パスモ デポジット。 PASMOカードの返却場所は?実は返却手数料無料です

PASMOナビ | 東京都交通局

パスモ デポジット

大人用のみです。 なお、紛失されても、再発行できません。 無記名PASMOに個人情報を登録することで、記名PASMOに変更できます。 購入時にはお客さまの「氏名」「性別」「生年月日」「電話番号」の登録が必要です。 紛失時には再発行が可能です。 (くわしくは「」をご覧ください。 ) なお、小児用のPASMOもございます。 紛失時には再発行が可能です。 なお、小児用のPASMO定期券もございます。 記名PASMOへの変更方法や、ご不明な点はお近くの駅窓口でおたずねください。 初回購入時にはデポジット(預り金)500円が必要です。

次の

スイカ(Suica)購入時の仕訳で、デポジットの扱いについて|助け合い掲示板|経理初心者おたすけ帳

パスモ デポジット

交通費精算が現在煩雑なため、従業員に会社名義のSUICAを支給して明細などをWebで確認できるようにしたいと思うのですが、この場合の注意点などあれば教えて頂きたく思います。 ・クレジット機能は当然付けない予定なのですが、その場合オートチャージが使えないと思います。 この場合、SUICAへのチャージは従業員単位で行い、毎月の給与時における支給交通費は通勤や移動で実際に使用した金額分のみで問題ないでしょうか。 ・基本的に会社名義SUICAは私用移動やショッピングへの利用は許可しない方向で考えておりますが、一般的に導入企業はどのように内容を精査したり、違反者への対応をしているのでしょうか。 その他、何でも結構ですので導入済みの事例などもとに教えて頂けると助かります。 宜しくお願いいたします。 これの法人タイプがあるかどうかはわかりませんので、参考として以下のサイトを紹介しておきます。 jreast. pasmo. html 「PASMOオートチャージサービスのお申し込み方法」にあるカード会社へのリンクをご利用ください。 一般市販のSuicaあるいはPASMOには以下の種類があります。 (クレジットカード会社に申請して入手したオートチャージ対応の記名PASMOは除きます) 以下、クレジットカード会社に申請して入手したオートチャージ対応の記名PASMOは除きましょう。 記名式・無記名式のどちらもオートチャージには対応していませんし、無記名式なら部署内などで使い回しができますが紛失したら丸損ですし、記名式なら紛失時の安心はありますが個人個人に1枚ずつ配らなければなりません。 加えて、もしも会社の人がSuicaあるいはPASMOの定期券など、ほかのICカード乗車券を保有していた場合、タッチミスで本来使用するべきでない方から引き落とされる可能性も十分あり、特に定期券のつもりで会社のICカード乗車券を使ってしまうと、定期券区間も含めた運賃が丸ごと引かれるなどと言ったケースもあり得ます。 このように、現在のシステムでは融通が利くような利かないようなといった感じですので、運用には注意が必要でしょう。 なお、利用明細については、個人向けの場合、記名PASMOに限ってはPASMOの公式サイト上で履歴確認が可能です。 法人向けについて、あまり情報がなくて申し訳ありませんが、参考までに基本的な情報を回答してみました。 また、モバイルSuicaについては、対応する携帯電話も必要となるため割愛しました。 これの法人タイプがあるかどうかはわかりませんので、参考として以下のサイトを紹介しておきます。 jreast. pasmo. html 「PASMOオート... Q うちの会社では、交通費精算で不正をした者が出たため、ここ1年で、交通費請求の際、スイカ(suica)の利用履歴を印字したものを合わせて提出しなくてはならなくなりました。 (もちろん、新幹線などの場合にはこれまでも領収書を添付していましたが、普段の都内などの細かな異動の際の証明としてスイカの利用履歴印字の提出となりました。 ) ただ、私の場合、スイカをオサイフケータイとして使っています。 ですので、私の場合、問題となるのは、利用履歴を印字すると 1)私用で遊びに行った時の乗り降りした駅も印字されていますし、 2)内容の明細はないものの、コンビニなどでスイカ精算したときの金額も印字されています こういうものを会社に提出して、私的行動を垣間見られるようなことが、私自身かなり嫌です。 (なお、別に交通費不正受給なんて気はさらさらありませんので。 ) 先日、それを会社に言ったのですが、「他にそういう人はいないから」といった感じで、私のことは理解してもらえませんでした。 そして、「私用と業務用と2枚持ちできますか?」と聞かれました。 業務用のスイカは会社が作ってくださるようですが、2枚持ちは面倒ですし、また、会社の帰りに寄り道して、私用でどこかに行くとなると、いったん業務用スイカで改札を降りて、私用スイカで入り直すなど、いささか面倒にもなります。 私としては、私を信頼してもらい、利用履歴印刷したものを提出しなくてもよいようにしてほしいのです。 そして2枚持ちの煩雑さも避けたいのです。 