてもなるべく痛くないように工夫しております。 当医院では、なるべく患者様の体に負担のすくない治療を心がけております。 診療内容 一般歯科、矯正歯科、口腔外科、審美歯科、歯周病、入れ歯・義歯、インプラント• 小児歯科• 患者さまとの出会いに感謝の気持ち忘れず、責任を持って担当させていただきます。 院内はスタッフと地域の皆さまの笑顔で溢れ、アットホームな雰囲気に包まれております。 2009年の開業以来、鹿児島市武で笑顔と対話を大切にしてきたえなつ歯科・矯正クリニックは、まるで歯科医院に居ることを忘れてしまうかのような雰囲気です。 ぜひお気軽にご来院ください。 当院のネット予約は前日までの空き状況を記載したものでリアルタイムの空き状況ではございません。 予約希望日をお送りいただいた上で、後ほどクリニックの予約担当者より連絡がありますので、詳細をご相談下さい。 診療内容 一般歯科、矯正歯科、小児歯科、定期健診、予防歯科、口腔外科、審美歯科、口臭、歯周病、入れ歯・義歯、インプラント• 田中矯正歯科です。 当院は1981年、鹿児島市に設立されました。 鹿児島中央駅から徒歩5分の場所にあり、アクセスが便利な場所にありますので鹿児島県内から歯の矯正治療に多くの患者様にお越し頂けます。 また、お買い物やお仕事帰りにも通えます。 当院の診療理念は、患者様に素敵な笑顔になっていただけるようサポートをすることです。 矯正治療によって歯並びを整え、患者様が心から笑えることがわたしたちの喜びです。 また、バランスの整った歯並びは、健康と関係があると言われています。 バランスの整った歯で食物をよく噛んで、よく味わい、美味しく食べることも大切です。 綺麗な歯並びは歯磨きを容易にし、むし歯や歯周病になりにくくします。 矯正治療によって患者さまの口腔内や健康に少しでも貢献できたらと思います。 当院では患者様が明るい気持ちで診療を受けられるよう、お悩みをしっかりお聞きいたしますので、お気軽にご相談下さい。 恐れ入りますが、ご注意願います。 診療内容 矯正歯科• 小児歯科• 当院は鹿児島中央駅東口の向かい側にあるビルの6階にあります。 お車でお越しの方はビルの駐車場をご利用いただいくと、診療時間分のサービス券をお渡し致しますのでお気軽にご利用下さい。 また、駅からは地下道もありますので、比較的分かりやすく、ご来院して頂きやすい歯科医院です。 診療時間は、平日は朝10時から夜は7時までで、土日祝も診療を行っております 休診日は水曜日。 ご来院される患者様の年齢層としては、働いていらっしゃる20代から50代の方が9割を占めております。 生活者の方々から何を求められているのかを追求し、目的達成のため、もっともっと歯科医院の価値を高め、社会貢献していきたいと思います。 鹿児島市で歯に関する悩みのある方はぜひ、お気軽に鹿児島セントラル歯科にご相談下さい。 ・土日祝のご予約は大変混み合います。 お電話にてお問い合わせください。 診療内容 一般歯科、小児歯科、定期健診、予防歯科、口腔外科、訪問歯科、歯周病、入れ歯・義歯• 小児歯科• 歯科口腔外科 加治屋町1-1 2分 3分 6分 完全個室でプライバシーに配慮!広いキッズスペースをご用意し、ご家族皆で通える医院を目指します!「ななつ星歯科」は、鹿児島市加治屋町にある歯科医院です。 鹿児島市電2系「高見橋駅」から徒歩2分、鹿児島市電2系統「加治屋町駅」から徒歩3分、JR鹿児島本線「鹿児島中央駅」東口から徒歩6分と、アクセスは非常に良好です。 診療室は完全個室としており、患者さまのプライバシーにはしっかりと配慮しています。 また、壁紙の色をカラフルにしたり、2階のほとんどをキッズスペースにしたりするなど、良い意味で歯科医院らしくない空間を目指しています。 また、予防歯科としての啓蒙運動にも力を入れており、「悪くなったら削って被せる。 さらに悪くなったら抜く」という治療パターンを変えたいと考えています。 歯科医院を美容院のようにキレイにクリーニングして帰る場所にして、皆さまの健康寿命を延ばすお手伝いが出来れば歯科医師としても幸せだと思います。 一緒にそんな未来をめざしましょう。 なお、初診時でお越しの方はカウンセリングのみの対応で、唾液検査を4,200円 税別 で受けて頂きますのでご了承下さい。 診療内容 小児歯科、定期健診、予防歯科、口腔外科、訪問歯科、歯周病、入れ歯・義歯、インプラント 当ページ掲載の歯科施設情報の一部、歯科予約サービスはエンパワーヘルスケア株式会社より提供されており、該当する提供掲載情報に係わる著作権及びお客様が登録する情報はエンパワーヘルスケア株式会社に帰属します。 またお客様がエンパワーヘルスケア株式会社提供の予約専用電話番号に発信した電話番号は、予約確認・案内SMS送信を目的とし、エンパワーヘルスケア株式会社が取得します。 サービス向上のため、通話内容を録音させて頂くことがございます。 録音した通話内容は、秘密情報および個人情報として適切に管理し、第三者に開示されることはございません。 エンパワーヘルスケア株式会社提供の歯科予約サービスにおいて有限会社ライコムは、お客様の登録情報の提供を受けておりません。