こういう場合、会社にどのように言ったらいいのでしょうか? また、利用履歴印字は、私の個人情報が含まれているから提出できません、と言ってしまうのは私の身勝手でしょうか? うちの会社では、交通費精算で不正をした者が出たため、ここ1年で、交通費請求の際、スイカ(suica)の利用履歴を印字したものを合わせて提出しなくてはならなくなりました。 (もちろん、新幹線などの場合にはこれまでも領収書を添付していましたが、普段の都内などの細かな異動の際の証明としてスイカの利用履歴印字の提出となりました。 ) ただ、私の場合、スイカをオサイフケータイとして使っています。 ですので、私の場合、問題となるのは、利用履歴を印字すると 1)私用で遊びに行った時の乗り降りした... Q パスネットが3月で利用できなくなると発表されました。 現在まで営業用の近距離の交通費として、社員にパスネットを配布して精算を行っております。 パスネット利用中止により、その後の精算運用方法を考え中です。 皆さんの会社ではどのような精算方法で対応されていますか? 今のところ、 1 1ヶ月単位で利用分を申請してもらい、現金で精算する方法。 2 パスモもしくはスイカを配布してチャージ料を一旦自己負担してもらい、領収書と利用明細を提出後精算する方法。 その場合、パスモ・スイカは無記名式or記名式ですか? 以上の2点が思いつきました。 これ以外に良い方法がありましたら教えて頂きたいのですが。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー あらかじめチャージしてあるSuica(PASMO)を一定期間貸与し、もし貸与期間中に残額がなくなったら(2)の方法を用いることにすれば、従業員は比較的ラクかと思います。 利用履歴は券売機などで印字して確認することができますので、私的利用やショッピング利用の防止にもなります。 通勤用のIC定期券と併用する場合は精算(または予めICカードできっぷを購入しておく)が必要になりますが、それはパスネットやイオカードの場合でも同じことです。 ICカードをタッチするときに、通勤用と貸与用を間違えて(または重ねて)タッチしないようにする注意は必要です。 なお、記名式のSuica(PASMO)は記名人以外使用できませんので、「会社共同使用の記名式」というのは存在しえません(他人使用は禁止)。 無記名であれば会社など複数人で使い回すこともできますが、その代わり、紛失した場合は再発行ができません。 なお、パスネットの発売は既に終了しており、2008年3月で「改札機での」使用ができなくなりますが、券売機できっぷを購入するには3月以降も当面使えますので、すぐにパスネットの貸与をやめなければならない、という不都合はないと思います。 JR東日本では、イオカードの発売と改札機での使用を既に終了していますので、従業員がJR線に乗る場合、現状どのように交通費精算をしているか?という点にもよると思います。 あらかじめチャージしてあるSuica(PASMO)を一定期間貸与し、もし貸与期間中に残額がなくなったら(2)の方法を用いることにすれば、従業員は比較的ラクかと思います。 利用履歴は券売機などで印字して確認することができますので、私的利用やショッピング利用の防止にもなります。 通勤用のIC定期券と併用する場合は精算(または予めICカードできっぷを購入しておく)が必要になりますが、それはパスネットやイオカードの場合でも同じことです。 ICカードをタッチするときに、通勤用と貸与用を間違えて(または重ね... Q 市販ソフトと高額なCADソフトのライセンス取得について、経理処理が同じというのに疑問を感じたのでご相談します。 現在、市販のソフト及びCADソフトのライセンス料を支払手数料で処理されています。 その根拠は、どちらもソフト代(物品)と見ているのではなくて、使用できる権利を買ったと考えておられるそうです。 しかし、CADソフトのライセンスは確かにものはなくインターネットで登録するだけのものなので、これから使用するのに掛かった登録手数料として、支払手数料でもいいと思います。 その反面、市販ソフトはパッケージの箱(CAD-ROM)が存在し、キット自体は数百円のものぐらいだと思いますが、それに数万のライセンス料(使用できる権利)が含まれていて、十数万の物品と見るべきかライセンスという権利手数料と見るべきか判断に悩んでいます。 私は、事務消耗品費か雑費か少額資産あたりに該当するのではないかと思います。 みなさんは、どう経理処理されていますか? また、基本的な考え方が記されているHPや税法が存在すれば、教えて下さい。 宜しくお願いします。 A ベストアンサー ソフトウェアのライセンスは会計上、無形固定資産に分類されます。 この無形固定資産の言葉の意味の説明ですが、 固定資産とは、長期間にわたって使用または利用される資産のことをいいます。 そして無形は、文字どおり姿かたちがないものを意味します。 無形固定資産とされるものの具体例として、特許権や商標権、営業権などのいわゆる法的な権利(ライセンス)が無形固定資産として処理されます。 これらと同様に、ソフトウェアのライセンスは、長期間にわたって使用される権利(ライセンス)であり、かつ、かたちがないものであるので、当然、無形固定資産として処理されます。 したがって、税務上は1つのライセンスあたりの単価が10万円までなら支払手数料でも消耗品費でも雑費でもかまいません。 勘定科目はその会社の判断で行うのが基本です。 支払手数料で処理されているのならそのやり方を変えてはいけません。 10万円を超えるものは無形固定資産のソフトウェアとして処理することになります。 中小企業であれば、30万円未満であれば少額減価償却資産の特例を使うことができます。 ソフトウェアのライセンスは会計上、無形固定資産に分類されます。 この無形固定資産の言葉の意味の説明ですが、 固定資産とは、長期間にわたって使用または利用される資産のことをいいます。 そして無形は、文字どおり姿かたちがないものを意味します。 無形固定資産とされるものの具体例として、特許権や商標権、営業権などのいわゆる法的な権利(ライセンス)が無形固定資産として処理されます。 これらと同様に、ソフトウェアのライセンスは、長期間にわたって使用される権利(ライセンス)であり... A ベストアンサー 難しいですよね。 「お取引先 各位」「お得意先 各位」のレベルでよい、とは思いますが・・ 「お取引先様 各位」はちょっと「くどい」感じを受けますね。 「各位」には、ある程度の「敬称」を意味として含んでいるはずなので、失礼ではないように思われます。 バカ丁寧な宛先の書かれた文書にも拘らず、内容が「支払いの督促」だったら、意味ないですしね(笑) 「お客様 各位」は、対象がいわゆる「ビジネスの相手」ではなく、不特定多数の客なので、おかしくはないでしょう。 「お客様へ ~ お知らせ」でもいいわけですし。 ddart. html Q 私が働いている会社では、出張交通費、交際費、立て替えて購入した 備品の費用等の精算に関し、現在、個別に現金で支給を受けています。 つまり、後日、精算届けを記入し、領収書を添付して会社に提出すると、 それと引き替えに現金がもらえるようになっています。 この方法を変更し、給与と一緒に振込にて受け取るようにすることを 検討しているそうです。 この場合、社員にとってのデメリットは何があるでしょうか? 私が考えたデメリットは、旧来の方法では、個人の課税対象にはならずに 税金が発生しなかったが、新しい方法では、個人の課税対象になり税金が 発生するのではないかと思いますが、これは正しいでしょうか? 以上、2点についてご教示いただけるとありがたいです。 A ベストアンサー はじめまして jcg02524です。 課税に関する結論からなのですが「課税対象ではありません」 大丈夫ですよ。 ただ、「社員にとってのデメリットは何があるでしょうか?」については「ある」と思います。 基本的に自分のお財布で立替をするわけですから以下の弊害はあると思います。 1 お小遣いがなくなる 2 出張などできなくなる(仕事ができなくなる) 3 お付き合いができなくなる 4 最悪、借金しないと生活できなくなる など、個人的な生活に影響が出ます。 会社側に以下の対応ができるか相談してみてもいいような気がします。 (トラブルのもとになります) 1 法人カード(クレジットカード)の導入 2 前払い 最後に・・・ 自分の場合、関東に住んでいますが北海道から四国までの範囲でよく出張をしていました。 交通費などは基本的に前払いをしてもらっいました。 (出張先で泣けてきます・・) 正直、できる限り自分のお財布からの拠出を控える工夫をしています。 特に結婚後などは「家計に直撃」です。 はじめまして jcg02524です。 課税に関する結論からなのですが「課税対象ではありません」 大丈夫ですよ。 ただ、「社員にとってのデメリットは何があるでしょうか?」については「ある」と思います。 基本的に自分のお財布で立替をするわけですから以下の弊害はあると思います。 1 お小遣いがなくなる 2 出張などできなくなる(仕事ができなくなる) 3 お付き合いができなくなる 4 最悪、借金しないと生活できなくなる など、個人的な生活に影響が出ます。 会社側に以下の対応ができる... Q 平成19年より、特別法で株式会社を(代表と家族従業員1人:計2人で)設立し、決算2期目を迎えております。 通常業務で使用している携帯電話は、設立以前個人で用いていたものを引き継いで使用しており、法人契約ではないため経費にはならないと考え、昨年度の決算に経費計上いたしませんでした。 が、同じように株式会社を経営している方が携帯電話を経費計上していると聞き、「できるの?」と疑問に思っています。 厳密に業務に限って使用しているわけではなく、家族通話はもちろん、プライベートでも使用している状況で 法人の経費に計上することは可能なのでしょうか?。 料金は月々個人口座より自動振替。 請求書は家族5回線をまとめて主回線あてに各月1通。 請求内訳として番号別にそれぞれ料金は明示されていますが、 携帯電話会社に問い合わせたところ、主回線の一括請求処理のため 業務に使用してる番号だけの料金のみで支払証明書を発行するのは無理と言われました。 経費として計上するための経理手続きがあるのならば是非教えてください。