次の

鹿児島駅周辺の歯医者さん!利便性を求めるかたにピッタリ

鹿児島中央駅 歯医者

歯石取りされたことがある方は、たくさんいらっしゃると思います。 その時に出血するのって大丈夫なの? 何で歯石取りしないといけないの? と疑問に思われている方も多いのではないでしょか? だからといって、直接聞けないし、取らなくていいとも思っていませんよね? 一度歯石除去で出血をしてしまうと、もうこりごり・・・と思うこともあります。 しかし、正しい情報と理由を知ることで、ご自身の健康を守ることができます! 歯石取りとは 取りやすい歯石 歯石は歯垢と唾液のなかのミネラルが結合してできたものです。 お口の中の歯茎の上に黄色く石のようについているのが歯石です。 この歯石は歯茎の上についている歯石の為、私たちでも気付くことができます。 この歯石は付着する力が弱く、超音波スケーラーと呼ばれる機械を使ってお掃除していきます。 1度で全部を取り除くことは難しいケースもありますが、このような歯石は比較的簡単に取ることができます。 取りにくい歯石 取りにくい歯石は、歯肉の中にある歯石で、唾液だけでなく血液も含んだ状態で作られる歯石です。 この歯石は黒く、硬く歯にこびりついているため取っていくことが困難になります。 この歯石は普段私たちが目にすることはできない歯石です。 レントゲンを撮影するとわかります。 歯茎の上についている歯石のように、機械で飛ばして取っていくことができないため、それぞれの歯の形や 位置にあった特別な器具を使用して、手で一本一本丁寧に取っていきます。 歯石取りで出血する理由 歯石除去の処置で傷ついての出血ではない 歯石のお掃除をした後出血していることに気がつく。 もしかしてお掃除の際に歯茎を傷つけられたのでは?と 思われた方は多いと思います。 歯石は細菌の塊です。 長時間、歯石がそこにあることによって細菌と戦うため白血球や免疫細胞が集まってきます。 その際に出る毒素や細胞の死骸が歯茎の炎症に繋がります。 炎症を起こすと粘膜が弱り、ちょっと触っただけでも破れてしまうのです。 この状態で歯石を取り除くのですから、出血をしてくるのです。 日本の成人の約8割が歯周病や歯肉炎になっており、歯石除去の際に出血をするという人が多いようです。 出血は歯茎からの警戒信号 歯石除去をした際の痛みや歯茎からの出血はあなたへの警告メッセージ! 歯周病はサイレントディシーズ(静かなる病気)と呼ばれています。 なかなか、痛みや、自覚症状がなく気づかないうちに進行していてひどくなっているケースが多いのも現状です。 そんな時、あなたの体からのシグナルに気付いてあげてください。 それが、歯茎からの出血なのです! いつもの歯みがきの時に自分からのSOSに気がついてあげてください。 出血はどのくらいまで続くのか? 出血が収まらない時の自宅でできる対処法 歯石除去をし、歯茎の炎症の原因を取り除けば、炎症も徐々におさまってきます。 治療後に出血しても、数日経てば炎症もおさまり止まります。 出血が落ち着かないようなら、炎症部分に刺激を与えないようにしましょう。 気をつけることは、毎日の歯磨きです。 普段使っている歯ブラシを柔らかいタイプのものに替えて歯茎をマッサージするように磨いてください。 経過観察し数日で出血が止まるようなら改善したサインです。 そして、ここから再び歯茎に炎症を起こさせないことが重要です! 処置後1週間経っても出血がおさまらない時は、別の原因による出血が考えられるので かかりつけの歯医者さんに相談してみましょう。 歯石取りで出血することはよくあること。 治療が進めば歯石取りでの出血は減ってくる。 35歳を過ぎると8割以上の人が歯周病にかかっているといわれる時代です。 サイレントディシーズと呼ばれ知らない間に私たちに忍び寄っている歯周病。 実はシグナルを出し私たちに助けを求めています。 歯石を付着させる仕組みを知って、正しいお掃除を知る! 歯石には2種類の歯石があります。 歯茎の上にある歯石と歯茎の中にある硬い歯石。 私たちの体も細菌と戦っています! これを取り除く際には炎症部分をさわるので出血を伴います。 超音波スケーラーやそれぞれの歯の形や位置にあった特別な器具を使いしっかり細菌を除去していきます。 出血が続いているのであれば、刺激を与えずに柔らかめの歯ブラシを使い、更なるプラークを付着させないことが重要になってきます。 お掃除を始めた際には、出血して不安になることがたくさんあると思いますが、治療が進めば出血は減ってきます。 そこで、一度に歯石除去をして出血を伴いお掃除から遠ざかってしまうと逆効果。 お掃除で出血を発生させないためには定期的に歯石のお掃除をし、歯石を貯めすぎないようにすること。 正しくお掃除の仕方や知識を学んで、定期的にクリーニングをしていき大切な歯を守りましょう!.