次の

知ってスッキリ!「スイカ」と「パスモ」の違い

パスモ デポジット

Welcome Suica Welcom Suicaは、日の丸をイメージした赤をバックに、白い桜の図柄が映えるデザイン。 デポジットなしで、28日間使用可能。 デポジットが不要のため、帰国時の払いもどしの手間がなく、「カードは記念にお持ち帰りいただける」とする。 Suica対応の鉄道・バス利用のほか、店舗やタクシー、観光施設での支払いにも利用できる。 販売価格は、1,000円、2,000円、3,000円、4,000円、5,000円、10,000円から選択可能。 販売箇所は、JR EAST Travel Service Center 成田空港駅、空港第2ビル駅、東京モノレール線羽田空港国際線ビル駅、東京駅、新宿駅、渋谷駅、池袋駅、上野駅、浜松町駅 、成田空港駅、空港第2ビル駅。 PASMO PASSPORTは、日本を旅するときの2つめのパスポートという意味を名称に込めたICカード。 '18年末に発売した「WELCOME KANTO PASMO」に続く、パスモの訪日外国人向けカードで、PASMO PASSPORTではデポジット不要となった。 PASMO PASSPORT デザインは、サンリオのハローキティと、シナモロール、ポムポムプリンの3キャラクターをデザイン。 「訪日のお土産として持ち帰っていただける可愛らしいカード」としている。 使用期間は28日で、対応の電車・バスのほか、電子マネーでの買い物にも利用できる。 発売箇所は、成田空港や羽田空港の鉄道など、外国人利用者の多い、一部事業者の主要駅を予定している。 購入時に、パスポートで外国人旅行者であることを確認し、販売する。 また、Welcome SuicaやPASMO PASSPORTの店舗での提示で、優待特典を受けられるなど、ICカードの仕組みを使った利便性向上も検討中としている。

次の