次の

歯石取りで血だらけになっても大丈夫。歯石取りで出血する理由。

鹿児島中央駅 歯医者

歯石取りされたことがある方は、たくさんいらっしゃると思います。 その時に出血するのって大丈夫なの? 何で歯石取りしないといけないの? と疑問に思われている方も多いのではないでしょか? だからといって、直接聞けないし、取らなくていいとも思っていませんよね? 一度歯石除去で出血をしてしまうと、もうこりごり・・・と思うこともあります。 しかし、正しい情報と理由を知ることで、ご自身の健康を守ることができます! 歯石取りとは 取りやすい歯石 歯石は歯垢と唾液のなかのミネラルが結合してできたものです。 お口の中の歯茎の上に黄色く石のようについているのが歯石です。 この歯石は歯茎の上についている歯石の為、私たちでも気付くことができます。 この歯石は付着する力が弱く、超音波スケーラーと呼ばれる機械を使ってお掃除していきます。 1度で全部を取り除くことは難しいケースもありますが、このような歯石は比較的簡単に取ることができます。 取りにくい歯石 取りにくい歯石は、歯肉の中にある歯石で、唾液だけでなく血液も含んだ状態で作られる歯石です。 この歯石は黒く、硬く歯にこびりついているため取っていくことが困難になります。 この歯石は普段私たちが目にすることはできない歯石です。 レントゲンを撮影するとわかります。 歯茎の上についている歯石のように、機械で飛ばして取っていくことができないため、それぞれの歯の形や 位置にあった特別な器具を使用して、手で一本一本丁寧に取っていきます。 歯石取りで出血する理由 歯石除去の処置で傷ついての出血ではない 歯石のお掃除をした後出血していることに気がつく。 もしかしてお掃除の際に歯茎を傷つけられたのでは?と 思われた方は多いと思います。 歯石は細菌の塊です。 長時間、歯石がそこにあることによって細菌と戦うため白血球や免疫細胞が集まってきます。 その際に出る毒素や細胞の死骸が歯茎の炎症に繋がります。 炎症を起こすと粘膜が弱り、ちょっと触っただけでも破れてしまうのです。 この状態で歯石を取り除くのですから、出血をしてくるのです。 日本の成人の約8割が歯周病や歯肉炎になっており、歯石除去の際に出血をするという人が多いようです。 出血は歯茎からの警戒信号 歯石除去をした際の痛みや歯茎からの出血はあなたへの警告メッセージ! 歯周病はサイレントディシーズ(静かなる病気)と呼ばれています。 なかなか、痛みや、自覚症状がなく気づかないうちに進行していてひどくなっているケースが多いのも現状です。 そんな時、あなたの体からのシグナルに気付いてあげてください。 それが、歯茎からの出血なのです! いつもの歯みがきの時に自分からのSOSに気がついてあげてください。 出血はどのくらいまで続くのか? 出血が収まらない時の自宅でできる対処法 歯石除去をし、歯茎の炎症の原因を取り除けば、炎症も徐々におさまってきます。 治療後に出血しても、数日経てば炎症もおさまり止まります。 出血が落ち着かないようなら、炎症部分に刺激を与えないようにしましょう。 気をつけることは、毎日の歯磨きです。 普段使っている歯ブラシを柔らかいタイプのものに替えて歯茎をマッサージするように磨いてください。 経過観察し数日で出血が止まるようなら改善したサインです。 そして、ここから再び歯茎に炎症を起こさせないことが重要です! 処置後1週間経っても出血がおさまらない時は、別の原因による出血が考えられるので かかりつけの歯医者さんに相談してみましょう。 歯石取りで出血することはよくあること。 治療が進めば歯石取りでの出血は減ってくる。 35歳を過ぎると8割以上の人が歯周病にかかっているといわれる時代です。 サイレントディシーズと呼ばれ知らない間に私たちに忍び寄っている歯周病。 実はシグナルを出し私たちに助けを求めています。 歯石を付着させる仕組みを知って、正しいお掃除を知る! 歯石には2種類の歯石があります。 歯茎の上にある歯石と歯茎の中にある硬い歯石。 私たちの体も細菌と戦っています! これを取り除く際には炎症部分をさわるので出血を伴います。 超音波スケーラーやそれぞれの歯の形や位置にあった特別な器具を使いしっかり細菌を除去していきます。 出血が続いているのであれば、刺激を与えずに柔らかめの歯ブラシを使い、更なるプラークを付着させないことが重要になってきます。 お掃除を始めた際には、出血して不安になることがたくさんあると思いますが、治療が進めば出血は減ってきます。 そこで、一度に歯石除去をして出血を伴いお掃除から遠ざかってしまうと逆効果。 お掃除で出血を発生させないためには定期的に歯石のお掃除をし、歯石を貯めすぎないようにすること。 正しくお掃除の仕方や知識を学んで、定期的にクリーニングをしていき大切な歯を守りましょう!.

次の